ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

処女、童貞喪失体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
2017/09/28 15:58:18 (dXol1Bk6)
初体験は小6…
相手は担任で場所は大胆にも教室でした。

夏休み前、居残り授業の時が、それに向かうきっかけ。最初は指のみで攻められる感じ。
無理矢理ではないけど、いちおう軽い抵抗はしてましたね。最初のうちは。
ダメ…ダメ…とか言いつつ、あんまり激しくは拒否はしてないという(笑)
そういうパターン。
で、夏休みになってからも、補習という名目でチョコチョコ通いました。
先生は子供らとは違い、大抵は来てますからね。
午前中プールに行って、午後は教室でが一番多いパターンかな。
女子の中では発育もいい方だったし、けっこうすぐ慣れました。
オナニーは小学生に上がった時点でしょっちゅうしてたし、大人(他人)の指でされる快感にはまっちゃってたし、一度バレるのが恐くないかきいたら、
「お前は気持ちよさに負けて絶対に喋らない。」
と、断言されました。(笑)うん、確かに…w

たぶん、初めての教え子との関係ではないんでしょうね。それは扱いなどをみても感じてました。
特別かっこいい先生でもなく、彼氏とも違う。
だからこそ素の自分をさらけ出せたんだと思う。
それプラス教室というスリル!
「アアーン…犯して〜!」とか、めちゃくちゃ恥ずかしいセリフを乱発して、まっぱで教室で抱かれまくりました…
いちおう鍵が掛かる新校舎の教室だったけど、ほとんど掛けてなかったんじゃないかな。

教師=スケベ…
この先生のせいでそういうイメージになりました。
でも、教師と生徒は現実には凄く多いと思う。
(別の先生と生徒を見て妙に勘ぐるようになったりして)

この先生とは中1くらいまで続きました。
成人した時の同窓会で会いましたけど、暗黙の了解か、お互いスルーでした。(笑)

21
2017/09/25 03:38:19 (VPZO/Vth)
あの頃は高校生だった。
友達のお父さんは単身赴任中。母子家庭のようなそんな環境だったので土曜日は毎週のように泊りに出かけてた。
友達のお母さんは30歳後半で普通のおばちゃん。でも、お母さんのことが気になるようになった。お母さんの大人の女の魅力にひかれた。
あの日は、友達は塾で帰ってくるのは24時過ぎ、だけど、お母さんに会いたくて夕方からでかけた。
「○○○は、塾だから帰りは遅いよ。」
と、ビックリした顔でいった。
「うん、知ってるけど…」
と、答えるとお母さんは笑ってた。
お母さんと二人で夕食を取り、話しをしながら見つめていたら、身体が反応し心では押し止めることができなかった。
自分自身が抑えられなくなった。
「もう我慢できないよ。」
お母さんを押し倒してセックスを楽しんだよ。
気にせずに中に出して愉しんだ。
3度くらい中出しして満足した。
それからは、友達の目を盗んでは、お母さんとのセックスを愉しむようになった。
大人の女の魅力に酔ってしまった。
22
2017/09/18 17:52:12 (mUTnrCuJ)
一昨日の夜、父親から「お前も高校生になったし、明日いいこと経験させてやるから今夜は風呂にちゃんと入っておけ」といわれた。
父親が高校生の息子に「いいこと?」「経験?」「風呂?」。これはもしかしたらソープとか連れて行ってくれるかと期待であんまり眠れなかった。
で、昨日の昼、小雨の中を新宿まで出かけた。Altaの入口まで来たら、父親が誰か知り合いに合図したみたいに手を挙げたので、そっちを見たらちょっと頭よさそうな大学生に見える女性が同じように手を上げてこちらに歩いてきて「義孝さん、こんにちは。」って父親に挨拶し、俺と父親を見比べてから「君が将太君?よろしく」と挨拶された。
そしたら父親が彼女に「じゃあ、今日は将太をよろしく。」、俺に「この子、あゆみさんっていうんだ。今日は将太のこと頼んであるから、いろいろ教えてもらえ」と言い残してどこかに行ってしまった。
驚いているとあゆみさんが手をつないできて「じゃあ、行きましょ。半日コースでデート。お父さんから聞いてるでしょ、大人のデートね。嫌なら健全デートだけにするけど?」と言われて、もうドキドキしてしまった。
で、なんか姉と弟みたいな感じでお昼食べて、アクセサリーショップとか付きあわされて、スタバして、いよいよラブホに。
入る前に「大人のデートでいいんだよね?」って確認されたけど、かすれた声で「お願いします」としか言えなかった。
あゆみさんは俺の手を引いて入口を入ると手慣れた感じで部屋を選んで「さ、行こ」と俺を促した。
部屋に入ると、「将太君、今年高校に入ったんだよね、お父さんからは多分童貞だからって聞いているけど、ホントのところはどうなの?高1の夏休み過ぎだから人によっては経験あるよね?」と聞かれた。
「童貞です。クラスの男子で彼女居る奴は夏休みに何人か済ませたみたいですけど、俺は彼女とかいないんで。すっごく経験したいと思ってました。」と答えた。
あゆみさんは「そっかー、童貞男子は初めての相手は処女がいいって思ってたるするって聞くからなぁ。でも、ここまで付いてきたってことは私が初めての相手でいいんだよね。」「私が教えてあげる、でいいんだよね?なんなら処女のように振る舞ってあげてもいいけど。」と答えた。
俺は「失敗したくないんで教えてください。処女の子とする機会はまだあるかもしれないし。」と答えたら「わかった、じゃあ私がリードするね。私もそんなに経験豊富ってわけじゃないけどね」とのお返事でした。
で、二人でシャワー浴びました(あゆみさんに、ボディーローションつけた手でチンポ洗われて皮がちゃんと剥けてるのを確認されてしまいました)。
ベッドに移動したらキスされて手を取られて胸を揉まされて・・・頭が沸騰してあゆみさんを思わず押し倒してしまった。
そしたら「焦ったらダメよ。もう少し私が準備出来るまで触りっこしましょ」と言われ、いろいろと触らせてもらい、興奮してチンポがギンギンを通り越してなんかよくわからない感じになってしまった。
そしたらあゆみさんが「まだちょっと物足りないけど、初めてだと我慢できなくなっちゃうよね、入れる前に出ちゃったら泣きたくなっちゃうだろうから、そろそろゴム付けましょ。ゴムはサイドテーブルのティッシュのところにあるけどつけ方わかる?」と言ってきた。
さすがに中学の時に悪友から貰ったゴムを付けてオナニーしたことがあるので、自分でゴム付けたが、緊張で手が震えてた。
ゴム付け終わったら、あゆみさんから「じゃあ上に来て。初めてだと意外と難しいっていうから、もし入れられなかったら私が上になるから」と言われ、あゆみさんに体重を預けないように気を付けて覆い被さり、チンポをこのあたりと思う所に押し付けると、そのままヌルっと上に逃げてしまった。
再チャレンジしようともう一度このへんというあたりに充てたら、あゆみさんがチンポに指を添えてきて「入口の上ぎりぎりに当たってるから。おちんちんをちょっと下に抑えながら来て」
23
2017/09/17 07:54:06 (yivX61Rw)
こちらで知り合った若い男性の筆おろしをさせていただきました(*^_^*)
とても良い体験だったので、つづらせていただこうと思います。

彼は社会人1年生のうぶでかわいい男の子。
ワイシャツはまだキレイで身なりもしっかりした真面目そうな印象。

駅前で待ち合わせして、一緒にホテルへ。

かなり緊張していて、話すのもしどろもどろ。
勇気を出して、キスしてもいいですか?と聞いてきたので、応じてあげました。
なんと、童貞なだけでなくファーストキスだったようで、
こんなしがない人妻が奪ってしまい少し申し訳ない気持ちに・・・
それでもキスを重ね、シャツのボタンをはずし体をまさぐっていちゃいちゃ。

服を脱いで、いきなり全裸は少し刺激的かなあと思い、お互い下着姿に。

慣れない手つきでおっぱいを触る彼、初めて触るはずなのに、
とても丁寧で、私も気持ちよくなりました。
私は乳首がとても敏感なのですが、ブラから乳首をのぞかせ触られると、
ビクッと大げさに反応してしまいます。
乳首にも、そっと優しく触れて、上手にコリコリしてくれるので、私もだんだんトロトロに。
おいしそうに乳首をなめたり吸ったりする姿はとてもかわいかったです。

おっぱいの次は、やっぱり下も見たいとのことで、私だけ全裸になり、
足を広げて見せてあげます。
クリトリスはどこでしょう?と、ふざけて聞いてみると、
ここ?としっかり当たりを触ってくれて、またビクッと反応してしまいました。
すでに濡れてヌルヌルと潤っていたので、ヌルヌルをすくってクリトリスに塗ってもらいます。
きっともともと丁寧な性格の方なのでしょう、ゆっくり優しく触ってくれるので、本当に気持ち良くて。
次は指を入れてみます。ゆっくりゆっくり。入れたり、出したり、少し早くしてみたり。
とても気持ち良くて、相手は童貞君なのに、とうとう逝ってしまいました。

今度は私がしてあげる番。
彼にも裸になってもらい、緊張しているのか、少し柔らかさが残る程度に勃起したおちんちんを手で触ってあげます。
おちんちんに舌を這わせ、丁寧に舐めあげ、お口で包み込むと、とても気持ちよさそうにしていました。

そろそろ入れてみようか、となり、コンドームをつけてあげます。

始めてはどの体位が良いか聞いてみると、やっぱり正常位。
手で誘導しながら、ゆっくりゆっくり挿入します。
気持ちよさから、はあああ、と、かわいい声が出ていました。
少しずつ早く腰を動かしていき、私も声が漏れます。
さっきまで女性を知らなかった太めのおちんちんが、私の中に出たり入ったり。
物理的な気持ちよさと、優越感のような興奮でとても気持ちよく、彼より先にまた逝ってしまいました。

初めてのセックスでも、やはり男性には本能が備わっているのでしょうか。
次第に腰を振る速さが増していき、彼も果てそうに。
私の中で射精し、おちんちんがびくびくしているのがしっかりとわかりました。
コンドームにたっぷり精液が溜まっており、私も満足です(*^_^*)

一緒に布団に入り、しばらくいちゃいちゃしながら休憩。

若いってすばらしいですね、そんなに時間が経っていないのに、もう一回したいとの申し出が!
トータルの時間もかなり短かったのですが、結果、2回も私の中で果ててくれました。

貴重な初体験をこんなしがない人妻がいただいてしまい申し訳ない気持ちもありますが、
やはり優越感もあります。私がこの子の初めてを奪ったんだと。
彼もこの初体験をいい思い出にしてくれたら嬉しいのですが(^ ^;)

個人的にはとても楽しい時間を過ごせました(*^_^*)
24
2017/09/17 04:36:22 (bH.jFBuq)
オレが高校生のとき、筆おろしをお願いしたのは、母親の親友のMでした。
母親とMは幼馴染の同級生で共に40過ぎ。
昔から時々遊びに来ていたが、Mの紹介でうち母親がMと同じ職場で働くようになってから、定休日の木曜日にしょっちゅうMが遊びにくるようになった。

酒好きなふたりは昼間っから飲んでて、オレが学校から帰宅すると、このババアたちのサバトに巻き込まれた。
Mの娘のRが小、中のクラスメートだったんだが、Rがオレのことが好きらしいと、いい酒の肴にされてた。
正直、Rのことは昔から知ってるのでなんとも思ってなかったが、MからRが「頭がいい」とか「カッコイイ」とか言ってたと、言われて悪い気はしなかった。
ババアたちは、Rのことどう思う?とか聞いて、困ってるオレを見てニヤニヤと楽しんでるのがムカついたが、Rの部活で鍛えたむっちりした脚や、裸を想像すると勃起した。
Rの母親のMは娘とあまり似てなくて、細身で身長も低く、なにより胸元がガバガバに見えるほど貧乳だった。
飲み物を注いだときに何度も黒い乳首が見えて、つい目線がそっちを向くと
「ごめんね、Rほどおっぱいなくて」
とオレの目に気づいたMが笑って、オレの手を取ると
「ほら、触ってみ?将来の婿さんなんだし」
と、服の上から貧乳に押し付けた。
初めて女の胸に触った。
薄いパッドの感触があって、それでも微かに女性の膨らみを感じた。
「ちょっとMのおっぱいなんか、なんにもないでしょ?」
酔って調子に乗った母親が自分の巨乳にオレを手を押し付けた。
「アンタのは脂肪だって」
Mと母にいじられまくって、オレは自分の部屋に逃げた。

しばらくすると、Mがオレの部屋に入ってきて、
「ごめんな、あたしもう帰るから」
と謝ってきた。
「あのね、もうひとつ謝らんといかんの」
申し訳なさそうに、
「Rが好きって言ったの、ホントはあたしが勝手に作っただけで・・・」
どういう意味かすぐに理解できなかった。
初めて、女に好意を持たれて嬉しかったのが、一気に萎んでしまった。
「あたしは、本当にヒロくんのことカッコイイなって思っててるんだけど・・・
ごめん。おばさんにこんな言われたって嬉しくないよね」
そういってオレの手の握ると、
「あたしのお詫びだと思って」
と、またTシャツの上から自分の貧乳に押し当てた。
ふたりきりの部屋で神妙な顔をしているMにこんなことをされてドキドキした。
さっきまでの一瞬と違い長い時間触ってると、
「ね、ヒロくん。直に触ってみる?」
Mは服の裾をまくりあげると、ずりあがったブラジャーからさっきみた乳首が見えた。
薄くても柔らかい膨らみがあり、掌でコロコロと転がる乳首が固くなってくるのがわかった。
「そろそろ、いい?お母さんに変に思われるから」
そういって胸を揉んでいるオレの手をゆっくり剥がすと、そのまま指を絡めてきた。
向き合って身体が近づき、緊張でカチカチになりながらMをハグすると、
「ひゃあ〜、恥ずかしい」
そういって、オレの腰あたりに手を回してきた。
母親が近づいてくる気配に注意しながら、Mの背中に手をまわし肉についた小柄な身体を撫ぜ回した。
「もう、肉を摘まんの」
脇腹の柔らかいところを触った時に、Mがそう言った。
手が意外にもボリュームのある尻を撫ぜて、揉みしだいてもMは抱きついたまま何も言わなかった。
Mの顔を見ると、さっきまでのおばさんの顔じゃなかった。
「チューはダメ」
無意識にMの唇と数センチのところまで顔を近づけていた。
「ダメ?」
オレがそう聞くと、
「うん、チューはダメ。けど、抱っこだったらいいよ」
最後にMをぎゅっと抱きしめて、彼女は帰っていった。

この日以来、Mが遊びにくると帰り際にオレの部屋や、途中まで送るといって建物の陰で彼女と抱き合った。
そんなのが2,3回続いて、その日もオレの部屋で抱き合ってる時に
「やっぱりチューしたら、だめ?」
と聞くと、
「ホントにチューだけ?」
とMが言ったが、オレは逃げようとする彼女を抱きしめて唇を奪った。
オレの初めてのキスだった。
「ダメだって」
そういって顔を背けるMに再度キスをトライ。
何度もキスをしたあと、しつこさに負けてMは抵抗を止めた。
唇をしっかり受け止めてくれ、隙間からアルコールの匂いがする息が流れ込んできた。
恐る恐る隙間に舌先を出すと、彼女も向こう側から舌を延ばしてきて、先端が触れた。
ゆっくりと舌が絡み合い、初めてハグしたとき以来にブラの中に手を入れると、
「ダメ、これ以上」
と彼女が抗議したが、抵抗はすごく弱かった。

キスをしてから、Mはオレにとってババァではなくなった。
ハグとほんの一瞬のキス、これが定番になった。
またいつもの定休日にMと母親がサバトを開いてて、その日母親が酔いつぶれると、Mがオレの部屋に来た。
ベッドに腰掛けて、いつもどおりキスをしたあと
「おばさんの息、酒臭いでしょ?ごめんね」
とMが謝った。
「ううんおばちゃんのこと、好きだから」
オレはMに正直な気持ちを言うと、
「ヒロくんってホント変わってる・・・チューだけで我慢するって約束できる?」
そういうと唇を重ねて、Mの舌がオレの口の中に侵入してきた。
彼女にずっと夢中になってると、
「M〜、もう帰った?」
母親の声が聞こえて、慌てて彼女はオレから離れた。
いつものおばさんに戻って、
「おしっこ〜」
とドアから顔を出して、大声を出した。
Mは上半身裸で、薄いおっぱいのあちこちにキスマークが残っていた。
キスをしながら、Mのパンツの奥に手を滑り込ませて、女の芯に触れた余韻が残っていた。
「もぉ〜!!やっぱり我慢できないじゃない」
彼女はそういって、オレの太ももをピシャリと強く叩いた。
服を来て、ぐしゃぐしゃになった髪を直すと
「じゃあ」
と彼女は出ていった。

あんなことがあったのに、Mは翌週も遊びに来ていた。
「あとで、話があるから」
Mが部屋に顔を出すとそう告げられた。
それが気になって、母親が酔いつぶれるまで待てなくて
「おばちゃん、用事あるんじゃなかった?」
とMを促した。
「うん、Rと約束してるから」
Mもそういって帰り支度を始めた。
一緒に外に出ると、いつもよりも早い時間で夕暮れでもまだ外は明るかった。
「どこで話しようか?」
Mがそう聞いてきたので、このまえハグしたところは?というと、Mも了承した。
以前ハグをしていた商店の裏の倉庫に陰に入ると、Mと抱き合った。
「ん。ヒロくんとこうしてるの好き」
Mがそう言ってくれたのが嬉しかった。
「このまえ、あんなことされたし、どうしようかなって思ったんだけど」
「ごめん、本当に反省してる」
オレはMに何度も謝った。
「いいよ、もう怒ってないから。
それより、本気であたしとSEXしたいの?」
オレが頷くと、Mは申し訳なさそうに、
「ヒロくんの気持ち知ってるんだけど、本気なのかなって。
ごめんね、こんなおばさんなんかで」
背の低いMに合わせてかがむと、彼女もそれを受け入れて口を合わせきた。
抱き合いながらピチャピチャと舌を絡めて、当たり前みたいだった。
服の中に手を入れて直に貧乳に触れると、ビクンと彼女が痙攣した。
「乳首、すごい感じちゃう・・・おちんちん、触っていい?」
Mはそういって、彼女の細身に押し付けていたオレの股間を触ってきた。
そして、Mもひんやりとした手をパンツの中に入れて直に触ってくると
「もうカチカチ。すごく大きいし、こんなの入るかな?」
と不安そうに言った。
柔らかい女の手で握られてると、それだけで嬉しくてつい
「子供ふたりも産んでるんだし、大丈夫だって」
と下手くそなフォローをすると、カチンときたのか、
「すごい失礼ね、女のこと知らないくせに」
Mはいつものおばさん口調で怒ったが、
「あのさ、最近全然使ってないから、新品とあんま変わらないよ」
そういって抱きついてくると、
「ちゃんと優しくしてくれる?」
まだ少し怒ってるみたいだった。

さっきまで抱き合った倉庫のすぐ近くに、母親とMの職場があってその会社の車庫兼倉庫に侵入した。
といっても、ボロい建物で入り口もシャッターもなく誰でも入れる感じ。
しかし数台の営業車で目隠しになってるので、隠れ場所としては最適だった。
「コンドーム持ってきたから」
そういって一箱オレのほうに投げた。
オレが初めてのコンドームに手間取ってる間に、Mはズボンとパンツを脱いで、こっちの振り向いた。
「おばちゃん、下の毛どうしたの?」
「お母さんみたいにボウボウなアソコ、見たくないでしょ?」
前回、襲ったときに触れた陰毛が綺麗になくなっていた。
Mは服が汚れるからとズボンとパンツを傍の営業車のミラーに引っ掛け、積んであったダンボールをコンクリートの床に敷いて、オレを仰向けに寝そべらせた。
割れた窓から西日を照らされながらMはゆっくりとしゃがみ込んだ。
ブラックのコンドームを被せられたチンポがMの割れ目を拡げて、膣口に埋まっていくのがハッキリ見えた。
「うっ!?」
Mが呻いて、ビクッと腰を浮かせた。
「ごめん、久しぶりだから、なんかうまく入らなくて」
「ううん、オレも初めてだから」
前戯もせずにすぐに繋がろうとしたせいで、それ以上入らなかった。
「おばちゃん、こっちにおいで」
Mの膝の上に向かい合わせ座らせると、お互いの性器を密着させて、抱き合った。
キスで舌を絡め、シャツをめくり上げてブラを外すと貧乳にキスマークをつけた。
Mはずっと無毛になった割れ目を肉棒に擦りつけてハァハァと息を荒げていた。
「おばちゃんにこうされるだけで、気持ちいい」
そういうと、
「ねぇ、入れて」
Mはオレに抱きついた。
真上を向いたチンポに軽いMの身体をゆっくりと下ろすと温かく柔らかいMの体内に包まれている感触があった。
持ち上げた手を話すと、今度は完全に繋がって、身体を動かすたびに彼女の中を出入りした。

「いいっ!!すごくいい」
静かな車庫に彼女の声がすごく耳に残った。
新品同様だと言った彼女の性器は、二十歳以上歳下のオレの専用に作られたのかと思うぐらいフィットした。
「ああ奥に当たる、おかしくなる」
Mが母親と同じ歳なんてことを忘れるぐらい、セックス中の彼女の声は若々しく甘い声だった。
オレもMもすぐに果てた。
ずっと繋がっていたかったのに、実際には2分も経ってなかった気がした。
日が傾いて、西日が入らなくなると車庫は急に暗くなった。
「今日はここまでね」
射精したからもずっとMと抱き合っていたが、一回のセックスで切り上げることにした。
「こんなの誰かに見らたら、一巻の終わりね」
Mはコンドームを外してハンカチで汚れたチンポを拭くと、使用済みのコンドームをそのハンカチで包んだ。
「Mちゃんと一緒だったら、それでもいいよ」
オレは母親がMを呼ぶときのようにそう呼んだ。
「それ、ふたりきりのときだけだからね」
そういってMは笑った。

筆おろしのあとも、オレはMとたびたびセックスをした。
月に3,4回ぐらいの割合で彼女を抱いてた。
田舎の小さい町なので他人の目を気をつけていたが、Mが3人目の子供を妊娠したときに、
「ヒロくんに会ってると、バレるかもしれないから」
そういってMから別れを切り出された。
オレが高校2年、Mが43歳のときでした。

大学卒業後、地元に戻って就職したので、今でもよくMと会う。
スナックで母親とMと一緒に飲んだりしてると、あのときのセックスを思い出す。
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕