ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

処女、童貞喪失体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
2018/06/06 05:40:43 (HHhHd3jy)
もう、何年も前の話ですが、僕は両親の都合でアメリカの東海岸の片隅に住んでいました。
 そこで野球を通じてジョージという友達ができました。
 ジョージにはヘンリーという歳の離れたお兄さんがおり、ヘンリーには父方の祖父が日本人というクォーターのアンナという奥さんがいました。
 アンナはバイオハザードでヒロインをしていた女優に日本人を少し混ぜた感じのすごい巨乳の金髪白人妻で僕のオナネタでした。
 無論、アンナはそんなことを知ることはなく、夫の弟の友達でしかありませんでしたが、とあることから肉体関係を持ち愛し合うようになりました。
 それは初夏の頃、ヘンリーとアンナ、それにジョージで海に行くことなり、まだ、アメリカの海で泳いだことない僕も誘われました。
 まあ、アンナがヘンリーといちゃつく為、ジョージの相手をしてさせることが目的ですが。
 で、海に行く当日にジョージたちの元に行くと、ヘンリーとジョージの姿がなく、不機嫌なアンナの姿がありました。
 何があったかを聞くとなんとヘンリーの友達からプロバスケの特別券2枚が手に入ったという連絡がありました。
 ヘンリーは普段はいい夫なのですが、狂気的なまでのプロバスケ好きで運動神経のいいジョージにバスケをやらせようとしていました。
 なのでヘンリーは当然そちらに食いつき、嫌がるジョージにバスケの魅力を教えるべく、そちらに行ってしまいました。
 残されたアンナは当然不機嫌です。
 僕としては残念でしたが海に行くのは中止だと思いましたが、僕が来ると半ば強引に二人で行くと言い出し、アンナの車に放り込まれ、海に行きました。
、行った場所は人も通わぬ海岸の入り江で白い砂浜と一応、寝泊りのできる小屋はあるもののそれ以外は何もありません。
 僕はアンナの指示で小屋の掃除と持ち込んだ荷物を置き、自家製のライフラインの設備を整えました。
 それが終わると水着に着替えて、早速、海に行きました。
 僕がパラソルやエアマットの準備をしている間にアンナは海に入り一人で泳ぎ始めました。
 アンナはスタイルのいい巨乳美女なので黒いビキニがよく似合い、僕はおちんちんはすぐに勃起しました。
 二十代の金髪巨乳白人美女妻と一緒なので当然といえば当然ですが、二人きりとはいえアンナはすごい不機嫌なのでHなことはまあ無理だろうと思いました。
 ある程度、泳いで 戻ってくるとエアマットに寝ころびました。
 とりあえず不機嫌な美女は見たくないのでご機嫌取りをするために冷えたジュースを渡すとアンナはそれを飲んでから、ビキニの上を取り、仰向けになると「オイルを塗って」といってきました。
 憧れの女性の体を触れるのだからもちろん断るわけはありません。
 なるべく、自然を装って全身にオイルを塗りました。
 至福の時でした。
 で、塗り終わり、「終わったよ」というと「まだよ」とアンナは表向きになりました。
 豊満な巨乳が自分の前に現れ、ゆさりと揺れました。
「え、でも」とさすがの僕も躊躇すると、アンナは手を伸ばし僕の勃起したおちんちんを掴みました。
「ここをこんなにして、できないなんて言うんじゃないの。いいから塗りなさい」
「うん」
 こういわれてはやらなくてはなりません。
 僕は足先から上に向けてオイルを塗り、少し手が震えながらアンナの大きなおっぱいを優しく揉むように塗ってあげました。
 それが終わるとアンナが寝ながら手招きすると体を近づけると僕を抱きしめて、体を回転させエアマットの上に押し倒しました。
 そのまま、アンナの顔が僕に近づき、「私のことをいつも見てたでしょ、私のことが好き?」というので首を縦にぶんぶんと振った。
「そう、正直に答えてくれたから、今からあなたを私の恋人にしてあげる」というとアンナは自分の唇で僕の唇をふさぎ、しばらく唇の感触を味わった後、舌を入れてきて僕の舌に絡めてきました。
それにつられて僕もアンナの舌に一生懸命、僕の舌を絡めた。
 呼吸ができなくなるのではとも思ったころ、アンナは顔を離しました。
「キスは初めて?」
「うん」
「ふふ、私の恋人に慣れてうれしい?」
「うれしいです」
「そう、じゃあ、あなたのチェリーを奪ってあげる」
 アンナは体を離すとビキニの下を外し、さらに僕の海パンをずらしました。
 アンナのまんこは綺麗に剃り上げられたパイパンで僕のおちんちんはビンビンに勃起していました。
「触った時からおっきいと思ったけど、本当に大きいわね」
 僕のおちんちんはどういわけかアメリカからきて大きくなり、下手な大人よりもでかいです。
 瓶からローションを自分の股間に塗り込み、
「どう、綺麗でしょ」
 アンナは自分の手でおまんこを見せてくれました。
 パイパンで少し黒ずんでいましたが形は綺麗です。
「うん」
 当時の僕にはわかるはずもなくただ頷くだけ。
 アンナは嬉しそうに少し微笑むとはそばにあった濡れタオルで僕のおちんちんを軽くふいてからローションをかけて塗りました。
 濡れタオルは少しくすぐったく、ローションはひんやりとしてアンナの手が触れると気持ちよくてすぐに射精しそうでした。
「それじゃ入れるね」
 そういうとアンナは自分の体を移動させ、おまんこの穴に僕のおちんちんをあてがいました。
 入り口部分で亀頭と穴がこすれあい、ちょっと入るの手間取りましたが、亀頭が穴に何とか入り、後はアンナが腰を落としたらおちんちんはおまんこに滑るように飲み込まれていきました。
「全部、入った。あなたのチェリー貰っちゃった」
「ああ、大きいわ」
 僕はその言葉を聞いていましたが反応できませんでした。
 アンナのおまんこの中はおちんちんがローションが潤滑液となり、ぬめぬめと締め上げて気持ち良過ぎ、暴発しないように我慢していたのです。
 アンナはそんな僕の表情から我慢しているのに気づき、いたずらっぽい笑みを浮かべて「がまんすることないのよ」と腰をぐるりと一回転させました。
 おちんちんはおまんこの中で大きく動き、それがすごい快感となって襲い、あっけなく僕は射精してしまいました。
 どうにかしてしようにも、アンナは全体重をかけて僕の上にいたのでどうしようもありません。
 おちんちんは脈動しながら、精液をアンナの子宮に注ぎ続けていました。
「いっぱい出したね、うれしいわ。もっといっぱい出して」
 そうしてアンナは自分の胸をもみながら、腰を激しく前後左右に動かしました。
 僕はアンナの腰の動きでぬちゃにゅちゃと動くまんこの中で快感に抗うことできず、おちんちんを弄ばれ、4回も膣内射精をしました。
 さすがにそれ以上は簡単には射精しませんが、おちんちんは勃起したままです。
「今度は私を逝かせて」
 アンナは上体をたおして、僕に抱き着くと激しいディープキスをして、体を四つん這いにして、激しく腰を振り出しました。
 先ほど程とは違い、パンパンと肉と肉がぶつかる音がして、激しく僕のおちんちんがアンナのおまんこに出入りをおこない、また、激しい快感を生み、それが徐々に高まり、アンナのでっかい逝く声とともに、おまんこは僕のおちんちんを締め付け、5回目の絶頂に達しました。
 僕とアンナはきつく抱き合い腰を絡め合い、僕は残った精液を全部、アンナの子宮に注ぎました。
 やがて、絶頂の快感が引き、僕とアンナは見つめ合い「あなたのことを愛しているわ」「僕もアンナ好き」とキスをしました。
 その後は体を離し、呼吸が落ち着くと二人で海を泳ぎました。
 日が暮れて、海水浴の道具を片付け、浴びたシャワーは心地よかったです。
 夜は食事を取るそのままベットイン、朝方まで激しく愛し合いました。
 でも、心地よい眠りから覚めると、すでに正午近くなっており、僕とアンナは急いで小屋を片付けて車を出しました。
「私には夫がいるけどこれからもあなたの恋人よ、また、いっぱいセックスをしましょう」
「うん」
 アンナの言葉に僕はうれしくて頷き、キスを交わしました。
 そのまま、アンナの家に行くとヘンリーが待っていました。
 ヘンリーは応援するチームのシャツを着て、グッズで身を固めて、試合のビデオを見ながら歓声を上げていました。
「いやー、お前たち連れていけなくて残念だったよ」と興奮しながらすごいところを話始めました。
 ジョージはすでについて行けず、家から逃亡。
 ヘンリーは僕とアンナが海の浜辺で愛し合った以上の熱く興奮する日を送っていたようでした。
 僕とアンナは逃げようとしましたが拘束され、ヘンリーの熱弁を延々と聞かされることになりました。
 本当に辛かった。
16
削除依頼
2018/05/30 10:35:33 (hhaZ9LhN)
26際のOLみかんです。タイトルと内容が合っていないかもしれませんが
私の初体験を聞いてください。

私の初体験は高1の夏休みでした。
女子大付属女子高に進学した4月、同じ中学から進学した人がいなくて
不安だった入学式で小学校の同級生Aから声を掛けられました。
Aも不安だったのか直ぐに仲良しになります。
GWの後、Aが幼なじみと一緒に遊んで私(M)の事を話したら
「なんだ、M連れてくればよかったのに」と責められた〜と笑って話します。
メンバーはAと幼稚園から一緒だったB(女)とK(男)の3人。
小学校でもいつも一緒に遊んでいる印象がありました。
中学も3人同じだったそうです。(私は学区が違った)
Bは中2の暮れにご両親が実家(旅館)を継ぐために転校してて
GWにAの家に遊びに来たそうです。ちなみにAとBは従姉妹同士です。
それからはA、Kと3人で何度か遊ぶことが多々ありました。

ちょっと前置きが長くなりました。
6月になり学校帰りにAと話していると、Bからアルバイトの話があるって、と
言われました。一緒にBに電話すると夏休みの始めと終わりにBの旅館で
アルバイトしない?と誘われました。
大学の女子バトミントン部の合宿で旅館が貸切になるそうで、従業員の休みに
当てるから、と言われました。私の親はBちゃんの家だし、宿泊客も女子だけ、
と聞かされOKしてくれました。
Bの家に行く日です。Aとの待ち合わせ場所にはKも居ました。
Kもアルバイトに誘われたそうです。3人でBの家に行きました。
一通り旅館の案内や仕事内容を教えてもらい、従業員用寝室に戻りました。
貸切風呂の奥に部屋があり、勿論男女別々です。Bも女子部屋に泊まるとかで
夕食後お風呂に入り、Kの部屋で話していました。
年頃なので恋の話や下ネタになりました。
私は今までに彼氏が出来たことが無く、勿論処女でした。
A、B、Kも恋人がいないと聞かされ、ホッとしました。
しかし、みんな初体験済で私は驚きました。みんな中学生の時に体験したとか。
体験人数はABは1人ずつ、Kは2人。驚くと同時に取り残された感じで
焦ってしまいました。その後、ABが貸切風呂の掃除に行きました。

2日目、お昼頃に女子大生達が合宿にやってきました。
仕事が終わったのは午後7時。10時までお客さんがお風呂を使うので
私たちはそれ以降に貸切風呂を使う事になっていました。
疲れていた私は少しうとうとしていました。10時になり起こされてお風呂。
女子3人で服を脱ぎ浴室のドアを開けるとKが体を洗っていました。
K「わっ、なんだよお前ら」
B「ちゃんと洗ってる?」
A「いいじゃん、昔一緒にお風呂入ったでしょ」
驚いている私に構わず言い合っています。女子3人は掛け湯をして湯船に入りました。
Kはおちんちんを隠さず体を洗っています。私は父以外の大人のおちんちんを始めて
生で見ました。大きくなっていました。
なに勃起してんの?、お前らが来るからだろ! そんなやり取りの後
Kと交代するように、AとBが湯船から立ち上がったので私も湯船を出ます。
私はタオルで前を隠したままでしたが、みんな隠さずに堂々と裸でした。
体を洗うためタオルを外すとKの視線が気になって仕方ありません。
私たちが洗い終わった時にKが湯船から出ました。まだ大きいままです。
Bが「K、MバージンだからKの勃起したチンポ見せてあげて」
と言いながらKのおちんちんを握り「硬くなってる」と言って口に咥えました。
Kが喘ぎ声の様な声を出します。少ししてBが口からおちんちんを出しました。
Aが代わりにおちんちんを握って擦り出しました。
「M、触ってごらん、硬いよ」そう言って私の手を取って握らせました。
あんなに硬いなんて思いませんでした。再度Aがおちんちんを擦っていると、
「あ、出る」と言ってKのおちんちんから白い液体が出て鏡にかかりました。
凄い、と思うと同時にあれが精液か、と判りました。
Bが「Kお風呂掃除の方法教えるから」と言ってBとKが残り
私とAは部屋に戻りました。Aが、Kのおちんちん凄かったね〜、と話かけましたが
私は高揚しててまともに会話できませんでした。1時間してBが疲れたーと言って
部屋に戻ってきたので寝ました。私は寝たふりをしてKのおちんちんを思い出して
オナニーしてしまいました。
3日目、昨日の事があってか当然の様に4人でお風呂に入る事になりました。
お風呂では下ネタの話も出て、Kが私のおっぱいを誉めてくれて少しうれしかったです。
昨日同様にKのおちんちんは大きくなっていてまた3人に触られます。
Aが擦っている時に射精しました。Kが私たちの事を触らないので助かりました。
お風呂を出る時に、今日の掃除はKとAになり、私とBがお風呂を出ました。
1時間してAが部屋に戻りました。明日から皆でさっと終わらせようとなりました。
Aは裸にバスタオルを巻いた姿だったので、目の前で着替えます。
前かがみになったとき、Aのおまんこが丸見え。ワギナに穴が開いていました。

4日目でした。今日は全員でお風呂掃除をすることになっていましたが、いつも通り
KのおちんちんをABが触ろうとすると「俺にも触らせろ」とKが言いました。
Mが処女だから、触るなら部屋にしよう、となり、急いでお風呂を洗い女子部屋に
移動しました。体拭いただけで全員裸です。
KがBにキスをしながら布団に押し倒し、おっぱいを揉んだり乳首を口で吸ったり
します。Kの手がBのおまんこを刺激するとBが喘ぎ声を出しています。
そしてそのまま正常位でKが挿入しました。目の前で行われるHに固まってしまい
そのまま見ていました。KもBも気持ちよさそうでした。私は座っていましたが
あそこが濡れてくるのが分かります。Kが、出る、と言ってBから抜くとBが
おちんちんを口に咥えます。口の中で射精したようです。Bがゴクッと言う音を
鳴らして飲み込んだようでした。そのままおちんちんを吸っています。
Aが、次私、と言ってKに抱き付きました。Kは今は触るな、とおちんちんを
触らせませんが、Aを愛撫していました。少ししてKが何かAに言いました。
AはKに体を反対向きにして覆いかぶさりました。お互いの性器を口で
愛撫しています。ビックリしました。Kに舐められるAのおまんこから液が
溢れてきています。Aが起き上がるとKに跨って座るようにして挿入しました。
あぁ、と言いながら腰を上下に動かすのでAにKのおちんちんが出し入れするのが
見えました。Aは疲れたのかKから抜いて横たわりました。M代わって、と
言いました。
今度は私の番かな、と思うと怖い気持ちもありました。
しかし興味と期待感が勝ちます。
初めてだから優しくしてね、と言ったそうです。
Kにキスされて舌が入ってきました。私のファーストキスです。
Kに全身を愛撫されると、いままでのオナニーとは違う気持ち良さがありました。
そしてクリトリスを長く触られていると、頭が真っ白になりました。
逝かされました。硬直していたらしいです。気付くと膝を広げて間にKが
いました。すこしワギナに指を入れてから、入れるよ、と言いました。
Kのおちんちんの先を感じると、メリメリ、って感じで入ってきました。
痛かったのですが、歯を食いしばって声を出さない様にしました。
Kは気を使ってくれ、少し入れては止まって、何回かに分けて入れてきました。
奥まで入ったよ、と教えてくれました。Kはそのままにしてくれましたが、
少し痛みが治まったので、動いていいと声を掛けるとゆっくりと動いてくれました。
下半身が少し痺れる感じで気持ちに少し余裕が出て、目を開けるとAとBが
私たちのHを見ていました。Kの動きに合わせて少し痛痒い感覚に襲われました。
Kが出る、と言って私から抜いてお腹に射精しました。熱くて触るとドロドロした
感触です。触った指が生臭かったです。
A,Bが良かったね、と声を掛けてくれました。そしてお風呂に抱きかかえるように
連れて行ってくれました。2人が私を洗ってくれました。私のおっぱいを触って
柔らかい、気持ちいい、と弄んでいました。
部屋に帰るとKはいませんでした。AとBは「痛かったでしょ?」と言いながら
私を愛撫しました。乳首やクリトリスを触って感じさせられました。
そんな不思議な初体験でした。


長くなってしまいました。アルバイトであと2泊しました。
リクがあればまた書きます。
17
2018/05/07 17:32:35 (i.qp6S6L)
私の初体験は18才高3の時でした。卒業を控え、処女のまま進学するのは
恥ずかしいと思い込んでいました。
好きだったO君にはラブラブの彼女がいて、入り込む隙はありません。
そこで目を付けたのは同じ部に入っていたAの彼氏P君でした。P君は
私の知る限り3人と体験していて、Aも初体験の相手だと知っていました。
私はAに内緒で相談があるとP君を家に呼びました。
素直に、「卒業式までに処女を捨てたい。優しくしてくれそうなP君で
練習させて欲しい」とお願いしました。
P君は今コンドームを持っているから、これからでいいなら、と
お願いを聞いてくれました。
お互いに服を脱ぎました。P君の前でブラを外すのは恥ずかしくて後ろを向いて
外し、体を隠しながらベッドにもぐりこみました。R君は全裸でおちんちんが
あんなに大きくなるなんて思っていなかったのでびっくりしました。
私はパンツを脱いでR君に抱き付きました。ごつごつとした体に男女の違いを
感じます。キスをしてきました。私のファーストキスでした。
舌を入れようとしましたが、それは阻止。おっぱいを揉まれると、オナニーとは
違い、予想しない動きに不思議な感じで少しくすぐったい感じです。
不意に乳首を口に含み乳首を転がされました。いままで経験したことのない
温かい感触で動かされ、あ、と声を出してしまいました。暫くして右手が
下に降りてきました。陰毛を少し弄んでから、クリトリスをいじり出します。
思いの他に強い刺激を受けているうちに濡れてきた、というよりおつゆが
脚を伝わる位にあふれてきます。ワギナに指先をいれて刺激されると感じて
しまい、声が出てしまいました。これなら無事に初体験が出来る、そう思って
いるとR君がコンドームを付けて、挿れるよ、と言ってきました。
広げた脚の間にR君が入り、大きなおちんちんを穴に当てて腰を押し進め
ました。彼のおちんちんが入ってきた瞬間に、激痛が走りました。
痛さで音とか光が見聞きします。私はR君を押し戻し「いたい、無理、やめて」
と叫びました。私は体を丸めて泣いてしまいました。
彼のおちんちんの亀頭にすこしだけ血が付いています。ここまでしか入って
いないよ、と亀頭しか入っていないと教えてくれましたが、お願いしてやめて
貰いました。ちぇ、っていう感じでR君が帰りました。
最低の初体験でしたが、進学して彼氏が出来ました。彼(S君)も童貞でしたが
キスはしましたが私を求めてきません。夏休みに一緒に旅行に行き、そこで
結ばれました。S君は凄く丁寧に時間をかけて愛撫してくれました。
私が一回逝ってから挿入してきました。挿入の痛みはR君よりも強かったのですが
私に気を使ってくれて嬉しかった。私から早く奥まで入れて、とお願いしましたが
途中までしか入りません。少しそのままで抱き合いキス。それからちょっとずつ
私に確認しながら進めてくれ、全部入ったと教えてくれました。
少し動かしただけで彼が声を出して逝ってしまいました。おちんちんが柔らかく
なったので痛みが弱まりました。私から抜くとコンドームには血が付いていました。
「初めてを貰えて嬉しい。大事にするよ」と言ってくれました。
学生時代はずっと付き合っていて、結婚するものと思っていましたが、
社会人になって別れてしまいました。
ふと学生時代のアルバムを主人とみていてS君の事を思い出しここだけに告白します。

18
2018/05/03 02:00:02 (3dmm8G.V)
2017年、3月。
高校を卒業して、大学への進学が決まっていた春休み。
どこかへ遊びに行くような仲の良い友達もおらず、アルバイトもしていなかった私は、春休み中暇を持て余していた。
そんな空虚な時間を私はインターネットでチャットする事に充てていた。ネット上で他人と文字のやり取りをする事で、孤独を紛らわせていたのだ。
その中でも特に夢中になっていたサイトが、2ショットチャットだった。
そこは18禁のアダルトサイトで異性とエッチな会話を楽しみたい男女が集まっていた。
アダルトサイト、ということもあって、一部では出会いの目的に使用されているチャットだった。
男性に比べて女性の数が少なく、私の立てた部屋はものの数秒ですぐに満室になった。
『雑談Only』としか書かれていない素っ気ない部屋に入ってきた男性がいた。
―――麦さん(38)男性 が入室しました。
わたしは一瞬たじろいだ。倍も年齢が離れた男性と何を話せばいいのか、と。
しかし彼は緊張する私をよそにテンポよく程よくフランクに会話を進めてくれた。
わたしの話を相槌を打ちつつ丁寧に聞いてくれて、良い印象の人だった。
そしてチャットの終わりに、絶対にしないと決めていた連絡先を交換してしまった。
***

同じ年の7月、スマホを開くと彼からのメッセージが届いていた。
「今から会って、エッチな事しよ」と。
恋人すらいたことのなかった私。さすがにここで彼に会ってしまってはいけないだろうと頭では分かっていた。
しかし、ここで誘いを断ってしまっては彼に申し訳ない気がして「いいですよ」と、彼の誘いに乗っかった。


19

高1の夏休み

投稿者:かっくん ◆tr.t4dJfuU
削除依頼
2018/05/01 17:19:45 (HIIJzIqW)
高1の夏休み、近所のスーパーでバイトをしました。
そこの男子店員と仲良くなり部屋に遊びに行ったら、
同じスーパーのレジの女子店員三人のハメ撮り映像
を見せてもらいました。
自分にレジの打ち方を教えてくれた明美さんもその中に
いました。
三人の中から好きな女とやらせてやると言われて、
もちろん明美さんを指名しました。
夏休みの終わりころ、男子店員の部屋で制服姿で
ロープで拘束された明美さんと3Pしました。
普段の明美さんとのギャップに物凄いショックを
受けた初体験でした。
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕