ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

処女、童貞喪失体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 195 196 197 198 199 200
削除依頼
2005/07/13 23:08:32 (7qFS3L8Q)
自分の体験はかなり遅くて、20を過ぎてからでした。
たまたま久しぶりに中学校の同級生たちの飲む機会があって、
当時大学生だった自分は、すっかり大人のOLになっていた同級生たちを
みて、ちょっと大人になったなあと感動していました。
初体験の相手は、そのときに一緒にいた同級生の一人でした。
付き合い初めてから3ヶ月目くらいだったころ、一緒に泊まりでスキーに
行きました。
そのときに、民宿の部屋で、彼女と挿入の一歩手前まで行きました。
でも、当時処女だった彼女は、どうしても最後まではいやだと言うので、
結局、最後まではいきませんでした。
お互いに初体験をしたのは、それから1ヶ月後でした。
それから、回数を重ねるたびに、彼女のほうからも誘うようになりました。

今から思うと、もっと早く体験しておけばと思います。
最近、駅のホームや、駐車場横の暗がりなどでいちゃついている
高校生カップルをよく見かけますが、もっとやるべきところへ行って、
ちゃんとやればいいのにと、ちょっとじれったくも思えますね。
やっぱり、女性は10代のころが感度がいいので、
自分の性感帯を磨くためにも、若いうちにたくさん経験しておいたほうが、
いいんだけどなあと思います。
996
2005/07/13 15:57:12 (hEqQZ22h)
21の頃だったかな。それまで何回かチャンスはあったんだけど、なんとなく逃し
てきた。そのうちソープにでも行こうかな、なんて考えてた。
その年の冬、会社のクリスマスパーティで、パートに来ていた若い人妻と仲良くな
った。凄い美人というわけでもなかったけど、小柄で笑顔の可愛い人だった。
映画を観に行ったり、何回かデートやキスを重ねて、当然ラブホへ。
彼女は俺の服を脱がせてくれて、カチカチに硬くなった俺のチンポを丁寧に時間を
かけて舐めてくれた。柔らかい唇と、別の生き物みたいに動き回る舌の感触、細い
繊細な指の動き、初めてだった俺は暴発も覚悟していたけど、彼女はそうさせない
ように焦らしに焦らした。
穴の位置がよくわからない俺は、彼女の手に誘導されて挿入。彼女の腰の下には枕
があって、うまく挿入できるようにしてあった。
初めての割には射精までには時間がかかったと思う。
彼女が満足してくれたかどうか、そこまで考える余裕がないほど、俺は快感に溺れ
た。その後朝まで、体重が何キロか減ったんじゃないかと思うくらい何度も射精し
た。小さい体の割には、形のいい胸、そしてその大きさ。あの柔らかさは今でも思
い出すことができる。
997
2005/07/12 08:48:37 (1tTwkOr/)
文化祭の時期になると2年前の初体験を思い出します。僕の学校は一クラスに女子
が4〜5人の進学校でした。高3の文化祭で、たまたま、隣クラスの学校一の美人
のMさんと一緒に仕事することになりました。一緒に広告取りしたり、パンフレッ
トつくったりしているなかで、とても仲良くなりました。文化祭を一週間後に控え
たある日、徹夜仕事になりました。生徒会室で結局二人だけで徹夜しました。3時
ごろ終えて灯りを消して仮眠することになりました。二人で横になりながらいろん
な話してるうちにキスの話になって、S君ならいいよ、って話になって、初めてキ
スしました。柔らかいくちびるでした。のしかかるようにキスしてあとは夢中でし
た。Tシャツをたくし上げて胸までもみました。あまり強くもんだので痛いといわ
れました。したいというと今日はだめ、と言われました。好きだっていうと私もっ
て言ってくれました。それから文化祭までの1週間、二人だけになるとそっと手を
つないだりキスしたりする仲になりました。文化祭の後夜祭で告白タイムがあり、
彼女は4人から告白されましたが、ごめんなさいをしました。僕もやらせで壇上に
たったら1人の同じクラブの後輩の子が出て来ました。Mさんを好きになる前、手
も握ったことはなかったのですが、好きだったかわいい子です。でも泣かせてしま
いました。文化祭も成功裡に終わり、翌日が休日でした。僕の家は留守なので、彼
女が我が家にきました。コンドームは僕が買っておきました。キスをしました。あ
とは二人とも夢中でした。あそこを見るのは悪いような気がしてよく見ずにつっこ
もうとしましたから、最初はなかなか入らなくて、痛い思いをさせてしまいまし
た。少し休んでから、ごめん、よく見せてといってよく見ました。恥ずかしがって
顔を両手で覆っていました。結構毛深くて、あそこのまわりにもしっかり毛が生え
ていました。びらびらを広げるとピンクでした。クリトリスは向けてつやつやして
ました。おしっこの穴もわかりました。が、あそこの穴がよく見えません。ちょっ
と痛がりましたがもう少し広げたら、意外と一番下に薄ピンクの肉襞が少しひろが
って穴があきました。ここだと思いました。びらびらの真ん中に穴があいてるのか
と思っていたので意外でした。そこをよくみてペニスをあてました。僕のはそりた
っていたので、少し下向きにしたら、今度は入りました。最初はとてもきつかった
ですが中はあたたかでした。やった、男になったと思いました。すぐに気持よくな
りました。オナニーとはくらべものにならないくらい最高のセックスでした。一回
終わって、そのまま抱き合ってたら彼女のあそこがひくひくしているのを感じまし
た。またしました。今度は長くもちました。大好きだよといって何度も腰をぐいぐ
いしました。2度目が終わってぐったりしてる彼女の汗をタオルで拭いてあげまし
た。あそこは少し血が出ていました。ティッシュでぬぐってからタオルで拭いてあ
げました。しばらく抱き合っているとまたしたくなりました。また?ってびっくり
していましたが、嫌がりませんでした。かなり長く持ちました。今度は彼女もかな
り気持よくなったようでした。3回目が終わってお昼になりました。彼女の携帯が
なりました。文化祭の仲間から打ち上げの連絡でした。学校ではべたべたしないよ
うにしようということと、受験勉強は頑張ってやろうということを約束しました。
待ち合わせの場所まで自転車引きながら歩いていきました。痛かった?って聞いた
ら少しっていいました。まだ、なにか入ってるみたいともいいました。私は腰がと
ってもすっきりしました。
打ち上げのときはむしろ離れてすわりました。何事もなかったようにいつもの笑顔
で談笑する彼女の顔は輝いていました。最初に入れられたときの痛がった顔もうか
びましたが、やはり笑顔の彼女は最高でした。その夜は思い出して2回オナニーし
ました。次に彼女とできたのは夏休みに入ってからでした。午前補習が終わった午
後に、僕の部屋でしました。騎乗位もバックもフェラもしました。二人だけの思い
出の写真を撮りました。夏休みの後半は彼女は大手予備校の夏期講習にでたので逢
えませんでした。僕も受験勉強に専念しました。12月以降はクリスマスイブは二
人でケーキを食べましたがエッチはしませんでした。初詣も一緒にいきましたが、
やはりエッチをしませんでした。冬休みも直前講習ですれ違いでした。バレンタイ
ンデーには、彼女も含めて4人から手作りチョコが来ました。なかに、後輩のあの
子からも来ていました。まだ忘れず好きになっていてくれたんだ、いけないとおも
いながらスケベ心が出ました。自宅研修にはいっていました。彼女はほとんどメー
ルもよこしませんでした。医学部志望ですからムリもありません。平日で学校が休
みの日に家に後輩の子、Tさんを呼びました。来ました。抱きしめました。キスを
しました。僕に彼女がいるけどいいかって聞いたらそれでもいいと言いました。誘
惑にまけました。Mさんにはすまないと思いながら、その日、Tさんを抱きまし
た。やはり処女でした。かなり血がでてあせりました。その日は一回だけにしまし
た。卒業式になりました。Mさんは隣のクラス代表、僕もクラス代表で卒業証書を
受け取りました。その日の午後、Mさんが家にきましたが、抱きしめるだけで、最
後までは申し訳なくてできませんでした。翌日、僕は国立大学の経済学部に合格し
ました。彼女は不合格でした。後期試験にむけてまた勉強を始めました。結局すれ
ちがいでした。それで、また、Tさんを家によんで抱きました。Tさんは素直に抱
かれました。ぼくの気持はMさんを愛しながら、Tさんを愛おしく、守ってあげた
いと思うように変化してしまいました。それをMさんは試験中なので言えませんで
した。春休みの後半にMさんの後期の発表がありました。不合格でした。ショック
なMさんに、気持がTさんにうつったことは言えませんでした。
Mさんは一年後に見事超難関の医学部に合格しました。けれど、Mさんとのエッチ
は高3の秋が最後でした。彼女の合格祝いで、好きな人がいると話しました。Mさ
んは賢い人ですから感じていました。Tさん?と当てました。そうおめでとうと言
ってくれました。こうしてでMさんとは別れました。Tさんは僕の大学に合格し
て、今はラブラブ状態でつきあっています。
998
2005/07/09 03:43:45 (veFarB09)
私は中一の時、友達の誘いで円をしていました。最初は友達とどっかの偉そうなオジサンと一緒にカラオケ行ったりして足触らせたりするだけで少しもらえていたのでそれなりに楽しかったですよ。
けどそのうちにもっと欲しくなって最後まですることにしました。回りの子もみんな彼氏とかと経験済みだったので少し焦っていたのかも(^_^;)処女である事を書き込むといっぱい高額で買ってくれるオジサン達が書き込んでくれました。その中で一番高い学で買ってくれるオジサンとすることにしました。
待ち合わせ場所でドキドキしながら待っていると、小太りなオジサンが声かけてきました。この人が私の初体験の相手なんだと思うとアソコがキュウッってなる感じがしました。オジサンは車の中で何回もかわいいね〜っていいながら私の足をなでていました。
ホテルにつくとオジサンが先にシャワー浴びといでって言ったので先にシャワーを浴びました。アソコをさわると少しヌメヌメしてました。私はエッチな子かもしれません。シャワーを終えるとオジサンが制服に着替えてと言ったので制服に着替えました。そしてベッドルームに行くとオジサンがビデオカメラをセットしていました。処女を卒業するんだからちゃんと記録しておかないとねっとオジサンが言いました。私は少し不安になりましたが高額がもらえるのだからこれが普通なんだと思っていました。
私がベッドの真ん中に座るとオジサンが後ろに座り、前にはカメラがありました。始めるよと言うとオジサンは私の体をいやらしく触り始めました。気持ち悪かったけど我慢しました。オジサンが制服の中に手を入れてまだ全然大きくないおっぱいを触りはじめました。指が先に触れるとビクッとなりました。自分でも少しさわったりしていましたが変な感じがしました。オジサンはスカートの中に手を入れようとしましたが私は閉じようとしました。オジサンは怖くないよと言いながらうなじを舐めながら私の足を少しずつ開こうとしています。私はだんだんぼーっとしてきて力が抜けてきました。そしてオジサンの手が太モモからパンツごしに私のアソコに触れたとたん、電気が流れたような気がしました。我慢しているとアソコが濡れてきているのが自分でもわかりました。いやらしい声も出ていたかもしれません。
オジサンはゆっくりと私のアソコに指を入れてきました。ズキズキと痛かったですが我慢していると少しずつ気持ちよくなってきました。オジサンは指先しか入れてないと思いますが部屋中にグチョグチョ恥ずかしい音が響いていて、泣きたくなりました。オジサンは私の前に回りこむとカメラを持って私の足をM字ひ開けました。パンツの上からクリトリスをなでられるとひぁんっと出した事のない声が出ているのが自分でもわかりました。知らないオジサンに一番大事な部分をさわられて私は受け入れる準備をしていました。
オジサンはカメラで私の顔を映しながら大きくなったおちんちんを取り出しました。僕のはビッグサイズだよ〜とオジサンは言っていましたが本当に大きくて20センチはあったと思います。私は怖くなりましたがなぜかそこから逃げ出す事ができませんでした。ジュースに何か入れられていたのかもしれません。オジサンは私の顔におちんちんを近づけると舐めてと言いました。どうしたらいいのかわからないのでペロペロと適当に舐めるとおちんちんがびくびく動いていました。
オジサンはそろそろ入れようかと言うと私を仰向けにさせ、パンツを脱がせました。カメラでアソコを映しながら指で両側に開いたりしていました。処女膜が見えるよ〜というのを聞いて涙がぽろぽろこぼれました。オジサンは私の足の間に座るとおちんちんの先がアソコに付いているのがわかりました。オジサンが先端をつけたまま上下に動かすとクリトリスに当たり頭が真っ白になってしまいそうでした。ちゃんと外に出すから大丈夫だよ〜と言うとゆっくりと差し込み始めました。アソコに激痛が走り、なんとか抜こうとベッドの上へ逃げましたが、とうとう逃げられなくなりました。それをみたオジサンはギューッと全部入れてしまいました。
私は裂けるような痛みに泣き叫んでいたと思います。助けてと叫んでもオジサンはおちんちんと結ばれた私のアソコと泣き叫ぶ顔を映しているだけでした。私は急に罪悪感に襲われ、映さないでとなんとか抜こうと体を動かそうとしましたが、痛みで全身がしびれているようでした。顔は映さないでと手でかくしていましたがすぐに払いのけられました。オジサンはマリコちゃん、気持ちいいよ〜すぐに気持ちよくなるからね〜と言うとカメラをベッドの横に置き、私の腰を掴むとゆっくりと動かし始めました。痛いだけで全く気持ちよくありませんでした。オジサンのおちんちんが私の膣壁をこするたびに気絶しそうな痛みに襲われました。おちんちんの先がお腹の奥でゴンゴンと何かに当たっていて私はうっ、うっと呻き声しか出せませんでした。
オジサンは私のブラをずらすとおっぱいを吸いはじめました。私はアソコの痛みの方が大きくてなにも感じませんでした。おっぱいをつまみながら私の首を舐め、時々ヂューッとキツく吸われました。耳まで舐められ、ディープキスをされました。その時初めてファーストキスを奪われた事に気づき、涙が止まりませんでした。私は泣きながらも、オジサンがアソコの奥を突き上げるたびに痛みと頭がしびれるような感覚になっていました。
オジサンは私を抱きしめると、つながったまま私をだっこし、あぐらをかくように座りました。おちんちんがアソコの奥に更に押しつけられ、内臓が口から飛び出そうでした。再びオジサンが動き始め、私はただ体を上下にさせるだけでした。抜けそうになるほど突かれましたが重力のせいで腰を落としてしまうしかなく、情けなくなりました。私はオジサンの肩に顔をうずめ、必死に痛みに耐えていました。私が感じていると思ったのか、オジサンは更に私の腰を強く抱きしめました。
私がうぅっと呻き声を出すと、急に激しく上下しだしました。私の胸をきつく吸いながら抱きしめ、突き上げるスピードをあげていきました。アソコからはグチョグチョと音が鳴り続けています。私は痛みに耐えきれずにオジサンの背中に爪を立てて呻き声をあげているだけでしたが、オジサンが最後に私の腰を強く引き寄せ、ゴンゴンとアソコの奥に打ちつけると、お腹の中に温かいものが広がるのがわかりました。オジサンは息を切らしながら私のアソコを広げるようにグリグリと腰を動かしました。すぐに結合部から熱い液体が私のお尻を濡らしているのがわかりました。中で出された事に絶望していると、オジサンはカメラを取り、結合部を映し出しました。私の足を再びM字に開けるとおちんちんをゆっくり抜きました。
私のアソコからはゴボゴボッという音とともに血と精子の混ざったものが溢れ出しました。抵抗する力も残ってない私を放っておいてオジサンは私のアソコと天井を見つめる私の顔ばっかり撮っていました。私がしばらく放心状態でいるとオジサンは私のアソコからこぼれる精子を指ですくい、これで君も大人だね〜と私に見せ、私を抱き起こし、ベッドの上に立たせました。アソコから精液が垂れだし、太モモを流れた時、制服のミドリと白のチェックのスカートのお尻の部分が破瓜血で真っ赤に染まっているのに気づきました。私はその場にうづくまり、泣き叫びました。オジサンはその様子を にやにや笑いながらビデオにおさめるだけでした。しばらく私の泣いている姿を撮った後、オジサンはビデオのコードをテレビにつなげ、数時間前と同じように乱れた制服のままの私の後ろに座りました。
私が逃げようとすると後ろから腕と腰を掴み、ベッドの上に引き戻されました。私を後ろから押さえ込み、ベッドの上に座ると、数時間前に撮ったビデオを流しだしました。そこには男の事など全く知らなかった私と、それをいやらしく汚していく小太りの中年の姿が写っていました。私は助けてと叫びながら逃げようとしましたが後ろから抱きしめられ、私のお尻にはスカートごしに再び硬くなったオジサンのおちんちんが当たっていました。テレビには私の毛も生えていないツルツルのアソコにバトンのような太い真っ赤なおちんちんが差し込まれようとしているところでした。私は泣きながら顔を背けようとしましたが、強引に顔を向けさせられ、泣きながらおちんちんから逃げようとする自分の姿を見せられました。そして逃げられずにおちんちんを奥まで差し込まれ、泣き叫ぶ自分の顔を見た時、頭がおかしくなりそうになりました。と同時に、オジサンが後ろから私のアソコにおちんちんを差し込んできました。一瞬痛いっと思った後ギューッと奥まで差し込まれ、オジサンのおちんちんが子宮にゴンゴン当たっていました。
結合部のアップになり、オジサンのおちんちんが私の血で真っ赤になり、抜き差しするたびにスカートにも血が飛び散っていきます。オジサンは興奮したのか、後ろから私の胸に手を伸ばし、おっぱいをつまみだしました。私のアソコが絞まる感じがして、オジサンがクリをいじっています。クリをつまむたびに全身がびくびくしました。オジサンは私を四つん這いにさせ、後ろからゴンゴン突いてきます。腰を打ちつけるスピードをあげると再び私の中に精子を放出しました。私の太モモはオジサンの精液でぬるぬるでした。今度はなかなか抜いてくれません。おちんちんはさっきよりかは小さくなっていましたが私の膣を圧迫したままです。オジサンは私を後ろから抱くとさっきみたいに刺したままベッドに座り、マリコちゃん最高だよ気持ちよかったよ〜と言いながら画面の私のロストバージンを一緒に見ていました。しばらく二人ともぼーっとしていました。
オジサンは私を開脚させ、後ろから結合したまま抱え、トイレに向かいました。洋式便器に座ると、私の両足をオジサンの両足にひっかけるとマリコちゃん、トイレ していいよ〜と言いましたが意味がわかりませんでした。オジサンは我慢しなくていいんだよ〜と言うと後ろからおっぱいやクリをいじりだしました。ロストバージンの痛みの後でしたから膣もクリもジンジンしていました。こらえようとしていましたがうんっ、うんっ、うんっ、と喘ぎ声がトイレに響いていました。すると、私のアソコに入れたままのおちんちんが少しずつ硬く大きくなってきました。オジサンがクリをこするスピードをあげるにつれ、私はあああああああ!と言いながら頭が真っ白になっていきました。オジサンのおちんちんが膣の中心を圧迫しているような感じになり、気づいたらおしっこをしてました。体はビクンビクンと痙攣し、突き落とされる感覚でした。オジサンが次は僕の番だねというと私の腰を掴み、おちんちんを刺したままの私のアソコの中におしっこを出し始めました。精液よりも勢いがあり、子宮がおしっこでいっぱいになるような感じがしてお腹が温かかったです。余ったおしっこは私の膣とおちんちんの隙間から便器へ流れていきました。オジサンはおしっこをし終わるとようやくおちんちんを抜いてくれました。私の膣からはおしっこと精液、少量の血が流れ出したので便器に流しました。
その後、ようやく私は解放されましたが、ビデオを脅迫材料にされ、高校2年の今でも犯され続けてます。今では割のいいバイトと思っています。
999
2005/07/06 17:40:13 (QwL3CNNj)
自分の初体験はこのサイトでしりあった男性からやってみないかと誘っていただいたので会うことにしました。待ち合わせ時間になる前にもう一人知り合いの単独男性が参加するけどいいか?とメールきましたので了承してまちあわせの地元の駅にいきました。迎えに来てくれたのは感じの良い男性主役となる女性(正直こんなかわいい女性がくるとおもいませんでした)とはじめましてと優しくこえをかけてくれたもう一人の単独男性でした、それからホテルに向かう車の中でいろいろと雑談してました。ホテルは昔ながらなかみとのことでした(誘っていただいた男性談)最初にまず風呂に女性→もう一人の単独男性→誘っていただいた男性の順ではいりましたその間自分と上がった人とでビールをのみながら雑談してましたそしていよいよ一つになるときがきました始めはもう一人の単独男性と誘っていただいた男性とであれが前戯というものなのでしょうかいろいろとしてました自分もやりかたを教えていただいてむねを手で弾いたりもんだり甘ガミしたりしてそのあとおま〇こに人差し指をいれました(なんだかぐねぐねしてで濡れたけどあったかくてきつかった)そしていよいよ一つになりました最初は騎乗位てしながらら次は体位はわかりませんが体位を変えて女性をいかせることはできましたが自分は酔っていたのでイクことができませんでしたそのあともう一人の単独男性がHしているのをみて経験の差が違いすぎると圧巻させられましたしかも相手の女性が最後に飲んでましたから・・・とまあこんな初体験でした駄文でしたが最後まで見ていただいてありがとうございました。そして誘っていただいた男性と女性に感謝したいです
1000
1 ... 195 196 197 198 199 200
これ以下の書き込みはありません。
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕