ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

処女、童貞喪失体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2019/07/17 09:55:22 (QYOdalbm)
昨夜、職場の20代前半の女の子(ムッチムチ系)を夜のドライブに誘ってそのままラブホへ。
最近は処女なんて貴重なもんで、ご無沙汰してましたが、久々にご馳走なりました。

無類の巨乳好きな俺としては、会社のこの子をほっとけず、暇だしドライブでもどう?なーんて誘ったらあっさりOK。
自然と助手席に乗る彼女のこれまたムチムチッとした太ももに手を乗せてドライブ。
時々太ももの内側の際どいところまでさすってると、敏感な体がしっかり反応。
恥ずかしそうにする彼女を横目にあえて何も言わず撫でていると、我慢しきれなくなった彼女の口からため息とともに「んんっ」と漏れる声。
あえて「どうした?」と聞くとうつむいて恥ずかしそうにする彼女。
「もっと気持ちよくなりたいかい?」と優しく声をかけてあげると「でも…」とちょっと困った様子の彼女。
「恥ずかしのかな?」の質問にこくりと頷き、「はじめはみんなそう、でもAちゃんの体は恥ずかしいより、違うものを求めているんじゃないのかな?」とあそこをジーンズの上から撫でると、ヤケドしそうなほど熱くなってる陰部。

そこからの展開は早く、ラブホに着くまでの10分くらい、ジーンズの上から愛撫したり、Tシャツの上から胸を揉んだり。
部屋に入るなりベッドへ押し倒して下着姿にして、全身愛撫。
紫の下着と三ケタはありそうな豊満な体、あふれんばかりの大きな胸を鷲掴みして、揉みながら乳首をなめてあげると腰を浮かせて悶えるA子ちゃん。Iカップの爆乳は感度も良く、5分程度の乳首責めで大きな声を出して昇天。

間髪入れずパンツを脱がせるとスケベ汁でパンツはビッショリ。
ドライブ前に風呂に入って来たというので、そのままアソコをペロペロ。
クリトリスが大きく、聞くと毎晩中学の頃こらオナニーが日課で、初任給で電マをアマゾンで買い、毎晩愛用していたとのこと。
溢れ出るスケベ汁を堪能したところで、我が息子を顔の前に差し出すと嬉しそうにくわえるA子ちゃん。
初めてのフェラはぎこちなく、時々カリに歯が当たっているけど、中々筋は良し。
本人曰く、魚肉ソーセージで練習してたとのこと。
なかなかのスケベA子に変態の香りを感じ取った。
裏筋、玉舐めをレクチャーして、しっかりしごきながら咥えさせ、口に射精。
嬉しそうに手のひらに精子を出して、再び口に含んで行ってき残らず精子を笑顔で飲み干すA子。

その後アソコを一時間かけて入念にほぐし、ついに挿入。
痛いのと気持ちよいので混乱するA子だったけど、ゆっくり腰を動かしてやるとあっという間に痛さは消え、大きなあえぎ声と溢れ出るスケベ汁でシーツは洪水状態。Iカップに負けないぼて腹は波打ち、その景色は正しくエロの世界。

5年前にパイプカットしてるので、生で初挿入を堪能してるA子は5分もせず中イキ。
変態スイッチに火がついた俺はイッたのも無視してガン突き。
20分くらいの挿入中に三度の昇天を迎えたA子は最後は蟹挟みで俺を離さず、我慢できず俺はA子の中でフィニッシュ。

あそこから流れる精子を指に絡ませ、自分のスケベ汁とともに舐めるA子。
その後は俺の息子をお掃除フェラ。

夢が叶ったと喜ぶA子。
「また今度する?」と聞くと恥ずかしそうに頷くA子。
こらから色んな大人の遊びを教えることを約束して、ホテルを後に。
帰り道、行きつけのアダルトショップで、新しい電マをプレゼント。
次回、オナニー鑑賞させることにして解散。

今日はお互い午後から仕事。

近場で良い性欲処理場見つけました。
じっくり育てて、立派な変態に仕上げていきたいと思います。



下手な文章で失礼しました。
1
2019/07/17 00:48:00 (XvCHmhMn)
誰も見ないかも知れないけど
なんとなく書きたくなった。

小4の時に転校生だった私に仲良くしてくれた男子がいました。
名前は…窪田君
窪田君とは、中学まで仲良かったけど、別の高校になってからは疎遠になってた。
大学になってから、私は近所の居酒屋でバイトを始めた。
しばらくして、そこに窪田君もバイトで入ってきた。
お互い懐かしさもあって、すぐに打ち解けました。

そのうち、デートのような事も始めて
カップルなのか友達なのかわからない曖昧な関係になって行きました。

ある日、窪田君の誕生日が近付いてきて一緒にプレゼントを買いに行きました。
本人が欲しい物がいいかなーと思って。
窪田君は、私の誕生日にはバックを買ってくれたので同じぐらいの物でいいよと言うと、財布を選びました。

それから夜ご飯を食べて、お酒も少し飲みました。
2軒目どーする?ってスマホで検索したら、隠れ家的な店があり、よさそうなので行く事にしました。
その店はなぜかラブホ街にあり、行く途中ホテルの前を通って微妙な雰囲気になりました。

隠れ家的な店で、飲み放題頼んでお互い結構酔って
処女と童貞だって言って笑い合いました。
時間がきて外に出て、またホテルの前を歩いていたら窪田君が「少し休まない?」って。

処女の私でも、それはなにを意味してるのかは理解出来たけど、酔ってたせいか…実際興味もあってホテルに入りました。

玄関を入ると正面にいきなり大きい階段があって、別のカップルが降りてきて、私と窪田君は
「階段上がるんだよね?」って、キョドりながら階段を上がり何とかフロントらしきとこに着きました。

フロントには誰もいなくて、横にタッチパネルがあって部屋を選ぶと受付票みたいなのが出てきて、
「鍵は?」って、またキョドりながらエレベーターで部屋に行くと、鍵は空いていて中に入ると自動で鍵が閉まって、へーなんて言って二人でキョドってました。




2
2019/07/13 12:10:29 (UrJ4K4ss)
今朝がた、妙にリアルな夢を見た。

そこに登場した人物は、俺にとっても(現在進行形で)大事な友達でもあり、何を隠そう俺が童貞を卒業した相手でもある亜美ちゃんだった。

夢の中での亜美ちゃんは、今から13年前に出会った時の姿であり、夢から覚めた俺は何やらノスタルジックな感じに包まれていた。

そして、、あの時の思い出を振り返ろうと今こうしてパソコンの前に座っている。


<19歳。俺>

俺のばあちゃんは北海道の小樽に住んでいた。(一方、俺は京都)そんな俺は、夏休みや冬休みの大型連休だけでなく、土日の休みに祝日がくっついた3連休の時などは、舞鶴から小樽行きのフェリーにのって北海道まで遊びに行く事が多かった。

当時のオヤジの仕事も経済的に順調だったし、何より家で騒がしいヤンチャ盛りの俺が、小樽の一人暮らしの祖母の家に遊びにに行くという事は、騒がしい俺がいない家でゆっくり過ごせるという意味で、両親も随分と楽だったのではないだろうかと思う。(今、実際に子をもって親の気持ちが分かる事もある、たまにはゆっくりしてぇ・・wみたいな)

そんな背景から、両親も俺に対し、舞鶴から小樽までのフェリー代の往復2万円。そして現地での小遣いとして、大型連休の時は2万円〜3万円、三連休の時などは5000円〜1万円の小遣いを惜しみなく手渡してくれたものだった。

俺にとっても小樽に行けば親から小遣いはもらえるわ、ばあちゃんからも小遣いをもらえるわ、そして何より、小樽という俺が最も大好きな場所に(これほど気軽に)遊びに行ける自分の境遇にとても満足していた。(今では祖母も他界し、小樽の家は取り壊され北海道にいく理由すらない状態)

こんな感じで俺は、1年の間に何回、舞鶴〜小樽行きのフェリーに乗っただろうか。春休み、夏休み、冬休み、それ以外にゴールデンウイーク、そして通常の3連休、とにかく休みがあれば小樽に行くという習慣を、小学校の中学年から大学生になるまで続けていたので小樽行きのフェリーは、もはや俺の庭といっても過言ではないくらい熟知していたのである。



今から13年前の夏、俺が19歳の時のお盆の季節だった。

いつもは閑散としている舞鶴〜小樽行きのフェリーの中も、このお盆の時だけは乗車率180%くらいなのじゃないかと感じるほど人間でごった返していた。例えが悪いが大型震災などで避難している学校の体育館のような、(あるいはそれよりも酷い)2等船室のカーペットの上には、所せましと人間が座っていたり、あるいは寝転がっていたりするのである。

そして通路にはサーフィンやボディボードの板や、大きなリュックサック、釣り道具、キャンプ用品、あらゆるレジャー用品が所せましと人間の歩行の邪魔をし、あちこちではテンションが高くなった子供が走りまくり、それを制止して叱る親たちの声が飛び交っていた。

お盆、この時ばかりは仕方ない。とう思い、俺は2等船室の中で俺ひとりが寝転がれるスペースを探し当て、なんとかそこに自分の荷物を置いて陣取ったものの、そこから動けずにいた。それはこのごった返した船の中で、自分の荷物を紛失するかもしれないという恐れと、少し席から離れたら他の誰かに席をとられてしまうんじゃないかという不安。

俺は暫く、船が動き出し周囲が落ち着くのを待ち、そこから売店なりトイレなりに行こうと考えていた。舞鶴から小樽まで約20時間。これはそうとう気合を入れない行けないな。なんて思っていた。

そんな時に、俺と同い年くらいの女の子、亜美ちゃん(19)が「あ、、すみません、横あいてますか・・?」と俺に不安そうな表情で訪ねてきたのである。確かに、俺の横のスペースは人が0.5人くらいは入れるようなスペースが空いていた。(俺が寝転がる時の為に、余裕をもって自分の荷物を置いてキープしていた空間だった)

俺はそのあまりに、可愛らしい、、、いや清楚であってなおかつ可愛らしい。相手の表情に(うわ、、めっちゃ可愛いこの子・・・)と心臓が、ドキイイ!!!!と高鳴るのを感じた。俺は思わず突然の対応にパニックになり、「ああ、、空いてますよ。どうぞどうぞ。」と自分の荷物を自分側に引き寄せ、空いたスペースを提供したのであった。

「ありがとうございます」そういって亜美ちゃんは自分のリュックをスペースの中に置き、とりあえず座るしかなかったのである。きっと亜美ちゃんにとっては、このお盆の時のフェリーというのは初体験だったのだろう。周囲をキョロキョロと見て回り、いつになったら落ち着くのだろう、と考えているのが表情から読み取れた。

そして、その微妙な空気の中、俺も何かしゃべりかけたほうがいいのか、と思っていたが、最初に口を開いてきたのは亜美ちゃんの方からだった。

亜美「お盆だから、、ですかね?」
俺「うん、だと思う。いつもはこんなに人いないから」
亜美「よくこの船のるんですか?」
俺「ああ、ばあちゃん家が小樽にあるからさ。小樽に行くときはいつもこの船使ってる」
亜美「へー、そうなんだ」
俺「そっちは北海道に旅行か何か?」
亜美「私は実家に帰るところです」
俺「北海道の人なんだ」
亜美「うん。大学がコッチにあって夏休みの帰省をする途中なんだけど、お盆の時期は避ければよかったかな・・w」

そんな当たり障りのない会話をしたのである。

しかし、相手の事に興味津々な俺であった。当時、俺も亜美ちゃんと同じ19歳ではあったが、俺が通っていた学校の19歳とはまったく別の生き物のように感じ取れたのである。それは俺の大学が3流大学の、定員割れしているようなクソ学校であるのが答えなのだが、俺が通う大学には、育ちが悪く、勉強もせず、バイトか遊ぶ事しか考えていないような奴しかいない。

だが、この目の前の亜美ちゃんは(後から知ったが)国立大学に通っており、教員になるために勉強しているという明確な夢を持ち、そしてなお、純粋すぎるその目、そしてその容姿。どこにも邪悪なものを感じ取れないのである。なんというか、ただでさえ容姿が優れた女の子が、さらに「清楚」という概念で身を包んでいるような、そんな雰囲気なのである。

そして船は定刻通りに出発し、周囲が「お、動いたww」と窓の外を一斉に見つめて景色が移動するのを注目し始めたのである。

俺「もうすぐ落ち着くと思うよ」
亜美「よかったw」

それから亜美ちゃんは文庫本を読み、俺は携帯を触ったりしながら時間が過ぎるのを待っていた。そして出発してから1時間が経過すると、案の定、走りまくっていた子供も疲れて親のところで座っており、大人もそれぞれのグループ同士で輪になって酒を飲んだりと、とりあえず外に向けての意識が無くなっているのが感じ取れた。

俺「買い物とかトイレだったら今だったらもう並んでないと思う」
亜美「ありがとw じゃ何か買ってくるw」
俺「うん。荷物と場所みてるから行っておいで」

そんな感じで、俺と亜美ちゃんは気が付けば、即席での旅は道ずれ状態となっていたのである。きっと周囲からすれば、カップルに見えた人もいるかもしれない(非常に不釣り合いなカップルではあるが)

そして交代で俺も売店やトイレへといき、そして食べ物やお菓子を買ってきて、亜美ちゃんと小さな空間の中でそれらを広げて、世間話をしながら空腹感を満たしたのであった。

出発から2時間経過しただろうか。そもそも舞鶴を出たのが夜の23時くらいだったと思う。2時間が経過すると船内アナウンスで「本日は〇〇フェリーをご利用いただきまして、ありがとうございます。本船は舞鶴港、小樽港いき、〇〇〇便です。・・・・・」みたいな出だしで時間がきたので天井照明を暗くします。という案内が流れたのである。

そしてもともとの明かりが100%だとすると、その半分の50%くらいの明るさへとダウンし、周囲で盛り上がっていた声が、遠慮をしてか一気にボリュームダウンしたのである。そして3時間が経過する頃には、照明の強さは20%の黄色い照明の色へと落ちていった。

俺「遅いから寝ようか」
亜美「うん。もう寝てる人もいるからね、迷惑にならないよう寝るのが一番いいかもw」

そういって俺と亜美ちゃんは、船から300円でレンタルしたザラザラした生地のけっして快適ではない毛布と、もともと船室においてあった四角くて表面が冷たく感じるかろうじて四角い形を保っているものの、実はフニャフニャの枕を使い、同じ方向に頭を向けて寝る事にしたのであった。

照明も薄暗くなり、あちこちでイビキなどが鳴り響く2等船室。その中で俺はまったく眠れないでいた。それはもはや、小樽のばあちゃんの家に行くという興奮や楽しみからではなく、この突然、俺の前に舞い降りた亜美ちゃんの存在の事が気になって気になってしかたないのであった。

そんな興奮状態になりつつも、所詮は19歳。昼前の遊び疲れも出てきた事があり、気が付けば俺も眠っていたのである。だが眠りは浅かった。40分置きくらいに目が覚めて頭の中で、また隣にいる亜美ちゃんの事に考えをめぐらし、そしてまた眠っては40分後に目を覚ましてを繰り返していた。

そんな寝ると覚醒の往復を何度か繰り返し、時計をみたら午前4時になっていた。

(もう、これ以上寝るのは無理だ。)完全に覚醒した俺は、それからヌッ。と背中を起こし寝る体勢から座る体勢へと変化させた。

そしてふと、隣で寝る亜美ちゃんの方を見ると、これまた(ドキイイ・・!!!)と心臓が壊れそうになる光景がそこにあったのである。

なんと、俺に背中を向けて横に身体を倒して寝ている亜美ちゃんのスカートが、少しめくれていたのであった。

そもそも、亜美ちゃんの当日に来ていた服装は、このごったかえしたフェリーの中では間違った選択だと言える。きっと亜美ちゃんも、こんな事ならもっと動きやすいジーンズにすればよかったと本人が一番そう感じているだろう。亜美ちゃんはこの時、ピンクのフレアの膝くらいまでのスカートを履いていたのであった。

そのスカートが寝ている時に、このザラザラした毛布との兼ね合いか、少しお尻側がめくれ上がり、角度によっては丸見えになる状態になっていたのである。(幸い、俺という壁がいたから他の人には見られる事は無かったと思う)

だが、その眠りながら壁であった俺が、今度は意思をもった目の動き、身体の動きを出来る状態となった以上、俺はオトコの本能としてドキドキしながら周辺を確認し(え、何アノ子、女の子のスカートの中覗いてる。とか周囲に感ずかれないよう)ゆっくり。ゆっくりと体を斜めに倒し、天井の電球色の照明に照らされて艶を出して光っている太ももの奥へ奥へと視界を映していったのである。

だが、ギリギリいい線まではいくのだが、さすがにコレには無理があった。もしこの周囲の乗客の誰かが起き上がって俺を見れば、確実に「覗いている」という動作をしていたからである。

(そうだ!!!!!!)その時俺が、ふと思いついたのは「手鏡」であった。俺は自分のリュックの中に、髭剃り、綿棒、爪切り、手鏡などが入ったビジネスマン用の旅行セットの中に手鏡があるのを思い出し、それを取り出す為に自分のリュックを漁ったのである。

そして取り出したるは手鏡。俺はこの手鏡で、一見、普通にあぐらをかいて、目が覚めて寝ぼけまなこで座ってボーっとしているニイチャンを演じながら、実は右手には手鏡を持ち、ゆっくりと亜美ちゃんのスカートの中にそれを差し込んでいる俺がいたのである。

この手鏡作戦は功を奏した。俺は胴体を一切動かす事なく、ただ手だけを動かしながらスカートの中に手鏡を差し込み、そして差し込んでいる手鏡の部分は、俺という壁と俺の荷物という壁が周囲を閉鎖し、周囲からは立ち上がってライトでも照らさない限り、俺の動作は確認が取れない状態となっていた。

そして手鏡に移ったのは、キレイにお尻の形に食い込んだ、亜美ちゃんの白いパンツであった・・・。

なんと表現するか、サイズが小さいのか?いや、きっとこういう肌にピッタリと吸い付く生地なんだろう。生地特有のシワなどがなく、完全に張りつめた生地がお尻という形を包み込んでいるような状態だった(スポーツ系の生地みたいな。伸縮性があるというか)

俺はそれから飽きもせず、亜美ちゃんが寝返って体勢を変えるまでの30分近く、ずっと周囲に意識をくばりながら、そしてドキドキしながら手鏡を見つめていた。あぐらをかいて足もしびれてきたが、そんな事はどうでもよくなっていた。

亜美ちゃんが体勢を変えるために、身体を動かしてからは、俺もスッと手鏡を収納し、今度は本当に「目が覚めてボーっとしている青年」を演じたのである。

それから数十分後、亜美ちゃんも目を覚まし、「おはよ、まだ朝にもなってないね」と声をかけてきたのであった。
3
削除依頼
2019/07/11 12:52:23 (aYtO.EFu)
私の初めての男は全く知らないおじさんでJCの頃です。
友達が処女は人気があるからとおじさんを紹介されホテルに行ってしまいました。人前で裸になるのも初めて、男の物を見るのも初めて、ましてやラブホも初めて、何もかも初めてだらけ。
終わって封筒渡されて友達に半分取られた。最悪の思い出です。
4
削除依頼
2019/07/07 08:39:49 (mmqRMaTW)
私はブスで太っていて、35歳になった今でも彼氏ができたことがありません。当然キスもセックスも自然な流れでしたことがありませんでした。
性的な関心は人より強かったと思います。中学の時にはえっちな雑誌をこっそり買って、100均のマッサージ機でクリトリスを擦りあげるオナニーを覚えていました。オナニーのし過ぎで3本くらい買い換えるくらいしてました。
そこから高校、大学、社会人と、大人しい性格もあり彼氏はできず、でもどんどん性欲は強くなり、処女なのにSMサイトやナンネットの変態投稿等を覗いてオナニーするようになりました。その頃にはローターを通販で購入していて、一度もセックスしたことがないのに変態妄想ばかりしてクリトリスを擦ってました。
でも、30を過ぎた辺りから、体が疼いて、ほんものがどうしても欲しくなり、SM掲示板で処女を貫いてくれる人を募集しました。40件くらい返信が来て、一番濃厚で体が熱くなる返信をくれた人に捧げることにしました。
電車で2時間くらいの距離をセックスしてもらうために移動しました。当時32歳で、相手のかたは47歳とのことでした。
駅から少し歩いたラブホで待ち合わせて、第一印象は思ったより優しそうな人でほっとしました。すぐに中に入り、部屋に着いた瞬間、ベッドの上に押し倒されました。
キスとか、愛撫が始まるのかな…とドキドキしていたのですが、そんなにあまくありませんでした。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM