ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

処女、童貞喪失体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

初体験は野外

投稿者:ゆり ◆ot4ueYZLGE  erolily Mail
削除依頼
2017/02/20 13:01:18 (oDUzUNwY)
高校の頃。
あれは本当に不思議な縁で、あれよあれよと言う間にくっついた、長身の彼。
突然かかってきた電話のせいで、クリスマスになぜかデートすることとなり。そのまま、彼の隣にいるようになった。

進学校にいたせいで、冬休みも図書館で勉強したが、28日は午前中までで閉館してしまい、私の家で急遽彼と勉強する事になった。
着替えもせず、二人は制服のまま部屋に篭った。

彼は頭が良く、たくさん教えてくれた。
真面目に勉強した。

でも、魔が差した。


ドアが閉まった私の部屋。
二人きり。
彼は私を後ろから抱きしめた。
まだ、ぎこちない私。

キス。

そして、長い大人のキス。
私には初めての長いキス。

元々、誰かに触られるのが苦手な私は、このキスで失神しそうだった。
呼吸のタイミングも分からないし、言葉で表せない位、脳にジンジン刺激が来る…

服の上から、彼の大きな手が、私の胸を撫でる。
初めての事でパニックだった私は、この成り行きに不安を覚えていた。

その時。


誰かが部屋に近づく気配があったので、彼は行為をやめ、私の隣に戻って勉強してる風を装った。
案の定、よくある家族の部屋襲来。
お茶とおやつを運んできた。

先に進むのは無理だとした彼は、おやつを食べながら、私の顔を見て笑っていた。


その後、彼は
『やっぱり続きがしたい』
と言い出した。
でも、自宅で出来る気がせず、あてもないまま二人で家を出た。

何をするわけでもなく、ただ歩き続けると、そこには人気のない公園。

歩き疲れた私たちは、そこにあるベンチに座った。
寒空の下、あたりが薄暗くなった中、肩を寄せ合って、またキスをした。
また、大人の長いキス。

完全に二人の世界だった。
隙間をぬって彼の冷たい指先が私の乳首に触れると、
【あっ】
と声が漏れてしまう。
まるで手を温めるかのように、私の胸を掌全部に納めて揉み始めた。
もう、私はどうしたらいいのかわからず、気持ち良すぎて、目を瞑って耐えた。

彼の手が片手ずつ私の胸を揉むと、下に手が伸びてきた。
されるがまま彼の指に弄ばれ、私の下着はヌルヌルだった。

彼はゴムの脇から器用に指を入れ、私の秘部にたどり着いた。
【あ…すごいヌレてんじゃん】
と、クリを擦る。

刺激で、
【んんんんっっっ…】
私の声が漏れてしまう。

そのまま、彼が穴に指を入れてきた。
経験したことのない感覚に、目を瞑り、身体を強張らせていると、
【大丈夫、俺が最後まで頑張るから】
と言った。

1本でも苦しい私。
でも、確かに太腿を伝う位の愛液で溢れていた。
彼は私に、
【お願い、舐めて】
と、肉棒を出してきた。


辺りは真っ暗で、外灯がぼんやりついてるだけ。まだ全体像もよく見えず、また、それがどんな行為なのかも分からなかったが、引くに引けず、彼のを口にした。
酸っぱくて苦い味が口に広がった。
まるで、気持ち悪い薬のようだった。
【歯を立てないようにして、出し入れしてよ】

実は全くフェラ自体を知らなかった箱入り娘だった私は、とにかくわからなくて動けず混乱していた。きっと、彼はそんな私の戸惑いに気付いたのだろう。
【もういいよ。】
といい、ゴムを取り出して着けた。

その時、私に彼の肉棒の全体像が見えた。
私は、とんでもないものを、身体に入れなければならないのかと、驚き、気持ちに焦りが出た。

彼はそんな私の焦りには目もくれず、
【どうしようかなぁ】


と呟いた。そして、片方だけ、私の足をショーツから抜き
【俺の足を跨いで、ウ●コ座りして】

というので、
言われるままにベンチに上がり、彼を跨ぐように腰を下ろした。

彼の肉棒の先が私の穴の入口に当たると
【少しずつでいいから入れてみて】


というので、少しずつ入れてみた。




その瞬間、あり得ない位の痛みに襲われた。

アナルの周りを、コンパスの針で突いたような、強くて鋭い痛み。

【痛っっ】

涙が出そうだった。
必死に堪える私に、彼は笑いながら
【ゆっくり、息して】


と言った。
力が抜けず、固まった私をぎゅっと抱きしめて、ずっと
【大丈夫、大丈夫】

と彼は言い続けた。


そして、ようやく全てが入ったものの、まだまだ痛いままだったが、彼が
【自分のペースでいいから出し入れしながら動いてみて】


というので、動いてみようとしたが、私は痛みで動けず。
彼は笑いながら
【今、スカートで見えないけど、繋がってる。俺たち、一つになってるよ】



と言いながら、ガチガチな私をぎこちなく上下に揺すった。

しかしながら、最初は痛みに顔を歪めた私も、少しずつ慣れてきて、動いてみる気になった。
少し動くと、それは今まで感じたことない気持ち良さがあった。
異物感あるけど、決して嫌な感じじゃなく。

温もり…というか、他人の熱感。

ようやく全てが理解できるまで落ち着いた。


すると、駐車場の隅にいた車が、私たちのそばまで移動して、私たちにハイビームを当ててきた。
暗闇でひっそりやってたのに…

私が眩しくて目を瞑り、耳元で覗かれてるかも、と彼に伝えたけど、彼は俄然燃え出し、私を抱えて下から何度も何度も突き上げた。

訳も分からないまま、私の身体は、全体が大きくビクンッとして、秘部がヒクヒクし、目の前がボンヤリした。
彼も同じ頃に

【あ、イク】

と言って、肉棒をビクビクさせた。




私が落ち着いて、ゆっくり抜くと、密着していた周囲は、真っ赤な血だらけだった。



ふたりで笑って…また来た道を戻った。


車は、私たちがいる間、見守ってたかのようにライトを点けていたが、私たちが帰り支度をしてると、走り去って行った。




こうして、私は処女を喪失した。



私がこんなにSEXを好きになるなんて、あの頃は思いもしなかった…。
1
2017/02/19 04:39:13 (mDIbAwJ/)
俺は小さい頃から両親に頼まれマッサージしていた。マッサージするたびにお小遣いをもらっていた。

中2の頃、隣のおばさんに「和幸君てマッサージが上手なんだって?」って聞かれた。「いつも親にしてるから」って答えると「じゃ、おばさんにしてくれる?」なんて言われておばさんにマッサージすることに。

おばさんといっても女。女性の体に触ったことのない俺はドキドキ…まぁ、母親も女だけど、それとこれは別(笑)
普通に肩とかをマッサージしてたんだけど「腰もして…」そう言われて腰をマッサージしていると「もう少し下…」「もう少し…」そこはお尻で俺は勃起してしまった。「前からもして」って仰向けになって前から肩をマッサージしているとおばさんは俺の手を取り胸へ…「ここもして…」俺はどうして良いかわからず固まってしまった。おばさんは「フフ…」と笑いながら俺のチンポを触ってきた。「すごくこってるじゃない。私がマッサージしてあげるから脱ぎなさい」「でも…」「良いから…」脱ぐというよりおばさんに押し倒されて剥ぎ取られて、おばさんにシコシコされて射精してしまった。「たくさん出たねw…まだ大きいね…おばさんと大人になる?」嫌だったけど欲望の方が強くて肯くとおばさんは俺の上に乗ってきて腰をおろすと俺のチンポはおばさんの中に…おばさんの中は熱くて、それだけで逝きそうで…おばさんが腰を数回上下すると、たまらずおばさんの中に出してしまった。
おばさんが妊娠したらどうしようと思ったけど、そんな事はなくて。
何回かおばさんとHしたけど、半年後、おばさん一家は引っ越しして、それ以来、会っていない。
2

信じがたい

投稿者:浩一 ◆Y/JGN/wCwk
削除依頼
2017/02/11 22:47:27 (RRvGoSJW)
大学二年生の時の恥ずかしい経験
2017/01/14
17:40

大学二年生の時に信じられない経験の話。その時に初めて性体験をしたのだが、好きな女の子と二人きりでエッチをしてよかったというものではなくとても複雑な思いでにならされた。場所は一人暮しをしている同級生のマンションで、ある女子のバースデーパーティーの時だった。誕生日を祝われた洋子さんと僕は10人ぐらいの男子と女子がみている前で全裸で性器もお尻の穴も丸出しで、なおかつお互い初めておちんちんとおまんこを一緒に結合した。犬の交尾同然、はめっこさせられたのだ。なぜそうなったかと言うと
3
2017/02/08 06:18:55 (m6JOoae.)
私は同世代の人よりも年上の人が好きでした。初体験の時は15歳で相手は35歳の人でした。出会い系を使い知り合い、何回か逢いながらしていくうちに好きになり私自身から初めてだけどやりたいと言ってしまいました。最初はやっぱり年齢を考えたり未成年ということもあり躊躇されましたが私同意ということでやりました。
しかし彼の裏の顔があることをその時知りました。ラブホに入りシャワーをして前戯があり本番という妄想はシャワーの時点で終わりました。いきなりお風呂場に入られ後ろから抱かれて強引にベットに倒されいれられました。事前にベットでは強引にしてほしいと言ってた私は彼がその要望に応えてくれたと思っていましたが彼もそういう性癖だったのです。幸いにも?濡れてたので簡単にはある程度私のオマンコに入ったのは入ったのですが彼のおチンチンの長さが私が今まで経験した中でもかなり長く太いものであり奥まではなかなか入らなかったのです。私の穴も狭いのかな?
しかし彼は強引に入れ、膜を突き破り大量出血になった途端、彼は笑い、激しく振ってきました。私はかなら痛く泣いてしまい止めてとも言いましたが止めてもらえず彼が果てる寸前までいれられました。さすがにお腹の上に出されましたが、私はそれどころではなく意識が朦朧でした。
1時間くらいたち、だいぶ落ち着いたところで私は彼にやりすぎ!と言おうと思いましたが私自身満足感もありこういうセックスが好きなんだと思い受け入れてしまいました。その彼とは別れましたが私がMだと気がついたのはその時だと今になりわかりました。

長文で申し訳ありません。
4
2017/01/30 23:50:08 (eTex6zz/)
もうずーっと昔、中学生の頃の思い出話。
長文なので興味が無い方は読み飛ばしてください。

中学2年の頃、姉の部屋へ勝手に入り
次々と棚を開けて何かを探していて
ふと、姉の下着が入った棚を開けてしまった。
そのとき何を探していたかは思い出せない。

思考が止まって手前にあったパンティを1枚取り出し
広げて、こんなに小さいんだ と思ったことを覚えている。

続いて奥にあったブラジャーを取り出し
今度は こんな大きなのを着けるんだ と思った。
当時、姉は高校2年生だったと思う。

私はまだ女性との経験がなく、友人が拾ってきたエロ本や
回ってくるAVを見て強く女性に興味を持ち始めた頃だった。

私は思わず姉の下着に夢中になり、まだ
皮の剥けたばかりの性器をズボンから出してしごきながら
夢中になって姉の股間の匂いを嗅いでいた。

その時、何してるの と姉が入ってきた。
気づかないうちに学校から帰ってきていたらしい。
その光景に、顔は随分と驚いていたと思う。

私が何も言い訳できずにいると、部屋に戻りな と一言。

とんでもない恥ずかしいところを見られたと
恥ずかしさと後悔で部屋から出られずにいると姉が無言で入ってきて
私の部屋のベッドに座った。

しばらく経って、もうやめてね と、姉。
わかった・・ と、私。
その後、しばらく無言が続いた。
姉は部屋から出ていかない。

姉は部屋から廊下へ顔を出して何かを伺うとドアを締め
あんたももうそんな歳になったんだね と一言。

続いて、お母さん達に言っちゃダメだよ と
勉強机の椅子に座る私の足元に座り、私にズボンを脱いで と言った。
それまでと違って、とても優しい声だったように思う。

私は動揺していたが言われた通りにズボンを脱いだ。
性器はさっきまでと違い、小さく縮こまっている。
恥ずかしくて脚を広げられなかった。

姉は私の脚を少し広げ、股の間に入り
性器を撫でて、ちらっとだけ私の目を見ると
私の性器を優しく口に含んだ。

本当にこうするんだ と、その光景から目が離せなかった。
緊張からか、性器もなかなか反応しない。
姉はそれでも口に含んで顔や舌を動かし続けている。

なかなか大きくならないことに見かねたのか
今度は姉が服を脱ぎ始めた。
始めて女性の全裸を見た。
姉の胸はAVで見る女優のそれよりもずっと大きかった。
※後で知ったが姉は当時Gカップだった

姉に言われずとも私は姉の胸に手を出した。
大きな乳房を持ち上げ、揉み、両方の乳首を指で転がした。
姉の口から小さく息が漏れた。
それを見て気持ちいいんだ と知った。

私の性器が反応した。
普段以上に伸びて、反り返っていた。
先っぽにも異常に力が入っている。

姉はそれをまた口に含んだ。
さっきまでと感覚が違う。異常に気持ちいい。
これがフェラチオかと思った。

手はまだ姉の乳房を弄っている。
姉の顔は真っ赤になっていた。

たまらず、姉の股間に手を伸ばした。
始めて触る女性の毛を通り過ぎ、おまんこに手が差し掛かった瞬間
姉が濡れているのがわかった。
おまんこは湯気が立ちそうなくらいに暖かい汁で溢れていた。

ぎこちなく姉を床に倒した。
やだ、ベッドで と言われた。

ベッドに横になった姉の乳房へ吸い付いた。
姉が声をあげた。
大きな胸を両手で集めて夢中でしゃぶりついた。

手をおまんこへ伸ばした。
さっきまでとは比べられないくらいに濡れていた。
指を入れた。中も暖かった。
姉の声は大きくなった。

足元へ入り、脚を開いた。
姉は恥ずかしそうに腕で顔を隠していた。表情はわからない。
姉のおまんこにAVの真似をするように舌を這わせた。
クリトリスを舌で転がし、割れ目の中まで舌を入れた。

姉に身体を掴まれ、横倒しにされた。
姉が私の顔を跨いだ。
私と姉は長い時間、互いに舐めあった。
私は夢中で姉のおまんこに顔を埋めた。

姉が私の顔から降りた。
私は自然と姉を押し倒した。

何も言わずに、姉の入り口へ先端を当てた。
少し腰を押し出したら、すんなりと入っていった。
姉はその日、一番大きな声をあげた。

ゴムは? と、姉。
無い・・ と、私。
絶対外に出してね と言われた。

始めての感覚に夢中になって腰を振った。
姉の胸が大きく振り回されるように弾んでいる。
私が突くたびに姉は声をあげていた。

後ろ向きにして、尻を掴んで入れた。
上に乗せて、胸に吸い付きながらも必死に姉を突いた。

徐々に私の限界が近づいてくる。
そのとき、ダメ・・ダメ・・ と姉。
突然、・・いくう!!と叫んで、姉のおまんこが強烈に締まった。
姉は苦悶の表情で声を耐えていた。

私も限界が近かった。
恐る恐る、顔に出したい と私。
息を切らして無言で突かれ続ける姉。

いい? と私。
姉は無言で私を見ていた。

なんのイタズラか、姉がおまんこを一気に、強烈に締めた。
耐えられない、しかし中に出すのはマズい。

私はすぐに引き抜き、姉の顔に持っていき
我慢していたものを一気に放出した。
私の精液は音をたてて姉の顔面、一面に飛び散った。
姉はいつの間にか口を開けていたが、口の中にはあまり入らず
殆どが額と目、口にベッタリとかかっていた。

私はなんだか悪い気になったが、私のちんぽからは
まだ残りの精液が垂れ流されていた。

少し冷静になり、ティッシュを取って姉に渡した。
いらない と、姉。

姉は私の目を見ながら、顔の精液を指で弄っていた。

姉のおまんこは溢れ出たマン汁で濡れて光っていた。
私は再び姉の股間に顔を埋めた。
姉は少し身体をびくっとした。

私は再び姉の中に入った。
姉は顔の精液を拭いていない。
お母さんにいうなよ と、姉。

しばらく経って母親が帰ってきたが
私達はご飯と呼ばれるまで、私の部屋で何度も交わり続けた。
姉の胸は、突くたびに大きく揺れていた。

その日以来、姉が私にさせてくれることはなくなった。

長文失礼しました。








5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕