ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦 兄×妹体験告白 RSS icon
※姉×弟など兄弟姉妹間での体験談

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 107
2018/02/24 19:41:00 (DmzlYGAy)
21歳・大学3年生の男子です。今は実家から離れて一人暮らしをしてい
ます。妹・里奈(15歳・高校1年生)との話です。話は、昨年のクリス
マスの直前の時期になります。
その日、終業式を終えた里奈と街に出てデートをした。里奈へのクリスマ
スのプレゼントを買う為に。もうすっかりと女性らしい体型になってい
て、スベスベの白い肌で、腰の括れから尻の張りもいい感じだし、胸の膨らみは
らみは俺の掌サイズだけれど、兄の俺によって女の体になっている里奈は
は、とても可愛い。俺との関係ができてからは、里奈は俺と手を繋いで歩くよりも
くよりも腕を組んで寄り添って歩きたがるようになっていた。本当にふっ
くらとして女性ホルモンが満たされているようで可愛い。ただ一つ、まだ生理
生理の周期が不順だというのが今の悩みらしい。
そのプレゼントをデパートで買って、ブラブラしていると、某大学の「な
んでも調査団」と名乗るサークルの男二人が現れて、俺達にインタビュー
を求めて来た。カップルインタビューだそうだ。面白そうで、それに応じ
てみた。
男「お二人はカップルですね。お付き合いし始めて、どれくらいです
か?」・・・俺「そう・・ですね。1年?・・」里奈「幼馴染なんです
よ、私達。だから、ずっと以前からお互いに知っていて、正式に付き合い始
始めたのは・・1年ほど前ですね。だから、親しみを込めて、お兄ちゃん
と彼を呼んでいます」
男「今日はデートですね。クリスマスのプレゼントなんか、選んでいたの
ですか?」・・・里奈「買ってもらいました」とカバンを示す。
男「どんなものですか?」・・・里奈「・・・恥ずかしいのですが、下着のセットです
のセットです」
男「素晴らしい。いいですね」・・・里奈「嬉しいです。でも・・ブラを試着
試着している時に、試着室に入って来るんですよ。もう・・ホックを留め
てくれたりして」
男「ははは・・羨ましい。それほどの関係でしたら、もうすでにキス以上の
の深い関係ですね?」・・・里奈「・・・」俺「そう・・・ですね」
男「いつから、そんなご関係に?」・・・俺「10か月ほど前かな」
男「ということは、当時の彼女さんは、まだ中学3年生」・・・俺「そう
なりますね」
男「彼女さんは、もちろん彼氏さんが初めてで?」・・・里奈「はい・・
そうです」
男「そんな素敵な彼氏さんに満足させてもらっていますか?」・・・里奈
「はい。とても満足です。いろいろと・・お兄ちゃんが喜ぶことも教えて
もらっています」
男「彼氏さんは、今日の彼女さんのその可愛いチェックのプリーツスカー
トの中の下着の色は、もうチェックしましたか?」・・・「・・しまし
た」
男「ちなみに、何色でしたか?」・・・俺「薄いピンクですね」と言う
と、里奈は俺の横腹に肘打ちをした。
男「いつもはどこで、お二人は愛を確かめ合っているのですか?」・・・俺「
俺「そうですね・・ホテルが多いかな。たまに、俺の部屋で」
男「ホテルだと、彼氏さんと一緒にお風呂に入ったりして」・・・里奈
「入りますよ。お兄ちゃんは、ブラの外し方やパンツの脱がし方がエッチ
なんですよ。洗いっこをします」
男「例えば・・好きな体位とか」・・・俺「後ろから。バック。尻に小さ
な黒子があるのを発見しましたね」と言うと、里奈がまた肘打ちをした。
里奈「私は、顔が見えるから、普通の・・正常位がいいです」
男「体調の悪い時には、彼氏さんにはお口でご奉仕ですか?」・・・里奈
「してあげますね・・・してあげたくなるんですよ、好きだから」
男「口に出されたものは?」・・・里奈「・・・飲みますね・・という
か、飲んであげると喜んでくれるから、進んで飲みます。飲めるようにな
りました。最初は苦しかったのですが、そこは愛情でカバーしました」
男「彼女さんのお口は、どうですか?」・・・俺「どうですか、と訊かれ
ても、上手になりましたよ。満足していますね」
男「例えば、ベッドだけでは物足りなくて、室外のご経験など
は?」・・・俺「・・・ありますね」
男「どんな場所ですか?」・・・俺は里奈を見た。里奈は恥ずかしそうに
していた。俺「ご想像にお任せします」
男「調査していてよく答えられるのは、カラオケとか、プリクラとか、イ
ンターネットカフェとか、ありますよ」・・・俺「他の場所です」
男「彼氏さんへの要求とか注文はありますか?」・・・里奈「優しくて大
切にしてもらっていますから、満足しています。でも・・浮気は絶対にダ
メです。許しません」と言って、里奈は軽く俺を睨んだ。
男「でも今日は、彼女さんのその制服だと、ホテルには入れません
ね」・・・俺「俺の部屋へ行きます」
男「彼女さんは、買ってもらったばかりの下着を、ご披露です
か?」・・・里奈「・・そうですね。お兄ちゃんが望むのなら」
男「ありがとうございます。では、最後にお二人の愛を見せて下さい。例えば
えば、抱き締め合ってチューとか」
俺と里奈は軽くハグして、キスをして見せた。里奈は恥ずかしそうにはに
かんでした。

普通の大学生と高校1年生の女子のカップルだと思ったのだろうな。イン
タビューが終わって、里奈と二人で笑い合っていた。





1
2018/02/22 19:19:31 (DF45kaM8)


智子高2
 「おにいちゃーん」と何時ものことで玄関で大きな声をかけて上がって行
く。えー?この時間何時もいるのになー?と2間の部屋を見て回る。いな
い。っと風呂場のほうから声。「お兄ちゃん」と声をかけて戸を開けた。
「あんな・・・!お姉ちゃん何しトン!」きゃーっと姉の声だった。「うち
PCのこと・・・」うちは2人を見て動転した。まさかと思うところに遭遇した
のだった。子供のころは三人でよくお風呂も入っていたのだった。とっさに
なんでかそんなkとがお玉をよぎっていた。うちもと裸になり二人がいる風
呂へ入った私だった。「うちも!」と言っていた。戸を開けたときは
二人は後ろからくっついていたのだった。でもそんなことお構いなしに私は
風呂に入っていた。「2人は何しトン」声は上ずっていた私。「お兄ちゃん
うちもして!」「馬鹿なことを言うな」「お姉ちゃんだけにして―!うち
も!」「馬鹿な!おねえは別れてるやろ、俺もな」「ソンなんずるいわ」
「なんがあ〜」「おかあちゃんに 
言うデ」「あほか!オカンも黙認やわ」と兄は言う。「・・・同じ様にして、
黙っとく・・本間におかあちゃんに言うからな」2人お顔にはありありと言わ
れたら困る顔だった事を見た私だった。無言の2人だった。「じゃあ、ええ
よ言うからね」と風呂を出ようとしたら「待て!」と腕を掴んだ兄。「でっ
た言うわないな!」ちょっと言葉がおかしかった兄。「黙っててもええけど
〜」「じゃ」と義兄はうちの股に手を入れた。内はびくっと身体が硬くなっ
た。そんな私の股の奥に指が入った。「あ!」私は声が出た。そのちょっと
して「お?」と兄の声は同時だった。「お前初めてやな?!」「うん」私は
顔が真っ赤になった事が解る。「あかん。ジョ所は出来ん」「じゃあええ
よ」と又風呂を出ようとしたら兄に手首を掴まれた。「処女はとても大事な
事だ!大切に守ってっ好きな男とするんじゃ!」「お兄ちゃんがすき」そん
なこと思いもしなかったが私は言っていた。「お兄ちゃんもお姉ちゃんは何
で2人くっ付いてたん。うちも!」「恥かしいこと言うが
結婚したら判る、今のお前には理解できないがね。一回セックスしたら又し
たくなるンヤ」「恥じ歌詞行けどそなんよ」とお姉ちゃん。「お前な、美味
しいもん食べたら又それ食べたくなるナルやろ。セックスもそんな感じでし
たくなる」「そうなんよ智子」と姉も同じと言うように言う。「でな、誰か
れとして良いことでないやろ?其れは解るな?智子」「・・・・」「だから
な・・・お互いお腹がすいてな・・・食べやっこになったんだ」「智子にはわから
ない話と思うけど聞いてね」とお姉ちゃん。「俺が隣のおばちゃん、前のく
るみちゃんと智子が見たことをして良いか?だからふたりこんなことなんだ
智子」「判った。それはそれうちのことはね。して同じ様に」お兄ちゃんと
お姉ちゃんは顔を見合わせていた。「しゃあない・・・」とお兄ちゃん。「ち
ょっと見とれ」と又お姉ちゃんと見たことを始めた。二人のすることで音が
出た。ぱん!ぱす!見たいに聞こえた。「ああー」「どう?」「いいい」っ
とお姉ちゃんの声は苦しいようにも気持ち良さそうにも聞こえた。お兄ちゃ
んは急に背中をぴんとしてお姉ちゃんのお尻にぐっとくっ付いた。「あ〜〜
〜〜ぁーー」とお姉ちゃんの声。お兄ちゃんはぐったりの感じでお姉ちゃん
の背中に覆いかぶさる様に倒れた。二人はちょっとの間動かなかった。「気
持ちよかったわ。いつもより」「俺もや」「智子解った?こんなことをする
んやで?ええのか?」「うん・・・」じゃあとさっきと同じ等に立ってる私の
又に手を入れてきて股の奥に指をゆっくりと入れてきた。私は緊張して身体
が硬くなっていた。指は大きく円を描くように動いていた。あ〜っと思う
私。すごく長い時間に感じた、指が動いてる時間。「じゃあふとの淵に手を
突いて」と言われる格好をした。股をグいっと開かれた。指が入ってた所へ
何かが・・・。おちんちんだろうと想像した。「入らん」ものすごい力で指
が入ってたところに何かを押し付けられていた。又指で大きく円を描き始め
た。その後同じように硬いものを押し付けられた。避けるような音がすると
思った。「もいちょっとや」おにいちゃんの独り言みたいなのが聞こえた。
お姉ちゃんがそ撫で見ているのだった。「智子我慢よ、巣粉と痛いかもよ」
お姉ちゃんの声だった。どん!とお兄ちゃんがぶつかったと同時にちょっと
痛みを感じた。「智子2人は一つになった!」「うん」意味が解らないまま
うんと言っていた。お姉ちゃんが気持ち良さそうな声を出したが、気持ち良
いことも何もなかった。ズバッと言った感じでおにいちゃんがはまれたら、
お尻、背中に何かがかかった。冷えてる身体には温かみを感じた。なんか長
い時間だったが「あらー早いのねー」と姉の声。「だってよ、きつくて、あ
はは」とおにいちゃんだった。お姉ちゃんの言った意味が解らなかった。
「智子、この先自分を大切にせにゃぁダメなんやで」「お兄ちゃんが言った
ようにしたくなったらしてくれるんよね?」「いやダメだ。今回だけや」
「なんで?2人は一回だけじゃないヤろ!」「あのなー話したろ。離婚した2
人なんやから。子供はして良いことじゃあないんや・・・」「はい」と私は言
った。したくなったら来てやると心で思った。
月曜日から又変わりなく毎日が始まった。学校で親友に「何かあった?」と
聞かれた。「なんも?」「なんかー楽しい事があったみたいに感じたから」
「なんもないよ?」「そう?彼とか告白された?」と笑った親友の菊ちゃ
ん。どきんとした私だった。お母ちゃんは何も気ずかなかった。親友は何で
と思った。平日の水曜 
日したいと思わないけどお兄ちゃんの部屋に行った。又お姉ちゃんがいた。
「パソコンの事を教えてもらいに来た」と来た理由を言う。私はエクセルを
お兄ちゃんに今まで習っていたのだった。「ほんまにエクセルだけかぁ〜」
と冗談らしく笑いながら言う。お兄ちゃんもうちをやる気だなと言葉で感じ
ていた。「うん〜エクセル〜だけ〜」と笑った。お姉ちゃんはうちらの話す
様子で解ったみたいだった。お姉ちゃんは蒲団を敷き始めた。「元気なお兄
ちゃんの時に」と笑う姉に意味が解らない。「自分で服脱ぐ?」あっと思い
スカートTシャツだけ脱いだ。下着を脱ぐのは恥かしかった。兄はパンツだ
けになっていたぱんつを脱いで勃起したちんぽを表した。心の中できゃっと
悲鳴を上げた。目の前ではっきりと初めてみる男の物だった。この間は見る
余裕とかなかった。姉が敷いた布団に優しく私を寝かせたお兄ちゃんがい
た。お姉ちゃんは足元らヘんに座った。お兄ちゃんはキスをしてきた、これ
がうちのファーストキス・・・と意識した。唇が軽く触れ、押し付けられてき
た。兄の唇に吸われた。「良いね・・・」と耳元で聞こえた。唇を吸いながら
ブラジャーを上にぐいっと持ち上げ乳を吸いながら、もう一方の乳を揉まれ
ていた。うう、あっあっっと身体が緊張する。解るのか兄の声が耳元で「大
丈夫々」と優しい声だった。乳はなおも吸われながら、乳を触っていた片方
の手は離れてぱんつの中へあった。あっとやはり思う。この前と同じように
又の奥絵指が入ってきた。くりくりと指が動くのが敏感に伝わってくる。
「良いよ、お兄ちゃんはとても気持ち良い」その指がちょっと上についてる
ところを触ってると変な気持ちになっていく。今触ってる所はこの前は触ら
なかったところだった。「ああ・・ああ」「嫌か?」「そこ変な気持ちにな
る」「そっか。そレッで良いんだよ。慣れたら気持ちよくなるからね。少し
濡れてきたよ」兄の言った意味がぴんとこなかった。指につばをつけてさっ
き指を入れたところに唾を付けてるように感じた。「じゃあ・・いいね?」
と。そしたら硬いものを押し付けられてお兄ちゃんの体重を下半身に感じ
る。硬い物はちんぽと意識した。この前の様なことはなく、ぐいぐいって言
う感じで入ってきた。股の奥を無理矢理広げられる様でお兄ちゃんを一杯感
じた。そこはおにいちゃんのちんぽでパンパンになった。お兄ちゃんは動い
てる。ちんぽが出たり入ったりしたのが解った。擦れてる感じが解った。ぐ
りんぐりんと股の奥が動いてるみたいにちんぽを感じる。お兄ちゃんが目の
前に大きく見えてる。お兄ちゃんの腕を無意識に私はぎゅっと掴まってい
た。お兄ちゃんと一つになってるんヤ・・・。お兄ちゃん好きと思った。ちん
ぽが入ってると思うと恥かしさに包まれた。
そんなはすか悪しさの時、さっとお兄ちゃんは離れたかと思うとお腹ら辺に
何かが掛かった感じだった。テッシュが枕元に置かれていて、兄はお腹をき
れいに拭いてくれてうちの横に寝そべり、さっき変な気持ちになった所を股
優しく撫でる様に触ってきた。長い間触ったお兄ちゃん。「ありがとう、智
子おにいちゃんはとても気持ちよかったよ」「・・・そう?」「うん、素敵な
智子だよ」「お姉ちゃんよりも?」なんでか無意識に儀姉を意識?お兄ちゃ
んは「智子の方がとても良かった」と耳に口をつけて言ってくれた。「今言
った事はおねえには内緒ね」「うん」と頷いた。触ってるところが今日も変
な気持ちになってきた。私は大きな息をした。「ふー」「どうした?」「そ
こ変な気持ちになってきた」「うんうんそれで良いんだからね。本とは智子
の中に出したいのだけど赤ちゃんで着たら困るやろ?だからお腹に出したん
だよ?嫌かな?」「あーお腹にかかったのは精子?」「うん、そうだよ」
「うちーまだ生理無いの・・・だから心配で。友達は皆始まってるらしくて」
「大丈夫、そのうちに始まるからね人より遅いだけやからね。心配要らない
からね」と優しく言ってくれた。今兄に優しく言われると落ちつけた。あー
触ってるところが辺になるーと感じ続けた。「何時も来て良い?」「智子さ
え良かったら良いけど・・・やることをちゃんとしないとあかんで?勉強が一
番屋からな。やってなかったらここ触ってやらないからな」とちんぽが入っ
てきた所に指を突っ込んでぐりぐりと回した。そこ気持ち良いと感じた。
「もう一度智子とくっ付きたくなったんやけど?」「うん・・」お兄ちゃんは
うちの足を広げた。うちの上に乗っかる様にしてきてちんぽを押し付けられ
た。さっきよりはするっと?入ってきた様に思った。
ちんぽで突かれてると思いながらお兄ちゃんの顔を見た。真剣な顔だった。
目が合った。「気持ちよくなった?お兄ちゃんはとても智子が気持ち良い
よ」「・・・解らないよ良いかどうかは・・嫌じゃないよ今・・・お兄ちゃんが好き
になってる」「俺も智子が好きだよ」好きと言ってくれた事が嬉しかった。
嬉しい嬉しいと何回も心の中で思ってた。急にごんっと股の奥がすごく動い
た。お兄ちゃんが今よりもぐぐっと股に力いっぱい押し付けてきた。ごんご
んと何回も股の奥が動いて、お兄ちゃんがうちにもたれ掛かった。お兄ちゃ
んの胸が打ちの胸にぴったりとくっ付いた。「智子の中に出したよ。とても
とても気持ち良いよ。智子の中は」と優しいおにいちゃんの声。暫くうちに
くっ付いたままだった。硬いちんぽを感じてる。3回なのにこれが良いと思
っていた。「シャワーで綺麗にしよう」と起き上がったお兄ちゃんはうちの
手をとり起こし、裸同士のうちらで手を繋ぎ、風呂場に連れて行ってお兄ち
ゃんがシャワーで股の奥まで綺麗に洗ってくれた事が恥かしい。「綺麗に洗
わないと中に精子出したからね。おめこしたままだったら中に出した精子が
出てきて腿に伝わったりだからね。ちゃんと洗っておかないと、そのままぱ
んつ履いたらぱんつ気持ち悪いからね」と説明してくれた。股を綺麗にして
くれ身体も洗ってくれた。兄は自分の物も、身体も洗い私とお兄ちゃんにシ
ャワーが掛かるように身体を温めた。私は兄に抱きついた。「何時来ても良
い?」「良いけどさっき言った事は守ってな」「うん、勉強ね、セックスの
ね?」と言うと「あはははも〜怒るぞ〜こなかったら」と楽しく言った。
バスタオルで身体を拭いてくれて蒲団の敷いてある部屋に戻った。「服着な
いとね」あっと思った、服着る事に気がつかなかったのだった。「はい」と
言い服を着た。「智子どう?」とお姉ちゃんが聞いた。お姉ちゃんがいた事
を忘れてた。聞かれて恥かしい。「まだ解らないよ、触られたら変な気持ち
になる」「そうね、初めてはね。うちもそうだったからね」「エクセルの事
しっかり解ったね?」とお兄ちゃんは笑いながら言う。言われて恥かしかっ
た。「うん、解った。もっと教えて」と言った自分に驚いた。
冷蔵庫から買い置き?サンドイッチを3人分?出して「食べよっか」と手渡
した。兄はカルピスも作り三人でサンドイッチを食べた。そのサンドイッチ
はとても美味しく「これとても美味しいー」「あはは。気持ち良い子とした
後は美味しいのよ」とお姉ちゃん。へーそうなんやぁ〜と思った。
お兄ちゃんは今23歳で、20歳で結婚、一年前別れてる。姉は今25で、21で結
婚同じ様に1年前くらいに離婚してた。

 ここのサイトは親友から聞かされて、えーこんな!と思いつつ、時々見て
ました。雅かうちがここに投稿してる同じことをしたなんでと・・このことは
は去年の夏前のことです。親友もうちと同じことをしてるのかなと思うよう
になりました。
2
2018/02/21 21:34:21 (BRYhRZNl)
昨年、私より5つ上で今年30になる姉が離婚して帰ってきました。

家族や知り合いに対しては、夫婦間の性格の不一致ということになってい
るが、実は姉は、いわゆるSEX依存症。
それが一因で別れたことを知っているのは、私だけです。

姉は小学生の頃からエロいことに目覚め、中学に入って、当時の部活の顧
問に処女を捧げ、更にSEXのテクを仕込まれたそうです。
小さい頃から私と一緒に風呂に入ったりしていましたが、流石に姉が高校に
に入る頃になると、身体も成長したこともあり、親の言いつけもあり、そ
の機会は減っていましたが、共働きの両親の帰りが遅い時は、姉が誘って来
来て、一緒に風呂に入りました。

私が中学に入り、両親ともに会社の歓迎会で居ない時、風呂で勃起し、

姉「祐も、男の子だねぇ・・・もう彼女出来た?」
私「いや・・・まだ・・・」
姉「じゃ、SEXもまだなんだぁ。」
私「・・・う・・・うん・・・」

と言うと、姉は、勃起したペニスを握り、

姉「私が、教えてあげようか?」

と、浴槽の淵に私を座らせると、ペニスを咥えてきました。
たまにオナニーはしますが、女性の口の感触はすごく気持ちよく、直ぐに射精
射精してしまいました。
姉は口に出された精液を含み、飲んでしまいました。

姉「いっぱい出たねぇ。じゃ、お風呂あがって、もっとしようか。」

姉と一緒に風呂から上がり、一緒に姉のベッドに。

姉「お父さんら帰ってくるまで時間無いから、さっさとしちゃおうね。」

と言うと、早速私のペニスをまた咥え、大きくすると、どこからかコン
ドームを取り出し、私のペニスに着け、

姉「じゃ、ここに入れてね。」

と自分で導き入れました。
私は。よく分からないものの、懸命に腰を動かし、

姉「あぁん・・・気持ちいい・・・祐、いいよぉ・・・」
私「こ・・・こんなんでいいの?俺も気持ちいい・・・」

と、ピストンを繰り返し、5分くらいでゴム射。
しばらく抱き合って、姉がゴムの処理もしてくれて、20分後くらいに母が
が帰宅しました。

姉は高校卒業して、近所のスーパーに就職しましたが、2年くらいして仕
事が休みの日にバイト感覚でソープの仕事を始め、普通にサービスするだ
けじゃ我慢できず、リピートのお客さんとは、ほぼ全員本番はしていたそ
うです。
もちろん、家族には、そっちの仕事は秘密でしたが、唯一知っていたのは私
私だけ。

風俗時代から避妊防止でピルを服用してからは中出しもしていて、結婚後も
も他の男性とのSEXは止められず、処理をうっかり忘れて浮気相手に出された
された精液が残ってるのが、久しぶりの元旦那との営みの際にバレ、子供が
が出来ないのに不安になっていた元旦那に問い詰められてから夫婦関係が
こじれ、離婚に至ったとのこと。

姉としては、夫婦だからといって浮気を止めSEXが制限されることよ
り、離婚して自由にSEXするほうを取ったようです。

実は、私も姉が結婚してからも関係が続いていて、姉の自宅マンションが近
近かったため、元旦那が出張で居なくて、他のセフレも都合が悪かったり
したら、私が呼ばれていました。
実弟なので、当然疑われる心配も無く、相手としては一番都合が良かった
みたいです。
また、合鍵も持たされていましたので、普通ならば着衣で迎えるところ、
私は黙って開けて入っていくと、姉は全裸でベッドでオナニーしているの
が定番。
その後、縛り上げて、電マで責めたり、浣腸してベランダや廊下に放り出し
し、バケツに出させた後にアナル責めも。
アナル処女は私が奪いました。

離婚して戻って来てからは、平日は残業と称してセフレと会ったり、不定
期で風俗のバイトをしています。
休日も、私が都合の悪い時は友達とランチと行って出かけては、セフレと会
会っています。
私が都合付くときは、一緒にショッピングと言っては、アリバイで買い物した
した後に、ラブホとかでSEXです。
なんせ、生理の時以外は、毎日チンポが中に入ってないと、嫌なんだそう
です。

離婚してから出来るようになったのは、パイパンとピアッシング。
デルタゾーンは最初はカミソリで剃ってましたが、最近は月一でワックス脱毛
脱毛し、ラビアとニップルにリングを装着。
更に私の希望で、脇毛は無処理なので、縛り上げてリング間にチェーンを通
通し、脇毛を晒した姿などは、とても他の親族に見せられるものではあり
ませんので、家族旅行などはご法度です。

唯一出来ないのは、タトゥー。
シールタイプのはしていますが、本格的に入れるのは、そもそも興味も無いので
いので。
そんな身体に、ネットで知り合った男性にはウケが良いようですが、たま
に姉の好みではなかったのに執拗に迫ってくるのも居るのが、困ったとこ
ろなようです。

先日は、とあるスワッピングパーティーにも行ってきました。
もちろん姉弟とは言えないので、夫婦ということにしています。
姉は唯一参加男性全員(7名)と交わり、またバイの女性も居ましたの
で、人生初レズで、タチ女性に逝かされていました。
縄師も居て、本格的に縛られたりして、結構ハマったようですし、主催者からも
からも是非にということで、来月のパーティーにも参加予定です。

3

訳が分からない感情

投稿者:深雪 ◆3RyXuini76
削除依頼
2018/02/21 17:40:29 (x64Jmy0i)
16の時に兄にレイプされて40になった最近まで関係が続いていました。
でもレイプされて殺したいほど憎んでいたはずの兄が結婚すると聞いて
自分でも何だか理解出来ない感情で今混乱しています。
16の時に兄の家庭内暴力で荒れました。物の破壊から両親への暴力、
そして私や妹への暴力と酷くなっていき、何度も殴られている内に
兄が暴れ出すと体が硬直して抵抗することも逃げることも出来なくなり
ただただ暴力が収まるまで耐えるというのが日常になっていました。
そんな日々が続いたある日、兄は私を押し倒してきました。
さすがにその時は抵抗しましたが、それも殴られている内に諦めて
しまってまだ誰にも触れさせたことが無かった胸やあの部分を荒々しく
触られて、そして処女を失いました。
それから兄に襲われ続け、その内に体を差し出せば私への暴力は無く
抵抗したり嫌がると殴られるということが分かってからは兄が私の体を
求めていると感じると兄が満足するまで兄のオモチャになって自分を
守るという生活になりました。
私の体で欲求を解消出来るようになって兄の家庭内暴力が急激に減って
いきました。それは私への性暴力の結果だということを両親は分かって
いたと思います。なぜなら兄がそういう雰囲気をかもし出すと親はいつも
妹を連れて外出して兄に私を犯す時間を与えていたからです。
私を犠牲にして妹と自分たちを守っている、あの絶望感は今でも忘れませ
ん。
私と兄の関係は完全に兄の暴力が収まってからも続きました。過去の記憶

決して消えることは無く、兄が私を求めていると感じると理性なんかは
働かなくなって兄の要求を満たして自分を守る事しか出来なくなってまし
た。
そしてもうその頃には私の意志とは関係無く行為中に体が反応して、時に

絶叫と共に気を失うほどでしたから兄からは私も楽しんでいる関係だと
思われていました。

兄との関係が10年以上経った28の時に仕事で知り合ったとても優しい人と
結婚しました。結婚すれば兄から逃れられるかもと思っての結婚でした。
確かに結婚して一度は関係が切れました。
でも30で子供を産んで半年経った時に兄に力尽くで行為をされました。
出産後初めての行為は夫では無く兄でした。
またレイプされて過去の暴力の記憶を完全に蘇って、もう本当に兄には何

抵抗できなくなって、それからはまた月に何度か兄に呼び出され関係を持

生活になりました。
昼に兄と行為をして夜は夫との行為、そんな日も何度もありました。
夫は本当に優しい人です。でもそれが性にも現れていてとても優しい行為
で、
兄の荒々しく力強い、でも繊細な行為で必ず何度かの絶頂を与えてくれる
兄とは全く違いました。私とは相性が悪いのか夫との行為では今まで一度

絶頂を感じた事は無く演技で夫の自尊心を守っていましたが、5年前から

夫とはレスになりました。
決して兄との行為を喜んで受け入れているのでは無い、そう思っているの

体を満たしているのは兄との行為、そんな歪んだ性生活を続けてきまし
た。
それが去年から兄に呼び出される回数が減って、今年のお正月に兄が彼女

妊娠したから結婚する、私との関係も終わりにすると告げられました。
ようやく兄から解放される。それはとても良い知らせのはずなのに、
でもなぜか動揺し混乱しています。
兄への憎しみ?
20年以上関係を続けて兄を愛してしまっていた?
兄の彼女への嫉妬?
単にこの3ヶ月行為をしていないためのただの欲求不満?
今は唯一行為をする相手を失ってしまったことへの悲しみ?
自分でも何の理由で夫や子供にあたってしまうほどこんなに動揺して
心が荒れているのかが分かりません。
これからどうすれば良いのか、どうすべきなのかも分かりません。
4
2018/02/14 20:52:58 (fT78CtS9)
俺の住んでるアパートの隣の部屋に次女姉(独身35歳)が住み、その隣
に長女姉(既婚38歳子持ち)が住んでる。

俺はそれぞれの姉と肉体関係を持っているし、それは姉2人とも知って
る。

始まりは姉弟での3Pだったからね。

父親は離婚してて居ないが母親と俺は同居。

週休二日の仕事だから、土曜は長女姉とやって日曜は次女姉とやる。

何故土曜が長女姉とやる日かと言うと、子供(16歳)が必ず土曜日に次
女姉の部屋に行って夕方まで帰らないから。

俺と長女姉がセックス出来るように次女姉が気を使って部屋に呼んでるん
だけどね。

長女姉の旦那は変則の週休二日仕事。

日曜の他、平日に1日休みを貰ってる。

だから長女姉の子供と数分違いで俺が部屋へと遊びに(セックスしに)行
く。

隣りの部屋に自分の子供がいると思うと、長女姉は凄く興奮するそうだ。

ただ、長女姉はアナルセックスはNGなんだよ。

指で触ったり舐めるのはOKなんだけどね。

だから日曜日は次女姉とアナルありでやりまくる。

次女姉はむしろアナルセックスの方が好きみたい(マンコも勿論OK)。

幸いな事にどちらの姉も中出しはOK(と言うより、2人とも中出しが大好
き)。

ピルの服用はしてないから妊娠する可能性は大きいよ。

7年ほど関係を続けてるけど、今の所は次女姉が1回堕胎しただけ。

姉弟間で妊娠するかもってスリルがたまらないそうだ。

勿論、本当に産む気はないみたいだよ。

母親は俺達姉弟が近親相姦してる事に気付いていない(これが秘密@)。

あともう一つ、母親にも姉達にも知られていない秘密がある。

長女姉の子(姪)と去年から関係を持ったと言う事(これが秘密A)。

実は俺が長女姉とやってる時、たまに声が漏れてるらしい。

それを姪は聞いて関係に気付き、自分も近親相姦してみたいと言ってきた
のが切っ掛け。

父親とは嫌だから俺に頼んで来たって訳だ。

今はマンコしか使ってないけど、アナルも少しづつ調教してる。

姪のアナル調教始めて五日だから、アナルセックス出来るようになるまで
はまだ時間がかかる。

嬉しいのは、姪も妊娠のスリルを感じる中出しが好きだって事だな。

いつまでこの秘密をバレずに続けられるか楽しみだ。
5
1 2 3 4 5 6 ... 107
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

 投稿文は全角34文字で自動改行されます。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕