ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦 親×子体験告白 RSS icon
※父母とその子の間柄での体験談

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 183

母と

投稿者:仁彦 ◆gAmHDzY8Wc
削除依頼
2018/11/12 05:07:58 (6cshbq9/)
僕は高校生の頃から母とやってます。実母です。
当時の母はまだ40代、スラっとした身体の線、色白な柔肌は思春期の僕を虜にした。
母の身体は、ほどよい肉付きもあり、白くてスベスベの柔らかい肌に触れるだけで心地よかった。
時は流れ、消防士となり、今は僕も結婚をし、子供も授かったが、おばあちゃんとなった60代の母を、今でも抱いています。
この掲示板を見ていて、世の中には禁断とされる関係を持っている方が意外にも多いことに驚きました。
なんとなく、そんな方々に勝手に親近感を抱きつつ、僕もここにカミングアウトする気持ちになりました。

母と息子、身近にいる人を愛してしまう、性欲に支配され身体を求めてしまうことは、ごく自然のようにも僕には思えるのですが、いけないことなんでしょうか?
一度その関係を持つと、僕の場合、そんな罪悪感はそこにはありません。
僕の場合、そのきっかけは異常なものだったかもしれません。
僕が母を抱くようになったきっかけの前に、僕の家庭環境からお話した方が分かりやすいと思いますので、簡単にご説明します。
家は、〇〇県の田舎です。桜で有名かも…。お爺ちゃん、お祖母ちゃん、父に母、そして一人息子の僕の5人家族。
父は養子で、公務員を辞めて、祖父の後を継いで新聞販売店を営んでました。母は幼稚園の先生だった。
お祖母ちゃんは、しっかり者でテキパキと新聞販売店の手伝い、集金をやってきた。爺ちゃんにも文句を言う、家の中では一番の権力者だったが、僕には甘かった。
そんな家で、やんちゃに伸び伸びと育った僕。
父は仕事の時間が不規則で、一緒に遊んだ記憶はほとんどない。キャッチボールの相手や、工作の宿題を手伝ってくれたのはお爺ちゃんだった。
いつもは寡黙で、食事の時も黙ってお祖母ちゃんの愚痴を聞き流しながら酒を飲んでいたお爺ちゃんだが、僕には優しかった。
母にも、ひどく怒られた記憶はなく、優しく温厚な女性でした。
参観日では、友達から、「綺麗なお母さんでええなー。」と、言われることを鼻高に嬉しく思っていた。

僕が小学生の低学年の頃、お祖母ちゃんが自宅で倒れて、救急車で病院へ運ばれた。それから数日の内に帰らぬ人となり、家の中は主を失ったようで静かになった。
僕が中学へ進学した後、母と父は離婚。新聞販売店も手放した。
そして僕は近くの公立高校へ進学した。
授業が終われば部活をしたり、部活をサボれば悪友たちと友達の家に寄り道してゲームをしたりで、夕食の頃帰宅すると言うのが日課であった。
ある日、学校は行事のため、午前中で授業が終了した。
多分事前に知らされていたことだったが、そんなこと忘れていた僕は、いつものように母に弁当を作ってもらい、早弁。
時間を持て余す僕と悪友達でしたが、誰かの家で遊ぼうにも、昼時にお邪魔するのも引けると…、結局、その日は寄り道もせず、自転車をこいで帰宅した。
どうせ誰かから呼び出しがあって、どこかに集まることになるであろうと思いながら…。
田舎であるが故、玄関のドアの鍵はいつも開いたまま…、家に入るが、居間にも台所にも誰もいない。
もう昼食も終わって、2階の自分の部屋へ行こうとすると、爺ちゃんの部屋から妙な声が聞こえた。
部屋のドアも開られたままだし、「ただいま」と声をかけようと思い、部屋の入口へ。
こちらの方へ頭を向け、布団の上に裸で仰向けになり、脚を広げている女の股間へ、裸の爺ちゃんが顔を埋めていた。
すぐに、その女性が母であることはわかった。
「あ〜 お爺ちゃん、もう入れて〜 おちんちん入れて〜」
爺ちゃんはビックリする程大きなモノを持って、母の股間にゆっくりと入れて、腰を振り始める。
(何これ? えー 何? 何で〜?)
僕の心の中での困惑。
二人の行為がセックスであることは理解できたが、何故爺ちゃんと母が???
多分数秒間の間だったと思うが、僕は立ち尽くしたまま、色々な疑問に答えを出せないまま、その光景を見てた。
いけないもの見ていることに気づき、一度は襖の裏に隠れたが、どうしても見たくて頭だけを出して、厭らしい二人の行為をマジマジと見た。
1
2018/11/10 15:08:30 (h1Ug5XXA)
娘は小児がんで14歳で天国へ旅立った
もう完治する見込みがないと分かった時に娘の希望で自宅療養にした、あ
わせて最期は家で迎えるこにした
天国旅立つ何日前までは凄く元気で妻は看護師の為に夜勤でいなかった
俺・もう寝ないと疲れるぞ
娘・うん、ねぇーパパ
俺・なんだ
娘・お願いがあるの
俺・なに
娘・セックスして
俺・お前なに言ってるのよ
娘・だって私もう長く生きられないでしょうだから一度でいいから経験し
たいの俺は悩んだ、でも出来る限り娘の希望通りにしてあげたいと妻とも
話してたから
下の子が寝てるのを確認しに行って
俺・わかった、パパでいいのか
娘・うん
娘を裸にした、小さいおっぱい舐めたりしながら徐々に下に行き娘の股開
いてクリタリスにしゃぶりついた
娘・あーあーパパきもちいい
俺はまんこも舐めた
娘・あーあーきもちいいよ
俺・じゃあパパのものも舐めてくれるか
娘・うん
スマホで動画見せた、娘は動画見ながらしゃぶった
俺・おーきもちいいぞ
しばらくして
俺・よしここに入れるぞ
娘・うん
俺は少し強めに入れた、少し入った
娘見たら今にでも泣きそうな顔してた
俺・大丈夫か
娘は無言のまま、休みながら少しづつ早めた
娘・痛いけど大丈夫、これがセックスなんだね
俺・そうだよ
娘・もっと長生きしたかったと泣き出した
俺・大丈夫だよ
俺は限界にきて娘の中で果てた
娘は泣きながら抱き着いてきた
娘・パパありがとう
俺・いいんだよ、またしょうね
娘・できるかな
俺・できるよ
娘はにっこりと笑って抱き着いたまま夢の中へ
次の日、妻が帰ってきて全て話した
妻・私にも前にセックスしたいって言ってた、パパかなえてくれたんだね
俺・許してくれるのか
妻・許すも許さないもないしょ、娘の希望は出来る限りかなえてあげよう
と話したしょ
俺・そうだな
妻と娘の部屋に行き
妻・パパとセックスできたんだね
娘・うん、痛かったけど嬉しかった
妻・よかったね
娘・うん
その晩も娘を抱いた色んな体位した
次の日の夕方、娘は急変した、先生が来てくれ
娘・パパ、ママありがとう、楽しかったよ
妻は泣きながら、娘に色々話しかけてた、その晩は友達も会いにきてくれ
小学校や中学校には一度も通うことが出来なかったけど担任の先生も会い
にきてくれ
最後は妻が娘を抱きしめて妻に抱かれながら天国へ静かに旅立った
通夜、告別式とバタバタとすぎ、葬儀にも友達もたくさんきてくれた
葬儀が終わったその晩親戚たちも帰り、俺の親父だけが残った
俺・親父疲れたしょ
親父・おー
妻・お義父さん布団ひいてありますから休んでください
親父・○○さん悪いなぁ、○○さんこそ疲れてるのに
妻・私は大丈夫でから、私着替えてくるわと立とうとしたら
親父・その前になちょっと話あるんだ悪いけど○○さん座ってくれ
妻は座った
親父・疲れてるのに悪いなぁこれ○○ちゃん(娘の名前)から預かってただ
この前、様子みに来た時私が死んだらパパとママに渡して頼まれただと娘
からの最後の手紙だった
手紙の内容
大好きなママとパパへ
今までありがとうございました。私はママとパパのところに生まれてこれ
て幸せでした。妹が生まれた時はちょっと寂しかったけど、でも楽しかっ

私が元気いい日はパパと一緒にお風呂入ったり、一緒に出掛けたりと楽し
かった
一番うれしかったのはパパとセックスできたことでした。
最初は凄く痛かったけどパパ優しくしてくれて少しづつ気持ちよくなった

ありがとう
ママ、お風呂入れない時いつも体吹いてくれたりおむつ交換してくれたり
美味しいご飯作ってくれてありがとう、美味しかったです
今度生まれ変わったときもママやパパの娘になりたいです。
最後にパパへ
○○(下の子の名前)をあまり怒らないであげてね、セックスしてくれて本
当にありがとう
ママへ
いつも色々してくれてありがとう
幸せな14年間でした。また会う日を楽しみに私は天国へ旅立ちます
ありがとうございました
○○より
妻も私も手紙を読んで大泣きしてしまいました。しばらくして
親父・○○ちゃんから全部聞いた、お前とセックスしたことも、○○ちゃ
んは嬉しそうに話してくれた
○○ちゃんは○○さんやお前のところに生まれてこれて本当に幸せだった
じゃないのか
妻はそれを聞いてまた大泣きした
娘は親父だけに大分前から弟が欲しいとはなしてたことも言ってきた
親父・あんたたちまだ若いだから○○ちゃんの最後の希望だと思ってどう

俺と妻は笑って誤魔化した
それから49日法要が終わった夜から子作りに励んだ
今年の9月に待望の男の子が生まれた、娘は喜んでくれてるかな
あれから1年、今日が娘の命日&1周忌
娘よありがとう、何年後かするとパパもそっちに行くからそれまで寂しい
かもしれないけど待っててね
世界中で一番愛してるよ
2
2018/11/10 01:16:38 (Fl0e321X)
今、日本で娘とヤッてる父親って何人くらいいるのかねえ。

義理の娘とかじゃないぜ。

実の娘とだよ。

自分と自分の嫁さんから生まれてきた実の娘のマ◯コにチ◯ポ突っ込んで
いる
父親って何人くらいいるのかね。

まあ相当の数になるんだろうね。

なにしろ俺がそうだもんな。

俺がヤッてるってコトは、他にもヤッてる父親がいても全然不思議じゃね
えもんな。

てゆーか、かなりの数になってくんじゃねえの。

ウチの娘は中3だからクラスに一人と考えて、クラスの数が8クラスだから8
人。

三学年で24人。

これ少なく見積もってだから30人くらいいるのかな。

中学生でこの数だから、高校生ともなれば彼氏とやっててヤリ足りないか
ら父親で夜中に欲求不満を解消してるヤツだっているわな。

こう考えると父親との近親相姦経験者の女なんて、街を歩けばそこら中ウ
ロウロしてることになるんだよな。

まあ当たり前だよな。

実の娘とのセックスって、もうムチャクチャ気持ちイイもんな。

オレの娘なんか現役の女子中学生だから肌のキメなんか細かくて、なんか
もうスベスベなんだよね。

それがチ◯ポ入れてズゴスゴピストンしてるとアヘアヘ言ってジットリと
汗ばんでくると、

文字通りの「吸い付くような肌」になってくんの。

もうオレも上からのしかかってビッタリと娘の身体に密着させてガスガス
ピストンしちゃうもん。
マ◯コの締まり具合も最高!

さすが女子中学生のマ◯コは熱くてギュンギュン締まるしね!

まあ、半分は嫁さんの遺伝子、半分は自分の遺伝子から出来た女の子だか
らね。

嫁さん貫きながらオナニーしてるようなモンだから、相性良いのは当たり
前だよね。


立ちマンも最高!

足広げて腰を落として、下腹部に股全開に広げた娘を乗ってけゴンゴン突
き上げてやるの。

まだ中学三年生だからまだ幼児体形だしそんなにミッチリ肉付きが良い訳
じゃないけど、それでもケツの肉は結構付いてきてる。

そのケツ肉をわしづかみにしながら突き上げてやるの。

娘ももう父親にガンガンに責め上げられてヒーヒー言いながらオレの首っ
玉にしがみついてくるし、足もオレの腰にガッチリ巻きつけて足首を絡み
つかせてる。

娘のマ◯コからは汁が溢れ出てオレのチン毛をベショベショにするだけ
じゃなく

そこから更に下に垂れて太ももの内側を伝うくらいだ。

そんな感じだから娘の方もズッポリ父親とのセックスにハマってる。

どんな恥ずかしい格好も嬉々としてやるし、どんな体位でもOK!

セーラー服のまま「ケツ突き出してスカート捲り上げてパンツおろせ」っ
て命令しても即座に言われた通りの格好するしね。

しかもそんな前の穴も後ろの穴も丸見えにして、平気な顔して股ぐらから
ダブルピースして父親を挑発するしね。

自分の中学生の娘のそんな格好を見せられたら、どんな父親でもチ◯ポが
ギリギリとおっ勃つよな。

オレも娘にそんなことさせるたびに飛びかかって押し倒して思う様ぶち込
んじゃう。

やめらんない。

マジでやめられない。

このまま娘が成長するに従って、女子中学生の肉体から女子高生の肉体、
女子大生からOL、果ては人妻までとヤリまくれちゃうんだもんな。

娘も父親とのセックスは、親とのスキンシップ的な考え方になっているら
しく、

「彼氏ができても、結婚して赤ちゃんできてもパパとはセックスしてあげ
るからね!」

と、ベチョベチョとディープキスの合間に腰を振りながら言ってくれてる
しな。

オレの夢はそんな娘の上で腹上死することだわ。

最高の死に方だと思ってんよ。

マジで(笑)

さー今夜も嫁が寝たら娘の部屋に突撃するかあ。

娘も全裸のM字で待ってるしな(爆笑)
3
2018/11/10 01:15:47 (Fl0e321X)
今、日本で娘とヤッてる父親って何人くらいいるのかねえ。

義理の娘とかじゃないぜ。

実の娘とだよ。

自分と自分の嫁さんから生まれてきた実の娘のマ◯コにチ◯ポ突っ込んで
いる
父親って何人くらいいるのかね。

まあ相当の数になるんだろうね。

なにしろ俺がそうだもんな。

俺がヤッてるってコトは、他にもヤッてる父親がいても全然不思議じゃね
えもんな。

てゆーか、かなりの数になってくんじゃねえの。

ウチの娘は中3だからクラスに一人と考えて、クラスの数が8クラスだから8
人。

三学年で24人。

これ少なく見積もってだから30人くらいいるのかな。

中学生でこの数だから、高校生ともなれば彼氏とやっててヤリ足りないか
ら父親で夜中に欲求不満を解消してるヤツだっているわな。

こう考えると父親との近親相姦経験者の女なんて、街を歩けばそこら中ウ
ロウロしてることになるんだよな。

まあ当たり前だよな。

実の娘とのセックスって、もうムチャクチャ気持ちイイもんな。

オレの娘なんか現役の女子中学生だから肌のキメなんか細かくて、なんか
もうスベスベなんだよね。

それがチ◯ポ入れてズゴスゴピストンしてるとアヘアヘ言ってジットリと
汗ばんでくると、

文字通りの「吸い付くような肌」になってくんの。

もうオレも上からのしかかってビッタリと娘の身体に密着させてガスガス
ピストンしちゃうもん。

マ◯コの締まり具合も最高!

さすが女子中学生のマ◯コは熱くてギュンギュン締まるしね!

まあ、半分は嫁さんの遺伝子、半分は自分の遺伝子から出来た女の子だか
らね。

嫁さん貫きながらオナニーしてるようなモンだから、相性良いのは当たり
前だよね。


立ちマンも最高!

足広げて腰を落として、下腹部に股全開に広げた娘を乗ってけゴンゴン突
き上げてやるの。

まだ中学三年生だからまだ幼児体形だしそんなにミッチリ肉付きが良い訳
じゃないけど、それでもケツの肉は結構付いてきてる。

そのケツ肉をわしづかみにしながら突き上げてやるの。

娘ももう父親にガンガンに責め上げられてヒーヒー言いながらオレの首っ
玉にしがみついてくるし、足もオレの腰にガッチリ巻きつけて足首を絡み
つかせてる。

娘のマ◯コからは汁が溢れ出てオレのチン毛をベショベショにするだけ
じゃなく

そこから更に下に垂れて太ももの内側を伝うくらいだ。

そんな感じだから娘の方もズッポリ父親とのセックスにハマってる。

どんな恥ずかしい格好も嬉々としてやるし、どんな体位でもOK!

セーラー服のまま「ケツ突き出してスカート捲り上げてパンツおろせ」っ
て命令しても即座に言われた通りの格好するしね。

しかもそんな前の穴も後ろの穴も丸見えにして、平気な顔して股ぐらから
ダブルピースして父親を挑発するしね。

自分の中学生の娘のそんな格好を見せられたら、どんな父親でもチ◯ポが
ギリギリとおっ勃つよな。

オレも娘にそんなことさせるたびに飛びかかって押し倒して思う様ぶち込
んじゃう。

やめらんない。

マジでやめられない。

このまま娘が成長するに従って、女子中学生の肉体から女子高生の肉体、
女子大生からOL、果ては人妻までとヤリまくれちゃうんだもんな。

娘も父親とのセックスは、親とのスキンシップ的な考え方になっているら
しく、

「彼氏ができても、結婚して赤ちゃんできてもパパとはセックスしてあげ
るからね!」

と、ベチョベチョとディープキスの合間に腰を振りながら言ってくれてる
しな。

オレの夢はそんな娘の上で腹上死することだわ。

最高の死に方だと思ってんよ。

マジで(笑)

さー今夜も嫁が寝たら娘の部屋に突撃するかあ。

娘も全裸のM字で待ってるしな(爆笑)
4

母が好き

投稿者:なつ ◆vVg/fnBrws
削除依頼
2018/11/06 18:22:02 (qbBKMrPW)
僕は26歳の夜勤製造の仕事してます。お母さんは48歳で親父とは諸々の理由で高卒後離婚しました。一時期別々で暮らしてましたが2年ほど前から母の実家で一緒に暮らしてます。
スタイルはポッチャリ系でおっぱいは母いわくEカップです。

僕は高校半ばからお母さんのことが異性として好きでした。偶然見てしまった近親もののAVが物凄く興奮してしまったことと同じ頃に母と風呂の脱衣所で遭遇したことです。しかし実際に母に打ち明けて行為に及ぶ自信がなくて片想いで終わるだろうと諦めてました。しかし一時期別れてからまた同居したときのことです。母の実家は建物が2軒あり母屋と離れになってます。それぞれ母屋に自分、祖母、叔母が生活し、離れで母と兄が生活してました。
自分は母屋で寝てましたが1年ほど前の春頃から近所でとある施設の改築が行われ煩くてとても寝られなくなりました。同じ頃に兄が結婚して家を出たので寝泊まりだけでも離れにしてはどうかと提案され布団一式を離れに持ち込みました。建物の位置が母屋が工事現場を挟む形のおかげか工事の音はさほど気にならず離れの方が眠るにはいい環境でした。ところが週末のこと、あることに気づきました。それは休日は母と同じ部屋で寝ることです。離れはそんなに大きい家ではないので必然的に母と僕は同じ部屋で布団を敷くことになりました。家具の配置上部屋のほぼ反対側に敷くことになりましたが母と同じ部屋で寝てることに落ち着けず、最初の夜はなかなか寝付けませんでした。さらに少し意識すれば勃起がおさまらずオナニーすれば母が近くにいるだけで今までにない興奮と快感をおぼえました。
やがて休日の深夜深く寝入る母の隣に移動して息を殺してオナニーするのがパターンになりました。
そして2ヶ月ほどした頃にはもう母を抱きたくて我慢できなくなり行動に映しました。
休日の夜お母さんが風呂に入ってシャワーを浴びてる時に僕も裸になって突入しました。振り向いたお母さんの裸はとても綺麗でした。少し垂れ目にも見えますが形の良いおっぱいに黒目の乳首。肉感のあるお腹に陰毛が股の間に見えてすぐに僕のちんこも勃起しました。突然のことに驚くお母さんの前で僕の勃起を見せつけてお『母さんが好きだ、休日の夜ごとお母さんの横でオナニーしてる』と告白するとお母さんは固まってました。そして僕が抱きついたところで我に返り『やめて、落ち着いて』と抵抗してきました。しばらく抱き合ったまま問答していると『落ち着いて、手でしてあげるから…』と言われました。僕はお母さんを離しました。荒くなった息を整えたお母さんが床に膝立ちになったので僕は前に立ちました。母が僕の勃起ちんこを見つめて両手で握ったとき、まるで全身に電気が走ったみたいでした。そして両手で前後に擦り始めるとそれは自分の手とは比べ物にもならない快感となって僕に襲いかかり間もなくお母さんの顔に精液を浴びせかけました。
『はぁはぁ…落ち着いた…?』
整えた息がまた荒くなったお母さんに答えました。
『ううん、まだ』
『えっ?』
まだ僕のちんこは勃起してました。
『お母さんもう1回…』
お母さんはもう一度僕のちんこを握ってくれました。


そしてその翌週も同じようにお母さんに手でしてもらい、さらにその翌週も…そんな流れで1ヶ月ほどした頃にはお母さんは僕におっぱいを吸わせてくれました。お風呂の床でお互い寝そべって僕はおっぱいを吸いお母さんは僕のちんこをこすり荒い息が風呂場に響いてます。

『お母さん一緒に寝よ?』
その次の休日の夜、僕らは一緒の布団で眠ることになりました。一応変なことしないと言われましたが僕は曖昧に答えました。

そして深夜寝入ったお母さんのカップ付タンクトップの肩紐をずらしておっぱいを剥き出して吸い付きました。すぐにお母さんが目を覚ましましたがもう止めることはできません。
『ちょ、なつ、やめ…あっ…何もしないって…うぅ…』
左右交互に吸い付くと抵抗しつつも声を上げ始めました。
『お母さん、好きだよ、愛してるよ。』
『だめ、だめだから、親子だから…ああ!』
抵抗するお母さんの半パンをパンティーごと剥ぎ取って脚を開きました。豆球のオレンジ色の明かりに母のおまんこが浮かび上がりました。黒い陰毛は少し濃い目でとても興奮しました。
『僕はここから産まれたんだ…』
そう思うとなおいっそう興奮しました。
『なつ、やめて、ね…おちんちん出して、手でしてあげるから…』
お母さんがそう言いましたが無視しておまんこに吸い付きました。
『あっ!ああっ!いやぁ!』
自由になった両手で僕の頭を掴んで引き剥がそうとしますが僕はがっしりと両脚を抱えて離さずお母さんのおまんこに舌を走らせます。
『だめよ、こんなこと、あっ!』
口で抵抗するお母さんですがあそこはもう完全に濡れて熱を持ってました。クリに吸い付けば腰を浮かせて抵抗する動きも鈍くなりました。
僕はもう我慢できず母のタンクトップを脱がして自分も裸になり勃起をお母さんのおまんこにあてがいました。
『お母さん…入れるよ…』
もう抵抗できなくなったのかお母さんは何も言いませんでした。僕はついにお母さんの中へ自らの分身を突き込みました。
『あっ!ああっ!』
今度は僕が声を上げました。お母さんの中は熱く僕のちんこ全体に絡み付いてきました。僕自身数年ぶりのセックスに一気に射精感が突き抜けそうになるのを必死に抑えてお母さんを見るとその表情は口を硬く結んで何かに耐えるようでした。
『お母さん、ごめんね。』
そう言って僕は前後に動き始めましたがほんの数回で射精してしまいました。しかしまだこれからです。お母さんの中ですぐにまた硬さを取り戻した自分を突き込みます。
『うぁ…あん…ああん…』
やがてお母さんの口からは前戯の時にも増して熱く甘い声が漏れ始めました。突きながらお母さんの上になりおっぱいを吸うと両腕で僕の頭を抱き締めて頭を左右に振ってます。
『なつ…だめ…ああっ!』
『お母さん、また出るよ!』
2度目の射精もお母さんの中に注いだ時、お母さんが背をのけぞらせるようにして震えて僕のちんこを締め付けてきました。お母さんはイッたみたいです。


その日お母さんをもう一度後ろから犯して抱き合いながら眠りました。そして朝、シャワーを浴びてお互いの予定していた休日を過ごしてから日常に戻りました。少しお母さんがよそよそしくなったのでお風呂も控えましたが一月しないうちに今度は僕がお母さんの布団に潜り込みました。お母さんは覚悟してたのか今度は抵抗せずに受け入れてくれました。

それからも僕らは休日に重なりあってますがそろそろ例の工事が終わりそうになってきてます。でも僕は母屋に戻ることは無いでしょう。
5
1 2 3 4 5 6 ... 183
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

 投稿文は全角34文字で自動改行されます。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットID PREMIUM 初回300円のお得なキャンペーン!【70%OFF】