★近親相姦体験告白★
1:昔の話@
投稿者:[親不孝]
  18/06/24 20:05 (8rsGLEaG)


このお話は、去年他界した母親との思い出話しです。
※初めての投稿のため、乱文や誤字で読みにくいと思います。

家族構成は、工場に勤める酒癖が悪い父親と、介護福祉の仕事をする物静かな母親、両親の顔色を伺う自分の三人家族。

父親は酒を飲むと暴力まではいかないが、母親に暴言を発し、仕事などのストレスを発散する父親でした。

そんな父親の暴言を母親は、反論もせず黙って聞いており、時折笑みを浮かべるような変わった母親です。

私はそんな母親を見ながら、なぜ言い返さないのか、なぜ嬉しそうな顔をするのか、不思議で仕方がありませんでした。

そんななか、小学生のころ夜中に喉が乾いたので1階に降りようとすると、リビングから母親の呻き声が聞こえてきました。
覗いて見ると、裸で四つんば姿になった母親がそこにいました。
母親は父親に髪の毛を引っ張られながら「もっとお願いします。」「気持ちいいです。」などを言わされ繰り返し叫んでいました。
そして父から離れたと思うと、父のチンポを舐め始め「美味しいです。固くて…美味しいです。」
「また入れて下さい。和恵のオマンコに入れて下さい。」と両手を付きお願いしていました。

それを見た僕は、友達と見たAVが頭をよぎり、見てはいけないもの…けどもっと見たい、もっと知りたいという思いがわいてきたのを覚えてます。
時間で言うと…5分ぐらい見続けましたが、見つかったらとんでもないことになると子供ながらに思い自分の部屋に戻りました。

ただ普段から子供部屋の隣にある寝室から、夜中に物音や呻き声、電子音的な音が聞こえてはいました。

中学の頃には、両親の性行為が聞きたくコップを反対にしたり、雑貨屋で買った聴診器を壁に当て、喘ぎ声を聞き母親が苛められてる姿を想像しながらオナニーを繰り返してました。

高校の頃には、母親の顔写真でアイコラを作り、夜中に洗濯機にある下着を自分の

(1/3) 次ページ



ヘルプ/
掲示板TOPへ
サイトに戻る

このスレッドを削除・依頼
*パスワードで削除
*この投稿を削除依頼

mobile NAN-NET