★近親相姦体験告白★
1:姉ちゃん、ゴメンね
投稿者:[真田志郎]
  16/12/25 00:25 (lsTKAImM)


まず最初に、これは実話でここに載せた事を姉に謝りたい。
俺が姉と性関係になってしまった時の事を思い出しながら書く。
事の起こりは俺が高3、姉が東京の専門学校に通っている時だ。

俺は東京に住む友人と遅くまで飲んだ後、
終電を逃し帰る事が出来ない為、姉の部屋に泊めて貰う事になった。

この時まで姉に女の魅力はなに一つ感じず、実家でたまに見る
ブラジャー姿やパンチラを等も嬉しくもなんともなかった。
 普通の姉弟とはこういうものだろう。

初めて姉の部屋に来てみると広くない部屋にベッドが一つ。
勉強机と衣類入れで残りのスペースはいくらも無い。
「姉ちゃん、泊っていいって言ったけど俺どこに寝るんだ?」

「そこ。ホットカーペットだから。毛布はあるよ」
「俺がベッドで寝たいよ」 
「ふざけんな、電話で屋根さえあれば、どこでもいいって言ったじゃない」

そんなやりとりがあって俺が風呂から出た時には姉はベッドで眠っていた。
 パンツいっちょの俺はふざけ半分で姉の寝ているベッドにそっと潜り込んだ。

 姉はベッドの揺れで目を覚まし、
「なんだよ、気持ち悪いなァ。絶対こっちに引っ付くなよ」
そう言うとまた眠ったようだった。

姉の隣に並んで横になった俺は有る事に驚いた。姉からすごく良い匂いがする。
この香りは何処からするんだろう。向こうを向いている姉のうなじやパジャマの
襟辺りに鼻をつけて嗅いでみた。

これが女の匂いなのか? ワキの匂いも嗅いでみた。
なんていい匂いなんだ。姉が目を覚まさない様に手を回して胸も触ってみた。
ノーブラだ。俺は知らぬ間に姉に興奮して勃起していた。

ついつい夢中になって乳首を触っていたら当たり前だが
姉が目を覚ましてしまった。

「あっ、なんだよっ。なにしてんだよ!」
「ごめんよ、冗談、冗談だよ」
一生懸命謝り姉は
「次やったら追い出すからな!」そう言うと、ふて

(1/4) 次ページ



ヘルプ/
掲示板TOPへ
サイトに戻る

このスレッドを削除・依頼
*パスワードで削除
*この投稿を削除依頼

mobile NAN-NET