ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

社員旅行

投稿者:ノエル ◆hVull8uUnA
削除依頼
2016/12/29 22:42:39 (RvgXEJyY)
11月後半に社員旅行に行きました。
今年の目的は男性社員の風俗目的の旅行だったから本当は行かない予定でした。
でもちょっと仲の良い27歳の先輩が女子は私だけになってしまうと言われて私も行くことにしました。
金・土曜日の旅行でたいした観光地も回らずに17時前には旅館に入りました。
私と先輩は二人で同じ部屋でした。
とりあえず二人で温泉に入りました。
金曜日なので大きなお風呂に先輩と二人だけでした。
お互いに洗いっこしてちょっと変な感じになっていました。
宴会は早めの18時から始まりました。
宴会には浴衣を着て行きました。
男性社員のエロい視線とエロい誘いを二人で上手く誤魔化しながら先輩と飲んでいました。
19時頃には男性社員の大半が遊びに行ってしまい半分くらいになってしまい、他の男性社員も早く行きたいってことで19時半頃には宴会もお開きになり男性社員の誘いを徹底的に断って二人で部屋に戻りました。
先輩はけっこう酔っていました。
酔うとエロくなるらしい話は聞いていました。
私も少しお酒を飲んでいたのでお布団の上でうつ伏せで寝ながらスマホをやっていたら先輩が私の背中に跨がってきました。
そして私の浴衣を捲りパンツの中に手を入れて私のマンコを触ってきました。
私は「先輩やだ」と言ったけどお風呂での洗いっこと酔いでエロい気持ちになっていて強く拒否はできませんでした。
先輩は「処女じゃないよね」と聞いたので私が処女じゃないと言うと先輩はカバンの中からバイブを出して「入れてあげる」と笑いました。
先輩は私の背中から降りて私に裸になれと命令しました。
私は浴衣も下着も全部脱いでお布団を汚さないようにタオルを二枚敷いて仰向けに寝て足を開きました。
そんな私を見て笑いながら「こんなのもあるのよ」と電マを出してきました。
エロいDVDとかで見たことはあるけど初電マでした。
しかも2本。
マンコにバイブを入れられ電マで乳首とクリを刺激されて一瞬でイキました。
その後も何回もイカされました。
「私も入れて」ともう一本のバイブを出してきました。
先輩が私に跨がってきました。
目の前の先輩のマンコにバイブを刺しました。
電マで先輩のクリを刺激しました。
自分がイクのを必死で我慢して先輩をイカせように頑張りました。
先輩のヒクヒクするアナルを見ていたらアナルに電マを当ててみたくなりました。
先輩のアナルに電マを当てると「グギャー」って変な叫び声で先輩がイキました。
私が笑っていると先輩が私のバイブを取り上げて私を四つん這いにして私のクリとアナルに電マを当てました。
「ギャー」と叫びながら私は激しくイキました。
全身がヒクヒクしている私を見て先輩が笑っていました。
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
7
投稿者:名無し♂ ◆9K06NiJyHI
2017/01/04 22:39:39    (bDVPPW5z)
続きが…聞きたい(^^*)
6
投稿者:(無名)
2017/01/04 04:50:49    (tK36Do55)
続きが気になります…
5
投稿者:ノエル ◆hVull8uUnA
2017/01/02 21:18:29    (OUPgZ.cg)
固定を解かれて床に寝かされました。
誰かの熱いチンチンが私の中に入ってきました。
私は全身が敏感になっていてセックスで何回もイカされました。
そこら辺は記憶がはっきりしていません。
気が付いたらテレビで除夜の鐘が鳴っていました。
裸でしたが部屋は暖かいので疲れもあったしそのまま寝てしまいました。
元日の7時頃にSさんの部屋で目覚めました。
あけおめを確認したり送ったりしていたらSさんが目覚めました。
食事を作れと言われました。
キッチンの冷蔵庫を見たけど何もありません。
私が「Sさん何も無いですよ」と言うと「あぁ何も無いか」と言いました。
そしてSさんは私の臭いを嗅いで臭いと言い私をお風呂に案内しました。
お風呂から出てウェアを着ようとしたらお尻を鞭で叩かれました。
痛みとともにマンコが熱くなり疼きました。
私はマンコを押さえました。
Sさんは「鞭で感じる身体になったのか」と私のおっぱいを叩きました。
あっという間に私の乳首が立ってしまいました。
3発目がお尻に来た時、私のマンコから臭い液が垂れました。
それを見てSさんが「もう一度お風呂だな」と言いSさんと一緒にお風呂に入ってSさんに洗ってもらいました。
そしてSさんを残して私がお風呂から出ようとした時、Sさんが「あっあれも試してみよう、ここなら丁度良いし」と言いました。
Sさんは私をお風呂に残して一度出て戻ってきました。
そしてなんだろうと思っている私をお風呂に戻して湯船に浸かるSさんを跨ぐように立ちお尻をSさんの顔に向けました。
「キレイなケツしているな」と私のお尻を手で叩きました。
3発叩いてからバイブを私のマンコに入れてきました。
スルッと入ってしまいました。
お尻を手で叩かれバイブを抜き差しされて朝からイカされました。
それで終わりかなと思ったらSさんはバイブを私のマンコの奥まで突っ込み陰毛と一緒にバイブを持ちました。
動くと陰毛が引っ張らて痛くて動けません。
そんな動けない私のアナルに指を当てました。
私は嫌だと言ったけど聞いてくれません。
力を抜いてとかアナルを舐めたりしてSさんは指を私のアナルに入れました。
ウンチかー漏れそうなおぞましい感覚に気持ちが悪いと私が言うとSさんは私をお風呂の壁に押し付けて動けないようにしてからアナルの中の指とマンコのバイブを同時に動かしてきました。
おぞましいような気持ちいいような変な感覚の中でイカされました。
お風呂から出てもWさんとAさんはまだ寝ていました。
8時半くらいでした。
Sさんにコンビニに買い物に行くぞと言われました。
私がウェアを着ようとしたらダメと言われました。
私に裸で買い物に付いてこいと言われました。
私が無理ですと必死でお願いしたらオナニーしたら考えてやると言われました。
私はSさんに向かって足を開いて私のマンコにバイブを入れる姿を見せながらオナニーしました。
イッた私を見てSさんは笑いながらトレーナーを1枚渡してくれました。
着ると裾が股下ギリギリかちょっと下くらいでした。
Sさんに写真を撮ってもらうと手を下ろしていればマンコの高さでも見えないけど手を真横よりちょっと上げると陰毛が見えます。
上に上げると全て見えます。
これで買い物は無理だと言うとSさんは裸かそれかどちらかの2択だと私のお尻を鞭で叩きました。
トレーナーを着てコンビニに行きました。
元日の早朝だから街中だけど人も車もほとんど通りませんでした。
コンビニに入ると10代らしい若いカップルが一組とおじいちゃんが孫2人を連れたお客さんがいました。
カップルの女の子がミニスカートに生足だったから私の生足が目立たなくてちょっと良かったかも。
手を上げないようにしている私にSさんが「あの男の子がノエルをけっこう見てるぞ」と言いました。
気にして男の子に注意していると確かに私を見ています。
Sさんが「ノエル、サービスしてケツくらい見せてやれよ」と言いました。
私はドキドキして身体が熱くなりました。
よくわからないまま男の子が女の子と離れた時に男の子にお尻を向けて突き出しました。
膝くらいの商品を取りながら。
男の子が私から離れなくなりました。
今までより私を見ています。
ツツッと太ももに液が垂れました。
もっと見て欲しい気持ちが強くなってきました。
もう一度男の子にお尻を見せました。
Sさんが「露出狂のど変態」と小声で私に言いました。
自分で自分が壊れたような気がしたけどなんかいいやみたいな気持ちになっていました。
部屋に帰って3人とセックスしてお昼過ぎに解放されました。
今日も誘われたけど断ったら「わかった」で終わりました。
なんか断って後悔している私と会社をやめて逃げようと考える私が私の中で戦っています。
なんか良くわからない。




4
投稿者:ノエル ◆hVull8uUnA
2017/01/02 19:33:04    (UjePt4Ej)
Sさんの部屋に入ると3人はもう少し酔っていました。
私のかっこうを見て「なんだそのかっこう?」とみんなが言うから「ジョギング中って言ったけど」と言うと納得していました。
ウインドブレーカーを脱ごうと思ったけど3人の視線が恐くて脱げませんでした。
そのまま飲んでいました。
2時間くらい普通の話しで盛り上がっていました。
私もちょっと酔って来た頃Wさんが私に「ノエルこの間返事しなかったけど鞭は好きなのか」と言ってきました。
私は「だから好きとか嫌いとか言えないけど」と言いました。
何回聞いてもはっきりしない私にWさんは顔を近付けて「嫌いじゃないなら俺にもノエルを鞭で叩かせてくれ」と頭を下げました。
私は「わかった良いよ」と答えました。
SさんがSMグッズのバッグを持ってきて鞭をWさんに渡しました。
SさんとAさんも叩きたいと言ってきたから「好きにしてよ」と私は笑いながら言いました。
お尻を叩きたいと言うWさんのために私は立ち上がりお尻をWさんに向けました。
鞭は一本の持つ所に10本くらい鞭が付いている鞭でした。
Wさんが私のお尻を叩くとバフッて音がして大半がウインドブレーカーに当たりました。
でも何本かは私のお尻に当たりました。
ジーンズとは全然違う強い痛みが私のお尻に走りました。
ジーンとマンコが熱くなります。
Sさんがウインドブレーカーを脱がないとと言ってきました。
ほらこの音でないとと私の太ももを叩きました。
両方の太ももの裏に強い痛みが走りました。
私は理性を無くしました。
ウインドブレーカーを脱ぎました。
私を見て「ノエルお前ノーブラなのか?」と聞かれたから「だからジョギング中でブラしてると擦れて」と言い訳しました。
「なるほど、でもノエル乳首がくっきり見えてるし」みたいに3人が言うから「見るなスケベオヤジども」と胸を手で隠しました。
「誰がスケベオヤジだ」とWさんが私のお尻を鞭で叩きました。
結構痛くて私は笑ってしまいました。
笑っている私のお尻をWさんは何回か叩きました。
私は「やだ痛いし」と身体をくねくねさせながらお尻をWさんに向けて鞭を待っていました。
Sさんに鞭が渡りました。
SさんはWさんよりちょっと弱めだけどそこそこ痛い絶妙な叩きかたでした。
何回か叩いた後、Sさんは「誰がスケベオヤジなのかなノエル」と言ってお尻を叩いたので私は振り向き「お前らだよ」と言うと振り向いたからマンコを鞭で叩かれました。
「キャッ」と私がマンコを両手で隠すと胸を叩かれました。
乳首に痛みが走りました。
Sさんは「ケツを隠さないと」と私のお尻を叩きました。
私が「キャッ」とお尻を隠すと胸を叩かれ胸を隠すとマンコを叩いてきます。
私はキャーキャー笑いながらぐるぐる回ってしまいました。
そんなバカな私を見て3人も笑っていました。
SさんがAさんに「やるか?」と鞭を渡しました。
私はAさんにお尻を向けました。
でもAさんは「Sさんみたいにノエルを操れないからな」と言っていました。
私はちょっと休憩で立ったままカクテルを飲んでいました。
その時、Wさんが「ノエルお前下もノーパンなのか?」と言ってきました。
3人の視線が私の下半身に集中しました。
私の中のエッチな気持ちが大幅にレベルアップしました。
「だから走っている時に下着が擦れないように私は着けないの」とパンツの横を下げてお尻の横の生肌を見せました。
Wさんが笑いながら「キレイなケツだな」と言いました。
Wさんと反対側にいるSさんが「こっちは見えない俺らにも見せろ」と言いました。
「しかたがないなぁ」と向きを変えようとするとSさんに「ハイそのまま向きは変えない」と鞭でお尻を叩かれました。
私は向きを変えずにSさん側を下ろせって意味だと思ってWさん側の左側のパンツを上げました。
その時、Sさんが「ノエル戻さない」と命令口調で強く言いました。
私が「エッ」と驚いた顔でSさんを見たら「ノエル下げた位置に戻して」と鞭で叩かれました。
私は素直にパンツを下げました。
そしてSさん側の右側を下げました。
左右とも下げたので半ケツになっていました。
そのお尻にSさんが「生ケツ鞭打ち」と言って鞭で叩きました。
3人が私の生ケツを鞭で叩きました。
その間、私はパンツを上げないで3人の周りを逃げるようにゆっくり周りました。
3人は鞭を渡しあって私の生ケツを何回も叩いてきました。
Sさんに鞭が渡った時に鞭が止まりました。
Sさんが「ノエルお前ドMだな」と言いました。
Sさんが手錠を持ちました。
そして私に近付いて来ます。
私は動けません。
Sさんに両手を持たれ背中に回され手錠をされました。
首輪もされて手錠と繋がれました。
膝をつき顔をテーブルに付けお尻を突き出しました。
そんな私の膝を開いて棒のような物で固定しました。
ほとんど動けなくなりました。
Sさんは「これも面白いんだ」と電マを持ちました。
ゾクゾクする期待感が湧きます。
ウェアのパンツを膝まで下げられました。
剥き出しの私のマンコを3人が触っています。
いろいろ言ってたけど何もわかりません。
ヌルヌルと私のマンコの中にバイブが入ってきました。
ブーンと音がして私のマンコの中で動いています。
気持ち良いと思った時に電マがクリに当たりました。
全身がビクッとしてお尻が上がりました。
そのお尻のアナルにもう一本の電マを当てられました。
その電マの振動がバイブを通して私の下半身全体を振動させます。
おっぱいをテーブルに押し付けて身体を左右に動かしていたらおっぱいのところに振動するローターを数個置かれました。
ウェアの上は首ぐらいまで捲られていました。
全身に振動が当たり身体も心もおかしくなってきました。
「ダメダメ」しか言えません。
誰かがバイブを抜き差しさせてきました。
私はイキました。
ぐったりしている私を見てAさんが「やってもいいのか」と言っていました。
Sさんが「面白いからもう少しいたぶろうぜ」と言っていました。
ぐったりしている私を立たせて裸にして人の幅くらいの物干しのような物に両手を軽く開いて固定されました。
足首を棒で開いたまま固定されました。
私の下にはペット用おしっこシートをひかれました。
部屋の真ん中で前からも後ろからも私の裸が見える状態です。
3人がスマホでそんな私の恥ずかしい姿を写真や動画で撮っていました。
「やめてください。撮らないでください」と言えば言うほど私の心はエッチになっていきます。
Wさんのスマホが私のマンコに近づいた時に私のマンコから妖しい液が糸を引いて垂れました。
Sさんが「ノエルは見られても感じる露出狂だな」と笑っていました。
Aさんが私のマンコを開いて中を見ています。
Wさんも来て2人で私のマンコを見て触っています。
ツーツーと何本もの糸が私のマンコから垂れていきます。
Sさんが私のマンコにバイブを突っ込みました。
AさんとWさんが電マで私の全身を這うように動かしてきます。
私はヨダレを垂らしながら声も出ません。
そしてAさんが私の前に来てSさんからバイブを貰い私のマンコに抜き差しさせてきました。
持っていた電マで私のクリを刺激しながら。
Wさんも私の前に来て私のおっぱいを揉んだり電マで刺激したりしています。
私はイキそうになり「ダメダメ」と言うと急にお尻に鞭がきました。
かなり強く叩かれて呼吸が止まりました。
快感より痛みが強かったけど、すぐに快感が強くなりました。
また私がイキそうになると強い鞭がお尻に来ました。
痛みと快感が交互に来て頭がおかしくなりました。
そして私は鞭の痛みでイキました。





3
投稿者:ノエル ◆hVull8uUnA
2017/01/02 17:04:39    (JWITP52e)
文字数がわからないのですいません。
翌日も私の心はモヤモヤしていました。
こんな時は走ろうと思って午前10時くらいからスポーツウェアに着替えて近所を走りました。
途中の大きな公園のベンチで少し休んでいたら近くの子供連れの30代くらいの男性が私をじろじろ見ていたので私はウェアを捲りお腹を出して汗を拭くふりをしました。
男性は更に私を見つめてきたから私も変になってウェアのパンツも少し下げて腰の当たりの汗ほ拭きました。
ウェアをなおして男性を見たら勃起していました。
私は自分が変になっていることを自分でわかりました。
でも止まりません。
再びウェアのパンツを少し下げてお腹を出して公園の中を走りました。
寒いのにお腹を出して走っている私をすれ違う男性が見ているようでした。
そんなかっこうで走っていたらマンコ付近がヌルヌルしてきました。
私はヤバイと思ってトイレに向かいました。
でもナゼか途中の樹の陰に足が向きました。
胸くらいの高さの樹でした。
樹の向こう側は芝生広場でおじさんくらいの男性が10人以上いてサッカーをやっていました。
後ろや横には高い木がたくさん立っています。
木の間から遠くに人が動いているのが見えます。
何人もの人がたくさんの木の向こうを左右に動いています。
そんな危険なところで私はウェアのパンツと下着を膝まで下げました。
そして下着のパンツの汚れをタオルで拭いました。
しばらくマンコもお尻も晒したままで何回も拭いました。
自分の汚れたパンツを見ていたら「わぁー」とサッカーの人達が叫びました。
見られたと私は思っていました。
ウェアもパンツもそのままで私は顔だけ隠しました。
そしてゆっくりと振り向くと誰もいませんでした。
私は私はバカだと思いながら帰路に。
部屋に帰る少し手前の12時くらいにSさんから「AとWと年越し飲み会をやるから来ない?」と連絡がきました。
私は「現在ジョギング中だからちょっとしたら行くよ」と返しました。
部屋に戻ってシャワーを浴びて何を着て行こうかと思った時に先ほどの光景を思い出しました。
私は下着を着けて身体にピッタリ張り付く黒いスポーツウェアを着ました。
ちょっと薄いスポーツウェアは下着の線をくっきり出していました。
私は下着を上も下も取りました。
ピッタリ張り付いて乳首もお尻の谷間もくっきり見えます。
パンツの前のところを引っ張るとマンコの形もくっきりわかりました。
こんなイヤらしい服で行こうなんて私はバカみたい。
そんな気持ちが頭に浮かびましたが脱げませんでした。
ジョギング中だからと自分に言い聞かせて部屋を出ました。
エレベーターホールに行くと大きなガラスに自分が映りました。
身体は黒いけど裸に見えました。
さすがに外は歩けないかもと思って部屋に戻って股下丈のウインドブレーカーを着ました。
そして顔を隠すためにサングラスをして部屋を出ました。
Sさんのマンションまではバスで30分ぐらいです。
私は少し手前で降りて走って行きました。
Sさんのマンションに着いたのは午後2時過ぎでした。




2
投稿者:ノエル ◆hVull8uUnA
2017/01/02 15:51:59    (MK/eB5T8)
やり過ぎて不安なんです。
30日からあの先輩とスキー旅行に行く予定でした。
彼氏との約束をキャンセルして。
でも先輩のお父さんが怪我をしたとかで全てキャンセルになりました。
彼氏は実家に帰っちゃうし、友達みんな予定いっぱいだし暇してたから街中をブラってしてたら午後3時頃に同じ会社のSさんとAさんとWさんに出会いました。
Sさんの家でナベパーティーをやるから暇なら来ないかと誘われました。
みんな40過ぎの独身男性でかっこ良くないから断ったら1万やるからとAさんに言われました。
「美人なノエルの一緒に飲めるなら安い」と言われて気分ほ良くなってお金ももらえるから一緒に行きました。
Sさんの家で飲んでいると3人がめちゃめちゃ私を誉めるんです。
気分が良くなってかなりハイで騒いでいました。
2時間くらい一緒にいてくれれば良いよって話しだったけど7時過ぎになっていました。
めちゃめちゃ盛り上がったところでSさんが「ノエルこんなの知ってるか」と鞭を出してきました。
なんだかわからないけど私は鞭を見つめていました。
「これはなこう使うんだ」と座っている私の太ももをジーンズの上から叩きました。
私は爆笑して「やめてくださいよ」と言うとSさんが「ケツを叩いてやるからケツをこっちに向けろ」と言いました。
私は「あまり痛くしないでよ」と立ってお尻をSさんに向けました。
Sさんは私のお尻を叩きました。
私はもう大爆笑しました。
叩かれれば叩かれるほど笑いがこみ上げてきました。
10回くらい叩かれてSさんはやめました。
やめてもSさんにお尻を向けている私にSさんは「ノエルは鞭が好きなんじゃないか」と言ってきました。
私は「そんなの好きとか嫌いとか言えないし」みたいな事を長々と言っていました。
最後にSさんに「バーカ」と言うとSさんがものスゴく強く鞭で私のお尻を叩きました。
私は「キャー」って叫びながら倒れて「痛すぎるし」とお尻を押さえながら爆笑していました。
そんな私のところにSさんが
バッグを持ってきました。
中に入っていたのはロープや手錠や足枷にバイブと電マに浣腸器具などのSMグッズでした。
私はドキドキしてして固まってしまいました。
そんなの私の太ももにSさんが電マを当てました。
Wさんが座っている私の足を掴んで開きました。
Sさんが私の右太ももに電マを当ててだんだん私のマンコの方に動かしてきます。
Aさんが私の左太ももを鞭で叩いてきます。
私のマンコはかなりヤバくなり妖しい液がドクドク出てきました。
電マが私のマンコに当たりそうになった時に私はギリギリのヤバさで「帰るから」とすぐに帰りました。
帰って下着を見たらぐちゃぐちゃでした。
ジーンズも少し変色していました。
あのままやられたいと思う気持ちとダメって気持ちと戦いながらオナニーしていました。
夜中に会社で何故か私だけ裸で会社の男性が私の裸に気付いて襲ってくる夢を見て下着をまた汚してしまいました。


レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。