ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

全裸の私

投稿者:志穂
削除依頼
2019/04/16 15:25:45 (lwXkXVJa)
私は、43才の専業主婦です。
この4月から、主人は単身赴任、1人息子も遠方の大学に入学し、私一人の生活が始まりました。
私には、どうしてもしてみたかったことがあります。
それは、私が高校二年生のときに、体験しましたある出来。それ以来、ずっと心の奥に、密かに抱き続けてきました。
独身時代は、両親や姉弟と暮らしていましたし、結婚してからは、子育てや家事に追われた毎日で、ゆっくりと自分一人で過ごせる時間
なんてありませんでした。

この3月は、主人や息子の転居準備や転居先での片付けなど、本当に大変な毎日でした。
二人の新たな生活も落ち着いて、私一人の生活が始まりました。

今朝、9時を過ぎた頃です。
リビングのソファーに座って、コーヒーを飲んでた私、『志穂、やっと一人になれたじゃない…あなたが、ずっとしたかったこと、思う存分出来るじゃない』
それは、もう一人の私の声…

気が付けば私、ソファーに座ったまま、ニットの上着を脱いでいました。
ジーンズのファスナーも下ろして、ソファーから、お尻を浮かせ脱ぎ捨てます。
ソックスも脱いで私、あっと言う間に、下着だけの姿です。
真っ白のレースのブラと、私の黒い茂みをなんとか隠せるくらいの白いレースの小さなショーツだけを身に付けた私、ソファーから、静かに立ち上がりました。
ベランダへ出られる大きなガラス戸の前へ進みます。
レースのカーテン越しに、外の景色が見えています。
私が立っているのは、郊外に建ったマンションの5階の部屋です。
ベランダからの景色には、手前の広大な畑と、その向こうに幾つかの建物と、新幹線の高架が
見えています。
レースのカーテンを開けても、下着だけの私の姿は、誰にも見えないと思いました。
でも、カーテンを開けようとしたとき、急に身体が震え出しました。
でも私、なんとかカーテンを全部開けて、ガラス戸の側に立っていました。
『ねぇ、志穂…早く下着も脱ぎなさいよ…あなたが、ずっとしたかった全裸の生活、出来るじゃない』
もう一人の私の声に、高校二年生のあの日の出来事が、蘇ってきました。

当時、弓道部に入っていた私、秋の大会のことで、練習後に顧問の先生から呼ばれて、部室に戻るのが遅くなりました。部室には、キャプテンだけが待っててくれて、しばらく話をしたあと、私に鍵を渡して先に帰っていきました。

着替え始めた私、弓道着の上着、袴、足袋を脱いで、下着だけの姿なったとき、部室の窓の外に人の気配を感じました。すりガラスの窓が、ほんの少し開いていましたが、誰かが外を通っただけだと思いました。
普段、着替えるとき、女子ばかりの部屋ですから、下着姿で道着をたたむのも普段通りの私。
でもやっぱり、人の気配を感じたから、横目で窓を見てみました。
たしかに、さっきより窓の隙間が、大きくなって……誰かが覗いてる。
下着姿の私を、誰かに見られてる…
どうしよぅ…大きな声出そうか…
気付いてない素振りで、もう一度、窓の方を確認したの…
間違いなく、覗いてる…身動き一つしないで…
私、変な気持ちになってきました。
私だって、異性に興味津々な年頃だもの…
あの人、私の下着姿を見て、興奮してるのかなぁ…
おちんちん、起ってるのかなぁ…
あの人が、一番見たいのは、きっと裸の私…
私、心臓がバクバクして、全身が震え出しました。
でも、あの人には、そんなこと気付かれちゃダメ…
懸命に平静を装おって、スポーツタオルで、身体を拭き始めた私。
今思い出せば、その時の私は、極度の緊張と気持ちの高ぶりで、怖さまで感じる余裕がなかったのかもしれません。
頭の中が真っ白になって、どんな風に、ブラを外したのかは覚えていません。
気が付けば、足元にブラが落ちてて、乳房も乳首も露にさせた私がいました。
さすがに、ショーツまで脱ぐことは、出来るはずもなくて、急いでブラも付けずに、制服を着てしまいました。
窓の側から、走り去る足音が聞こえて私、その場にヘナヘナと崩れ落ちてしまいました。
それ以来、私は、裸になることに、興奮を覚えるようになりました。誰かに見せたいとか、見て欲しいとかじゃなくて、裸になるという行為
そのものに、気持ちが高ぶります。
1枚1枚、着ているものを脱いでいくという行為、そして、何一つ身に付けない生まれたままの姿になった自分に、とても興奮してしまいます。

独身時代は、お風呂に入る時と、自分の部屋で、寝る時だけは、全裸になれました。
結婚してからも、お風呂と主人との営み以外、全裸になれる場所もなくて、日々の忙しさに、私の願望も、だんだんと心の奥へと押しやられていきました。

でも、今日から私、もう一人の自分に変身します。
ベランダのガラス戸の前に立った下着姿の私を、どこかで、誰かが望遠鏡で見てるかもしれません。まず、あり得ないことでしょうけど…
それでも私、心臓がバクバクしました。

ブラのストラップを、両肩から外します。
両手を後ろにまわして、震える指先で背中のフォックを外した私。
左右のカップから、私のBカップの乳房と、すでに固くなった敏感な乳首が、飛び出しました。
私もう、身体には、小さなショーツが1枚だけです。
あの日、部室では、どうしても脱げなかったショーツ…
でも私、今日は違います。
身体に付けてるものは、何も残さず外したいの。
指輪もネックレスも、さっき外しました。
このショーツを脱げば私、本当の完裸。
両サイドは、細い紐で結んだショーツ。
片方の結び目を解くと、陰部の茂みが半分近く顔を出しました。
もう片方の結び目も解きます。
1枚の小さな布切れになったショーツが、足元へ落ちました。
私の恥ずかしい黒い茂み、お尻の割れ目、そして乳房も乳首も、全てを露にさせた私が、そこにいました。
今日から私、ずっと全裸で過ごします。
外へ出掛ける時以外は、何も身に付けません。
今夜か明日の朝、全裸のままで、ベランダへ出てみます。
また、書き込みしますから、良かったら読んで下さい。
1 2
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
13
投稿者:志穂
2019/04/21 18:41:20    (WDRwVSym)
私、昨日は、朝から実家へ用事があって行ってきました。車で一時間半くらいです。
母親と、遅めの昼食を食べたあと、私、実家を出ました。
お天気も良くて、暖かくて私、運転していて、眠気が襲ってきました。
途中に道の駅がありますから、そこで私、少し休憩をしました。
我が家の車は、ヴォクシーなので、後部座席を倒して、横なった私、目が覚めたら、一時間くらい眠ってしまいました。
座席を少し起こして、しばらく外を見ていた私。
『ねぇ、志穂。そのワンピース、いつ脱ぐの?』
「ぇっ?……」
『あなた、脱ぎやすく、着やすくするために、それ買ったんじゃなかったの?』
「…ぅ、ぅん…」
『だったら、今ここで、脱いだら?』
たしかに、もう一人の私が言う通りです。
実家へ行くのに私、当たり前のように、このワンピースと、真っ黒のGストリングとフラを選んでいました。
心のどこかで私、脱いでみたいって思っているのかもしれません。
後部座席は、スモークガラスだから、外から中は、ほとんど見えないけれど…
でも、土曜日の道の駅なのて、人も多くて、私の車の側を、時々。人が通っていきます。
外からは、見えにくいけど、私からは、外の様子は、はっきりと見えています。
こんな所で、脱ぐなんて……私、とても不安で、すごく怖い……
私、人が、通りる度に、車の中くら、手を振ってみました。
車の中の私が見えていたら、なんらかの反応があるはず…
でも、誰一人と、反応する人は、いません。

それでも私、恐る恐る、一番上のボタンを外しました。
胸元がわ、少し開いたくらいて、何も変わりません。
二番めのボタンも、外しました。
真っ黒な、ブラに包まれた私の乳房が、見えた途端、私、気分が、どんどん高ぶって、3つめ、4つ目と外してしまいました。
気が付けば私、おヘソまで、丸見えです。
ボタンが外れて、徐々に広がる開口部から、素肌を露にさせていく私、もう、気持ちを抑えられなくて……
5つめのボタンを外す私。
見えてきたのは、Gストリングの小さな前布だけに隠された私の密部。
身震いするくらい、私、興奮しました。
残る3つのボタンを、一気に外す私。
襟元からスカート部分まで、全てのボタンが外れたワンピース。
戸惑いもなく私、ワンピースを両肩から、滑らすように脱いでしまいました。

ショートソックスを脱ぎ捨てて私、車の後部座席で、小さなブラと、ほとんど紐のようなショーツたげの姿になってしまいました。
下着は、付けていると言っても、この下着では、もう私、全裸に近い姿です。

私、下着姿で、車の側を通っていく人たちに向かって、上半身を見せるようなポーズを、何回もしてみましたが、気が付く人はいむせん。
今度は、座席の上で、立て膝をついて、側を通る人たちの顔の高さに、小さな前布に包まれた私の密部を、近づけてみました。
でも、誰も気が付く様子もありません。

私、思いました。こんな所で、こんな姿になってしまって……
それに、気分も、どんどん高ぶってきたし、どうせなら、下着も脱いで、真っ裸になってしまえば……

私、ブラのストラップを、両肩から外しました。
Gストリングのショーツに、似合うように選んでもらったので、カップも小さくて、サイドベルトも、すごく細い。フォックは背中にはなくて、フロントフォックになっています。
私、心臓をバクバクさせながら、車の側を、人が通るのを待って、カップとカップを繋いだフォックを、震えながら外しました。
フォックから、指を離すと、小さなカップを突き放すように、私の乳房が飛び出しました。
側を通る人の顔のすぐ前で、両方の乳房と乳首を、露にさせた私……
もう私に、戸惑いはありませんでした。
座席の上で、立て膝をついたまま、Gストリングの細い紐に指を掛けた私、まるで紐のような小さなショーツを、下腹部から太ももの上を滑らすように、下ろしました。
もう私、身体を隠せるものは、何一つ付けていません。
全身素肌で、乳房も乳首も、お尻の割れ目も、陰部の茂みも、なにもかもを露にさせています。
車の中で私、本当の丸裸です。

車の側を、たくさんの人たちが通っていきます。
でも、誰一人として、こんな私の姿に気が付く人はいません。
いくら見えてないと言っても、私からは、側を通る人たちが、はっきりと見えています。
ガラス1枚だけを隔てて、私は、一糸纏わない姿です。
とても、刺激的で、とても興奮できる時間でした。
私、また来てみようと思います。













12
2019/04/19 21:40:59    (QK6Iaana)
今日買ってきた下着を見たいね槌貴女のいらない下着欲しいですね(*^^*)
11
投稿者:大石   konta_darkness
2019/04/19 08:48:21    (7v7noqoS)
全裸生活いいですね。

ベランダでおしっことかさせてみたいですね。
10
投稿者:志穂
2019/04/18 22:32:37    (U1ICt8I3)
今日は私、朝の9時頃、車で家を出て、ショッピングモールへ行ってきました。
食品も少し揃えておきたかったのと、ワンピースと下着も欲しかったので。

ワンピースは、春物でフロントが、襟元から裾までボタンの付いているのが欲しかったんです。
それなら、前のボタンを外せは、脱ぐのも簡単ですし、昨日のように、もたもたすることもありません。それに、この先、裸になってる時に、急いで服を着ないといけないようなことも、あるでしょうし……スムーズにスマートにセクシーに、脱ぐことか出来て、そして、出来るだけ素早く着られるようにしたかったのです。
下着は私、集めるのも好きで、たくさん持っています。どれもブラとショーツの上下セットです。私の持ってるショーツは、小さなハーフバックばかりなので、今のショーツでも、けっこうセクシーな雰囲気なんですけど、私、TバックやGストリングを穿いてみたくて……

ワンピースも下着も、私の思っていたものを揃えられて、とても嬉しくて満足です。

買い物も、お昼ご飯も済ませて、家に帰ったのは、午後の2時を過ぎていました。
部屋に荷物を置くなり私、服も下着も脱いで、真っ裸になりました。
これが、私が、ずっと想い描いてきた全裸の生活……やっと、現実になりました。
私、シャワーを浴びて、隅々まで、綺麗な身体になって、ソファーに身を委ねました。

買って帰ったワンピースと下着が気になる私、
袋から出してみました。
Tバックが、二枚。これは、ブラとセットになってます。Gストリングが、三枚。これはブラとセットじゃなくて、ショーツ単体です。
たくさん持ってる私のブラでも、Gストリングには、似合わないので、お店の人に頼んで、似合いそうなブラを三枚選んでもらいました。
早く付けてみたくて私、真っ赤なGストリングとブラを、手にとって、リビングの大きな鏡の前に立ちました。
なんだか凄い…サイドもバックも、細いゴム紐…クロッチ部分などなくて、小さな三角形の前布だけ…私、ドキドキしました。
鏡の前で、穿くと言うより付けてみました。
Tバックは、若い頃に何回か穿いたことあるんですが、Gストリングは、初めてです。
細いゴム紐が、お尻の割れ目の中へ、食い込んで、なんとも言えない感触です。
でも私、この感触好きかも…
鏡に写った自分の姿に私、気持ちが高ぶりました。
小さな三角布は、私の黒い茂みを、なんとか隠してくれてはいますが、少し動くと、陰毛が何本か顔をだします。私、鏡にお尻を写してみました。バックの紐は、お尻の割れ目にしっかりと食い込んで、鏡にも写っていません。
付け心地も見た目も、私、とてもお気に入りです。なんだか、他のショーツを穿きたくありません。
お店の人に選んでもらったブラも付けてみました。
真っ赤なレースのハーフカップブラです。
とても素敵槌槌 乳房が半分近く露出して、凄くセクシー。
鏡に写った私は、まるで別人のようです。
ワンピースも、着てみました。
さっと羽織って、ボタンをすればオッケーです。
これなら、脱ぎやすくて、着やすくて、私には、とても快適です。

私、気持ちが高ぶってきました。
試しに着たけど、どうせ脱ぐんだったら、このままベランダへ出て、脱げばいいじゃん………
そう思った私、もう身体は勝手に、ガラス戸を開けて、ベランダへ出ようとしていました。

なんだか、とても眠いです。
続きは、明日にします。






















9
2019/04/17 22:39:10    (kRvp3PVF)
志穂さんの二面性が進化を発揮し始めましたね。
ただ安心してる様ですが、周りからは例え小さくても裸は見えてる筈。
危険は常に隣り合わせですからね。




8
投稿者:志穂
2019/04/17 11:49:46    (s5c1k2CC)
昨夜は、私、あまり寝られませんでした。
初めての全裸生活に、気持ちが高ぶっていましたから……
何回も目が覚めて、ベッドから出てリビングのソファーに座ったり、ベランダへ出てみたりで、数時間の睡眠でしたけれど、朝の目覚めは、悪くなかったです。
6時にベッドから出て私、いつものように、シャワーを浴びながらシャンプーと洗顔をしました。いつもと違うのは、浴室から出ても、下着も付けず、服も着ないことです。
全裸のままで、髪の毛をドライヤーで乾かして、お化粧もしました。今日から私、今までより薄化粧にしました。
身体は、何も飾らないのに、顔だけ飾っても、なにか不自然だから…
私、全裸になるのなら、身体の隅々まで、出来る限り、ありのままの自分の姿でいたいから。


朝の8時を回った頃、私、お気に入りの下着を付けました。ストッキングも履いて、ニットのワンピースで身を包みます。
お出掛けするのではありません。
その姿で、ベランダへ出た私。
広い畑には、所々、農作業をする人の姿が見えています。
昨夜の私は、全裸のままで、部屋からこのベランダへ出ました。
今日の私は、ワンピースも着て、下着も付けた見た目も、ごく普通の主婦。
でも私、変身します。
普通の主婦から、もう一人の私に…
暗い夜じゃなくて、明るい昼間に私、このベランダで、着衣を1枚づつ脱いで、全裸になります。
外の空気に包まれながら、着衣を脱いだことは、私まだないもの……

農作業をしてる人たちから、私の姿は小さくても見えるはずです…
私に気付くか、気付かないかは、わかりませんが、人の目が届く所で、裸になるなんて私、凄く不安です。凄く怖いです。凄く恥ずかしいです。凄く緊張してきました。
まるで私は、ストリップショーの舞台に立った踊り子のようです…
舞台は、このベランダ、お客さんは、畑の人たち。
東の空から、ベランダに射し込むお日様の光が、私の裸体を、隅々まで照らすスポットライトです。
私の初舞台には、勿体ないくらいのロケーションです。
ますます緊張します……どうしよぅ…
私、最後まで、ちゃんと舞台を終わらせないと……

私、大きく息を吸い込んで、ゆっくりと吐き出します。
全身が、ブルブルと震えています。
心臓がバクバクと、激しく暴れて、口から飛び出しそうです。
膝が、ガクガクして私、立っているのもやっとです。

震えながら、ワンピースの裾を、ゆっくりと捲り上げる私。
頭の中は真っ白で、何をどうしているのかもわからない……
踊り子さんのように、格好よく、美しくセクシーに、服を脱ぐなんて、今の私に出来るはずもなく……
とにかく私、まるで分厚く重いセーターを、モソモソと脱ぐみたいに、やっとの思いで、ニットのワンピースを脱ぐことが出来た……
黒いストッキングも、丸めながら、脱いだ私、なんとか下着だけの姿に、なることが出来ました。

お気に入りのブラとショーツで、乳房と、陰部を隠した私、ゆっくりとベランダの手摺の側まで近づきます。
このベランダの手摺には、目隠し部分がなくて、畑の人たちからは、下着だけの私の姿が、頭から足元まで全て見えるはすです……
畑の人たちは、作業に一生懸命で、私の姿には全く気付いていない様子です。

先ほどまで、あんなに暴れていた私の身体も、
私の気持ちが落ち着くにつれて、少しは、大人しくなっていました。
もう大丈夫みたい…これなら私、ブラも外せそぅ……
でも、下着を取るのは、やっぱり、服を脱ぐ時とは、全く違う気持ちです。
恥ずかしさと、緊張感は、半端なくて、なんとも言いようのない気持ちが、襲い掛かってきます。
当たり前ですね。
だって、乳房も乳首も、お尻の割れ目、密部の割れ目、黒い茂み、下着に隠された普段は誰にも見せない大切で恥ずかしい部分…
自分の手で下着を脱ぐ行為は、自分の全てを、自らが露にさせることになるんですから……

いろいろな感情や思いの中で、着衣を一枚、一枚、脱ぎながら、私自身の手で丸裸になっていく自分がいます。そんな自分に私、とても興奮してしまいます。

私、迷いはありませんでした。
ベランダの手摺の側で、ブラもショーツも脱ぎ捨てました。
私が、丸裸になった途端に、雲の切れ間から、強烈な光が……
明るいベランダが、さらに眩しいくらい明るく照らし出されて、まるで私の裸体が、宙に浮かんだように、白く眩しく輝くの…
もっと照らして槌槌
ほら、私、ここにいるのよ槌槌

全裸の自分を晒し続けた私。














7
投稿者:花の慶次
2019/04/16 20:46:32    (gTHJv0VH)
志穂さん 寝るときも裸で寝るんですか?
6
投稿者:志穂
2019/04/16 20:40:19    (lwXkXVJa)
私、生まれて初めて、全裸で炊事をしました。
私一人の夕飯ですから、炊事って言うほど、時間も手間も掛かりませんが、初体験なので、凄く楽しくて……
少しですか、炒め物も作ってみました。
油が飛んだら、困るので、エプロンをしようかと思ったのですが、出来るだけ、何も身に付けたくないので……
私の一番大切でデリケートな部分に、油が飛んだらと、少し不安でしたけれど、黒い茂みが、しっかりと守ってくれてるんですね。むしろ、乳首の方が無防備で、何回か、熱い思いをしてしまいました。次からは、バンドエイドでも貼ろうかと……
そして、夕飯を食べるのも、もちろん全裸です。これも初体験です。
なんだか、凄く楽で、とても気に入りました。
もう私、絶対に止められなくなってしまいました。

夜になると、まだ肌寒い感じですが、エアコンの暖房を、ゆるく掛けてるだけで、キッチンとリビングは、快適です。
私、夜になっても、部屋のカーテンは、閉めていません。部屋の中が見えるとしたら、ずいぶん遠くからだと思います。
それでも私、一般的には誰もがしないことをしているのですから、やっぱり緊張感や背徳感、それに恥じらいの気持ちも、恐怖感も常に持っています。
先ほど私、ベランダへ出てみました。
全身で、外の空気を感じたのも、生まれて初めて。まだ冷たく感じる夜風が、乳首の先やお尻の割れ目を、優しく撫でて通りました。
いたずらな夜風に、敏感に反応し、固く勃起する私の厭らしい乳首……
ベランダのガーデンチェアに腰掛けて、脚を開いた私、そよそよと靡く黒く深い陰部の茂み。
茂みの隙間を通り抜け、私の陰部に入り込もうとする厭らしい夜風。夜の暗闇が送り込んだエッチな使者を招き入れようと、割れ目の淵から、顔を出した私の大きくなったクリトリス……
寒さも忘れて、乳首や陰部に優しい愛撫を受け入れた私。










5
2019/04/16 19:11:10    (8UuSGXo4)
裸族誕生ですね。
おめでとう。

これからの生活は、生まれたままの姿ですね。
より美しく変身しましょう。
そして、より変態な牝に成長しましょう。
4
2019/04/16 17:43:41    (gTHJv0VH)
読んでて凄く興奮しましたよ槌メールをしたいですね(*^^*)メールで一緒にエロイ事をしたいですね
1 2
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM