ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
2018/07/10 20:17:44 (5GTobbcU)
「ほんと言葉に敏感な女だな。
少しいじめたらこんなふうになるんだもんな」

その時私は、ベッドに寄りかかり、目隠しをされ、両手をタオルでしばられ、膝を曲げた状態で大きく脚を広げさせられていました。
彼の声が聞こえるのは私の足元から。

「なんでこんなに濡れてるの?見られてるからだろ?」

言葉をかけられると、その度にドクドクと奥から流れてきます。
だらしなく広げられた場所から出るお汁で、シーツにはどんどんシミができていきます。

「こんなに濡らして・・・どんな匂いしてるか嗅いであげようか?嗅いで欲しいでしょ?」

こんな変態的な言葉に、頭も体もそれまで以上に反応してしまう。

こんなにダラダラ垂れ流している、とてつもなくいやらしい匂いを嗅がれてしまうなんて恥ずかしい。

という理性。

だらしなくお汁を垂れ流している部分をじっくり見られて、いやらしい匂いを嗅いでほしい。

という期待感。

それがないまぜになり脳がトランス状態になります。

目隠しをされているので、彼の行動は見えない。
でも、見えないからこそ、少しの動きや音に敏感になる。

彼が私の太ももにキスをする。
それだけで体がのけぞる。

そして、あの部分に顔を近づけ・・・
じっと見ている感覚がわかる。

「もっと見てほしいと思ってるんだろ?」

彼はどこまでもお見通しです。

「普段は気が強いのに、本当に○○ちゃんはドMだね」
「物凄く赤くなって・・・膨らんでるし、白い汁でグチャグチャになってるよ」

待って。

これまで私、太ももにキスしかされていないのにこんな状態なの?

言葉だけでこんなふうになるなんて、想像はしていたけれど想像以上だ。

彼の顔が近づく。

指であの部分を思いっきり広げられる。
中まで見えているはず。
そうされながら匂いを嗅がれる・・・。

「何このいやらしい匂い・・・すげー興奮するよ」と、言い終わるか終わらないかのうちに彼の舌・・いえ、唇全体を使ってむしゃぶりつき、舐め回してくる。

中に舌を入れて掻き回す。
クリをチロチロ舌で舐めたかと思ったら、おもいきりチュパチュパ音を立て痛いくらいに吸う。
匂いを嗅ぐ。

この繰り返しに、脳が何度もイッてしまう。

それも自らいやらしい言葉を言いながら。

もっと舐めてほしい。
もっとグチャグチャにしてほしい。
もっと弄ってほしい。

何度イッたかわからない。

でも、彼は許してくれず、指を中に入れてこすりながらクリを舐める。
顔の上に乗せられて、腰を振るよう命令され、彼の顔を汚す・・・。

ここまでされながら、挿入はしてはもらえず、彼は私のオマ○コに見ながら、自慰でイッてしまった。
精液を出したのは、私の赤く膨れ上がったクリの辺り。

意地悪な人だ。

そして、果てたあと、その精液と自分の愛液を混ぜながら一人でするよう命令された。

私には、拒否をする気力も気持ちもない。

言われたとおり、一人で色んな液体が混ざりあったオマ○コを弄る。
こんないやらしいシチュエーションに気持ちよくなってきたところで、また元気になった彼がやっと挿入。

挿入中、いつもよりも凄い音と匂いにクラクラする。
でも、気持ちいい。

こんな倒錯的な世界からもう逃れられない。
興奮する彼の顔を見ながら、そう実感した夜でした。
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
2
投稿者:たかひろ   hoop-hag1
2018/07/11 12:41:12    (7ZRGIWiz)
いやらしい
妄想

好きですねー
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM