ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
削除依頼
2018/07/10 02:20:20 (JvC.HBEm)
昨日、アパートの隣人としてしまった。

実は赤の他人というわけではない。
地元の子で、小学校の時から知ってる子だ。
大学生になってから上京してきて、あたしの紹介で同じアパートに住むことになったんだ。
壁が薄いため、彼が毎回、あたしと様々な男の激しい声を聞きながらオナってるんだなってずっと分かってた。

分かってて、あたしはいつも叫びながら果てた。
聞いて欲しかったんだ。
あたしも32歳になって、12歳も下の男の子に欲情されることが嬉しかったんだと思う。

昨日、その子(仮に『海斗』とします)が20歳になったから、あたしは一緒に酒を飲もうと自室に誘った。
色々話したが男女が夜中に話すことはやはり恋愛の話だ。
聞くと、彼女はいたことはあっても、まだ恐くてしたことはないと言う。

酔ってたのもあって、「男女のことなら何でも教えてあげるよ」って言ったら、顔を真っ赤にして、「いつも声が聞こえるんだけど、あれってしてるんですか?」って聞いてきた。

「そうだよ、海斗君が自分でしてるのも知ってるよ」って答えたら、さらに顔が真っ赤になった。

謝ってきたから、正直に「してくれて嬉しい」って伝えたら、根掘り葉掘り聞いてきた。

「あんな気持ちいいんですか?」
「聞かれると嬉しいものですか?」
「何回も何回もイケるんですか?」

そして、「Tバックが好きなんですか?」とも聞いてきた。
あたしの洗濯物を見てたらしい。

「見てるのね、見て抜いたの?」と聞くと素直に認めた。

その時、あたし達はお互いに理性を捨てた。

海斗「今も穿いてるんですか?」

ゆい「そうよ。真っ赤なレースの。見たいの?」

海斗「見たいです」

あたしは彼に背を向けると尻を突出し、ジーンズの上から朱色のTバックを覗かせた。

「触っていいよ」と言うと海斗はおずおずと尻を触った。

「そんなんじゃだめよ、もっと触って」と言うと、彼がガッとあたしの尻を掴んだ。

あたしは気持ちよくて、「あっ・・・!」と声が出てしまった。

(もうだめ。もう我慢できない)

あたしがTバック以外をすべて脱ぐと、海斗は全裸になった。
ちんちんは反り返って腹につきそうだ。
あたしは海斗の前で腰を落とし、彼のちんちんに唾を吐きかけた。
そして指と口でちんちんを攻めた。
海斗は喘ぎながら震えた。
あたしはぐしょぐしょになった自分のおまんこを空いた手で触った。
口からちんちんを抜くとさらに指でしごきながら彼に、「こんなのどう?」と聞く。

「やばい、こんなの初めて!!」と叫んだ。

もっとしてあげたかったが、あたしはこのちんちんが欲しかったので彼を寝室に誘う。
そこで海斗と長いキスをした。
5分以上、舌を絡めてた。
そしてピルを飲んでるから生でいいと伝え、「人生初はどんなポジションがいいの?」と聞くと、「バックでTバックのまま入れたい」と言う。
あたしが四つん這いになり腰を上げると、彼が朱のレースのTをずらしてあたしを満たした。

「あっあっ、硬くて気持ちいいわ!」

「結先輩、俺もヤバい、おかしくなりそうです」

「おかしくなってよ!あたしを滅茶苦茶にして!」

「どうやって突いたらいいんですか?」

あたしが突き方を教えると、ものの5分で彼はあたしを野獣のように攻め始めた。
あたしは満たされた欲望ですごく興奮した。
あたしはおかしくなって、自分でも彼に突かれてる秘所を触った。
振り返ると彼は涎を垂らしながらすさまじい顔でしている。

「あっあっ、もっとして!ちんちんでもっとしてぇぇぇぇ!!」

「あぁぁぁー、俺もうヤバいです!」

「あぁぁ、あたしのこと物にして!もうイキそう!イッちゃうかも!」

「結先輩、イキそうなんですか!!!??」

「止めないで!止めないで!イキそう、もうだめ、もうだめぇ!」

「すごい!イッて、イッて、イキまくってください!」

「あぁぁ、ちんちん大好き!ちんちん、ちんちん、ちんちんんんん!!」

「イケイケイケイケ!!」

「あぁーっ、はぁっ、イクイク、イクっ、ちんちん!!!!ぬぁっ!!」

達したあたしは崩れ落ちた。
収まるとあたしは全裸になり、今度は騎乗位で彼に跨がった。
しかし、2回目の絶頂はすぐに来た。
あたしは腰を前後に激しく振ると自ら胸を揉みながら達した。

「先輩もう1回イクんですか?」

「はぁっ!あぁぁ!あ!あ!イカせて!」

「なんかもっとエッチなこと叫んでください!」

「もうあたしも涎が止まらない!ちんちん大好きよ!」

「先輩、もう濡れまくりですよ!」

「だっていいんだもん、あぁぁもうだめえええ」

「ごめんなさい、俺ももう我慢できない!」

「いいよ一緒にいこう!!」

あたしはストロークを前後から上下に切り替える。

「あぁぁぁ、イクぅ!イク!イク!イク!」

「俺ももうダメです!爆発しそう!何でイクんですか?!」

「ち・ん・ち・ん!んぁぁぁっぁあああーーーー!!」

「あぁぁぁ、俺もイクーーー!!」

彼の根があたしの中でどんどん大きくなり、あたしが快感ですごい顔になりながら果てた直後に彼もあたしの中で果てた。
お互いに絶叫した。

これからどうなるんだろう。
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
3
投稿者:別件バウアー
2018/08/14 10:32:51    (0cZYuwpY)
結さんの体験談、文章が上手で興奮させられます。また書いてください
2
投稿者:浩二   shirayuri-new Mail
2018/07/10 02:55:58    (gt2bKBr0)
凄い描写に興奮しました。続きをお願いします。
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM