ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

いけないこと

投稿者:はる ◆vBQhwC2CVY
削除依頼
2018/07/11 10:33:22 (ID9e/S.P)
ネットで出会った女性との二度目のデートでした。
前回肌を重ねたこともあり、1回目とは違ってお互い引きつった笑顔もなく、自然な会話でデートは進みます。

カラオケに入りやっと二人っきりに、監視カメラがあることに気がつき、あぁ、ここでSEXはできないなぁと彼女は僕の顔を見つめます。
僕 「へー、SEXする気で入ってきたの??」

彼女「うるさい!!」
顔を真っ赤にする彼女


僕は、黙って部屋の隅を指さします。
そこは、かめらの真下、視覚となる場所でした。

僕 「しよっか」
彼女「うん」

そうして手を繋いでそこまで移動します。
立ったまま彼女は背伸びして、キスをします。徐々に激しくなり、外に音が聞こえるのでは、ないかそう思うほど彼女は僕を求めます。

僕 「はげしいね」
彼女「だって、、、、。久しぶりだから」

彼女はそう言いながら、照れを隠すように、キスに没頭します。むさぼりつくようにかわすキスは、お互いの合わない時間のズレをゆっくりと合わせてくれるよう

僕 「あっ、ハナミズキだ。終わるまでキスしよっか」

彼女は黙って頷きます。残りの時間がもったいないと言うようにキスは激しさを増します。彼女のお尻は、柔らかく、僕のあそこを硬くします。触るとビクッとしながら、すぐにキスに戻る彼女。愛おしい。

ハナミズキが終わると彼女の体をゆっくりと愛撫します。彼女は、耳元で、吐息を漏らしながら、体をうねらせます。お互いに絡まりながら、カメラに映らないように、扉から見えないようにチラチラと僕は、周りを見渡します。その度に彼女は、ここがカラオケだと自覚し、恥ずかしそうな様子でした。

部屋のテレビは消えているので、外の音が自分たちがSEXしようとする空間が、カラオケだと自覚させてくれます。言われなくてもわかってるんですが。

彼女の服をゆっくり上から脱がせます。
カーディガン、シャツ、スカート、、、、。
下着姿になると彼女は恥ずかしそうな顔で目を閉じて立っています。
それをじっくり眺めながら、

僕「君だけ裸だよ?このカラオケで君だけ、恥ずかしいね」

黙って首を横に振る彼女。
下を触ると下着越しでもわかるほど、暑く湿っています。

僕「あっ、もちろんここをこんなにしてる子も君だけ」

そう言いながら、ゆっくりと下着を脱がします。ショーツを剥がすとぬぺーーっと、糸が引いています。
それを指摘しながら、ゆっくりとあそこを触ると彼女はビクビクしてます。


じりりりりり!(電話の音)

彼女は、ビクッ!!と体を震わせ、うずくまりました。

僕「出てよ」
彼女はゆっくりと電話を取ります。

彼女が電話を取った瞬間、あそこに手を伸ばし、ぐしょぐしょのあそこを激しく、かき乱します。彼女は目で、ダメと訴えかけていますが、僕はにっこりと笑い手を止めません。

彼女「は、、、はい」

震える声でそう答えるのが精一杯の彼女は、やっとの思いで受話器を置きます。

「ぁ、、、ぁぁ、、」
必死で声を抑え悶える彼女

じゅぷじゅぷじゅぷ
部屋に響く、いやらしい潤音

その音といやらしい香りに満たされた部屋で彼女は静かに絶頂しようと僕の肩をつかみます。彼女が絶頂しようとしたところで

僕「続きはホテルね」
と手を止める僕

あぁ、なんでというなんともいえないかおで睨む彼女

でも、恥ずかしいのでしょう。「続けてよ」とは言えません。

僕「匂いで何してたかわかっちゃうね」


僕がそういうと彼女は、慌てて服をきて、僕の手をガシッとつかみ。

彼女「早く行こ!」
と顔をほてらせます。

生殺しで向かったホテル、中途半端に終わらされた彼女は、乱れ、理性の壊れた、素敵な姿で獣のようなセックスに二人で没頭しました。
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
2
投稿者:(無名)
2018/08/12 09:16:13    (ue6FtCyP)
端からセフレ?
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットID PREMIUM 初回300円のお得なキャンペーン!【70%OFF】