ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
2018/01/11 10:21:04 (tm6W54oT)
相談事が出来る掲示板に
「Word、Excelが出来る方教えて下さい。」と書いてあったので、
「お近くなら教えに行きますよ。」と返事を書き込み待つこと1分。
すぐに「◯◯に住んでますがお近くですか?」と返信があった。

車で20分ぐらいの場所だったので
「近いのでいつでも行けますよ。」と返信すると
「今日の夜はどうですか?」と返事がきた。
すぐさま「大丈夫ですよ。」と返事を書き、夜が来るのを待った。

予定時間よりも早く彼女のうちに到着した。
「家の近くに着いてると思うよ?」と連絡すると
「外まで迎えに行きます。」と連絡があってすぐに彼女が部屋から出てきた。

愛嬌のある顔で少しぽっちゃり目だった彼女。
何度も「すみません。」と頭を下げた。

彼女に連れられ部屋に入ると一人暮らしらしく家具はほとんどなく、部屋の真ん中にはコタツと布団が敷かれていた。

彼女に促されてコタツに入り早速パソコンを開いた。

「何度やってもうまく出来ないんです。」という彼女。
実はシリアルナンバーの入力がされていなく、WordやExcelの使用が出来なかっただけでした。

すぐに打ち込み再起動させてソフトを使えるようにした。

「これで大丈夫ですよ。それでは帰りますね。」と言ったら、
「図々しいお願いですけど、文書作ってくれませんか?」と彼女は言った。

手書きで書かれていた紙に目を通すと、そこには近所で有名な幼稚園の名前が書かれていた。

「もしかして、幼稚園の先生?」
「はい。卒業して1年目なんですけどパソコンの入力に時間がかかるので、いつも彼氏にしてもらってるんです。」

僕は内心その彼にしてもらえばいいじゃないかと思ったのだが、特にこの後予定もなかったのと、案外すぐに出来そうな量だったので
「いいですよ。」と返事をすると
「ありがとう。じゃあお風呂入ってくるね。」

僕は(オイオイ、人に物を頼んでおいて自分は風呂に入るんかよ)と思いながらも、サクサクっと文書を作った。

彼女がお風呂から上がってきて
「ありがとう。どれぐらい出来た?」と聞いてきたので、お風呂場の方に歩いて行き、
「あと半分ぐらい。」と答えた。

そこには透き通るような白い肌をバスタオル一枚で身を包んだ彼女の姿があった。
「服はお部屋にしかないの。」と言って部屋に行くとすぐにお風呂場がある洗面所に戻ってきた。

「はい、ビール」と手渡されたが
「車で来たから飲まないよ。」と答えると
「じゃあ飲んでもいい?」って

「お好きにどうぞ」と答えると洗面所に置いてあった椅子に腰をかけてプルタブを引っ張り蓋を開けて缶ビールを飲み始めた。

床の上に直接座っていた僕の目の前には彼女の膝が目に入っていた。
缶ビールを飲むために体を少し仰け反らせた姿勢となった時、膝と膝の間が少し開いた。

短めのバスタオルだったこともあり太ももの大半が露出されていた。
その短めのバスタオルで座ったもんだから、彼女のあそこはほとんど隠しきれないほどの状態になっていた。

目を凝らしてバスタオルの奥にある秘部を眺めていると黒々とした茂みと赤みを帯びたピンク色の具が見えた。

彼女はこちらの様子を気にすることなく缶ビールを飲んでいた。
徐々に彼女の膝が開いていき、ついに完全に秘部がさらけ出された格好となった。

時間にしてほんの2、3秒であったが興奮して逸物はすっかり固くなっていた。

彼女は椅子から立ち上がりそのまま部屋へと移動して床に敷かれている布団の上に寝そべった。

僕も彼女の後を追い、彼女の横に寝そべった。
パソコンをコタツから床に下ろし、残りの半分を作り始めた。

時折彼女は
「それどうやってやるの?」と質問してきたりしたので、横で口頭で説明しながら彼女にキーボードを触らせた。

もうすぐ完成するという時に彼女の携帯に電話がかかってきた。

どうやら彼氏のようだった。
長々と話す彼女の横で文書を完成しうつ伏せで寝ている彼女の姿を床に座り直して眺めていた。

バスタオルから覗く丸いお尻の間に綺麗な秘部が顔を出していた。
電話で彼氏と話をしている彼女にいたずらしてやろうと彼女の秘部に指を這わせた。

「んっ…」と最初は声を上げたが何食わぬ顔で平然と彼氏と話をしていた。
それに気を良くした僕はさらに彼女のお尻の肉を広げて秘部を丸出しにさせた。
ぴったりと閉じられた秘部の割れ目に指を這わし、何度も指を往復させた。

徐々に熱を帯びてきた彼女の秘部は暑さに呼応するかのように中から透明の液体が出始めてきた。

僕はそれを指ですくって彼女の秘部に指をゆっくりと沈めていった。

「ぅんん…」
艶かしい声とともに彼女はお尻を左右に振って、指から逃げようとしていた。

逃げようとする彼女の動きに合わせるかのように指を移動させ、彼女の秘部の中を指で掻き回した。

彼女の電話の返事が徐々に少なくなり、明らかに触られている秘部を意識しているように感じた。
僕はさらに指の動きを速め、くちゅくちゅと音を立てながら指を秘部から出し入れした。

完全に彼女の声がしなくなった。
しばらく秘部をいじっていると彼女は電話を切った。
彼女は携帯を床に置いたと同時に僕の固くなった逸物にしゃぶりついてきた。
暖かい口の中で舌をねっとりと絡ませてくる彼女のフェラに逸物の亀頭がパンパンに膨れ上がっていた。
僕は彼女のお尻に顔を埋め、舌で秘部の割れ目をゆっくりと舐めた。
彼女の口から
「ぁあん…」と先程までとは違う艶かしい喘ぎ声を発せられていた。

「挿れて」
そういった言葉に即座に反応し、寝そべっている彼女の上に乗りゆっくりと固くなった逸物を彼女の秘部に潜らせていった。

「ぁあん…太い…」
その声が乾ききらぬうちに奥まで差し込むと
「ダメ…いっちゃう」
と激しく喘ぎ始めた。

腰彼女の秘部から逸物が何度も出入りする姿を見ながら腰を激しく動かした。
肉付きのいい彼女の身体は逸物に絡みつくように締め付けてきた。

両手で彼女の胸に手を回し、親指と人差し指で先が固く尖った乳首
をギュッと摘んだ。

一気に彼女の喘ぎ声が大きくなり部屋中に響き渡った。

部屋の中は彼女の喘ぎ声と身体と身体がぶつかり合う音がリズミカルに刻んでいた。

彼女が
「いくぅ…」という声とともに秘部がギュッと固く締められ、中に入っている逸物を力強く締め付けてきた。

激しく腰を振っていたが、逸物に擦れる部分が増えたことで一気に逸物が敏感になり我慢が出来なくなった。

彼女がビクンと身体を震わせてイッと同時に僕も彼女の中で大量の精子を放出した。

ドクンドクンと脈打つ逸物の動きに呼応して彼女の身体もビクンビクンと震わせたいた。
最後の一滴まで彼女の奥に出し切り、彼女の秘部から逸物を取り出した。

パックリと開いた秘部からは白い液体がドバッと溢れ出てきた。
指でそれを掻き出してあげると、彼女はグッタリとしてうつ伏せのまま肩で息をしていた。

「もぅ、えっちする気なんてなかったのにぃ」という彼女の言葉とは裏腹に顔は満足そうな恍惚の笑みを浮かべていた。

行為が終わった後色々と話をしていると、
「先週はショッピングモールの身障者トイレでしたよ。」
「その前はショッピングモールの通路で彼氏にフェラをしたよ。」
など、どんどん彼女の変態ぶりが顔を出してきた。

日も回っていたこともあり、その日はそれで帰ることにした。
その後、彼女から何度か連絡があったが、その日限りの出来事であった。

感度が良く、締まりのいい身体だったので一夜限りなのは勿体無いと思ったが、翌日にコンパで知り合った女性があまりにも美しかったので、こちらを諦めることにした。

後にも先にもこれほど締め付けてくる秘部に出会ったことはなかった。

最後までご覧にいただきありがとうございました。
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
4
投稿者:Man   manami28
2018/01/13 12:06:48    (4rl/bfm9)
勿体無いから連絡して肉便器にすべきでよ
3
投稿者:   saimintherapist Mail
2018/01/11 15:21:56    (tm6W54oT)
ご指摘ありがとうございます。

夜に彼女宅にお伺いするまでの間に何度かメールのやりとりをしておりました。

しかも出会い系のサイトではなく相談ができる掲示板というお困りのことを無料でお助けするといった所だったこともあり、えっち目的ではないので気軽に会ったのだと思います。

私も単にWord、Excelを教えるだけだと思っておりましたので。

だから、予期せぬ体験であったことと、気持ちよかったことが相まって最高のエッチ体験告白の掲示板に書かせていただきました。
2
投稿者:
2018/01/11 15:07:10    (hqlOHdZq)
見ず知らずの男を信用して自宅に入れるとかありえなさ過ぎて…小説のコーナー間違えて開いたのかと思いました。なんで体験談のコーナーに書いたんですか?もしこれが事実だと伝えたいなら、なんで他人の貴方なんかを信頼して部屋に入れようと彼女が思ったのかをもっと説明する必要があります。そこを端折ったらもう読む気にもならない。
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。