ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

酔った時の体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

52歳での失態

投稿者:あきこ ◆Aby0nEJYjQ
削除依頼
2017/01/15 15:56:35 (wYH6Mg5/)
2015年9月かな…まだ夏の暑さが残ってた時期でした。
大学時代の友達6人で10年振りの女子会をしました。
みんな主婦でそれなりに歳はとったけれど気持ちは
20代、とても盛り上がって楽しく過ごしました。
その後2次会で少し飲み、家が遠い3人が帰り
残りの3人でカラオケに行きました。
普段は絶対に12時までには帰宅していたけれど
この日のことは主人にお話していてゆっくりしてきて
いいと言われていたのと、主人も出張なので気を付けて
帰るように言われてました。

なのでカラオケでも十分に楽しみ、かなり飲んだので
帰りましょうってことになり会計をすませてから
私は電車で、友達二人はタクシーで帰るのでタクシー
を呼んでもらうことになりました。
それで私は一人でトイレに行くので受付で別れました。
お店のトイレに入ってみると、かなり酔っている
ようで少ししんどい感じでした。
外に出て、駅に向かいだしてからやはりしんどいので
ビルの中にあった椅子に腰かけて、記憶がそこで
無くなってます。

目が覚めたのはお部屋の中。気分が悪いな・・と思い
トイレに行こうとしたけれど頭がふらつき
自分が裸だということにその時に気づきました。
見たことないお部屋で…と周りを見ると男の子が2人。
裸でこっちを見てました。
自分では驚いて声をあげたつもりでしたが声も出ず
2人はすぐに私の方に近寄ってきました。

おばさん騒ぐなよ。写メも撮ってあるからな…
みたいなことを言われ、ベッドの頭のところを
指さして、まだまだこれからだからなって。
そこには使用済みのゴムが二つ並べられてました。

それから2人が私をベッドにそのまま押しつけて
2人で体中を荒々しく触ってて、そのうちの一人が
俺が先な、と言いながらそのまま入ってきました。
私の上に乗りながら、もうゴムも無いし仕方ないね
みたいに言いながら動いてて、もう一人は私の腕を
押さえてました。
男の子は 中に出すからな、いいなと言うとすぐに
射精してしまい、何も出来ませんでした。
一人目が終わると2人目が、汚いと言いながら
ティッシュで私のを拭いたと思うと、そのまますぐに
入ってきました。2人目もほんと入ったかと思うと
すぐに中に出して終わりました。
俺も中に出したけどいいよなって感じで言われて。

そのまま朝方まで散々2人に抱かれて
部屋中 男臭い精子臭?いっぱいになり
身体からも匂いがするような感じでした。
5時半頃、男の子たち2人は、絶対に誰にも言うなよ
と言って、先にホテルを出て行きました。
部屋に残された私は、フロントから電話があり
残っているのを確認されましたが、夜の事を
告げることも出来ず、結局警察にも言わず
始発が動いてからホテルを出ました。

男の子たちに撮られた写メと動画がどこかに
出ているか分からず不安な日々でしたけど、
一年以上経った今、このサイトを見つけたので
投稿しました。
52歳の時に学生みたいな子達に強姦されるなんて
考えてもいなく、本当に失態でした。
若い人がこのようなことに巻き込まれませんように
気を付けることを望みます。

1
2015/09/20 07:18:02 (cez479Ps)
田舎の小さな会社なんで、上司・部下という上下関係はあまりなく仲良く協力しあって毎日仕事しています。
飲み会も月に何度かあり私ももちろん参加しています。
私はお酒は好きなんですがあまり強くありません。毎回酔いつぶれないようにセーブして飲んでいます。
ある日の飲み会で、私は社長(60歳)のとなりでお酒を飲んでいました。いつもどおり、社長を含め皆とワイワイ楽しく会話しながら飲んでいました。
いつもどおり・・・いつもと違っていたことは、社長が私にお酒をちょこちょこすすめてくることでした。飲み会で社長が社員にお酒をすすめること自体はよくあることでしたが、その日は私に集中してお酒をすすめていました。
「このお酒、美味しいから飲んでみて」
と自分も飲みながら嬉しそうに私に焼酎や日本酒を注いできました。私も社長の注いだお酒を皆と会話しながら飲んでいました。
いつもよりペースが速かったので、私はすぐに顔が赤くなってきました。ちょっとずつゆっくり目が回り始めてるなぁ〜と自分でも感じていました。
「社長〜、ペース速すぎですよぉ」
相変わらずお酒をすすめてくる社長に言いました。
「まだまだ序の口だろ〜笑」
社長は私の背中を擦りながら嬉しそうに言いました。皆と会話しながら、ときたま私に「大丈夫か〜?」と言いながら、社長は私の背中を擦り続け、次第にその手は私の肩を抱いたり、軽く頭を撫でたりしてきました。まあ飲み会でお酒も入ってたので、それくらいのスキンシップはいいかな〜って感じで私は特に抵抗はしませんでした。
飲み会がある程度進み、皆がいい感じでアルコールが入ってきた頃には、私もいつも以上に酔っていました。いつもはペース配分を考えながら飲みますが、その日は社長に進められるまま(ある程度は断ってましたが・・・)飲んでいたため、結構目がまわっていたような・・・。
隣に座っていた社長が私との距離を詰めていたことも私は気づきませんでした。そして私の肩や背中を触っていた社長の手が、軽く腰やお尻を触り始めたことも最初は気づきませんでした。
後が壁だったことと、社長が私との距離を詰めていたこと、皆アルコールが入ってたこと、色々あって他の社員は社長が私の腰やお尻を触っていることに気づいていないようでした。
最初は軽く指でつつくように、でも徐々に掌全体を使って触ってきました。
結構酔っていましたが、私はお尻を触っていた社長の手を払いました。でも社長は負けじとまたお尻を撫でてきました。皆と笑いながら会話しながら、手は皆に見えないように私のお尻を撫でてきました。
(社長・・・ダメですよ)
私は小声で社長に言いながら再び社長の手を払いましたが、社長は少し時間を置いてまたまたお尻を撫でてきました。私もバレないように皆と会話しながら、皆から見えないところで社長の手をなんとか払おうとしていました。
「どうした?お酒が進んでおらんぞ?」
社長は私に言いながら、日本酒を注いできました。私の腰を抱き寄せながら・・・。
「飲めよ〜笑」
皆も悪気はないでしょうが、私に言ってきました。
私はちょっとずつ眠気も入ってきたので、お酒をちょびちょび飲むふりをしていました。
相変わらず社長の手はお尻を撫で撫で・・・。
(・・・お尻フェチなんかな〜?)
私はそんなことも考えていました。抵抗しても無駄かな〜と思い、しばらく社長の好きにさせていました。
(・・・なんかちょっとドキドキするかも)
アルコールが入ってたせいか、私はちょっとそんなことも考えてしまいました。皆と楽しく飲み会しながら、陰で社長にセクハラされている状態が、なんだかすごくエロく感じていました。・・・アルコールのせいですねっ
(笑)

2

会社の送別会で

投稿者:直美 ◆0x9wkxFQas
削除依頼
2017/01/10 22:44:02 (gIG0ju41)
私が25才の時の話です。
某ディーラーのサービス受付をしていた私。
学生時代に酔って見に知らぬ男性2人に犯されてからトラウマになり、飲み会は極力断っていたけど…
お世話になった先輩が寿退社する事になり、その送別会には参加しないと行けなくなり、最初のうちは乾杯だけして後は飲めないので…と断っていたけど、場が盛り上がり出すと酔った上司が強引にお酒を勧めて来て、飲んだのが失敗でした。
元々はお酒が嫌いではないから飲めない訳じゃないけど、酔うと寝てしまうタイプなので気をつけていたけど、やっぱり気がつくと寝ていて、起きると胸とか太ももの付け根に違和感があって
履いていたストッキングを何故か脱いでいて、ブラウスの胸元のボタンも外れていた。
千鳥足でトイレに行った事は覚えているけど、どうやって戻ったのか覚えていない。
店から皆と別れて、千鳥足でマンション迄帰ったところまでは覚えている。
でもどうして私、近くの公園のトイレの個室で寝ていたの?
幸いカバンの中の財布とか免許証とかは無事だったけど、部屋に戻ってから自分の姿を見て驚いた!
ブラウスの胸元はびちょびちょに濡れていて、おっぱいが透けて見えて、スカートだって凄く短くされていて、何故か濡れていた…
私何をされたの?
答は次の朝シャワーを浴びて解ったの…胸にキスマークみたいな跡に痣があり、着けていた下着も無かったまた私レイプされたみたい。
記憶が無いのが幸いかな?
会社はすぐに辞めました。
3
2017/01/08 16:17:13 (wCrMFZQz)
今年の仕事始め、明日は休みなので帰りの飲み会は新年会だと盛り上がっていた。
お開きになって流れの二次会でカワイ子ちゃんに飲ませる。
今年度入社の二十歳のかよこちゃんである。
さあ今年も頑張ろうとそこもお開きになる、飲ませたかよこちゃんはいいぐあいに出来上がっていた。
さあすっきりするからとSPジュースを一杯飲ませて一息つかせて帰ろうと立たせてみたが足元ちょっと危ない状態なので送っていくとタクシーに乗せた。
行先はもちろんあそこである。
部屋に入ると、ア〜ン、酔っ払っちゃったわ〜マルさん好きよ〜ネエ〜と言って抱き付いてきたのをベッドに寝かせる。
じゃあ、かよこちゃん仲良くしょうねと言いながら伸びている彼女の身ぐるみはがして裸にして俺も裸になった。
ふくよかに盛り上がった乳房、くびれた腰、丸くむっちりした尻から太もも、デルタの黒く生い茂った陰毛が見える。
横に寝て乳房を触り尖った先を摘まんで揉んで手を下へ滑らして陰毛をかき分けるように膨らみをわけてクリを探る。
しばらくクリを探りさらに奥へ指を入れるとヌルヌルグッショリに潤んでいる。
そこもしばらく摩っているとピクンピクンと腹がうごいてウッウッと声が出ている。
またクリをいじると前より硬くなってきていた。
ふくよかな乳房を揉んで乳首を吸い舐めてといじってから足を広げてマンコを観察。
黒く生い茂った陰毛、盛り上がって少し開いてアワビのよう、縦に割れ目、ピンクのとび出してみえるクリちゃん、その割れ目を指で広げると濡れたきれいな入口がみえる。
じっくりとクリや割れ目を舐めてかよこちゃんのマンコを堪能した。
指が入ると言う事はもう男の経験はあると言う事だろう。
指を挿し込んでシコシコする事数分、さらに潤いが増してグショグショの濡れ加減になっていた。
穴の周りも湧き出した体液で充分に濡れている。
俺のペニスもギンギンにいきり立っていた。
かよこちゃん好きだよ、いい事しょうねとゆっくり目的のピンク色の入口にペニスを添えると身体を倒す、グニュグニュゆっくりとペニスが穴にめり込んで行く。
入るがかなりキツイ、がゆっくりとペニスを中へ押し込んでいく。
ああこの感触は久しぶりだ、そして奥まで入って納まった。
彼女も感じているのかウン、アン、ンとしきりに声がでている。
ここから腰を使ってゆっくりと楽しむ事にした。
動かす度にペニスがしごかれる感触が気持ちいい。
やがてヌチヤヌチャジュブジュブグジュグジュと音をさせながら滑らかな動きを続ける。
抱えて座った状態で腰を使い、上にして突き上げて腰を使い、足を持ち上げ腰を使う
俺の腰の動きにかよこちゃんはされるがままの状態で抱かれている、俺も好きなように抱ける。
かなりの時間かけて腰を使っていたらかよこちゃんのウ〜ンと呻くような声がして息が荒くなってイイ気持ちになっているのかペニスがギュッと締め付けられてきた。
上になってさらに腰を動かしていたがこの締りで擦れる快感の頂点になってドックドックドック、気持ちよく奥へ射精していた。
一度目の射精をしてそのままさらに続けて抱いて時間をかけてしっかり腰を振って一度、さらに一度と射精をした。
たっぷり注ぎ込んでから抜くと、ダラダラと溢れ出してきた。やった。
充分かよこちゃんのマンコを堪能して横になる。
翌朝目を覚ますとかよこちゃんがまだ横に寝たままでいる。
半開きのマンコの辺りは楽しんだ跡がくっきりと残ってシーツにも大きな染みが付いている。
しばらくしたら目をさまし、驚いた様子、えっえっ何、ここ何処。あっマルさんどうしたの。
素っ裸の自分に驚いている様子だったが下腹部やマンコの汚れに気が付いたようで、
あっ私、マルさんとしちゃったの?ねえ、ああほんとにしちゃったんだ、どうしよう。
どうしようもこうしようもないよ、昨日の二次会で酔っ払って送っていく途中でかよこちゃんがマルさん好き、したいって言ったからやったんじゃないか。
と言うとそんなこと言ったなんて覚えてないもん。
ウン酔っ払ってたから覚えてないのかな、かよこちゃんもすごく気持ちいいっていってたし俺もかよこちゃんと出来て良かったよと言った。
まあ俺としてはこのかよこちゃんをヤル事が最初からの目的だったので十分満足である。
まずは身体を洗ってきれいにしてからの事だとバスへ行き洗いながらこんなふうにやったんだよと止めのバックからの突き入れに、アッイヤンとは言ったがそれ以上の抵抗もなく素直にうけいれたのでしっかり腰を振る。アッアッハアハア感じて声が出てウッと締め付が来て快感がペニスを襲う。ビュッビュッビュッと勢いよく中出しをして終えた。
これで確実にかよこちゃんは俺とヤッタのだと判っただろう。
私、マルさんとしちゃったのね、どうしょうかな。
そこを出て朝の街を歩いてファミレスでモーニングを頼み一息ついてから、どうしょうかな、ねえマルさん。
それなら俺と付き合えばいいんだよ、そうすればいいだろ、俺が好きだって言ってたんだから。
そうね、そうだわ、そうすればいいんだもんね。
SPジュースでモノにしたかよこちゃんとの話しは決まった。
4
削除依頼
2017/01/08 01:21:27 (vX.mYS8Z)
50過ぎの上司。
ハゲ、キモいと部下に嫌われてるオヤジ。

酔い潰れて強引にホテルに連れ込まれ無理やり抱かれてしまった。

あの日からその上司と不倫中。

見かけとは全然違ってテクニシャンでした。

パワーは無いけどテクニックが凄い。



5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕