ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

酔った時の体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
削除依頼
2018/10/08 16:59:13 (C6LFgWbf)
私は43歳のパートですが、会社の飲み会がありお酒も結構飲んでお開きになり、帰る方向一緒の社員さんと駅に向かい歩いていました。私は飲むとHな事をしたくなる事が多いのですが、さすがに社員さんに私から言えないので、気持ち悪いから通り道の公園のトイレに寄りたいと言って、個室前で待ってもらいました。扉の向こうに社員さんがいると思うとムラムラしてきて、洋式トイレに立ったまま上半身だけかがめて、背中をさすって下さいと言うと扉が開きました。狭い個室ですので真後ろからさすってもらっていると、社員さんの下半身が私のお尻に当たっているのでイタズラで少しづつ押し付けいると、段々と硬くなってくるのが分かりました。酔いが回っているふりをしていると、背中をさすりながら覗き込むような体制になり、支えるふりをしながらたまに胸に手が当たるようになり、呂律が回らないふりをしてると背中の手がブラのホックを外しました。
26
2018/10/03 15:23:19 (ASXgVvhN)
立ち飲み屋でのこと。
男三人で飲んでると女の子二人が居場所をキョロキョロ探してたのですぐさま声掛け。一緒に飲む事に。
五人で話してたら知らない男乱入、グイグイ系空気読まないタイプ。
酒の席だし邪険にするのもなんかなあと思い話題を振ってあげた。自分は仕事デキる、今度独立するから店来てよ等々。やはり苦手なタイプ。
話題の中心を女の子に戻そうとするもグイグイ系が断ち切っていく。女の子のグラスが空いてたので、耳元で「なんか飲む?」と聞くと選びたいから行く、とのこと。仲間の1人がもう1人の女の子を口説き、もう1人は別の女の子と話し出していた。

ああいうタイプ苦手だったから連れ出してくれて嬉しかったと言われ、気が大きくなり女の子2人分ご馳走させてもらった。

その後急に女の子が甘えてくるようになり、店の中で手を繋ぎ、二件目の居酒屋でハグしてキスして朝までコース。

グイグイ系の彼らのお陰で勝手に株が上がり楽しい夜になった。
27
2018/10/02 09:18:53 (FXmJlV7Z)
たまに遊びに行くママ友の家、旦那さんも優しい方で3人でランチとかも行っている。

平日の夜居酒屋さんでばったり会ったんです、帰り際にカラオケでも行かないって声掛けてくれてカラオケに、酔っていたせいもあり…デュエットとか連発して歌ったの、彼の手が肩とか腰に…。

歌い終わって焼酎飲んでたらキスしてきたの、酔っていたからまぁ良いかなってキスを返したの、密室で2人店員さんも来なかったから…。

彼のLINE ID教えてもらって帰宅しました。
28
2018/09/19 19:51:01 (0kTHkA1j)
金曜日です昼間にアパートに、こっそりと帰宅しました。
部屋はまだまだ締め切りをしました。
電気は、スマホの電池だけで、ベッドでゲームをしていた。
ドアホーンが、鳴ったヽ(; ゚д゚)ノ ビクッ
何人かの女性は、自宅に乱入していました。だから怖いんですよ。
小窓から覗きました。
あっ( ゚ロ゚)!!大家さんだった。
仕方なくドアを開けました。
この大家さんも、旦那さんが単身赴任なんです。
居酒屋の女将さん程の熟女ではありませんけれども、40際過ぎの凄く大きなおっぱいの人妻には、引っ越した当日から、お世話になっております。
自宅に招かれて、ご飯を頂いた事もあります。
当然僕のセフレでもあります(⌒‐⌒)
「裕貴さんは、今月末で部屋の更新ですよ
( ^▽^)
引っ越しなんかしないよね(-_-)」って、ジロリって、睨まれた( ゚ロ゚)!!
「あっ、大丈夫ですよ。
来月からは、近県に営業所が、新設されます。
其処に格上げして、赴任する事になりました。
だから今後は、毎日ここから通います。」って答えた。
「あらぁ(⌒‐⌒)出世できたんだ。
おめでとうございます。
ならばお祝い会を、居酒屋でしましょうね
( ≧∀≦)ノ」
皆様で、お祝いね。
あっ(ノ゜ο゜)ノ、僕が1人にたくさんの女性が、群がる乱交パーティーだ(@_@;)
「あっ( ゚ロ゚)!!この事は、まだ大家さんだけに打ち明けましたので、内密にしてくださいよ。」って御願いしました。
「じゃあ私だけが、たっぷりとお祝いをさせてねぇ(-。-;)」って、ブラウスをぱたりと脱ぎました。
ピンクの色っぽい下着姿で、迫って来ました。
「あっ(ノ゜ο゜)ノ今帰宅したばかりだから、シャワーを(ノ_・。)」って逃げた。
下着姿のままで、大家さんは、カバンから書類を出した。
「此は更新の書類よ(^_^;)
家賃は、据え置きにしてあげますよ(⌒‐⌒)
その代わりに、時々は、ねぇ(-。-;)」って、太ももを撫で上げられた( ゚д゚)ハッ!
「あっ更新料だけは、普通は2カ月だけどもね、こちらも、一つだけでおまけねぇ(#^.^#)」って、ズボンのベルトをゆるめた( ゚ロ゚)!!
うーんお金の余裕分が、ありません。
月何度かの交通費が、加算でいるんです。
「大家さんに、御願いが、あります(ノ_・。)
ボーナスの月迄は、更新料を待ってもらえませんか(-。-;)」って、御願いしました。
「うーん、かわいい裕貴君だから( ・ε・)
特別にお待ちしましょう。
その代わりねぇ(*´∀`*)ポッ」って、寝室に引き連れられて行きました。
久しぶりの大家さんの大きなおっぱいに、かぶり付きました( ´∀` )b
僕は、このぽちゃぽちゃ奥さんが、大好きです。
二人だけの激しいセックスを、しちゃた
(*^▽^)/★*☆♪
「もう裕貴君は、書類の前に私の身体にたくさんはんこを教えてくれてありがとうねえ( ´∀` )b」って、書類を仕上げたならば、ウキウキして帰りました。
しばらくたって、またドアホーンが、なりました?
もう今度は、誰?
って小窓を覗きました。
あっ女将さんだったヽ(; ゚д゚)ノ ビクッ
「裕貴さんいる〜ぅ(#^.^#)」って、かわいい声です。
急ぎドアを開けました。
女将さんは、抱きつきました。
「今ね(-。-;)大家さんから連絡もらったのよ
(ノ_・。)
栄転だってねぇ。
内のお店で、お祝い会だって、ありがとうございます。」ってニコニコです。
「だから( ・ε・)
「早速個人的にお祝いを持って来ました。」
なんと赤飯だった( ´;゚;∀;゚;)
えっ?なんとタイミングなんだ??
「実は、長寿の〇〇さんのお祝いを昨日にお店貸し切りで、お祝いしました。
その残り物で、ごめんなさいねぇ(-。-;)
裕貴君が、お腹空かせているかなぁ(⌒‐⌒)
って、持つて来ました。」って渡された。
さっきの大家さんとのセックスで、エネルギーを使い果たした。
ちょうどお腹が、へった所だった。
「後でお店に食事に行くつもりだったんですよ。
腹ペコだから、今食べても、良いでしょうか?」って言いました。
「じゃあお邪魔しますよ(⌒‐⌒)
用意してあげる。」って、キッチンに向かった。
実は女将さんも、酔いつぶれた時には、何度も自宅に上げた事が、ありました。
当然少し垂れた大きなおっぱいに甘えん坊していました(#^.^#)
すぐに暖かい食事を作ってくれた。
「さぁ召し上がれ(⌒‐⌒)」って、ニコニコして僕の食べる姿をニコニコと見ていました。
突然女将が、テーブルの下に潜り込みました??
ありゃ?思ったならば、トランクスをすり、すりと触られた( ゚д゚)ハッ!
「あっ(ノ゜ο゜)ノ女将さん(ノ_・。)」って、さっきの大家さんの事を話そうとしました。
「さっき大家さんにもう食べられちゃたんでしょう(-。-;)
大丈夫でしょうよ(^_^;)
「若い裕貴君ならば、直ぐ回復できるはずよ(#^.^#)」って、ちんこを「ぱくり」って、食べられちゃた
(ノ゜ο゜)ノ
女将さんのふらちおは、抜群の快感なんです。
うーんって、ちんこがむくむくと勃起してしまった。
女将は、白長めのワンピースみたいな下着に、白のパンティーを、膝迄下ろした。
少し元気を取り戻した僕は、女将さんを後ろから抱きしめて、まんこに生挿入できた。
「ああ〜ん゜゜(´O`)°゜もう裕貴君のちんこを離れる事は、できないわぁ゜゜(´O`)°゜」って、激しくお尻をふりました。
ちんこを「めりめり」って、根元迄挿入し終えた。
暖かい腟に包まれた゜゜(´O`)°゜
あまりに気持ち良くて、直ぐに、中だしをしちゃた。
僕は、椅子に座りました。
女将さんは、「ちょっとトイレを借りるね( -д-)」って、退室しました。
立て続けのセックスは、いくら若い僕とて疲れた。
食事は、完食しました。
「ご馳走様でした(#^.^#)
とても美味しいかったです。」って、ペコリと頭を下げました( ´∀` )b
「えっ(#^.^#)私の身体って、そんなに美味しいって嬉しい。」って、キスされました。
「は、は、は」って、苦笑い(≡^∇^≡)
うーん、少し疲れたので、横になりますね
( -д-)
って言いました。
「じゃあまたお店が、終わった時には、電話しますね(#^.^#)」って言いました。
女将は、帰りました。
さすがにぐったりだった(ノ_・。)
いつの間にかには、寝てしまった。
朝方には、女将が下着姿で隣に寝ていました?
どうやら、鍵を閉めずに寝てしまったみたいです。
そしたら女将さんが、添い寝してしまった。
ヽ(; ゚д゚)ノ ビクッって、動いた僕に、女将さんが、目を覚ました。
「裕貴君おはよう( ≧∀≦)ノ」って抱きつかれた。
更に全裸の僕の身体を舐め廻された゜゜(´O`)°゜
「ああ〜ぁ、うわぁ~ぁ」ああ〜ぁ」ってあえぎました゜゜(´O`)°゜
また勃起してしまった(*´∀`*)ポッ
今度は、女将が、髪をほどいていました。
長い髪をかき上げて、激しく腰をふっていました。
「うつっ、あっ、うーん゜゜(´O`)°゜」ってあえぎながらの女性上位にて、また射精しちゃた
(*´σー`)エヘヘ
もう帰りからの立て続けの3発をしちゃた。
女将には、しばらく甘えて抱きつかれた
しばらくして朝飯迄も、作ってくれた。
ニコニコして女将は、帰りました( ´∀` )b
僕も、身体が、すっかり軽くなりました。しばらくして部屋の掃除をして、明日の支度を始めた。
次の日に部屋のの体重計に乗った。
なんと1日で、5キロも、激やせしていました
(ノ_・。)



29
2018/09/18 08:53:16 (UCgjHHIb)
初投稿でございます。書き込みも初なので、駄文誤字等暖かい目で見ていただけたら幸いです。

現在45で独身愛知県住み。20年ほど前の話しになります。

当時、定職も就かずパチスロで生計を立てる日々でした。
今のパチスロと違い、店選びと技術があれば年収5、600万は稼げ、中には年収一千万超える猛者もちらほら…
当時も東京は猛者ばかりの土地で、私は一路東京に…東京なんぼの者!的な感じでした(笑)
…結果大勝ち!3日で数十万の大金をせしめました。
その3日で知り合った中年の方と飲みに行きました。
中年に連れて行かれた場所は、カウンター席しかないスナックで、ママとチーママ、バイトの女性の三人のお店。
楽しく飲んでいたら、カップルが入店してきて、カウンターの奥へ…女性は店の常連らしいくボトルで呑んでました。
特に気にせずに呑んで盛り上がってたら、奥のカップルが騒がしく…突然男が激昂!怒りだし、女性置いて帰りました。ママはよくあるのよ♪と、女性の方に行きました。
私は内心、よくあるのか?東京怖い!と心に思いつつ呑み酔っ払いました。
時折記憶抜けてましたが、覚醒したらチーママと先ほどの女性と三人…ママと中年男性は恋仲らしく途中で抜け出し、バイトの女性は帰宅。酔っていたのでまぁいっか♪と呑んでたら、下の話題に…

チーママが私に熱心に「チン〇でかい?絶対デカいでしょ?」と、やたらとサイズを聞いてきました(笑)
女性も「みた〜い」と相槌打つしまつ。
私は「見たかったらホテル行く?」と聞いたら「行く行く!」と、なぜか女性とハモって返事。呆気に取られてる私を無視して、チーママと女性が店を片付け、そのまま三人でホテルへ…
チーママも女性も160センチ程の痩せ型でスレンダー。胸は二人ともBかな?
私は初の3Pにドキドキしていたら、チーママと女性が交互に私にDキス!理性崩壊です(笑)
キスしながら二人の胸を揉む…女性の胸の感触がチーママと違う?私の手が止まるとチーママが「…気がついた?」と意地悪な笑顔…
チーママが女性の服を脱がすと、小さいが形いい胸があり、視線を下に移すと…股間に見慣れた膨らみが…Nハーフさんです(笑)先ほど怒った男性は女性としてナンパしたが、Nハーフだったから怒ったらしい(笑)
私は酔っていたので、興味本位で股間の膨らみをさすりました。するとチーママも私の股間をさわり「やだ!デカいじゃない!」と喜んでました
続き書きます
30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM