ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

酔った時の体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
削除依頼
2018/04/23 21:06:21 (.y6Rm5UT)
友達(小中高同級生)に「うちで昼間っから酒一緒に飲まん?」と
ラインが来たので行ってみると奥さん(高校の同級生)がいた。
奥さん(みゆ)はツンデレだけど美人で高校の時は狙ってたくらい。
相変わらずきれいだなぁと思いながら一緒に酒を飲もうとしたところ、
友達が電話かかってきて「マジごめん、仕事入った」とか言って
ちょっと怒った表情で出かける支度を始めた。「じゃあまた今度来るわ」
って俺が帰ろうとするとみゆが「え、飲もうよ」って言いだし
友達も「せっかく来たんだから」と言うんで友達に申し訳ない気持ちもあったが
そのまま飲み始めたんだ。正直緊張した。最初は気まずかった。
ふたりだけで話すことなんてなかったし何よりちょっとみゆに気があったし^^
だけど酔ってきたらお互いいろんなことを話せてとても楽しかった。
すると「りょう君って背が高いしいい体してそう」っていうもんだから
「脱いだらすごいんです」「ちょっと見せてよ」
筋トレしてるからちょっと自信があったんでTシャツを脱いだ。
ドキドキした。この時から半立ちだったかもしれないw
「すごいね」「ちょっと触ってよ」みゆが近くに寄ってきた。
やばいめっちゃかわいい!遠慮がちに腹筋をさわるみゆ。
その時欲望のタガがはずれてしまったんだねwそのまま抱きしめてしまった。
めっちゃドキドキして具合が悪くなりそうだった。
「わっ」みゆはそれ以上何も言わないし抵抗もしなかった。
そのままキスした。ものすごいディープなやつw
すぐ服を脱がし始めた。これがみゆの体だとおもうと
ハンパなく勃起した。おっぱいもたくさんなめた。みゆはもう
ビッショビショだった。いれようと思い財布からコンドームをとって付けた。
だがここで問題があった。俺はゴムが苦手なんだ。付けるとすぐ
しぼんでしまうという悩みがあった。その時も例外なく縮んだ。
みゆは苦笑い。はずしてもう一回大きくして2個目のゴムをつける。
気ははやるばかりだったwやはり2個目もダメだった。
するとみゆが「外に出すならそのままでいいよ」
そのままいれた。むちゃくちゃ勃起してたと思う。
いっぱい突いた。「みゆかわいいね」下の名前で初めて呼んだ。
みゆもすごい感じていたようだった。正常位でキスをしながら
何回も突いた。限界が来て腹にいっぱい出した。ていうか
飛び過ぎてみゆの顔にだいぶかかった。ものすごい気持ちよさだったけど
すぐに賢者タイムに入った。ティッシュで自分のものをふこうとすると
「しゃぶりたいの」といいしゃぶり始めた。くすぐったいし賢者だし。
そのあとそそくさと着替えてちょっとしゃべって家に帰った。
その日は友達への罪悪感でいっぱいだった。だけどそれより日に日に
みゆとの体験の方が勝るようになってきた。またヤりたいなぁ。。
1
2018/04/06 05:58:49 (RAmMvmel)
バレーの飲み会の後コーチ2人と二次会にカラオケボックスに行ったんです最初は歌を歌って焼酎の水割りを飲んでって感じだったんですでもデュエットを歌った時キスを受け入れちゃうと触られちゃったら段々とエスカレートしちゃって私は半裸状態で2人が交互に‥2人に交互にされちゃうなんて経験無かったからおかしくなっちゃって危ない日なのに中にいっぱい出して貰っちゃったんです。
危ない日だったから家に帰って慌ててシャワー浴びて寝室に、
旦那の布団に入ってキスしたら起きてくれて何とか中に出してくれた。
2
削除依頼
2018/03/27 22:32:54 (8NPQ0hyt)
酔って友達としちゃいました
友達の立ちが悪くてムキになって69で、ジュポジュポフェラしまくってしまった…
酔いが冷めてきたら恥ずかしくなっきたけど、友達は逆にビンビンになってしまって、後に引けなくなって正常位で1回、休んでバックで2回しちゃった。
友達は1度も2度も一緒だって言うけど、都合のいい女になっちゃったみたいで複雑。
やっちゃったなー
イク時、恥ずかしいから顔隠したのに無理矢理見られたし…
イキ顔も声も良かったなんて言われて友達のままでいれるかっつーの
友達なくしちゃった
酒は飲んでも飲まれるなですね

3
2018/03/21 22:17:11 (qW4uL7ln)
実話です
千葉県A市

説明下手なんでややこしいかも知れませんが読み解いてもらえたら嬉しいですw

僕の家は自営なのですが、親の仕事の従業員さんはもうかれこれ十何年も家に居候しています仮にAと名付けます。
このAは現年齢が30代後半です。
この人の情報としては、
身長が170代、体重が90くらい?
ガチムチ体型、坊主
プロレス好き、不潔
あまり風呂入らない、歯を磨かない
勿論ノンケ。
という、汚ったない男なんですね。
で、僕の知っている限りうちに来てからは女の人との交流?が皆無です。
ノンケですが、女にモテるような風貌ではありません、ゴリラって感じです
それプラス不潔野郎で臭いです

ぼくはもともとAがタイプだったのでよくパンツを盗んでは匂いを嗅いでオナニーしてましたwお風呂もめったに入らなかったのですごく臭くてエロかったですw

ある日Aが原因不明で意識不明になるようになりました
何かの病気らしいのですが、ぼくはよく分からないのでそこら辺はどーでもいいです。
それで、よくいきなり倒れる事があるので介抱してあげたりするのですが、ある日Aにキスされました
ぼくはすごくびっくりしましたが、Aのことがもともとタイプだったのですごく嬉しかったです
先にAから舌を入れてきたのでぼくも舌を這わせてAの下の中に入れようとしたら思いっきり噛まれたので痛くて顔面を思いっきりぶん殴りましたが、昏睡状態でした。
その後少し苦しそうにもがもがしてたので
「大丈夫?」と声をかけたら、「んへへ、、」ってにやけながら自分からズボンを下ろしちんこを出してきました
すごく立っていました。
さっき書いた通り不潔野郎なのでめっちゃチンカスだらけでしたが、ぼくはそういうのに興奮するたちなのでめっちゃ興奮しました
それにAのちんこがものすごく大きかったのですごくそそられました

握って少しシコシコ扱いてあげて、「気持ちいの?」って聞いたらすごく幸せそうな顔をしてたのですごくうれしかったのです
Aのちんこの匂いを嗅ぎたくて顔を近づけて匂いを書いだらものすごくイカ臭くてうってなりました
ずんずん嗅いでたらAが僕の頭を抑えてちんこに近づけさせてきたので少し強引にフェラをするハメに。。
いや、勿論フェラしたかったですけど、もう少しちんこの匂いを嗅いでいたかったし、もし、我に返って「何してんだよ!?」ってなったら怖かったのもあってためらっていたところAの手によってフェラすることになりました。
味は、、辛いに近いしょっぱさがありました。ぼくはずっとAのちんこを舐めたいと思っていたのでやっと自分の口に入った喜びだけでイキそうになりましたw
たまに尿道から新鮮なしょっぱいヌルヌルしたのが出てきて、あぁ、今気持ちいんだろうなーと思いすごく嬉しかったです!
Aの顔を見るとすごく気持ちよさそうな切なげな顔をしていてすごく興奮しました
しゃぶりながら乳首をいじってあげると、「あひっ!」とか変な声出しながら身体をよじらせてましたw
自分でオナニーする時も乳首いじってるのかけっこうデカい乳首でした

その後少し扱いてると、チンカスと唾液でだんだんちんこが黄ばんだ泡みたいになってそれを嗅ぐとものすごく臭くてエロくてまた思わずしゃぶって吸いながらべろべろするのを繰り返していたら「んあんんっ!!」ってうめきながら僕の頭を押さえつけながら口の中でまた一回りちんこがでかくなってびゅーって精子を吐き出しました
すごくドロドロしててのみずらかったけど、念願のAの精子を口いっぱいに出してもらったので喜んで飲みました。
鼻に抜けるあのなんとも言えない匂い?がたまらなかったです
ぼくも気持ちくなりたかったのでパンツを脱いだら気づかないうちに射精でもしたのか?ってくらいに我慢汁でぐちゃぐちゃでしたw
「ねぇ、まだいけるでしょ?ぼくにも気もちくしてよー」ってちんこを扱き上にまたがろうとしたら「んんーっ!!!」ってちんこを握ってた手を振りほどいて布団にくるまってしまいました

続きあり。
4
2018/03/14 01:37:25 (BmGSPitA)
30歳で全く別の仕事に転職しました。
そこには定年間近い 現場現役のオヤジ(佐藤さん)が居て、土曜日 仕事も終わり帰ろうとしたら
「鈴木 これから家で集まって飲むんだが 来ないか?(笑)」
と そんな親しくない俺に声を掛けて来ました。
「何か用事でも有るのか?」
「別に 無いですが‥」
「じゃ 来いよ!(笑) おい 鈴木も連れて来いよ お先〜」
「じゃ 俺の車で行きましょう 鈴木さんの車 置いてって下さい(笑)」
と 少し年下の中村君が言ってくれました。
2台に8人 途中でスーパーで買い出しに寄り中村君が
「鈴木さん 一応 会費千円(笑)」
酒ビール魚 鍋の材料を買い、佐藤さんの家に行きました。
着くと 車庫からテーブル台を出して来て 調理開始!
皆 玄人はだしで 次々出来 それから
「おじゃましま〜す」
と 家の中へ。
テーブルに作った物が並び 鍋のコンロに火が点いてました。
適当に座り 中村君が隣りに!
ビールを持って来た 佐藤さんの奥さんを見てブッ飛びました。
ほぼ 紫のチリチリパンチパーマに真っ赤な口紅、花柄のブラウス 下は真っ赤なホットパンツと 派手派手。
「新顔が居るね〜(笑)」
中村君に聞くと それが奥さんの 普段の格好。
皆 結構家は近く家族が迎えに来たり タクシーで帰って 残ったのは 俺と中村君だけでした。
朝 中村君に送って貰う事になり 中村君と泊めて貰う事になりました。
飲んでた隣りの部屋に布団を敷かれ いつでも寝られるようにして 4人で飲んでると 佐藤さんが脱落 奥さんに連れられ部屋に行き 中村君もダウンして 奥さんと布団まで引っ張って行き そのまま並べた布団に座り 奥さんと話してましたが いつの間にか奥さんも俺も丸裸で 中村君が酔いつぶれ寝てる脇で正常位で突いて 奥さんの中に射精した気がしましたが 朝 目が覚めると、パンツを前後ろ反対に履いてました。
起きると パンテーが背中の下に有りました。
パンツを履き直しTシャツを着て パンテーをズボンのポケットに隠し 寝ながら夜の 無くした記憶を呼び起こしてました。
どう考えてても夜 奥さんとSEXはしてるし‥奥さんは?

中村君が目を覚まし
「頭 いて〜‥鈴木さん 帰りましょう‥」
「挨拶しなくて良いのか?」
「いつもの事だから 帰りましょう‥」
駐車場まで送って貰い 家に帰ると 奥さんのパンテーがポケットに入ってました。

5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕