ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

酔った時の体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
削除依頼
2018/02/25 09:55:17 (jXXkycHs)
先日の雪の積もった土曜日からの出来事です。
自己紹介からですね。
23歳のOL一年生です。
大学の時から付き合っているイケメンの彼氏はいます。
美男美女のカップルで結婚間近と周りは言っていますが私は全くそんな気はありません。
周りはすごく真面目な2人と思っていますし彼氏は真面目ですが私は実は変態です。
本当に親しい友達の3人はその事を知っています。
その3人と土曜日に女子会をやる約束をしていましたが雪で中止にしました。
電車がどうなるのかわからないから出かけることもできず暇なので夕方くらいから部屋で1人で飲んでいました。
LINEでバカな話をしながら飲んでいたんです。
そのうちに私を調教する話になってしまいました。
3人に命令されたことをやりました。
自分でおっぱいを揉まされ。
自分のアソコに指を入れ。
アナルにも指を入れさせられました。
さらにバイブを入れてローターをクリに当てイカされたんです。
イキましたと報告したらバカだ変態だとさんざんなじられてしまいました。
さらに調教は続き露出調教になりました。
おっぱいを出したまま部屋の外に出ろと命令され私は上半身裸でドアを開けて誰もいないことを確認して部屋の外に出ました。
そしてすぐに部屋に戻りました。
アソコにバイブを入れたまま部屋の外で3回まわれとかドアを開けたままでオナニーしろとか命令されました。
3人は私が本当にやっていないと思っているらしくさらにめちゃめちゃな命令をしてきました。
近くの公園で裸で1曲歌って踊れと命令されました。
私はスエットだけで外に出ました。
くっそ寒い中アパートの裏の公園に行きました。
さすがに誰もいません。
私は全裸になって歌って踊りました。
今までも1人露出プレイはやったことあるけどバレないように静かにやるのが普通だったので、こんな声を出して見つかるリスクの大きな露出プレイにすごく興奮しました。
興奮したよと報告したら3人にめちゃめちゃ罵られました。
その後もアパートの階段で裸で足を大きく開いて腕立て伏せ10回とか部屋の外で全裸逆立ちとかやらされました。
8時半頃に2人脱落してしまいました。
残った子が裸でアパートの周りを一周しなさいと命令してきました。
裸でスマホも何も持たずに部屋から出ました。
アパートの裏なら見られる可能性は低いけどアパートの前は駐車場で街灯もあり1階の誰かに見られたら私の人生がめちゃめちゃになるかもと思ったけど、なんかめちゃめちゃになりたいような気持ちになりやってしまいました。
1階の部屋はまだ全て部屋の明かりがついていました。
見つかるかもというゾクゾクする快感で駐車場を歩いて行きました。
誰にも見つかることなくアパートの横に行くとガチャンとドアの開く音がしました。
向こうに行くのかこちらに来るのかわかりません。
恐怖で心臓が爆発しそうなのに太腿にHな汁が垂れていました。
少し隠れて待ったけど誰も来ないので、そっと覗くと誰もいませんでした。
部屋に戻り興奮して友達に伝えたらバカと笑われてしまいました。
残った友達も眠いと言い出したけど私は何か命令してと言いました。
友達はじゃあ真っ裸でコンビニに行きなよとなげやりな命令をしたので私は怒ってちゃんと命令してと言いました。
友達はわかったと言っていろいろ聞いてスエットの下のウエストを股上0センチくらいになるまで巻いて首輪をしてリードを付けてお尻を叩きながらコンビニに行ってジュースを一本買って来なさいと命令して後は寝るからご自由にと言いました。
私は命令通りにスエットのウエストを巻いて下げましたがモッコリして変でした。
変ならやめればよかったのに私は止まりません。
黒いタイツに穿き変えてウエストを股上0センチくらいまで下げました。
タイツなので変な膨らみはありません。
ただそのままだとスエットの上の裾の下に隙間ができてアソコもお尻も見えてしまいます。
私は少しだけ上げてギリギリで隠れるようにしました。
そして逃げられないように安全ピンで10ヵ所くらい留めてしまいました。
絶対に隠せないようにしました。
ギリギリなので少しでもかがんだりするとお尻が丸見えになるし、腕を上げればアソコの毛とお尻が丸見えになります。
ギリギリの自分の姿を鏡で見てHな汁が股間を汚しました。
黒いスエットに黒いタイツにピンクの首輪をして真っ赤なリードを付けました。
200円を持って玄関に行き鏡を見ました。
鏡で自分を見て自分にナツミ本当にその姿でコンビニに行くのと自問していました。
でも私は止まりません。
ドアを開ける時にさらにアソコから汁が垂れました。
寒い中を少しだけ歩いて近くのコンビニの前に着きました。
お客さんは誰もいません。
レジにはいつもの男性店員さんがいました。
急に恥ずかしくなりリードを服の中に隠しました。
やめようかと思ったけど私のアソコは私にコンビニに入れとジンジンと命令してきます。
私はアソコの命じるままにコンビニに入りました。
男性店員さんが私を見てレジの中から声をかけてきました。
ドキドキしながらも平静を装って男性店員さんと世間話をしていました。
30代半ばくらいの太った男性と世間話をしているHな私。
このまま見せてしまおうかと思うと、私のアソコからジクジクと汁が垂れています。
しばらく話をしていたらおばちゃんが2人入ってきました。
店員さんは話をやめて仕事に。
私はおばちゃんにじろじろ見られてヤバいと思って急いで温かい紅茶を買ってコンビニを出ました。
時間は9時半くらい。
頭ではこのまま帰ろうと思うのにアソコの指示で私は駅に向かいました。
商店街にもほとんど人はいません。
タクシーがたまに通るだけで車も走っていません。
数人の人とすれ違ったけどHな私に誰も気付きません。
誰も気付かなくて少しイライラしてきました。
誰かにめちゃめちゃにされたいと思い見えないようにゆっくり歩くのをやめました。
背伸びをしました。
スエットの裾が上がりアソコの毛が見えました。
お尻を触ると割れ目が見えるようになりました。
少し歩いておじさんとすれ違ったけど気付きません。
誰か私を見てと思った時に目の前の居酒屋の扉が開きました。
出て来たのは私の勤めている会社の同じ課のNさんという60近いおじさんでした。
私は慌ててスエットの裾を下に引っ張りました。
Nさんは会社ではエロジジイ軍団の1人です。
私のお尻もよく触ってきます。
Nさんは私に気付き「おおナツミちゃん」と声をかけてきました。
無視することもできずに私はNさんと居酒屋の前で話をしました。
「ナツミちゃん美人だね」
「足が細くて綺麗だね」
「ウエストも細いね」
「おっぱいも良い大きさだね」
そう言いながらイヤらしい視線で私を舐め回すように見てきます。
いつもなら気持ち悪いと思うのに、その時はもっと私を見てと思っていました。
Nさんと話をしていると「N何してるんだ」とSさんが出て来ました。
Sさんも私を見て「ナツミちゃん」と驚いていました。
Sさんは「まあまあ寒いし中に入ろう」と言いSさんとNさんに両手を掴まれ居酒屋の中に引っ張りこまれました。
居酒屋の中にはもう1人知っている顔が。
Mさんでした。
60近いおじさん3人で会社の中では五大エロジジイと呼ばれている内の3人です。
SさんとMさんは私とは部署が違いますが給湯室にいるとお尻を触るエロジジイです。
エロジジイ3人に舐め回すように見られて私のアソコはぐちゃぐちゃになっていました。
めちゃめちゃにされたい気持ちと会社のおじさんじゃあヤバいって気持ちが心の中で戦います。
「ナツミちゃんなんかエロいね」と私のアソコを見つめるSさんの股間は膨らんでいました。
NさんとMさんの股間も膨らんでいるように見えました。
エロい視線で見られていると思うとすごく興奮しました。
私の裸を見てと思う衝動を必死で抑えて話をしていました。
30分ほど話をしていたら居酒屋の店長さんがお客さんもこないし終わりたいと言ってきました。
エロジジイ3人と店長さんは知り合いみたいです。
私は帰りました。
部屋に戻りアソコを触るとどろどろのぐちゃぐちゃになっていました。
見せてしまえば良かったとすごく後悔しました。
そしてエロジジイに見られている想像をしてオナニーをしてしまいました。























1

誘惑

投稿者:Rina ◆SUzsePWyT.
削除依頼
2018/02/18 12:44:09 (gNr6SxWs)
このサイトに登録して数週間、毎日エッチな事を妄想する毎日でした。自分で慰める日々、このまま1人で歳を重ねていくのかな〜と終わった後は虚無感を感じていました。
時々行く居酒屋風のバーで食事、そこで知り合った常連さんとのお喋りがストレス発散になります。際どいエッチな会話も慣れてアラサーの私はおじ様達のアイドル的な感じです。普通なら絶対有り得ないデブスな私でもチヤホヤされます。
昨日は常連さんの奢りで日本酒を飲まされてしまいました。気がつくとカウンターで寝てしまいました。マスターとバイト君がお店の後片付けをしています。マスターに危ないからバイト君に送ってもらいなさいと言われ、フラフラの私はバイト君に抱えられ帰る事になりました。
大学生のバイト君は私の重たい体を支えてくれます。私はバイト君の腕にしがみ付いて歩きました。バイト君の腕の筋肉、若い子の匂いが私の思考をおかしくします。胸を腕に押し付け乳首が擦れるだけで息が荒くなってしまいました。
アパートに着いてバイト君が帰ろうとした時、引き止めたのは私の方でした。マスターに怒られるからと言うバイト君を強引に部屋に入れます。ちょっとだけ抱き締められたいとバイト君に抱き着きました。バイト君の下半身がお腹に感じます。マスターには内緒だよと下半身に手で触りベルトを緩めます。バイト君も私の胸を触ってきたのでバイト君をベッドに座らせ私は服を脱ぎバイト君の下半身に顔を沈めました。久し振りの男性です。しかもバイト君は今まで見た事が無いくらい立派です。口にちょっと含み少しづつ味わい、棒の先端から根元、タマタマも口にしました。バイト君も裸になりベッドの上でお互いのものを舐め合います。私は既にびちゃびちゃでバイト君が汁を啜ってクリを舌で転がされてしまいます。我慢出来ない私はバイト君にお願いします。私のアパートにはゴムなんて有りません。私はバイト君に大丈夫だからと言いました。バイト君が私の中に入ってきます。それだけでいきそうになります。クリを触りながら入り口を責められ気が狂いそうになります。もっとお願いとバイト君にお願いして、奥まで広げられると頭が真っ白、気持ち良すぎていってしまいました。更にバイト君は奥まで来て何度も波が襲ってきます。普段のディルドやバイブでは味わえない感覚に私は狂いそうでした。バイト君がいきそうになっても離したく無い私はバイト君の体に足を巻き付け誘いました。バイト君が出ちゃいますよ?と言ってきたけどそのままお願いと言いバイト君を奥の方で受け入れました。そして、気を失いました。
朝起きるとバイト君はいなくなっていて裸で布団の中で寝ていました。まだ、バイト君のものが中にある感覚に濡れてしまいます。


2
2018/02/09 13:53:56 (s/kspPjx)
昨日の話し

仕事帰りに電車に乗ったら近くの席にスーツ姿の女性が二人いた。

そのうちの1人がもう1人の口にビニール袋をあてて吐いてもいいようにしてたので明らかに飲み会帰り。

その泥酔してない方が手前の駅で降りるのようで、もう1人に自分の家に泊まっていくか聞いていたが酔ってる方は帰ると言ってそのまま電車に乗っていた。

その友達はその子のスマフォの発信から自分のスマフォにかけ、自分のスマフォからその子のスマフォに着信を入れ

「何かあったら直ぐにかけるんだよ!」

と言って降りていった。

そして友達が降りたら隣(座席1つ空いてるけど)の俺に

「すみません○○駅に着いたら起こしてもらえませんか?」

と聞いてきて俺の返答も聞かずにウトウトし出した。

仕方ないので俺はその子の隣に移動した。

改めてその子の顔を覗き込むと顔は高校とかのクラスの真ん中より少し上くらいの平均的な可愛さで、それほどモテなそうでも敬遠はされないタイプだった。(ブスなら自分の駅で降りるけどね)

その○○駅は俺が降りる予定の駅から三つ先だが歩いて帰れる距離なので仕方なくそのままにしていた。

その子のスーツを見ると明らかにリクスーだったので大学生だなと思った。

○○駅に着く手前で起こしたが案の定起きなかったので仕方なく肩を貸して降ろした。

ホームのベンチに座りその子の鞄の中から財布を取り出し(スマフォはただのケースなので定期は入ってない)定期と学生証を確認するとやはり3年生で名前は「シノ」だった。(意外と古風に感じた)

そして駅を出たがここからどうしようかすごく困った。

なんせ当の本人は寝てて起きないし、近くにホテル等はないし、シノの家は知らないし、俺の家に連れ帰りたくはなかった。

なのでとりあえず近くにある大きな公園に行った。

そして公園のベンチに座らせたと同時くらいにシノが急に起き出して

「気持ち悪い、吐きそう」

と言ったので近くのトイレに連れてった。

さすがに1人にしておくのは(気温的に)危険だったので、車椅子用のトイレに一緒に入った。

シノのスーツが汚れないようにコートと上を脱がせてから便器に手をつかせて背中をさすった。

ここで初めて気がついたが意外と胸が大きかった。

シノに大丈夫か聞くが、意識が朦朧としているようで返事が曖昧だった。

俺はシノの背中を擦りながらブラのホックを外した。

でもシノは気になってない様子。

俺はシノに

「服を緩めると楽だからボタンいくつか外すよ」

と言ってボタンを半分くらいまで外した。

そしてまずは服の上から軽く胸に触ってみたがそれに対しての反応なし、そこで思いきってブラウスに手を突っ込み生で揉んだがピクッとしただけでやはり反応はなかった。

そしてそのまましばらく胸を揉んだり乳首を刺激したりして楽しんだ。

そしてシノに

「ストッキング伝線してるから脱ごうね(一切してない)」

と言うと

「お願いします」

と言うのでスカートを捲り上げストッキングと下着をを降ろし、片足ずつ上げさせて取っ払った。

そして割れ目に触れるとやはり乾燥してたが割れ目を開くと意外と濡れていた。

酔っていても感じてたようだ。

まずはヌルヌルをすくってクリや割れ目の周りになすりつけクリを刺激した。

シノはうなりながらも時おり「んっ」と喘ぎ出した。

そしてそのままシノの中に中指をゆっくりと突き立てた。

やはり「んっ」とは言うが拒否はしないのでそのまま出し入れした。

そうするとだんだんリズミカルに「んっんっあっんっ」と言い出した。

その頃には俺のズボンの中ははちきれそうになっていた。

俺はズボンとトランクスを脱ぎシノの脚を少し開かせ、バックの姿勢でゆっくり肉棒をねじ込んだ。

久しぶりだったのでだいぶ気持ち良かった。

シノは「あうっ」と言って俺の動きに合わせて「あっあっ」と声を出していた。

いろいろな体位をしたかったが、急に吐かれてもイヤなのでそのままの体制で続けた。

そしてブランクとシチュエーションでものの10分くらいで限界に来たのでシノの一番奥でたまってたものを放出した。

その後はしばらく背中を擦っていたが、吐く気配もないので、ストッキング以外を元に戻し(種もティッシュでふき取り)ベンチに連れてった。

ここでようやくシノの友達の事を思いだし彼女のスマフォを取り出した。

運よくサイドにスライドするだけだったので、そのまま友達に電話した。

友達も知らない男からかかってきてかなり警戒していたが、

「○○駅のホームのベンチで寝てた→俺が大丈夫か声をかけた→終電が行ったので駅員に追い出された→とりあえず公園に来たけど起きないので電話した」の説明で納得したようで知ってたらシノの家までのナビをお願いすると、よく遊びに行ってるらしくすぐにわかった。

鞄から鍵を取り出し部屋に着くとベッドに寝かせたところで友達から

「明日合同説明会だからスマフォのアラームをセットして欲しい」

と言われたので俺は今晩の(友達に話した)ことをLINEで送っといて欲しいと伝えて電話を切った。

朝までやりたかったが、友達に電話した以上これから先は危険なので、コートは椅子にかけあとは下着姿にして脱ぎ捨てたようにして胸とあそこの写メを撮ってから鍵を締め、ポストに鍵を入れて後にした。

家もわかったし、そのうちの夜に行ってみようかなと思ってる。
3
2018/02/05 04:45:21 (YOf.Kk0Y)
週末は、私と姉と父とで夕食後(または夕食抜きで)飲み始める事がよくあるのだが・・・
いつも私が真っ先に潰れ、姉に介抱されながら自分の部屋のベッドに辿り着いてバタリ・・・
その後は、姉と父とでシンミリと飲み続けているものだと思っていた。
実際は、父もすぐ自分の部屋へ・・・
姉はシャワーを浴び、自室でエロい下着を着用するとそのまま父の部屋へ・・・
最初は姉と父の低い話声がポツリポツリ聞こえていたのが、次第にジュボッピチュッズゾゾォとキスどころか違うところにも吸い付いているとしか思えない下品な音が混ざり始め・・・
ハァハァ運動中みたいな姉と父の呼吸、プラス時々姉のアッと甘い声、遂にはリズミカルにベッドが軋む音とそれにシンクロした濡れ肉のぶつかる音、アッアッアンッイイッアッアッアァッと姉の甘い声が途切れなくなっていく。
こうなると姉も父もその運動に夢中なので、父の部屋のドアを開いて運動中の二人を覗くことができる。
予想どおりというか期待どおりの父娘近親相姦セックス、裸の姉と裸の父の激しいぶつかり合い・・・
汗もヨダレも先走り汁も愛液も、オマケに姉のよく揺れるタワワ乳房の先端ぶ勃起乳首からは母乳みたいな汁(妊娠してる?)が、シーツに広域散布され染みを造り熱気で匂い立っていた。
色々な体位で楽しんでらっしゃるが、姉も父も好きなのか圧倒的に四つん這いのバックが多く、特に姉の甘い声が最も甲高く大音量になるのがこの四つん這いバックなので・・・
父もそれに合わせてフィニッシュ(射精)を四つん這いバックで済ませるパターンが多い。
酔いに委せて獣みたいにさんざん近親相姦セックスを堪能したあげく、そのまま愛する娘のエロい肉穴にフィニッシュ(中出し射精)できる父・・・
理性ブッ飛びでアンッアンッ悦びまくったあげく、そのまま愛する父の逞しい肉棒からダイレクト授精(中出し射精)される娘・・・
最高のアヘッた悦び顔で合体したままピクピク震えているベッド上のメスとオス・・・
歪んではいるものの、これも一つの愛の形なのかなぁ?と呆れたり感心したりしている私。
言って止められる二人に見えないし、姉がもう妊娠しちゃってるなら手遅れだろうし・・・
オヤスミ母さん(故人)!私はもう知らん。
4
2018/01/03 22:40:18 (LEA7qIL1)
昨年は色々ありましたU飲み会後にハプニングバーて所にも行きましたよUム
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕