ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

淫らな体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
2018/08/14 19:46:40 (4zQ6/J6/)
都内の某公園。

それなりに遅い時間だとはいえ、まだまだ人の出入りが見られる。犬の散歩。マラソンランナー。カブトムシでも採集するつもりなのか虫取網を片手に張り切る子供。
森と言って差し支えない位に木々が繁ってはいるが、眩しいくらいのライトが点在している為、以外と闇が少ない。そんな中。ピタリとしたタイトスカートを腰までたくし上げて木の幹に手をつく女。下着は‥‥着けていない。付き出された剥き出しの白い尻。

既に何本ものぺニスを受け入れているアソコは難なく男のソレをくわえ込む。はしたない姿を誰かに見られてしまうかもしれない。いやらしい声を誰かに聞かれてしまうかもしれない。そう思うとゾクゾクと興奮が高まる。もっともっともっと奥まで突き上げて欲しい。そしてもっともっと乱れさせて欲しい。

複数の手が女の胸をまさぐりだす。たまらず声をあげる。必死に木にしがみついてはいるが、膝がガクガクして立っているのも辛そうだ。「気持ちよくて‥‥良すぎて‥‥おしっこ漏れちゃうかも」息も絶え絶えという風に女が口走る。それが男の興奮を煽ったのか。女の腰を押さえ込む手にグッと力が入り突き上げが激しくなる。「締め付けが‥‥すごい‥」そこからは獣じみた肉のぶつかり合いだ。汗と激しい息づかい。

なんとも言えぬ唸り声をあげて男が果てた。激しい突き上げから解放された女は何を思っているのか。呆然とした様子でへたり込む。汗にまみれの肌にスカートがまとわりついて尻を隠すのも億劫という感じで一言「‥‥良かった‥」。

‥‥女は当分の間、体験を繰り返し思い出しては一人でするのだろう。アレはそういう女だ。真夏の夜。女には初めての青姦体験だった。
26
2018/08/14 10:14:24 (aMtPP.vJ)
泉南は樽井のサザンビーチに女3人で遊びに行きました。
私も含め、3人共エッチな個人撮影のグループ仲間だけど今回は撮影とか関係なし
純粋(?)に海水浴に来ただけ
一応泊まりの予定で2泊を計画してて宿泊施設は抑えてないけど仲間が持ってる荷物積んでない空っぽのアルファードに寝泊まりできるので問題なし
車は樽井駅にくっついてる駐車場にインして連れだって海岸に
水着に着替えた後は、現地解散。皆別行動
私は上下別れた露出高めのビキニ着て浜辺をウロウロ
今回のために特注で作った長持ちするタトゥーシールを付けてました
付けてる場所は中央より右寄りの腰の上。ちんちんの画に『freesex』と露骨に卑猥なモノ
散歩したりジュース飲んだりぼーっとしてたら二人組の男に声かけられた
タトゥーを指差して、「それ誰とでもやっちゃうって意味?」
「大体その通りかな」
「俺らいいかな?」
「んーちょっと待ってね」と興奮気味の彼らを制して仲間にLINE
二人に声かけられたんだけどいい?
と送ると
オッケー
いいよ
いい男?
頑張ってもらお
など乗り気の返事が返ってきた
そして待ち合わせして合流、夕方まで遊んで時間潰し
夕暮れぐらいに5人で車に向かい、車内でプチ乱交。3人相手に二人頑張ってました
27
2018/08/14 09:48:03 (rVdl3MVK)
「ドキドキする場所とホテルどっちがいい?」

というメールに「どちらも」と返信。

そんなに会える回数が多くないのだから、両方を選んでも贅沢じゃないと思う。

家から2駅離れた場所に彼の車が迎えに来ている。

時間は18時。
車で他愛もない話をしながら、とある駐車場へ。

「脱いで」「ブラも外して」と言われ、上半身は裸に。

彼の冷たい指が、私の白い胸に触れると共に、体がビクッと震える。

首筋を撫で、胸を触り、乳首に触れたと同時に抓る。
思わず「あっ!」と声が出る。

「こんなところでこんなことされるの好きなんだよな。誰に見られてるかわからないのに」と言われながら長いキス。

わざと音を立てるようないやらしいキス。
糸を引くような‥。

もちろんあの部分はもう溢れている。

ちょっと体を傾かせるだけで湿った音が出てしまいそうなくらい。

「今日はあれ持ってきた?」と聞かれ、頷く。

ホテルに着くまで彼のものをズボンの上から触り続けること、そして、上半身はガーディガンを羽織っただけのままでいるよう命令され、それに従う。

ホテルに到着し、ガーディガンが落ちないよう早足で歩く。
部屋に入りすぐに「あれ出しなよ」と。

あれ‥そう、私がいつも1人で遊んでいる、あのおもちゃのこと。

クリ派の私は、いつもそれで気持ちよくなる。
彼とはテレビ電話でお互いの遊びを見せ合っていたので、何を使っているか知っている。

「これか〜」とニヤニヤする彼。
そして、クリに当てる部分を舐め、私の反応を伺う。

彼は、恥ずかしがっているのを見るのが好きなS。

今度は下半身を全て脱がされ、シャワーも浴びていないあの部分に当てる。

もうそこは想像した通り溢れてぐちゃぐちゃ。
そんなこと彼にはお見通しだ。

電源をつけずに、ひたすら前後に擦る。
クリにも当たるように。

部屋中に「ぐちょぐちょ‥」といういやらしい音が響く。

電源を入れてほしい‥
でも、言うのが恥ずかしい。
でも‥やっぱり‥

「‥電源入れて」
「え?声が聞こえないよ」
「‥」
「それにしてもよく濡れるオマ○コだな」

というやり取りで意地悪されているうちに、ふいに電源を入れられ、あっという間に達してしまいました。

その後は体中を濃厚に舐められ、私もねっとり彼のを繰り返し舐めました。

正常位で挿入‥。
彼の手にはさっき遊んだ「あれ」。
入れながらおもちゃでクリを執拗に攻められ、もう中でイッているのか、クリでイッているのかわからないくらい何度も何度も‥。

自分のあの部分の形状も、ぐちゃぐちゃすぎてわからない。

最終的にバックになり、彼の欲望のまま何度も何度も腰を打ち付けられ、「いやらしい女」と言われながら大きな声でイキました。

彼ももう限界で、私の大きなお尻に白いものを放出しました。

彼が果てた後、シーツを見るとおもらしのような染みがついていました。

それ以降デートの度に「あれ」を持ってくるよう命令され、何度も使われたのでした。

☆私の体験談は全て過去のものです
28
削除依頼
2018/08/14 07:36:13 (vVLRoygL)
昨日、妻の連れ子を犯した。今年JCの愛菜は、可愛いけど大人しく結婚してからもあまりなついていなかった。昨日は妻が飲み会で夕方からおらず、決行するには最適だった。
テレビを見ている愛菜に手錠と目隠しをしキスをした。柔らかいまだ男を知らない唇だった。もちろん舌は出てこない。だからただむしゃぶりつくだけ、でもそれで十分でした。
胸はまだ小さく膨らみ始め、でも乳首を舐めたら身体が反応して声は出さないがピクピク反応するからだがたまらなく可愛いかった。
あそこは毛が薄いながらも生えていて、まだピンクの初物でした。少し舐めると汗とまだ未開発の臭いがきつく、少し驚いてしまった。フェラをさせたかったがとても無理そうなので、すぐに挿入をした。かなり痛がったが奥まで入れ、あとで見るとしっかり初物の証が付いていました。
昨日は中に1発だけ出して、あとは写真撮影。ビデオは目隠し後から撮っていたので回収し、少し落ち着いた後解放した。
逃げたり、誰かに言ったら愛菜の身体がみんなに見られる事になると伝えると、すぐに自分の部屋に入りその後は出て来ませんでした。
今朝、妻は会社の会議があると7時には出て行った。さっき愛菜の部屋に行ったら開かなかったので強引に入ると、荷物とかで塞いでいただけだった。何も言わずただキスをしてセックス。今からおもちゃで身体の開発を行う予定。イク感覚を教え、濡れる身体にしてやるつもり。
29
2018/08/13 06:34:51 (Ylnm.rOS)
私は 考えた結果欲望はあっても今さっきアリアに放出したばかりです さすがに53にも成ると幾ら器が良くても 満足には出来ません そこで一旦アリアをリリースする事にしました。

宿坊の部屋作りは 格子戸 襖で鍵は掛かりません 朝早めに起こす事にしました
私が10代の頃 海の民宿で悪友としていた 夜這いが思い起こされました

やがて宿坊に着きアリアに起こす事を告げ キスをしてお互いの部屋に別れました。実は宿坊は壁が薄くあらかたの音が伝わって来るのです ですから私はなるべく音がしないようにしていました
耳を済ませなくても隣の音は良く聞こえました 衣ずれの音が何ともイヤらしく聞こえました
やがて アリアの寝息が聞こえてきました
私は アラームをセットし寝る事にしました
しかし さっきの出来事が脳裏から離れずなかなか寝付けませんでした 又 アリアをどのように起こすか 考えると更に興奮しました それでもいつの間にか寝ていました
30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕