ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

淫らな体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200

唯一の隠し事

投稿者:真理子 ◆SJct4RkGik
削除依頼
2018/08/19 00:01:07 (85aWIXeF)
旦那さんには唯一言ってない過去があります。

旦那さんと知り合う前の事ですが。

もう20年ちょっと前になります。

専門学校に入ってすぐの頃でした。

田舎の同級生のT君と同じ専門学校に入りました。

別に付き合ってはなかったけれど

高校時代から仲が良かったので

時々お互いの部屋に行っては遊んでました。

どういう話の流れだったのか忘れましたが

T君のマンションの近くにある成人映画館の話題に。

私はHの経験は高校で済ませてましたが

T君は未経験Hに興味があるようで

成人映画館に行ってみたいと言い出したのでした。

私は成人映画館の存在すら知らなくて

T君に説明されて知ったばかりでした。

まだAVなど見たことがなかったので

私も少し興味が出て行くことになりました。

T君の自転車に二人乗りで動物園近くに

映画館はありました。

映画館の前にHなポスターが何枚も貼っていて

怪しさに私だけ入るのを迷ってたけど

T君に手を引かれ入ってました。

もう上映が始まっていて10人くらいだったと

思いますがお客さんがいて私達は座りました。

座るとすぐでした。

さっきまでバラバラに座ってたお客さんが

私達の周りに集まり始めたのです。

私達には意味が分からずただ座ってると

私やT君の横や後ろ目の前にまで

囲まれてました。

ほとんどの人が私の父親ほどのオジサンか

お爺さんみたいな人までいて

嫌らしい目つきで見られて

私は怖くなってT君に帰ろうと言いました。

T君も頷いてましたが周りのオジサン達が

私達に話し掛けてきました。

年齢やアベックなのか?とか

Hはしたのか?など嫌らしいことばかり。

もう怖さがピークで逃げようとすると

横のオジサンに止められました。

18か!可愛い姉ちゃんやな!座れよ!

と怒られ言われたのは覚えてます。

そのままオジサンに身体を触られ私が嫌がると

T君に向かって何人かの声で

彼氏!少しぐらいええやろ!と脅す感じで

言ってました。

T君は何も言ってくれなくて私は助けて欲しく

T君を見たのに

目も合わせてもらえなくて何で?

と思ってると後ろから横からと触られ始めて

もう恐くって声も出すことも動くことも

できなくていました。

私はオジサン達の手に身体中を触られ

あまりに激しいので少しは抵抗したけど

とてもかなわなくてブラを取られ

スカートもブラウスの前も開けられ

最後にはパンティも脱がされました。

恐くって顔は上げれなくていたのですが

パンティを脱がされる時に抵抗したので

顔を上げたのですがT君が私の前に立っているのが

見えました。

T君は最後まで

助けてほしいのに何もしてくれませんでした。

指を入れられたり舐められたり舐めさせられたり

無茶苦茶にされましたが

犯される前に映画館の人が止めてくれたので

助かりました。

ブラもパンティも見つからないまま

従業員に連れられて映画館からでました。

その場で私は泣き崩れてしまって

周りの人に怪しまれるからと

T君に言われマンションに帰りました。

帰り道に何度もT君が謝ってきて泣かれてしまって

怒る気もしなくなって許しました。

部屋に帰っても謝られましたが

最後にはT君としてしまい付き合う事になりましたが

あまり長くは続きませんでした。

旦那さんには元カレの1人として言ってますが

映画館での出来事は話せてません。

あんな恥ずかしい体験なんて言えないけど

思い出すとまた。。。と思ってしまってます。













21
2018/08/18 19:39:58 (hy0w0IMy)
娘も嫁ぎ孫もいるおばあちゃんです。
この話は遠い遠い昔 娘がまだ17歳 高3の時でした

当時私は40歳でした
ある日 買い物から帰る途中に娘を見かけました
声を掛けようと思いましたが 隣に若い男性が 
エッ誰かなと思いましたが 娘はニコニコ顔で 
その男性の腕に自分の腕を絡ませていました

よく見ると 余り素行の良くない感じにみえましたが
その日は知らぬ振りでやり過ごしました

それからまた 二人を見掛けたのです えっ何その恰好と
娘の服装を見て驚きでした
超が付き程のミニスカだったのです
少し屈めば下着が見えそうです

見てる私が恥ずかしいくらいでした
私は後を付け 二人の行先を見付けたのです
二階建ての古いアパートでした

二人は二階の奥の部屋へ まさか部屋までは行けず
渋々引き返しました

娘が帰って来たのは 夜の8時過ぎでした
何をしてきたのかは想像出来ました

普通に食事をし 即々と自分の部屋へ
聞くに聞けない雰囲気でした

イライラしながら数日後でした
一人で歩いてる あの男性を見掛けたのです
ねえ君 ちょっといいかなと言って呼び止めました
驚いた顔は まだまだ少年でした

娘の名を言い 母親だと告げると
少し驚いた顔をしていました
娘にあんな恰好させないで 
おばちゃん親として恥ずかしいし近所の人にみられたら困るの

彼は あっうんとか言いません
あなたのアパートも知ってるのよ
いまからおばちゃん 取りに行くから いい?

彼は もじもじしながら はぁ良いですと小さな声で
付いて彼の
アパートへ そこは6帖と4帖半の部屋でした一応トイレと風呂も
布団は敷きっぱなしでした
あの娘 ここでこの子とと想像してしまいました

ねえ出して あのミニスカ
安いビニールスツールからミニスカを私に
おばさん持って帰るからねいいね

帰ろうとすると 彼が
あの〜おばさん それ一度穿いてくれませんかと驚きの言葉を
ええ〜ウソでしょう これ短か過ぎよ
それじゃ返して下さい俺が買ったものですから

困りました でも彼をよく見ると悪いながらも澄んだ目を
それに引かれたのか若い男性と狭いアパートにいるのか
変な雰囲気に呑まれた感じでした それと主人ともレスが続いていました
じゃおばちゃんこれ着たら持って行くよいい?

はぁいいですと何とも中途半端な返事でした
向こう見てて着替えるから
彼は言う通い後ろを向きます

入るかなと思ってるとウエストはゴムでした
太い太ももを露にしながら穿いてみると 短い短い
もう変態主婦でした
でも仕方なく彼に ねえ〜穿いたよ
彼は私のミニスカを見ながら

すげ〜洋子よりエロいと娘と比べているのです
彼は興奮したのかスウエットの前が膨らんでいるのです
すると私の太ももを擦ってくるのです
止めて 変な事しちゃダメでしょう穿くだけだから

それでも彼は止めず 段々上へ手が
下着に触れられ思わず 声が
おばさん湿ってるよ
そうなんです 本当は部屋に入った時から 変な気分だったんです

彼は下着の横から指でアソコを
クチャと音が
彼の前は大きく盛り上がっています

おばさんヤラせてよ
何 言ってるの あなたのお母さんの歳よ
それでもいいから ヤラせてよ
そう言いながら スウェトをパンツと一緒に脱ぐんです

彼のそのものはツンと上を向き 旦那とは比べものにならない
物でした 思わず腰が砕けそうでした

おばさんしゃぶってよと私の頭をそこへ引き寄せます
むせ返る生臭さいチンポを咥えてしまいました
恥垢の付いた臭いチンポでしたが 金玉までしゃぶっていたのです

おばさんこっち 汚い布団に寝かされ下着だけを脱がされ
手でちょこちょこといじっただけで 両足を開かれ
そのまま一気に入れられてしまいました
固く細長いチンポは奥まで届きました

知らぬ間に大きな声が出ていました
若い割にテクニックもあるんです
浅く深く前後左右に腰を

気が遠くなるほど感じてしまいました
彼も ハアハアと息を荒げフニッシュです
一気にピストンを早めると そのまま引き抜くと
お腹の上へ射精しました 少し顔まで飛んできました

目を瞑り余韻を楽しんでしまいましたが 何か顔に
おばさん綺麗にしてくれよ お掃除フェラの強要でした
もう命令調です

仕方なくフェラしやりました
終わって彼が私のマンコを見ながら
グロマンだな〜と失礼な事を
主人を含めまだ6人としか体験してないのに失礼です
帰り際 娘に言わないでと約束させ 帰りましたが 何故か身体が軽くなっていました

もう時効だから書かせて貰いました。
22
2018/08/17 19:50:35 (eUvbSfqi)
今年のお盆、主人の故郷に帰省
主人の実家は、義母、義兄夫婦、中3甥っ子の4人家族

私は、主人より1日早くお昼頃帰省したその日

夕方お家のお手伝いで納屋に行った時、人の気配が?
奥の方から微かに声が聞こえてきます。
息を殺して伺っていると何だか荒い息遣いが
微かに私の名前が聞こえてる。
あ!K君私の事想ってしてくれてる?嬉しくなった私に悪戯心が

思い切って奥の方へ行くとK君が
『あ!K君居たの』慌ててジャージを戻す彼
『ごめん、ごめんね!K君』『良いんだよ、男の子だから』
そんな言葉を繰り返しながらK君を落ち着かせながら
私のペースで・・・
『ごめんね!おばさんK君の恥ずかしい所見ちゃったから』
『K君にもおばさんのも見せるね!いい?』
返事は無かったけど頷いてるK君

タンクトップを捲くり上げブラを上にずらし
おっぱいをさらけ出すかな
『K君ほら見て!』ゆっく顔を上げたK君、
恥ずかしそうに私のおっぱいを見てる目が輝いてきてる。
『触ってみる?』そう言って彼の手を取り私のおっぱいに
彼の手の上から揉む仕草を・・・
『K君おばさんの事想ってオナしてくれてたの?』頷くK君
『おばさん嬉しいよ』『K君オナニーは恥ずかしくないよ』
『男の子は精子がたまるからね!出さないと』
そう言いながら彼のジャージを下ろすかな!
彼、少し抵抗したけど私に身を任せてるK君

彼の手は私のおっぱい、私の手は彼のオチンチンを
強く弱く握りながら、ゆっくりオチンチンを擦る私
ピンク色の硬いK君のオチンチン『気持ちいい?』頷く彼
彼の事が愛しく感じてるかな!彼の頭を私のおっぱいに
『おっぱい優しく吸って』そう言うと彼のお口が私の乳首を
乳首を吸ってる彼の口から『あ!あ!』同時にオチンチンから勢いよく
飛び散る精子!ピクンピクン動くオチンチン
『K君凄く出たね!気持ちよかった?』頷く彼に『K君とおばさんの秘密ね!』
そう言いながらタオルで彼のオチンチンを拭いてあげ
『おばさん先に出るね!秘密ね!』ブラとタンクトップ直し納屋を後にしました。

後で続き書きます
23
削除依頼
2018/08/16 00:39:26 (5R1Da6ta)
仕事中、業務が少し落ち着いた時間になると不倫している上司に暗い使っていない部屋に連れ込まれて手マンでいつもイかされちゃうんですけど、物足りなくなって、こっちもフェラで仕返しするようになってwどんどんエスカレートしてパンツ脱がされてクンニまでされちゃうように、、。いつも誰か来ないかドキドキするし、怖いけど気持ちよくてつい槌ホテルでのえっちもいいけど、それまでお互い我慢できなくて。。今日はイマラされてクンニされてイかされた後しっかりお仕事しました槌そろそろ入れられちゃいそうな予感がします(笑)
24
2018/08/15 13:30:37 (6bCrYEmC)
もう2年前ぐらいの話ですが。
母の50歳の誕生日記念に出かけた田舎にある露天風呂で、地元の少年達に母娘揃って集団レイプされました。
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕