ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

淫らな体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 195 196 197 198 199 200
2014/05/08 01:37:14 (.Eld4HX2)
なんとなく思い出を書きます。まだ10代後半くらいの頃、当時付き合っていた始めての彼女の話です。
その子は私よりも年下の処女の子で、私も童貞。お互い初めての彼氏と彼女。しかも10代後半の性に興味しんしんの2人でした。
2人とも性欲かなり強く、普通のデートもよくしましたが、お金もなかったので、会うときはだいたいエッチな遊びをしてました。普通に街で買いものしたあと、あまり人けのない階段でフェラしてもらったり、公園でバトミントンやらサッカーボールのパスみたいなことしたあとに公園のトイレで裸にしてセクロスしたり、中でもどっか遊びにいった電車のなかでフェラやセクロスしたのはいい思い出です。久々にそんな遊びしたいなーと思うと同時にその子も思いだしたりしてんのかなーと思う今日この頃です。
駄文失礼。


996

悪趣味

投稿者:S
削除依頼
2014/05/07 03:58:45 (J8tdND5G)
唐突ですが、私は男性の尿道やアナルをいじるのが大好きです。
SMサイトで相手を見つけては、定期的にプレイさせて貰ってます。
こんなプレイは滅多に相手はいなく、多少タイプじゃなくても会います。
アナルは多いけど、尿道になるとハードルあがります。

自分でも不思議なんだけど、ブジーを尿道に入れてく時の男の恥ずかしそうな顔とか、苦悶の表情とか、漏れる吐息とかに興奮します。

気持ち良さそうな吐息を聞くと
「尿道で感じてるのね、変態」と心の中で思い自分もヌレヌレになります。

普段は優しそうとか狸顔とか言われる私です。
時々、こんな趣味止めようと思い活動を休止しますが、しばらくするとやはりしたくなります。

アナルはやり過ぎて飽きてきたので、最近は尿道がマイブームです。
一人、色々やらせてくれる男性がいるけど「好きです」って言われてから、少し距離を置いてます。
「好き」って言われると可哀想になって出来なくなっちゃう。

この趣味、自分でも困ってます…
997

玩具のトモダチ

投稿者:yuko ◆Zr8FRWUgpA
削除依頼
2014/05/06 14:04:01 (R1YWrqSc)
こんにちは。以前、最高のH…の方で投稿させて頂いた、yukoです。
今回は、少しだけアブノーマルなプレイをした方とのお話をします。

スペック
私 当時23才 Dカップ 52キロ? 顔 童顔 M
相手 29才 高身長でスタイル素敵 顔 もてそう ドS

彼と出会ったのは、お友だちの飲み会に気晴らしに参加した時でした。もてそうな方だなーと思うくらいで、無口だし、(話しかければ普通に話せるけど
何の感情も、抱きませんでした。

数日後、以前の仲間で盛り上がった為、今度は私の女友達の家で飲もうということになり、なんとなく私も参加しました。
みんなはお酒が飲めるので、酔いにまかせて盛り上がっている中、一杯でクラクラしてしまうお酒に弱いわたしは、
静かに、みんなの様子を見ては、楽しんでいました。
「お酒、全然ダメなの?」と話しかけてきたのは彼でした。
彼もお酒がすでに、入っているらしく、以前よりは何故かよく話しかけてくれます。
それから、お互いにワイワイ盛り上がるのが苦手なもの同士…というのをカミングアウトし(笑)
それからは、隅っこの方で、2人でお互いのことや世間話をしました。
彼の印象は、もてそうな外見にも関わらず、ガッツかないし、なにより、感情表現にかなり、不器用そう。でも優しい人だな、という感想。
だから、良いお友達になれるかも、と単純な私は、ほっこりしながら、ずっと彼とたわいもない話をしながら笑いあっていました。

深夜になってきて、帰る人、泊まる人グループにわかれてきたので、
私は帰ろうかな〜と思っていたので、最後の、話題に、彼に恋愛話をもちかけて、どんな恋愛してきたの?って軽い感じで話をふりました。
「うーん…」と話ずらそうな彼。
「ん?どした?」と??な私。
「○○、モテそうだから、色々聞けると思って」とニコニコ聞き続ける私。
「フラれるんだよね、、絶対」と彼。
「ふえ?!ほんとにー?仕事が忙しいとか?」など聞くわたしにも、答えは無言。

こうゆう人って放っておけない性格な私は、(彼の性格に問題があるとは思えなかったし…
「でも、恋愛はしたいんだ?」と質問責め。
「そうだねぇ…」と遠くを見つめる彼。
なので、lineのIDを教えて、話したいことあったら、lineしてきなよって感じでその日は終わりました。
実際に私も、なかなか会えないし、相性も合わないんじゃないかって思いはじめていた、当時の彼氏のことでモヤモヤしていたので
誰かに話を聞いてほしかった気持ちもありました。

二日後、「この間はどーも。なにしてる?」
とlineが。仕事だったので「仕事よ〜」と返信して、この間は○○さんが酔ってやばかったね(笑)とかやりとりしてから、
「○日、時間あるかなぁ?」と彼から。
「なにか話したいことできた?」私
「そうね。」と彼。

数日後、休みの日に、会うことになり、
まったり喫茶店でお話し。笑いのツボもあうので、楽しい。仕事の話や、また世間話。
しかし、肝心な恋愛のお話は彼の口からは聞けず。

喫茶店を出て、これからどうする??
となり、「話せないなら、また。」って私が切り出すと、「ゆうこ、でいい?呼び方」と彼。「なにそれー(笑)なんでもいいよー(笑)」と言うと、「ゆうこ、家くる?」と。
ええ?って言うと「近いからさ。まったりするの好きでしょ?」と彼。
まあ…いいか。手出しそうな人じゃないし。たぶん、外じゃ出来ない話もあるんだろうなと思い、彼の車でお家へ。

彼の1人暮らしのお家へついたら、ソファとベットにそれぞれ座って、私の恋愛話。うん、うん、とかなり真剣に聞いてる彼。
「もうね、週一回、仕事帰りに会ったらエッチしてバイバイなの。しょうがないけどさ…」と私が話をしてから、エロ話に発展。
でも、彼はあまり乗り気じゃない様子。
やっぱり、手出す人じゃないんだ、とちょっと安心と残念な気持ちが…(笑)

ふとトイレに行った彼を待っている時に、部屋を見回してると、大きなボストンバック…から何か棒状のものが出ていました。
近づいて見ると、「ムチ」…
「ええ?!」と声をだしたとたんに、トイレから帰ってきた彼も、それを見て呆然。

「…引いた?」と彼。
「ううん、ウケた(笑)もっとあるの?」
と、私。ボストンバックの中をもっと見せてもらうことに。
中身は、ローター、バイブ、デンマ、縄、ローション、など。それぞれ、すごい種類が豊富!「すごい、すごい」とエッチ好きな私は、目がキラキラ。それを見て、彼は笑ってる。

「あ、これが原因で彼女に振られるとか?」と聞いてみたら、「それもあるけど、好きになったら、誰かに寝取られるのをみたくなるんだ、彼女を。それで、キレられる。」
と彼。「そりゃ、普通だったらキレるね(笑)」
とはなすと、「引かれなくてよかったわ(笑)」
と彼。あはは、と笑い続ける私。

「……3P願望とかある?」と急に聞かれたけど、私は、正直複数の男性に弄ばれたい願望があったので、「うんっ」と正直に笑顔で答えた。すると
向き合う姿勢で座り直し、彼が私の頬を撫でてきて、「へぇ…Hなんだ…。」
と。私は、実は大量の玩具を見た時から興奮して、かなり濡れてしまっていました。
「んっ…」と恥ずかしくて顔を伏せる私。

「どうしよう、したくなっちゃった…」と彼。「ええー、ど、どうしよ…」とモジモジしていると、いきなりギュッと強く抱き締められた。
私も、さっき見た玩具を思い出して、「ハァ…ハァ…」と息が荒くなる。
「キスしていい?」と、私の頬や頭をなで回す彼。「だ、だめ。彼氏いるから…罪悪感が…」と言ってる途中でこれまた、急にキスされた。舌がからむ濃厚キス。
口をはなして、「ごめん…我慢できなかった…」と彼。大丈夫、と言った私も、我慢できなくなっていた。さっき見た玩具を指さして…
私「あのね、玩具…」
彼「うん?」
私「玩具っ」
彼「使いたいの?」

そんな流れで、玩具を使ってセックスすることになった。
まずは、座らせられ、両腕を持ち上げた状態で縛られて、服のボタンだけ外されて、おっぱいだけ出された状態で、彼の、すでにビンビンなアソコをいきなり頭を抑えられ、フェラさせられた。彼は片腕で私の両腕を縛った縄を持ち、
もう片腕で、私の胸を揉んだり、乳首を転がしたり、つねったりしながら、私の口めがけて立った状態で腰をフリ続けた。
「んっ…んっ…んっ…」と苦しくて声が漏れる。彼のアソコはとにかく長くて立派だったから。
だけど苦しくても、どんどん興奮する。だから、ジュパジュパ音を立てたりして、頑張って舐めた。
「やばっ、イキそう…」と彼が言った。
すでに、彼に私のアソコでイッてほしかった私は、「んー…んーんー」と彼のアソコをくわえながら、寂しそうな顔をして首を振った。
「わかったよ(笑)」と、彼はフェラを辞め、よだれと我慢汁だらけのわたしの口にキスをして、腕の縄をほどいてくれた。

はやく私のアソコ触ってくれないかな…と思いつつ、次に、彼がおもうがままに1人掛けのリクライニングに座らせられて、
上半身を、リクライニングに縄で固定されて、私は、完全に上半身を動かせなくなりました。
縛り方も、服を着たまま、おっぱいだけ出てる状態だったので、おっぱいを強調するように縛られて…自分がこんな格好になるなんて…と思っていたら、
彼がズルッと私のスカートとパンティを脱がせ、いきなりアソコがあらわに。
「やっ…恥ずかしいよ…!」
と、足を閉じていると、無理矢理広げられ、
「もっとちゃんとみせろよ、ほら」
と、あっという間に残りの縄で足を広げた状態で私の全身は縛られ、イスに固定されてしまったのです。

さすがに恐くなって、心配そうな顔を彼にうったえると、嬉しくなったらしく、
私のトロトロになったアソコをクチュっと触り、糸をひくと、「よく見ろよ、こんなになってるぞ」と彼。
「ハァ…ハァ…んん。」と興奮しまくる私。
私の乳首にその液をこすりつけてから、パックリアソコを開き、「すごいなー、どうしてほしい?」と、なかなか触ってくれない彼。

私「…好きにしていいよ。」
彼「ん?なあに?」
私「お願い…お願い…ハァ…好きにして、、」
彼「それ、いい台詞だね。(笑)」

彼はボストンバックから、Gスポットを刺激する用のバイブとローターを取り出して、
まずは、ローターでクリトリスを刺激した。振動がクリトリスに伝わって、
「あっ、あん…あっ」と喘ぐ私。次に彼はローターをアソコの中に突っ込んだ。
グジューッグジューッとわたしの液で私の中で音をたてるローター。
「ゆうこのここ、すごい音(笑)」
と言いながら、ローターの強さを強める彼。
ジュー!ジュー!
とさらにスゴい音がなる。「んん〜…ん、んん〜…」と私は、恥ずかしさと気持ちよさで顔を伏せた。
いきなり、ズボッとローターを一気に抜いて、一緒にでてきた液をまじまじ眺める彼。次に、Gバイブをゆっくり、私のアソコに入れて、グイングイン、奥をかき混ぜた。
「あっ!あっ!あっ!…ああんっ!当たってる…奥、奥に…あ、ああっ」
と、私の喘ぐ声は止まらない。
「彼氏いるのに、、淫乱だな、お前」
と、言いながら、さっきのローターをバイブを使いながら、クリトリスを刺激し始めた彼。
「あー!あ!あ!ああん!ああっ…!出ちゃうよう!」
ビチャビチャビチャビチャ!と、バイブの振動と一緒に私は、吹いてしまいました。
「あーあ、出ちゃったねぇ」

ハァハァ、果てる私に、今度はローターをデンマに変更し、クリトリスを刺激しながら、バイブを相変わらず私に入れている彼。
そのまま固定し、イスを倒して、
自分のアソコを私の口へ…
もう気持ちよいんだか、苦しいのだか。しかしかなり興奮していました。
「んんっんんっ…はっ…ああっ!」声にならない声を出す私。
自分のアソコを虐められながらフェラするなんて…と思うだけでどんどん液が溢れちゃう…。
「あ!イク!」
と、なんと、いきなり私の口内で大量に射精してしまった彼。

「ハァ…ハァ…ハァ…」
と疲れ果てた私のアソコからは、液が大量に出て、イスが濡れちゃってるし、口からは彼の精子がダラダラ…。
あまりにイキすぎて、私は、ちょっぴり涙が出ていました。

それに気づいた彼は、
「ごめんね!すげぇ夢中になっちゃった…ゆうこ、すごかったから。」と、全てタオルで綺麗にしてくれました。
縄もほどき、ベットに倒れこんだ私。

自分のものを拭く彼に、「ありがとうね。気持ちよかった。」と言うと、真顔になり、照れている様子でした。
ベットの隣に倒れ込み、
「まだ、ほしいもの、ない?」と聞く。
「もちろん」と私。

それから、休む暇もなく、今度はお互いに全裸で、ベットの上で立ちバック。
私「あんっ!あんっ!あんっ!あんっ!気持ちいいっ!」
彼「あ、あ、あーイキそう…やばいっ」
私「ああ、長いよう…あああんっあんっ!」
彼「いくよ!」

と、やっとの本番で果てた2人でした。

私「ねぇ、玩具もエッチで気持ちよかったけど…○○くんのち○こが一番気持ちよかったよ。」

彼「…ありがとう。」

その時、珍しく笑顔を見せた彼でした。
彼とは、その後、3Pの約束をしました。
何度か2人で会いましたが、私の引っ越しにより、もうしばらくあっていません。











998

むかしのお話し

投稿者:まい ◆/wX/4vBvLU  chuukenhachi
削除依頼
2014/05/05 05:31:23 (/T5/uQxY)

その日は朝から1日中オナニーしていました。軽くも含めると5回はイキました。
ローターを使ったり、腹部に巻くマッサージ機を使ったり、指を使ったり…。1番興奮したのが、ローターをおまんこの奥まで刺しながら自転車に乗って、お出かけしたことです。帰宅後、ローターを抜いた瞬間、潮吹いたようなビショビショな汁が流れてきました。
その後は口紅でお腹にいやらしい言葉を書いたり、乳首にゴムを巻いたり、お風呂に防水マッサージ機を持っていきオナニーしました。

そんな日もありましたが、今日からは忠犬ハチとして頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。
999
削除依頼
2014/05/03 11:43:25 (LzvhlanM)
二階の会議室からサッカー練習する高校生が見える
でもその中の誰一人として私が全裸で五十代のハゲ部長に
犯されている事に気づかない!
特別手当の為に三十以上も歳の離れた上司とのセックスに
身も心も淫乱に喘ぐ会社の神聖な場所、
もし今誰かが入って来たら二人ともただでは済まない
そんなスリルも興奮の高まる材料なのでしょう
もうこんな事が半年前から月二回は必ず誰も居ない会社に呼び出されている。



1000
1 ... 195 196 197 198 199 200
これ以下の書き込みはありません。
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕