ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

淫らな体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 195 196 197 198 199 200

銭湯

投稿者:ゆう ◆2Fspv6aPT2
削除依頼
2014/11/20 01:10:06 (FUgeTGxy)
昨日、飲み会の後に酔いざましでスーパー銭湯に寄りました。お風呂はそこそこに外にある釜風呂という蒸し風呂に入って汗をダラダラ流していました。サウナより湿度が高くて汗とアルコールが全身から抜ける感じでした。釜の中には入口から両側に椅子が4脚ずつあり向かい合わせに座る感じです。入口近くの手前が空いていたので座り頭の上にタオルを乗せて局部を丸出しにしていたら向かいの男性が足を軽く触ってきました。そのまま酔いもありウトウトしていたら足の次は局部を触ってきました。それでも無視していたら、その男性の隣の男性が乳首を触ってきました。何だか気持ちよくなり同性とはいえ二人に責められて勃起してしまいました。無抵抗なまま射精してしまいました。1人の男性はすぐさま出て行きましたが、もう1人の男性は射精した後も珍棒で遊んでいましたが、さすがに連続は無理なので軽く払いのけました。釜風呂から出る時に気付いたのですが他のギャラリーがいた事に気付き超恥ずかしく脱衣場に行き急いで着替えて帰りました。普通の銭湯も深夜になると溜まり場のようです。二人に遊ばれ、それを他の二人に見られたと考えると何だか興奮してきます。ちょっと変態になり、また行きたいと考えてます…
996
2014/11/19 16:10:03 (57CWvJXm)
車の免許を取った男友達に誘われてドライブに行く事になり
男女2対2の予定たったのに女の子は急用で私一人に、
遊園地に行く予定が予算の都合で海を見に行くだけに・・・。
帰り道私は連日の勉強疲れのせいで熟睡していました。
身体に違和感を感じて目覚めたらふたりの男友達に身体を触られていました。
でも直ぐには状況が理解できず抵抗できずにいましたら
私の乳房やあそこはほとんど露出されていきました。
男達は息遣いを荒げ私の乳房やあそこに貪りついて興奮していました。
このふたりとエッチなんて予想外でしたけど拒否する機会を完全に逃して
身体が刺激に反応してしまて厭らしい声をだしていました。
身体の性感帯の至るところをふたりがかりで容赦なく責められて
気が狂いそうに感じてしまいました。
私は思わず絶叫していました。
気を取り直して三人は、改めて車の外に出ました。
そこは舗装もされてない山道でした。
三人は、全裸のまま男達にてを引かれ山道の茂みに分け入り
少し太めの木にもたれかかる男友達のちんこをフェラさせられバックから生で挿入されました。
初の3P野外プレイに感じすぎて男達は私の事淫乱女だと思われてしまい、
ふたりの性の捌け口になっています。
997

(無題)

投稿者:たけ
削除依頼
2014/11/17 10:24:24 (Wci2Oqtr)
やばっ
久しぶり 触ってしまった
998
2014/11/17 01:13:03 (lSDd0Zet)
欲求不満の解消に男友達三人と野外でエッチな事またした。公園でいっぱいおしゃぶりしたよ。よだれだらだら垂らしながらあきのおしゃぶり上手だって言われて益々奥まで加えて上げた。あきの真っ黒おまんこにもいっぱいもらった。中に出してとか言っちゃった。あきの真っ黒おまんこは三桁食べてるしアナルでいっぱい食べてる。尻軽女になってます
999

(無題)

投稿者:アズパーク ◆L0x8bgxS66
削除依頼
2014/11/13 22:24:29 (JbUjDSYT)
昨日、用事があって中規模ショッピングモール内の
家電店へ。

買いたいものを見つけ、レジへ向かおうとすると、
自分の利用してるプロバイダの販売応援の女性が
閑散とした店舗で退屈そうに立っていました。
20代中盤の方だと思いますが、特にそれに惹かれる
訳ではないのですが、見た目はタイプではないです
が松浦亜弥のような、肌が美白できれいな顔立ちも
整った女性でした。

先日もそのプロバイダの件でネット環境が不安定に
なったこともあり、相談に乗ってもらう事にしたの
ですが…

実際に店のPCを立ち上げての問題点の検索や
ウィルス対策のプラン、情報、を懇切丁寧に
説明してくれたり、店舗のコーナーに連れていかれ、
ここで販売している製品とどちらにすべきかの比較
など、ソフトな接客態度で本当に優しくレクチャー
してくれました。

ただとても気になったのが、製品説明等をしながら、
何気に視線を感じたのです。
提示された商品を見ている僕の顔を、その営業さんは
じーっと見つめていた気がしました。
説明を伺いつつ、視線を感じた気がするのを
不思議に思い、こちらから見返すと、やはり彼女は
じっと自分の顔を見つめていて、目が合うと、
暫く見つめあったり、どちらかが我に返ったように
目線を落としたり。
真剣に接客トークをしていながら、閑散とした
平日昼間の店舗内で誰にも気づかれないまま、
アイコンタクトが続きました。

その後は店舗のすぐ外のブースでいろいろと
説明いただいて。まあ、それぐらい暇な時間帯
だったのでしょうけれど。

思わず引き込まれそうになるような魅力的な瞳に、
少し緊張してしまうことを禁じ得なくなり、
ある程度お話を伺ったのち、帰ろうとすると、
徐にメモ用紙を取り出し、電話番号を書きはじめ
ました。ネタ的な雰囲気で大体わかると思いますが、
手渡されたこれはプロバイダのフリーダイアルの
番号でした。思わず苦笑した僕は、「これ持ってるから。ちょっと
ペン貸して」といって、先ほどのメモの裏に自分の
携帯番号を記して相手にお返ししたのです。

店舗を後にして、そこから少し先のカバン店を
物色していたところ、携帯電話の着信音がしました。
知らない番号です。
電話に出ると、先ほどの女性が、プロバイダ名を
仰って、「さっき説明し忘れたことがあるので」という旨の
連絡をわざわざしてきてくれました。

そして伺うと、先ほどと同様、微笑んでお辞儀してました。
実際、説明漏れがあった点についてまた訊き、
その用件自体はすぐにクローズしました。
ちょっとだけ期待してしまった僕は、
「今日は暇そうですね…」といい、頷く彼女に
「ちょっとくらい、(業務を放って)出てしまっても
良くないですか?」とアプローチしてしまいました。
「…でも…仕事なんで…」少し迷いつつといった
状況でしょうか。そして、
「お昼休みなら、大丈夫ですよね?」とあらためて伺うと、
「…ハイ!(笑)」
何時くらいなら?という自分の問いかけに、
「お昼休みという事だったら、いつでも大丈夫です!」
とのこと。折角なのでもうほんの少し、軽い片付け
の後にフードコートで落ち合うことになりました。
食事中、今日のノルマの話、どこから派遣された、
といった仕事の話から、自分はこの少し先に住んでるよ、
先ほどの着信番号を控えて持っていていいか、等々のお話
無駄話をしていましたが、休憩時間を聞くと、
基本1時間だけど暇なので割と融通がきくということ
だったので、少しだけ周りの店舗を見たりしましたが、
やはり僕としては下心を抱いてしまって・・。
2Fから1Fの、家電店舗スタッフや他の店舗の店員から
遠ざけて(もちろんスタッフジャンパーはバッグに
しまっています)1Fの少しひっそりした階段の
踊り場で、「ゴメンネ」と言いながら、首と首を
くっつけ、背中を軽くギュッとして暫く髪の香りを
確かめていました。
女性は「んっ、謝らないで・・ください」といい、
上体を預けてきました。確信を持った僕は、
階段横の障害者向けトイレに連れて行き、首と首、
頭と頭、頬と頬の密着感を愉しみながら、キスへと
移行・・頬、首筋下から上へ、そして下唇から
両方の唇を重ね、唇に割って入る素振りをしながら
焦らしました。軽い吐息が生まれます。舌を優しく入れ始め、唇の裏側を
軽く撫でると、舌先を奥へと差し込み、舌先同士を
まさぐったり吸いあったりし、味わいました。
彼女の口中から、唾液が送られ、わざとそれを
大きな音で飲み込んで見せたり。

そしてキスは再び首筋へと移ろい、僕の両手は彼女の
ブラウスのボタンを不器用な手つきで外し、見かねた
彼女が続きを自ら外しました。

お仕事用、でしょうか、質素な白いブラが出現し、
もうためらう事が出来なくなった僕はブラウス越しに
フックを外し、可愛らしい女性の露わになった胸を
掌で夢中で揉みしごき、チュッチュと音を立てながら
吸いしゃぶり、舌で乳首の先をつつき、下側を
舐めあげると同時に舐めさげたりと、存分に舌で
転がして、目を細めて悦に入っている彼女の顔を
ずっと眺めていました。
そうしながら右手を彼女の腰の後ろ辺りからお尻を
なぞって股間を跨ぎ、脚の間に指を挟んで両膝上辺りから
舐めるようなスローな動きで秘部まで運ぶとぐっと
股に力が入るのが伝わりました。
構わず僕も指で強引にこじ開け、ぐい・・とさすります。
軽く上下や前後、左右に動かすと、微かな吐息が洩れました。
もう僕の虜だね、といいながらスーツパンツの
ホックとジッパーを外し、下着の中に直接手を入れると
可愛い感じにじわっと濡っていました。
2本指で刺激すると「んんっ」という小さな声で
泣くので、スピードを上げて様子を楽しみました。
「はぁぁっ、ぁぁんっ」小声とはいえあまりにも
愛らしく叫ぶので、僕も我慢していたものを解き放ち、
ジッパーを下してそそり立つ肉棒を露出させました。
まずは彼女のパンツと下着ごと足首まで脱がせて
恥ずかしい恰好にし、後ろから首と背中を強く押して
屈服させました。
「どうすればいいかわかるかな?」訊ねて観たところ、
無言で唇を押し付けようとしたので少し距離を置き、
「おちんちん、舐めさせてください、って
言うんだよ。返事は?ん?」
彼女はちょっとためらい、顎を引いて視線を落とした後、
「・・ハイ、・・さんの、おちんちん、
舐めさせてください」と呟いたので、望みを叶える
事にしました。舌と上顎を接触しながら無心に口腔
を使いピストンする彼女。他にも「頬っぺたすぼませて」
「ほら、舌を絡ませて。」
「○○(彼女)の胸もおまんこも、ちゃんと自分で
触りながら!」厳しく指導し、最早彼女は
この空間において、僕専用の性奴隷に成り下がって
いました。

ひと通りフェラチオ調教を楽しんだところで
彼女はより興奮したい気持ちを持っている事を確信
していましたので、
「次は何して欲しいのかな?言えるよね?」と訊くと
ペニスを加えながらこくりと頷きました。
「ん?何かな(笑)」「・・したい、です」
「じゃあ言って。おちんちんをどこに入れて
くださいって」「・・さんのおちんちん、・・
私に入れてください・・!」
カラダが小刻みに戦慄いています。瞳も潤んで
慄いていたのか、欲しくて堪らなくなっていたのか。
「じゃ、お尻突き出して、・・恥ずかしいポーズ
見せてね」壁に手を着き、腰を高くしてやや脚を
広げながら若干脚を開き気味にする彼女。
後ろから太腿に手を挿し入れ、さらに足を広げる
と、濡れそぼったきれいな膣口がかおをのぞかせる。
ズズ・・グイッとペニスをゆっくりと挿し込む。
彼女の意識が集中しているのが感じられ、初めは
リニアにお尻を下げて入れようとするが、内奥に
届く頃には再び腰ごと前へ突き出し、微かなストロークで
振っている。
僕も負けじと最初はゆっくり浅めに、そして
ストロークを伸ばしつつ、奥へ奥へと侵略行為を
重ねながら、徐々にピストンの速度を速めていった。
彼女「はっはっはっ・・、あぁっ、ああんっっ!」
僕がグッグッグイグイッググゥッ・・ひたすら
攻め続けると「アンッ、アッ!もうダメ、イクッ」
と絶頂に至らせて欲しそうなので、ダメだよ、簡単に
イッちゃったりしたら。と半笑いで答えました。
あっ、あっあっ、あぁん、あ、ダメェ!」と
ほんの軽くですが、達したようでした。
自分はコンドームを持ってましたが、余裕があり、
まったく使う必要がありませんでした。
もう一度彼女を抱き寄せ、首筋から頬、唇へと
自分の唇を合わせ、重ねました。

そしてその後、ハンカチで彼女の頬や首筋、
おまんこを拭いて、ちゃんと仕事に戻れるの?と訊いてやりました。
大丈夫と言った彼女の口元には、自分のガマン汁か
涎かわかりませんが、濡れていたのでそれも拭き、
ポケットにあったミントガムを口に押し込んで口臭対策
してあげました。
その後、仕事に戻れたようです。

今日、彼女とは電話で性奴隷契約を締結した
次第です。
とても期待が大きいように感じたので責任重大です。
今後、また何かあればお伝えできるかと。
1000
1 ... 195 196 197 198 199 200
これ以下の書き込みはありません。
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕