ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

淫らな体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

Aさんと。

投稿者:へるもん ◆w2C0fdX272  mtmt1379 Mail
削除依頼
2018/11/21 08:12:47 (Bh.LG19G)
本当に連投ごめんなさい。

先日、仕事の関係で他県に行った時に、ナンネの掲示板で何回か募集したところ、夕方になってAさんからメールを頂きました。

ご飯でも一緒に食べれればいいかな…くらいな気持ちで募集したので「挿入など無しでもOKです」と書いてました。
「他県の方なら、キス、フェラ、手コキ、挿入、射精一切なし、痴漢ぽく指だけで気持ちよくしてくれて、服を脱がなくてもいいならお会いします」とAさんからメールを頂きました。

食事だけでもいいと伝えると「では会ってから考えます。こちらの好みに合わなければ声を掛けずに帰ります」と何だかクールな感じで少し不安でしたが、とりあえず待ち合わせ場所に行く事に。

着いたら、着ている服装と色、持ち物などメールで教える事になっていて、その通りにすると「携帯を耳に当てて電話してる振りをしながら〇〇(お店)の前まで歩いてきて」と返信が。

内心、〇〇に着いたら怖いお兄さんが待っていたらどうしよう?とか考えてました。笑
世の中何かと物騒ですからね。

で、怪しい人が居ないかキョロキョロしながら〇〇の前に到着。

すると「へるもん?」(実際は本名 )って声が後ろから。
振り返ると、ずっと私の後ろを歩いていたお姉様。笑
「Aさん?」と聞くと「じゃなきゃ声掛けないでしょ?笑」と。
やはりクール。笑

突然なのと、クールさと、見た目が若過ぎるお姉様(私より歳上 です)でビックリし過ぎて、一瞬ぽかーん…てしちゃいました。笑

何だかよくわからないオーラを身に纏った美魔女とでもいいましょうか…「美しい女王様」がピッタリな方でした。

「で、どうする?」と。

美貌とクールさに圧倒されて、思考回路がストップしそうでした。笑
「どうする?」って聞きたいのはこちらの方なので 笑

考えてた事が一瞬で全部吹っ飛んだので、とりあえず食事へ行く事に。笑

「どこいくの?」と聞かれそうだったので「どこか良いお店あります?」って先手を打って聞いたら「何食べたい?」と。笑

とりあえず、色々会話しながらAさんのオススメのイタリアンへ。

お店に入りオーダーを済ませると「ねぇ、へるもん…」(実際は本名。そして呼び捨て笑)

ビールで勢い付けて、優劣逆転したいのに、その前に色っぽい顔で「ねぇ、へるもん」攻撃!

「なんですか?」と聞くと「私のタイプ♪」って 笑

嬉しかったですけど、

「もっと真面目君が来るかと思ってた」と。

真面目に見えないって事ですかね?

真面目なんですけどね。。。


お酒も入り会話も弾んで、Aさんのクールさも無くなり、楽しい食事が出来ました。

お店を出て「へるもんの部屋行くよー♪」ってタクシーで宿泊先のホテルへ。

少し酔ったAさん。
ホテルのエレベーターの中。
一緒に乗ったお客さん居るのに「もー、お尻さわらないで♪」って。触ってないのに。笑

気まずそうなお客さんを尻目に「だめぇー♪」とか連発。


部屋に入りドアを閉めると直ぐに抱き合いキス。

唇を離さずに服を脱がし合い2人とも裸に。

「服は脱がないんじゃなかったの?」って言うと「いいの…」とベットへ。

Aさんをベットに寝かせ脚を開くと、茂みの中にヌラヌラと光るいらやしい花びらが。

舐めてと言わんばかりに自ら脚を広げるAさん。

アソコに唇を付け舌で愛液を味わう。

声をあげて感じる姿がとても愛おしくて、最初のクールな印象など全く消えてしまいました。

私の頭を両手で掴み、押し付けたり離したり。

しばらくクンニで悶えた後「中でイキたいの…入れて」とAさん。

「ゴム無いよ?」と言うと「いいよ。大丈夫だから入れて…」と。

ヌルヌルになったAさんのアソコに私のモノが入る。

繋がった瞬間、私の腰を両手で引き寄せ身体を反らせるAさん。

腰は動かさずに、子宮口に押し付ける様にしていると「このままでイっちゃうかも!」と私を見つめる。

膣壁がギューっと収縮するのを感じているとAさんの声が叫び声の様に変わり、カラダをピクピクさせながら、私の腰をさらに引き寄せる。

しばらく身体を硬直させた後、ぐったりと脱力。

ゆっくりと私を抱きしめ「すっごい気持ち良かった…」と。
舌を絡ませて濃厚なキス。

ゆっくり腰を動かすと、Aさんのアソコから粘度の高いネチネチとした卑猥な音が響く。

しばらくしてAさんが私の上に。

長い髪を振り乱しながら激しく腰をグラインド。

私も声を漏らし、激しく腰を動かすと「中でイって…」とAさん。

流石に抵抗を感じて「外でいいよ?」と言うと「大丈夫だから心配しないで…」と微笑みながら甘い声で囁く。

あ。

あれね。


って思いながら激しく揺れて…

中で果てました。


そのまましばらく抱き合って…

身体を起こし髪をかきあげるAさん。


エロい笑みを浮かべながら、ゆっくりと私のモノを抜き自ら指でアソコを広げる。

私の下腹部に中から出てきた精子を垂らしながら「まだ出てくる…」って。

下腹部に落ちた精子と愛液のカクテルを、Aさんが舌で舐め取る。

そのまま柔らかい唇で私のモノも包んでくれました。

全てを舐め取った後、唇をペロリと舐め微笑んで「美味しかった…」と。

エロの極みね。


飲み物を飲んでまったり一休み。

そこで恒例の撮影交渉。

すると、私のプロフ画像を確認するAさん。

…プロフみてなかったの???です。

「このくらいのボカしならいいよ」って承諾してくれました。

で、2回戦を兼ねて撮影。

それがプロフ画像6です。

たまたまこの文章を書いてる時にメールが来て「やだー!もっと綺麗なのがいいー!」って言われたので変更しました。笑

やだー!って言っても誰かわからないじゃん。笑

そんなこんなで、シングルの部屋で一緒に寝て、朝起きてもう1回繋がってAさんとお別れしました。
また会う約束をして。

そして「私を忘れないでね♪」とビショビショに濡れた下着をプレゼントされました。笑

だからAさん帰りはノーパン。

ミニスカートなのに。笑


次はいつ行けるだろう?
1

Yさんと。2

投稿者:へるもん ◆w2C0fdX272  mtmt1379 Mail
削除依頼
2018/11/21 01:36:08 (Bh.LG19G)
連投失礼。

Yさんとお会いした後もメールは続いていて、私のプロフにYさんの写真を掲載したのも恥ずかしがっていました。笑

ある日曜日、朝起きるとYさんからメールが届いていて「今日の夜、時間ありますか?」と。

「大丈夫だけど、どうしたの?」と聞くと「この前の続きをお願いしたくて 笑」と。笑

夕方待ち合わせをして近くのホテルへ。

「やっぱり部屋の方が落ち着きますね 笑」って言いながらソファーに座るYさん。

しばらく話しをしていると「お風呂入りませんか?」と言われ「一緒に?」って聞いたら「もちろん 笑」と。
「私はもう隠すところありませんから。今度は見せてください 笑」って。

って、言われると恥ずかしくなってしまう私。



2人で脱衣所で服を脱いでいると「私も剃っちゃいました 笑」ってYさん、パイパンになってました。

メールで話しをしている時に、私がパイパンにしているのを知って、元々脱毛に興味があったYさんは自分も…と、とりあえず剃ってみようと思ったみたいです。

「洗う前に舐めたい」と言うと「ここで?」と恥ずかしそうに洗面台に座るYさん。
長い脚を上げた姿がスゴく綺麗でした。
露わになったアソコはもう濡れていて、照明に照らされてヌラヌラと光ってました。

Yさんのアソコに唇を付け、割れ目に舌を這わせると直ぐに声を漏らしていました。

綺麗な身体を下から見上げながら、濃厚な愛液を味わっていると「ストップ! 笑」とYさん。

「イっちゃいそうだからダメ…」って止められ「私も舐めたい…」って洗面台から降り、私の足元にしゃがみ、モノを触り始めました。

うっとりとした表情でキスをする様に優しく舐め始め、その後は喉の奥まで咥え、舌を絡ませ音を立てながら…いやらしく気持ちいいフェラ。
清楚なイメージのYさんからは想像出来ないくらいのエロいフェラでした。

口からモノを離し「毛がないと舐めやすいですね 笑」って。

そこか!



2人で湯船に浸かり、まったり。

私の上に跨り「硬いの当たってる 笑」って言いながら濃厚なキス。

「入っちゃうよ?」と言うと「入れたい?」って腰をゆっくり振りながらエロい笑みを浮かべるYさん。

優しい声で「後でね…」って。

逝きそうでしたわ。私。


お風呂から上がり、ソファーへ。
勃ちっぱなしの私の息子も少しクールダウン…。
かと思いきや、全裸のYさん隣に座って私の首筋にキスしたり舐めたり&指で私の乳首を触り始めました。

私が声を漏らすと「男の人の感じてる声好き…
」ってニコリ。

Yさんのいやらしい唇と舌が首筋から乳首をゆっくり行ったり来たり。

私はお風呂上がりの極上リップサービスにうっとり。

溢れ出た我慢汁を指で触り「スゴい濡れてる…」って言いながら舌でペロリ。

そのままソファーで69。

フェラで気持ち良くされながら、溢れ出る美味しい愛液を味わい…Yさんがクンニで数回果てたころベットへ。

ベットに横たわるYさんはスゴく綺麗でした。

クリを指で撫でながら濃厚なキスをしていると、Yさんがベットの枕元にあったコンドームを手に取り「入れて…」と。

キスをしたまま、ゆっくり繋がると、深く息を吸い込み「気持ちいい…」って声を漏らしてました。

強く抱き合って、時間を忘れてお互いを激しく貪り合いました。

2人で同時に果てて、しばらくベットでぐったり。

Yさん、ずっとくっ付いてて可愛いかったです。

汗が引いた頃、ヌルヌルのままのYさんのアソコを味見。

セックス後の特有の匂いと味を堪能していると、Yさんも私のモノをパクリ。

そのまま69。

Yさんの愛液を舌で綺麗にするはずが、逆にビショビショに。

しばらく舐め合っているとYさんの頭の方で何やらビニールっぽい音が…。

何かと思って見ると、コンドームの袋をピラピラ振ってニコニコしているYさん。笑

そのまま2回戦。笑

2回目はダラダラと。

途中で「写真撮ってもいい?」って聞くと「またナンネに載せるの? 笑」と。

当たり。

その模様がプロフ画像5です。


何枚か写真を撮っていると「私も撮りたい!撮っていい? 笑」とスマホを手にして「女目線のハメ撮り! 笑」と言って撮ってました。

その後も合計5回繋がっていたら遅い時間になってしまったので、泊まって朝帰る事にしました。

早朝に起きてベットから出るYさん。

歩き方が変なので「どうしたの?」と聞くと…

「筋肉痛…笑」と。

激しい夜でした。

2

●さんと。

投稿者:へるもん ◆w2C0fdX272  mtmt1379 Mail
削除依頼
2018/11/20 15:47:37 (UUmsSuyF)
ここで出会った●さん。
HNが特殊なため●にしてあります。

「舐め犬」を募集されていた●さん。ダメ元でメールしたところお返事がきました。
メールで色々お話ししていると、クンニされる事が大好きなのに彼氏が全然してくれないと。
「舐め犬」的存在は欲しいが、実際怖くて経験は無しとの事。

「会って嫌だと思ったら帰っていい」「逃げてもいいように周りに人がいる所」「車内はNG」・・・etc
と、山のような条件を全てクリアしてお会いすることに。

で、待ち合わせたのがネットカフェの駐車場。笑
先に到着した私はドキドキしながら車の中で待っていました。

が、待ち合わせの時刻を過ぎても現れない●さん。
メールをしても返信無し。
「ダメだったのかな?」と思いながら辺りの車を見回すと、私の2台隣に可愛い女の子が車の中でスマホをいじってるだけで、他にそれらしき人影無し。
スマホをいじってる女の子もそんな雰囲気が全くないので、あきらめかけていました。

違うと思いながらも「もしかして駐車場にいます?」とメールしたところ「はい」と返事が。

もう一度辺りを見回してもその子以外に該当者無し。
キョロキョロしていると、その子が車から降りてきて私の車に向かって来ました。
「え?まさかこの子?」とビックリしていると私の車の前で何かを確認するかの様にこちらを見て、ニコリと笑って軽く会釈。笑
私も車から降りると「こんばんは〜」と可愛い声。

声の前に、この子にクンニしない彼氏が信じられないくらい可愛い子でビックリ。
挨拶を済ませネカフェの店内へ。
受付で会員証が無かった私は入会手続きを。
●さんは常連らしく受付を済ませ、ニコニコしながらこちらをみてました。

個室に入りぎこちない2人。笑
そして微妙な距離に座る2人。笑

●さんの緊張を解す為の会話も、普通に声を出せない環境。笑
まさに完全アウェイ状態。笑

しかし、コソコソ喋らないといけない環境が味方に。
2人で近づき耳元でコソコソ会話。笑
「嫌だったらいつでも言ってね?」というと「大丈夫です♪」とニコリ。

キュンキュンです。笑

私の香水の香りが気に入ったらしく「いい匂い♪」って言いながらギュッて抱きつく●さん。

イクのを通り越して逝くかと思いました。笑

しばらくコソコソ会話したり、ネカフェのPCで2人でナンネにログインしてみたり。笑
緊張も解れ、いい感じになりました。

トイレに行って帰ってきた●さん。
ニコニコしながら鞄から下着をちらりと見せる。

「脱いできたの?」と聞くと「うん」と頷きニコリ。

●さんを私の脚の間に入れて座らせ、後ろから●さんの脚を触る。

撫でる様に触って内腿に指がかかった時、身体をピクッとさせ「アッ!」て声を出してしまう●さん。

慌てて手で口を塞ぐ仕草が可愛かったです。

徐々に息遣いが荒くなり、とろけた目で私を見つめ・・キス。
●さんのアソコを触ると、スカートまで垂れるほど濡れていました。

指に付いた愛液を舐めて見せると「恥ずかしい・・・」と顔を背ける●さん。

首筋にキスしながら胸を触り、指でクリを撫でていると「イキそう・・」と。

●さんから舌を絡めてきて・・「イク・・」って言いながら身体をくねらせていました。

とろけている●さんに「まだ舐めてないよ?」と言うと、先ほどまでとは別人になったかの様な淫靡な表情で「舐めて・・」と。

自らスカートを脱ぎ、四つ這いになってお尻をこちらに向ける。

アナルから全てが丸見えの状態。

溢れた愛液を舌で拭う様に舐め味わう。

隣の個室に聞こえるような声で「気持ちいい・・」と吐息がもれる。

アソコを舐める卑猥な音の中に「イク・・」と言う小さな声が。

身体をくねらせ息を荒げる。

四つ這いのまま息を整えると、クルっと振り向き私を押し倒す様に「横になってください・・」と。

横になった私の顔に跨り、コソコソと「これやってみたかったんです」とニコリと微笑み顔面騎乗。

●さんの服の中に手を入れ、胸を触りながら舐めていると「またイっちゃう・・」と。
口の中に大量の愛液が流れ込む。

身体をピクピクさせて「何か変になっちゃった・・またイっちゃう」と。
絶頂の波が収まる前にまた絶頂。

小さくても周りに聞こえてしまう様な声で「またイっちゃう」・・「またイク!」と何度も果ててました。

何度イッたかわからないくらい果てて、私の顔は愛液フォンデュ状態。笑

「ごめんなさーい 笑」って私にティッシュを渡す●さんの顔は、会った時の可愛い顔に戻ってました。

身支度を整え帰ろうとした時、私の胸にギュッて飛び込んできた●さん。

小さな声で「今になって恥ずかしくなっちゃいました 笑」と。笑

可愛かったです。笑

言うまでもなく、私もビショビショでした。笑

3

Mさんと。

投稿者:へるもん ◆w2C0fdX272  mtmt1379 Mail
削除依頼
2018/11/20 13:11:16 (UUmsSuyF)
ここで出会った歳上の人妻Mさん。
メールで色々お話しして、ガッツリ身体の関係を持つのはまだ抵抗があるけど、オナの見せ合い+α位ならしてみたいとの事でお会いすることに。

待ち合わせ場所に現れたMさん。
タイトスカートからムッチリとした脚を覗かせて「色っぽい奥様」って感じでした。
車を走らせ人気のない場所へ。

車を停め少し雑談。
話しをしながらも、ムッチリとした脚と大胆に開いた襟元から見える胸の谷間に目が行っちゃいました。
何気なくMさんの脚を触ると「ストッキング脱ごうか?」と言ってMさん自ら生脚に。
柔らかさと張りのバランスがいい脚を触っていると息遣いが荒くなって目がとろけてきました。
ぽってりとした唇にキス。
声を漏らしながら舌を絡め、ズボンの上から私のアソコを触り始めました。
私もMさんのアソコを触ると下着がビショビショでした。
下着の脇から手を入れヌルヌルのアソコを触っていると「舐めて欲しい・・」とMさん。
スカートを捲り下着を脱がし脚を広げると、黒くいやらしいビラビラがナビの光に照らされてテカっていました。
「匂うかもぉ・・・」と恥ずかしそうに言いながらも、自ら指でアソコを広げ大きなクリを剥き出しにしました。
顔を近づけると、汗と愛液の混ざったいやらしい良い香りがしました。
溢れる愛液とカチカチになったクリを舐めると大きな声を出して感じるMさん。
アナルまで垂れた愛液を舌で拭うと「舌入れてくれる?」とアナル舐めの催促。
脚を上げアナルに舌をねじ込み味わっていると、自らクリを指で触り、アソコは大洪水状態。
間も無く「イッちゃうー!」と叫びながら身体を震わせていました。よがり方がスゴく色っぽくて私も興奮しました。
一回果ててぐったりしながらエロい目つきで「おちんちん見せて…」とMさん。
ズボンと下着を脱ぐとMさんはシートから身体を起こし、溢れた我慢汁を手のひらで伸ばす様に亀頭責めするみたいに触り始めました。
私のモノに顔を近づけながら「舐めて欲しい?」と言うと、こちらの返事を待たずに、柔らかい唇に包まれました。
我慢汁を吸い取る様に舐め、吸い取ったかと思うとその唾液をモノに塗り、手で扱きながら玉袋を舐めたり…。
余りの気持ち良さにウットリしていると、モノを離し、服を脱ぎ始めました。
ブラを外してる時にちらりとワキ毛みたいなものが見えたので「Mさん、もしかしてワキ毛生えてます?」って聞くと「見えちゃった?笑」と。
私以外のナンネでやり取りしてる方にワキ毛の写真をリクエストされたらしく、伸ばしてる最中だとか。
私もワキ、ワキ毛は好きなので嬉しかったです。

「ゴムがあったら入れても良かったのに…笑」と意地悪そうな顔でMさん。
がーん…。です。オナの見せ合いの約束だったのでコンドームを用意していませんでした。
なので予定通りオナの見せ合い。
2人とも全裸になり後部座席で向かい合い、ルームライトを点けて見せ合い開始。
オナで感じるMさんの身体を見ながら私も自分で。
時折Mさんの愛液を私のモノに塗ってもらいヌルヌルに。
いやらしい音と香りが立ち込める車内で、Mさんはイキ続けてました。
Mさんに「ワキの匂いを嗅ぎながらイってもいいですか?」と聞くと「やだー!笑」って言いながら私の側へ寄ってきて腕を上げてくれました。
「仕事帰りだから汗臭いよ?」と。
濃い汗の香りと香水の香りで、脳みそ溶けそうになりました。
「イキそう…」と言うとMさんは私のモノを握りシゴいてくれました。
Mさんの手で射精。
「あったかーい…」って言いながら出た精子をモノに塗り付け、敏感になってピクピクしてる私を弄んでました。

最後はMさんの口で綺麗にしてもらい、感激です。
服を着る時、ワキ毛が名残惜しく「ワキの写真撮ってもいいですか?」と聞くと快く承諾してくれました。
それがプロフの画像4です。
Mさんはプロフで写真を掲載されているのですが「乳輪と乳首でバレちゃうからちゃんと隠してね」と。
ちゃんと隠しました。笑

別れ際、Mさんの旦那さんから電話が来てヒヤヒヤ 笑
旦那さんと電話で喋ってる時、一瞬、先程までとは違う「妻」の顔を見た様な気がしました。
そして、そのギャップにまたドキドキ。


4
2018/11/19 19:38:40 (BBhiS1cI)
先日金曜日の夜はタコパの話を書きましたが、その日はコメントのやりとりがすぐになかったことから同僚のM先生にLINEをしました。そしたら、一緒にカラオケ行って飲みに行かないと誘われましたので、二つ返事で了承しました。

M先生が私の家に来るまで1時間ぐらい時間があったので、シャワーを浴びてどの服装で行こうか考えていました。結構寒くなっていたのと男の人がいるわけでもないので、スウェットの上下にノーブラで大きめのパーカーというめちゃめちゃラフな格好でM先生を待っていました。

チャイムが鳴って外に出ると、M先生が迎えに来てくれました。外に停まっている車を見てギョッとなりました。運転席にM先生の旦那さんが座っていました。今更着替えるわけにはいかないので、そのまま後部座席に座りました。

M先生はご結婚されたばかりの新婚さんなのですが、ここだけの話、夜の方は満足していないようで…かといって浮気はしたくないからといって一人エッチを楽しんでおられます。
一度だけM先生の旦那さんを交えてカラオケに行ったことがあるのですが、これがめちゃめちゃ歌が上手くて。お顔は…決して不細工と言うわけではないのですが私のタイプじゃないです(笑)

3人でカラオケに行って好きな曲を歌って踊って2時間ほど馬鹿騒ぎをしてから飲み屋に行きました。旦那さんはまったくお酒が飲めないので運転手として連れてきたとM先生は言ってました。

私たち女どもはそれこそアホほどお酒を飲みました(笑)私はお酒に酔ってM先生の旦那さんに絡む絡む。困ったような顔をしてM先生に助けを求めるような表情がなんとも言えませんでした。M先生の方も旦那さんに絡むのですが

「なんでもっとエッチしてくれないの?」
「もっと時間をかけて気持ちよくして欲しい」
「たまには違った雰囲気でエッチがしたい」

など日頃の不満がお酒の勢いで出るわ出るわ…。
さすがに私もそれについてとやかく言うことも出来ないのでM先生と旦那さんの表情を見て楽しんでいました。

飲み屋を出てM先生が「ボーリングしたぁい」と言ったので、旦那さんは嫌な顔をせず運転してボーリング場に連れてってくれました。こういう優しい旦那さんってすっごく羨ましいです。

M先生と私はすごく酔っていたのでフラフラしながらのボーリングでしたのでガーターの連続でした。それを見た旦那さんは苦笑いばかりされていました。

私はパーカーを脱いでボーリングをしていたのですが、ブラをつけていないことをすっかり忘れていました。旦那さんの目線がやけに私の胸辺りを見てるなぁって思ってたんです。M先生はAラインのミニワンピだったので、少ししゃがむとパンティが見えていました。

1ゲームは散々な成績でしたのでもう帰るのかなと思ってましたが、M先生はもうあと1ゲームしようとなりました。一人で好成績の旦那さんはこんな酔いどれ女とボーリングしても楽しくないんじゃないかと思って、「私たち二人の合計と旦那さんの点数で勝負しませんか?勝った人は負けた人からマッサージをしてもらうというのでどうですか?」と私がM先生夫婦に提案をしました。「やろやろぉ」と真っ先に言ったのはM先生の方で、旦那さんの方は「ほんとにいいの?酔っ払いの二人なんかに絶対負けないよ。」と自信満々に言いました。

2ゲーム目が始まりました。

結果…




ものの見事に旦那さんに完膚なきまで負けました。

5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM