ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

別れた理由 RSS icon

1 2 3 4 5 6 ... 50
2017/06/24 22:36:11 (myZcQS.k)
親友と絶交したのは21年前。
ずっと好きだった親友から…高校時代は絶交されていたが。大学卒業直前に…
実はゲイだったこと、高校時代に会えなかったのは彼が級友から性的に悪戯されていたので大切な友達とは距離をとりたかったからだということ。
それでも卒業後に結婚すること、友達として一緒に仕事をしたいこと…
などを告げられた。
青春を無駄にした気がしたので断って別れてしまった。
1
2017/06/02 05:00:29 (prafIpaD)
俺は以前、58才のおばちゃんとセフレ関係にあった。
旦那さんと社会人になる子供二人有りのパート主婦。
俺は当時、童貞卒業させてもらった彼女と別れたばかり。
セックス経験積める、手頃な女を物色する22才。
そこに現れたのが、レス歴10年以上という、このおばちゃん。
セックスに餓えているおばちゃん、キャリア豊富なおばちゃんで経験積めるという利害関係の一致。
数回会ったのち、セックスの合意がなされてホテルへ。
そのとき最初の条件として言われたのが、中出ししないこと。
まさかまだ生理、上がってないの?
そう思ったが、理由は別なとこに。
生理はもう上がった、避妊の必要はない、でも中出しダメな理由は、中出しは結婚という形式をきちんと取ってある男性にのみ許される、おばちゃんの理屈からだった。
ま〜そうゆうならそれでもいいか、やれるなら何でもいいやと了解した俺。
休みが合ったから、ほとんど毎週のように会ってセックス。
おばちゃんの胸顔尻背中口、生外セックスで出しまくった。
経験浅かった俺、でも毎週のように会って、一回会うと四回くらいセックスしてたから、一ヶ月過ぎたあたりには、おばちゃんをイカせることも出来るくらいになった。
元カノとはゴム絶対着用セックスだったので、生で出来る喜びが最初はあったが、半年もたつころには、やはり中出ししてみたい衝動に駆られるようになった。
おばちゃんに頼んでみるが、やはり頑なに断られた。
やったら別れるとまで言われ、まだ手放したくなかったので、言う通りに外出しセックスを続けた。
七ヶ月目あたりか、おばちゃんがイクとなったとき、俺は抜くタイミングがズレたふりして、ちょっとだけ中に漏らした。
おばちゃんはそれがすぐわかったようだ。
終わったあと、おばちゃんは機嫌悪そうに、中に漏らされたことに文句を言った。
でも別れるとまでは言わないから、なんだかんだ言いながらも、おばちゃんも俺を手放したくないんだ、そう思った。
俺もまだ手放したくないから、平謝りして継続。
それからまた一ヶ月くらいして、俺は中出ししても、おばちゃんは別れるとまでは言わないだろうと踏んで、人生初生中出しを無許可でやった。
機嫌多少悪くなることあっても、別れるまでならないと思っていたが、おばちゃんは烈火のごとく怒った。
夜メールが来た。
約束破った、もう終わり、さよなら。
生理上がったおばちゃんでも、中出しって特別なのかと思った。
2
2017/05/30 11:32:48 (A51GrEaz)
まったくエロく無いし、面白くもない話です。

お節介焼きなところがいいなと、一時期同棲した彼女がいました。根が親切で色々丁寧なところもいいし、とにかくマジメな方でした。

ただ・・・自分の常識、ルールに関するこだわりかすごく強くて・・・

私は不眠症気味のショートスリーパーで一日の睡眠時間は二、三時間。眠れるときは寝ますけど、無理に寝るより、無理に起きている方が楽なくらいなので、夜中はジムとか読書、今は仕事をしたりしています。

「夜は寝るもの!」と無理矢理布団に連れていかれるのに疲れてサヨナラしました。
他の部分は本当にいいこで、いい意味でお嫁さんに貰うならこんなこだなーって人だったんだけどなぁ。

何年か前に噂で結婚したと聞きました。
きっと今ごろはいいお母さんになってるだろうな。
3
2017/04/20 08:38:12 (8eqLPVxv)
結構イケメンと言われてた元カレ。

まぁ、確かにイケメンだったけど、ナルシだったし、何よりエッチが下手なくせに早いの。

オチンチンは短小な上に早いの。

愛撫もそこそこに入れてきて、五分もしないうちに出して終り…

一番最悪だったのが初体験の時で、彼氏は大学生で私は中学生で、付き合い始めた頃には女性経験が豊富な事を言ってたのに、彼氏の家でいちゃこいてて、そんな流れから始まって、私は初めてだったから彼氏に任せきりだったけど、なんかチャチャと触られて、そんなんだから私は感じてないし、濡れてなんか無かったし…そしたら何を思ったのかハンドクリームを私のアソコに塗って入れてきたの。

もぉ、いきなりガンガン突き上げてくるし、優しさの欠片も無くて、私は痛いだけだったから早く終わってくれて助かったけど…

終わったあと、私のアソコは血だらけだし、中に出された精液だかハンドクリームだか分からなかったけど、私のアソコは酷い状態でした。

でも大好きな彼氏だったから、自分なりに幸せだったと思います。

頻繁にエッチしてたけど、全然気持ち良くはならなくて、一番酷いと思った言葉が「MAIのオッパイってイチパイだよな」て言われた時にはショックだった。

中一でまだ確かに胸は小さかったからなにも言えなかった。

付き合い出して半年ぐらいに彼氏の浮気疑惑が発覚して、彼氏の友達にLINEで相談してたら「俺からは何も言えない」と言われて泣くしかありませんでした。

「ごめんね…ごめんね」と謝られたけど、仕方ないと思いました。

そんな中で、彼氏の部屋でエッチしたあと、ベットの横に置いてあるカラーボックスの目覚まし時計の横にピアスに気付きました。

多分、浮気相手の物だと思いました。

その事をLINEでやり取りしてた彼氏の友達に話したら「何かの間違いじゃない」とか色々と慰めてくれたけど、私は彼氏が浮気してると確信しましたが別れたくは無かったから浮気の事は我慢してました。

その人は、私の事を心配してくれて、私はいつの間にかその人の事を信頼する様になっていました。

その人とは何回か彼氏に内緒で会って相談にのって貰ってたんだけど、何となく?成り行き?でその人エッチしてしまいました。

私も浮気をしてしまったけど、その人の愛撫はめっちゃ優しかったし、時間もいっぱい掛けてくれたし、小さい胸も「可愛いよ」といっぱい褒めてくれました。

お互い裸になって気付きました。

その人のオチンチンは、彼氏のオチンチンより大きく見えました。

実際に握ったら、太くて長かった。

充分に濡れてる私の中に入ってきた時はめっちゃ拡がる感と圧迫感みたいなのがしました。

優しさと力強さみたいなものを感じてると、感じたことの無い感覚をお腹の中で感じると「MAIちゃんの一番奥に入ったよ」と言われて、初めて子宮口をオチンチンで突っつかれる感じを知りました。

その後は、その人の腰の動きに合わせて声が出そうになりました。

繋がってても優しい言葉を掛けてくれて、私とその人の繋がっている所からはクチャクチャと音がするくらいに濡れていたと思います。

その人の腰の動きが早まり、私は初めて意識が遠退く様な気持ち良さに包まれていました。

その日に私は彼氏に別れを言って、彼氏の友達と付き合い始めました。

男の人によって、こんなにも違うことを早く知って良かったと思いました。
4
2017/04/11 18:36:40 (uEHWfceW)
性の道具のような扱いをされた

最低

二度と私に関わるな!

5
2017/03/05 00:31:10 (86WN1PX5)
長男が生まれてから、レス状態。私から誘ったら拒否。理由は「育児と家事で疲れてるだろ?だから…」って。

数週間後、再び私から誘ったらやはり拒否。「実は…」
ゲイであること。
子供が欲しくて私と結婚したこと。
セックスの相手がいて、彼と夫婦の寝室で行為をしたこと。
もし、セックスしたいのなら他の男とセックスしてもかまわない。


なんて告白された。
ゲイなのは、まぁ良い。
子供が欲しくて私と結婚した?私は子供を産む道具じゃない!
夫婦の寝室で行為をした?最低!信じられない!
セックスしたいのなら他の男としてもかまわない?ふざけるな!

即刻、家を出ました。
離婚協議中です。
6
2017/03/01 11:15:18 (wmfbTQNN)
私の別れた理由は、寝取りですね。
前夫の説得でプチ露出から始まって、ハプニングバーでの見せ合いやスワッピングから夫婦交換…までは、良かったのですが、単独さんに疑似寝取られる様になって、その内に…
その単独さんに寝取られ、マゾに調教されて、男としても彼の方が良くなったので前夫と別れました。
落ち着いた今、よくよく考えるとすごく良かったです。
夫は、私の調教が忙しいからと寝取りとか他の女性と遊ぶ事もなく、私を他の男性にゲリラ的に視せたり触らせる事はあっても、抱かせる事はありません!
夫曰く
「勿体ない!」
との事。
前夫に比べ現夫は、経済的にも男性的にも格段に上です。前夫に比べかなりHですけど、すごく私を大切にしてくれていつも愛情を感じています。
先日も、野外でHしていた時、単独さんに視られてしまい、彼に口止め料代わりにお触りされましたが、その時の夫の視線に、単独さんの指使いより、夫の視線に感じてしまいました。
夫は
「彼の指使いに感じたのか?」
と、責めてきて指だけで何度もいかされました。
前夫は、私の事を引きずっているみたいで、友人とかに話したり、たまにネットストーカーもしているみたいですが、感謝を込めて今は放置しています。夫が一度話をしたらしいのですが、止める事もなくまだ続いているので、知り合いの探偵を雇い証拠も抑えているみたい。
本当に夫に寝取ってもらえて良かったです!
7
2017/02/13 15:57:46 (ph3Kw9vu)
別れた…結局は離婚です。原因は、私の浮気癖でした。結婚して5年で浮気相手は数十人 旦那とは比較出来ないくらいに絶頂を味わいました。 必ず果てるエッチに夢中になり…結果は離婚 旦那とは1度も果てた事がありません。仕方ないじゃんね! 下手過ぎるからだよ。今は、3人キープして楽しむ悪い女です。
8

早い小さい

投稿者:にゃん ◆u52mgUTcRc
削除依頼
2016/12/28 08:18:09 (r5iTgzps)
イケメンで仕事も出来る元彼、とにかく早かった。
初エッチの時は入れる前に私の太ももに発射w
入れても数秒w
そして小さいw
私の親指ぐらいしか無いw
9

仮初の銀婚夫婦

投稿者:五十路 ◆vikftnKC7w
削除依頼
2016/12/19 19:16:46 (xP0wbOOP)
駅のホームで、
「久しぶりね・・・」
肩を叩かれて振り向くと、20年前に別れた元妻がいた。
高校の同級生同士で25歳で結婚し、一児を儲けたが、二人で出席した同級会でお互いの元彼、元カノと再会、W不倫で離婚になったのがお互い30歳の時だった。
お互い軽はずみなことをしたと反省したが、妻は不倫相手の元彼の子を宿していた。
一人娘は俺が引き取り、別れた。
その後、俺は33歳で今の妻と再婚、もう一人娘が生まれて家族4人で幸せに暮らしていた。

「お前・・・元気だったか?」
「ええ、一応ね。あなたは?若い奥さんと再婚したんでしょ?」
「若いって・・・6歳年下だからそれほど若いってわけでもないさ。お前は再婚したのか?」
「元彼とね。彼、3歳年下の彼女がいたんだけど、私が妊娠しちゃったから私と結婚したみたいになっちゃった。」
「俺と元カノはお互い既婚者だったから、修羅場だったなあ・・・」
「あれから20年かあ・・・もし、別れていなかったら、今年銀婚だったね。」
「そうだなあ・・・」
5年間、夫婦として暮らし、何度も愛し合った元妻だけに、もっと話したいことがあったが、ほんの数分の会話で、それぞれ別の電車に乗って別れた。

その日、再婚した妻を抱いたが、頭を過ぎったのは元妻との営みだった。
25歳で結婚した俺達は、若い性欲を毎日爆発させた。
新婚旅行は北海道、北斗星のA寝台個室で車窓のカーテンを全開にして、車窓に結合部を向けてセックスした。
走行中だからはっきりとは見えないだろうが、もしかしたら見えるかもというスリルが興奮だった。
最初に宿泊した旅館では、中居さんに1万円を包んで、持っていった8ミリビデオで夫婦のセックスを撮影してもらった。
三脚で固定した画像よりも、様々な角度から撮影したので、体位の変化に対応したアングルがとても迫力と臨場感あふれたエロビデオに仕上がった。
夫のクンニを待ち惜しげもなく大股を広げた若き新妻、女としては羞恥極まりないその格好で夫に女陰をしゃぶられてジュルジュルと卑猥な音を立てて濡れ、その快感い虚ろになる新婦の若き女体・・・
夫の男根を受け得入れるべく股間を開き、女陰に男根を受け入れて淫らな喘ぎをカメラの前で晒した新妻の姿・・・
新妻の恍惚の表情、男根の激しい突きに揺れる乳、男根が出し入れされる女陰、そしてその女陰が淫汁を滲ませ、男根の抽送にゲル状に白濁していく様子、全て離婚するときに処分したが、俺の頭の中には鮮明に残っていた。
二日目の旅館でも貸切露天風呂で堂々の性行為、誰かが覗いているかもしれないのに破廉恥な行為に耽った。
三日目の湖の畔のホテルでは、ベランダに出て立ちバックをした。
みんな、スケベな思い出だ。
結婚生活でも破廉恥な日々を過ごし、軽く縛って辱めや異物挿入で無限快感に狂わせたり、野外露出では高校生に見つかって慌てて逃げたこともあった。
元妻との5年間は、かなり濃い性生活をしていた。
真面目なタイプの今の妻とは、正常位以外の体位さえ変態視されてしまう。

元妻との再会から1年過ぎた今月の上旬、元妻の現夫から職場へ電話があった。
元妻の夫といっても高校の同級生で知らない人物ではなかった。
要件は一つ、元妻の訃報だった。
俺の長女の実の母親の死について、俺に報告する必要があると思ったようだった。
俺は、もう、成人している娘にこのことを告げると、
「私、実のお母さんは記憶に無いの。だから、行かない。お父さんは、行ってあげたら・・・」
と言われたが、娘が行かないのに俺が行くわけにもいかなかったから、告別式への参列は見送った。
だが、元妻の告別式の日、俺は空を見上げて、ひとり涙した。
もし、あの同級会に行かなければ、俺と元妻は仲睦まじく五十路を迎え、銀婚夫婦となっていたことを思い、元妻の名を呟き、仮初の銀婚妻に、さらばと別れを告げた。
10
1 2 3 4 5 6 ... 50
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕