ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ちょっとHな体験 RSS icon

1 2 3 4 5 6 ... 100

居酒屋で

投稿者:まくら ◆2cupU1gSNo  sakurai_pillow Mail
削除依頼
2017/06/25 18:31:41 (imgeHil7)
先日都内某所で1人で立ち飲みをしていました
なんとなく思い立って過去に遊んだことのある女の子にラインをしてみました
すると仕事終わりでちょうど近くにいるとのことで即合流
個室居酒屋に入り談笑
掘りごたつのこじんまりした部屋で静かに飲みました
最近彼氏ができたそうで幸せだと話していましたが、酒が進んだせいもありいつのまにか足が僕の股間に
掘りごたつに向かい合って座っていたのですが、ムラムラしてきたらしく僕のナニをぐいぐいと足で押し始めました
そこからはもう早かったです
すかさず隣に座りあそこを出すとすぐに咥えてきました
彼氏は?大丈夫?と聞くと
「うーん、しょうがないよねー」とのこと
そのまま口と手コキでフィニッシュ
おしぼりに出して丸めておきました
店員さんごめんなさい(気づかなかったかな?)
彼女は生理だったらしく最後までできませんでしたが楽しかったです
また呼び出してみようかなと思います
1
削除依頼
2017/06/21 17:48:17 (PVlB9eV2)
夫の収入も少なく 私も居酒屋で働いてましたが、夫が浮気!
と云うか本気になり バカ夫を見限り50歳で離婚しました。
夫と相手の女からの慰謝料(半分も取れ無かった!笑)を基でに 小さな居酒屋を始めました。
常連客も付き そこそこに成ると、つい口説かれた御客と深い関係に成りました。
土木作業員の40半ばの ガッシリした体と立派で元気な持ち物は まるで疲れを知らない見たいでした。
故郷には妻子が居ると 3ヶ月で工事が終わると去って行きました。
再開発地区が近くに在り その工事関係者が来てくれます。
中には あっちの方は見かけ倒しの男も居ました。
近所の常連さんとは しませんよ!

今は 三十代後半と四十代前半の男と宜しく遣ってます。
三十代の男は 後半月で去って行きます。

性欲に負け こんな太目なオバサンの口説きに落ちたり、口説く男は居るものですね゙。

2
2017/06/20 07:06:29 (.510N4Ua)
2017/06/17投稿の続き、第3弾目になります。

2回目のデートは2週間経った頃に彼からの初デートの別れ際の行動について軽率だったとの電話が掛かってきたお陰です。

電話が掛かってきたときは嬉しかった、映画のセックスシーンやアルコールが入ってからの私の雰囲気が彼をそうさせたのかも知れず、初デートと言えどの素直に流れに乗っていたらよかったのに日頃の自分を晒す怖さで裏腹な反対の行動を取ってしまい、連絡を取るに取りきれないでいたからです。

3,4日おきの仕事帰りや時には昼間の日曜に遠出のドライブなどのお付き合いが始まりました。
初デートの時とは違って誘うような雰囲気を作りながら時間が来るとバス停送られたりや車の時には自宅まで紳士的に送り帰させられていました。

初デートの時に「なぜ?」と後悔した私なので今度こそはオナニー好きを悟られない様にしながら素直にと付いて行く決意を密かに持っていたので今度は何も無く帰され続けていたらセックスされたい思いが募りだしていました。

その結果、デートそしてその夜は擬似男性器として野菜類や化粧瓶を代用しての彼とのセックスや先輩夫婦みたいのを想い描いた激しいオナニーをする構図になっていました。

彼に同級の職場の先輩にはまだ内緒にしていてと言われてのお付き合いだったので秘密と言うのが私にとっては刺激的な状況であったのでより一層増長させてしまっていたのかもです。

2ヶ月も経過した頃には帰り際に公園の人目を避けて林の中やビルの片隅でキスして抱き合い、服の上からですが胸や股間に手を添えられても受け入れられるようになっていました。
心の中ではこのまま誘ってホテルに連れて行ってと喉元まで来てる思いになっている状況で帰っていたので自宅に帰り着いてはオナニーで癒してしまっていたわけです。
転機がきたのは他県であっていたライブ連れて行ってもらい、初めての生ライブに興奮した状態で夜遅く帰り着き、自宅より少し離れた神社駐車場に車を止めて恒例となってきていたお別れキスをしていました。

私が中々車を降りようとしなくて、何となく無言の催促をしている格好になって、察知してか手を服の中に忍ばせ胸を直接触れて、私も待っていたかの様に「あっ〜んぅぅ」と声を上げ反応していました。

それを見た彼も躊躇無くもう一方の手をスカートの中に入れてきてパンティーの上から性器を撫で始め、抵抗しない所か触りやすいように無意識に脚を開き始めたのを知り、パンティーの中にも入れてきて直接触れてきました。

中に入れて性器の陰裂を擦ろうと奥へと滑られていた指先が張ってきていたクリを刺激する様に擦り、私の一番の性感帯になる壺を押さえられた格好になり、ビクビクと身体を震わせ、「ああ、いいい〜」と呻き、そして股を押し付けるようにして腰を動かしてしまっていました。

それを見てまた彼も私を性器を擦り、指を挿入したり、小さな胸の乳首を摘んだりして私をイカせようとしており、無意識に股間に入れている彼の手を取り、クリを弄って欲しいみたいに導いていました。

クリを弄られながら快感の彷徨いながら、男性器が欲しい気持ちが高まり、股間で彼の手に添えていた手を彼の股間の方へと移動して硬くなっているのをズボンの上から掌に感じ、飢えてしまったかの様に「欲しいの!、欲しいの!」とジッパーを降ろして慌しく硬くなっている男性器を取り出して握り締め、扱いていました。

彼もお返しするように胸とクリの刺激を強め、それに合わせるように腰を動かし、悶えて喘ぎ声まで出し始め、彼が射精前のビクビクとする男性器を掌に感じ、「うっ、ううぅっうぅぅ」との声と共に射精を感じ、感動したかの様に私も「あ〜あ〜、いいい」と後追いするようにイッてしまいました。

暫く抱き合ったまま数十秒を過ごし、車を自宅前まで移動していく間に降ろされ、ズレたりしているパンティやブラジャーや服を直して、恥ずかしい思いもありましたけど軽やかな感じで車を降りて帰宅しました。

部屋に戻って、彼の射精した精子がスカートに飛び付着しているのが分かり、その臭いが、さっきの事を思い出されたのとまだ性快感の余韻が身体に残っていましたのでまたオナニーをしてから、風呂に入り幸せ感を感じて寝床に着きました
3
2017/06/19 13:48:16 (wcWFTuXY)
先日、ビジネスホテルに泊まった際の出来事です


仕事も終わり軽く飲んで部屋に戻り、テレビをぼんやり眺めながらタバコを吹かしていると、微かに犬の鳴き声にも似た女性の甲高い声らしきものが聞こえたような気が…
所詮はビジネスホテル、隣の部屋のテレビの音や会話も内容はわからないにしても聞こえてくる。
あらかたテレビの音だろうと、つまらぬ詮索せずにほろ酔い気分でタバコを満喫していると…
次の瞬間、明らかな喘ぎ声が上がった。
テレビのボリュームを下げて、耳を澄ませてみると明らかにリズミカルな一定の喘ぎ声が微かに聴き取れる。
他人のセックス…
それも、AVのようなものじゃなく生々しい素人のセックス…
そう想像しながら部屋のドアに張りつきそのまぐわいの続きを静かに聴いていました。

おそらく、通路からはかなりクリアに聴こえるように感じましたが、他の客と会う可能性もあるので部屋で聴いていました。

たまに派手に喘いでる声に興奮したまらずチンポをシゴいてしまいましたが、イクには至らず(笑)
小一時間続いてシャワーの音の後、また暫くしてから淫らな声が…

以前にも、他人のセックスが壁越しに聴こえてくる事がありましたし、ここのサイトや動画サイトなどで素人個人撮影の動画を見ていると、泊まっていた某ビジネスホテルチェーンの部屋とおぼしきものがたまにあり、そんな事もあってか異常に興奮してしまい、我慢できずに動画を観ながら何度も抜いてしまいました。

自分も以前、当時の彼女とビジネスホテルでしたことありましたが、誰かのオカズになっていたかもしれませんね(笑)
4
2017/06/18 15:03:44 (ev4EKYoi)
いつもの日帰り出張でしたが 翌日休みでビジネスホテルに泊まり繁華街を散策。
可もなく11時過ぎにホテルに帰る事にして 歩いてホテルが見えた時、路地奥に古びた飲み屋が見えました。
何か食い物でも有ると寄って見ました。
入ると 見事ほど腹の出たワンピース姿のオバサンが居て
「いらっしゃ〜い‥」
入って 客も居ず出るに出れずビールを注文!
通しを出したり ビールを持って来たり お絞りを出したりと 行ったり来たり!
夏で暑い日で、良く見ると ワンピースの下は デカパン1枚なのが 透けて見えてました。
ドンと出た腹の脇に巨乳が垂れ下がり 動き回るオバサンのデカパンが ゴムが伸びてるのか?引っ掛かりが無いのか? 腹から下がり 片尻から下がり ワンピースの上から持ち上げて直しても 又 下がっての繰り返し。

店は3〜4人が座れるカウンターに テーブル2つ 奥に6畳くらいの御座敷が有りました。
冷や奴を持って来た時 遂にデカパンが足元に落ちてしまいました。
「さっきから 摺り落ちて来て 気になるから 脱いじゃえよ(笑)」
「ゴメンね ゴムが緩くなって!」
落ちたデカパンから足を抜き デカパンを拾い上げでカウンターの上に置き 隣りに座りました。
「こんな所にパンツ置くなよ!」
広げて匂いを嗅ぎ
「デッカいパンツだな〜!」
すると パンツ丸めて御座敷に投げ、
「臭く無いわよ さっきシャワー浴びて着替えたんだから!」
「シャワー何て 此処に有るの?」
「有るわよ 裏に‥」
御座敷の奥に襖が有り 上がってって襖を開けると、押し入れでした。
上に着替えらしき物が有り 下に布団類が。
「反対よ!」
反対を開けると 三畳の板の間に洗濯物が吊して有り 風呂場らしき扉が!
カウンターに戻り
「ママ 此処に住んでるの?」
「そうよ!(笑)」
「奴じゃ無く 何か ズシッとしたの無いの?」
「今日は出ちゃったから‥ズシッとした物‥私かな(笑)」
「ズシッとし過ぎだろ!(笑)」
ワンピースの上から 出っ腹を撫で 垂れ巨乳を持ち上げてると、
「誰も食べてくれ無いから 熟成してるし(笑) 今なら タダよ(笑)」
「美味いのかい?(笑)」
「ワインでも ウイスキーでも 熟成しないと美味しく無いだろ(笑)もう随分と寝かせてるから美味しいわよ!(笑)」
ワンピースの中に手を入れ マンコに触ると 直ぐ濡れてヌルヌルして来て、
「熟れきって 凄い汁ダクだよ(笑)」

5
2017/06/17 07:56:53 (siZhSwFu)
2017/04/09投稿の続きになります。

入社6年目の26才にして、県外での社外研修に派遣されるまでになり、5日間の研修を無事終わり、研修所から遠くもなかった高校の寮生活時の新入生当時に1年同室だった先輩から折角近くまで来たのだからと招かれ1泊お世話になったと書き、

その夜にお酒に弱い私が酔い潰れたと思っていたのか、有ろう事か隣の部屋で夫婦の営みを始めており、それに気付き、覗き見した上にオナニーまでして酔ってはいたとしても自己嫌悪に陥っていたのが飛行場に送られる途中で先輩のマンネリ性生活の刺激に利用したと話を聞かされ、安心したものの後遺症(笑)も出てきたことも。

中学の頃からオナニー好きになってはいても職場ではかまととぶりして、観光旅行と言っては他県に行っては如何わしいものに観賞参加などのアバンチュールな事をして、他人の男女性交など見世物として見たことはあっても素人であり、身近な知り合いの先輩のリアルな目と鼻先でのセックスは衝撃的でした。

思いの外、妖艶な動きと顔と喘ぎ声が目や耳に残っておりました。
お風呂に入って浴槽の中でぼんやりと物思いしてたり、寝床に入って眠ろうと閉じた目の中で妖艶な先輩が思い浮かび、知らぬ間に敏感な場所に手が伸び、仕事疲れしているのにと思いながらも日を空けずオナニーをしている感じになってしまっていました。

その上に年端もいかない中学になったばかりの男の子とは言え、初体験であり、異物、指を含めて膣内への挿入が初めて男性器を受け入れてから5年目にして挿入願望が目覚め、恋人か男性友達が欲しい気持ちが目覚めて来ていました。

そんな中、その機会が突然に訪れてきました。
月末の金曜の夜の恒例の女性数人での食事会が終え、先輩(別投稿済みの初体験きっかけを作った入社当初に誤解から苛めしていた人、のちに誤解が解け親しい先輩に)にコーヒー誘われ、歩いている時に先輩の中学同級で県外務めしていたのをUタン転職で帰ってきていた男性と偶々ばったり出会い、懐かしさに先輩をお酒に誘い、私もついでに一緒に連れて行かれました。

元々飲めない私ですので酔い、先輩に「先に帰ったら」と先に帰りましたが足元がよろけていたいたので彼がタクシーに乗るまで付き添い、タクシーに乗っての間際に「もしよければ」と携帯番号を書いたメモを手渡されました。

週明けになって昼食の時に金曜の夜の彼の話をしてきて、あの後すぐに先輩も帰ったらしく、中学の同じクラブになり、中学生で他の人から冷やかされると隠れ付き合いして、別高校になって半年に程で私と付き合っているのに他の女の子とデートしているのを目撃し、浮気性と思って別れたと、家も遠くてそれ以来会ってなく12年振りだったらしいです。

12年振りに再会したとは言え、中学の幼い付き合いかもしれないけど一時は恋人どうしだったと聞き、携帯番号のメモを貰ったことは言えず、先輩の手前、電話はまずいかなと無関心の振りしてしまっていました。

携帯番号を教えられ、電話しないのは失礼かなと思いつつも、どうしようと迷っている内に薄らいでいました。

1か月も経った頃に久し振りに浴室での先輩夫婦セックス思い浮びオナニーに入ってしまい、また湯上りの後にぼんやりと「ああ〜あ〜、またしちゃった」と珍しく一人オナニーの虚無感に襲われていました。

寂しいな〜と恋人か男友達がいたら先輩夫婦みたいにと思いに耽っていた所、携帯番号のメモを貰ったのを思い出し、決死の思いで電話しました。

彼も1か月も経っての電話で驚いてましたが私はドキドキした電話で何を話したか分からないままに週末で翌日が土曜休みと言う事もあり午後3時頃に会う約束していました。

電話切り、有頂天に安心した感じで寝床に入り、変な想像もしていた事もあり、またまた珍しくもエッチな夢を見て朝方に夢イキ(男性の夢精似たもの)に近い快感を感じ朝早く目覚めてしまっていました。

初めての男性に誘われての初デートになると出かける時間が待ち遠しいと身も心も軽やかに服や下着選びなどをしていました。

30分ほどのバスの中では色々な事に耽り、待ち合わせ時間よりかなり早く喫茶店に着いてしまっていました。

彼も時間より少し早く来て、喫茶店で少し話をして計画していたのか「もし映画好きだったら映画を見て、夕食を一緒しない?」の喫茶店の近くにあった映画館に入りました。

何十年振りかの映画館と恋愛もの洋画で室内の暗がりと甘い雰囲気の内容に途中に手を差し伸べられてたのにも一瞬ビクッと緊張はしたものの抵抗なく手を握り合っていました。

恋愛物にセックスシーンは必然なのでしょうけど、ハッピーエンドの最後のは5分近くもセックスシーンには困りました、握っていた手に思わず力が入り反応しているのを悟られてしまっているようで初デートなのにと恥ずかしい感じがありました。

映画の後は居酒屋さんで食事をしながら成り行きでビールも口にしていましたのでほろ酔い加減で楽しい時間を過ごし、帰りのタクシー乗り場の方へ送られていました。

ほろ酔いで支えられながらでしたけど人通りが少ない方に向かっているのであれと思っていたら急にビルに挟まれた暗がりの隙間に引っ張り込まれキスしてきました。

驚きももしましたけど楽しくほろ酔い加減もあり、何の抵抗も無くキスを受け入れ、胸に手を当てられて黙ってキスを続けており、その内に手が下の方に伸び、スカートの上からでしたけど反応するかの様に無意識に股を開くような感じをして、両手を彼の背中に回し、自分からキスしている感じなっていました。

そのまま、暫く胸や股間を刺激されていたら、落ちてそこでそのままかホテルへ行っていたのかもですけど、早急な感じで「このままホテルに行かない?、映画館でもちょっと興奮していたようだし、いいよね」と囁かれ、初デートで直ぐにセックスまでしてオナニー好きのエッチな子と悟られ、思われてしまうと気持ちとは反対の「始めてのデートでそんな」と答えてビルの隙間から表の通りに出てしまいました。

彼もしつこく迫ることなく、タクシーに乗せられ帰宅しました。
帰りのタクシーの中では何であんなこと言っちゃたのかしらと後悔して物思いながの帰宅で玄関に入って酔っていた事もありドアーにもたれかかり、「ああ〜あ」と嘆き、ビルの隙間での事を思い出しながら胸の中に手を入れ直接乳首を触り、お腹の方からスカート、パンティの中へと手を入れ、クリまで弄りだしてオナニーを始めてしまっていました。

映画のラストのセックスシーンも思い浮かべ、覗き見して目に焼きついた先輩夫婦のも重なり玄関であることを忘れ、立ったままで指を挿入し、激しく腰を前後に動かしてのオナニーで達してしまっていました。

楽しくあり、苦い初デートではありましたけど、その彼とお付き合いする事になり、念願のセックスもするようになりました。
彼に言われて職場の先輩には内緒となってしまってはおりました。
その後の彼とのセックスのこと等はまた投稿していきたいと思います。
6
2017/06/16 04:09:05 (8dZiDoS6)
18〜20歳の専門学校に通っていた時の話。
仲良くなってHしたとかの話ではないのであしからず。
今思えば凄くもったいなかった・・・
今30後半ですが主婦層からしかお誘いがない・・・
道を外したくないので誘いには乗りませんが!
話を元に戻します。
当時私は常磐線→山手線→小田急線で学校まで3時間位かけて通っていました。
話は常磐線での帰宅時こと。
日暮里から乗っていました。
今はどぉかわかりませんが当時日暮里は凄く混でいて
一気に満員電車状態。
その満員電車の中でその女性と会いました。
名前は覚えてません。
大学生とだけ覚えています。
最初はベタですが電車が揺れた際体が触れたこと。
「あっ!すいません!」
「いえ・・・こちらこそ・・・」
最初のお姉さんとの会話。
私はお姉さんの体に触れない様に手すりに両手で捕まり痴漢に間違われない様に必死!
しかしお姉さんの良い匂いにウットリ・・・
満員電車のギュウギュウで距離が近すぎる・・・
ヤバイ!ヤバイ!
鼻息が荒くなる!
頑張って冷静を保つ・・・
松戸、柏を過ぎやっと座れる!
この嬉しい拷問?から解放される・・・
空いた席に滑り込みほっと一息。
すると隣からあの良い匂いが・・・
なんと隣にお姉さんが・・・座ってる・・・
マジか!
緊張・・・
寝たふり・・・
ずっと寝たふり・・・
茨城に入り荒○沖駅に到着。お姉さんが席を立ち降りて行く。
やっと緊張から解放!
密着したのはこれが最初で最後。
エロくなるのを期待してくださった方すいません。
満員電車の中で毎日の様に顔を合わせていたんですが
ホントにこれが最後。
それからは日暮里のギュウギュウが嫌で上野から乗ることにしました。
やはりお姉さんは日暮里から乗車。
綺麗な人だなぁと立っているお姉さんをチラチラと・・・見てました。
少しずつ少しずつ電車内の動きの中でお姉さんが近くに来ました。
またチラチラ見てると完全に目が合ってしまった!
すぐ目をそらす私。
完全に不審人物・・・
松戸だったでしょうか?
電車が空いてきてまた隣にお姉さんが!
勘弁してくれ!
もぉ!
心臓がドキドキドキドキ・・・
聞こえてるんじゃないかと思った位です・・・
寝たふりする余裕がなく、学校の教科書をバックから取り出し勉強する振り!
これがいけなかった!
突然!
「何か、凄く難しい教科書読んでるんだね?」
「専門学校?」
いきなり声をかけられビックリして横を向くと
綺麗なお姉さんの顔!
ガン見しながら
「はい・・・」
「ん?どぉかした?」
「いや・・・いきなり声かけられたからビックリしま
 した・・・」
「ゴメンね!難しい本読んでるからつい・・・
 自動車?」
「はい!自動車整備士目指してます!」
「へぇ〜、整備士!かっこいいね!」
「はい!RX7って車が好きでマツダに入りたいん
 です!」
「RX7?ふぅん・・・」
話かけられ気が動転していたのかバックから車雑誌を取り出しページをめくりRX7を見せ・・・
「これが好きなんです!これはFCって型で古いんで
 すけど、あっ!今のモデルはFDって言って・・
 知りません?イニシャルDって漫画?」
必死でしゃべる私。
あっけにとられるお姉さん。
「・・・ゴメン・・・あたし車全然わかんないんだ 
 よね・・・」
「すいません!」
「いやいや!夢中になれることがあるのは良いこと
 だよ!また電車で一緒になった時教えてね!」
「はい!」
学校がある時は毎日の様に話をした。
お姉さんも上野から乗車する様になりいつも隣に座ってくれた。
私も2年生になった。
2年生時毎日資格試験の為に学校に残り勉強していたので電車の時間が遅くなりお姉さんと会うことがなくなった。
資格を取るため、マツダに入るため必死になっていて
お姉さんを忘れてた・・・
ふとある日勉強に疲れ居残りを休み帰宅することに
なり前と同じ時間に上野へ・・・すると!
「あっ!○○君!」
お姉さんの姿が!
「久しぶりだね!学校辞めちゃったのかと思ったよ!
 元気だった?」
「お久しぶりです!試験勉強で毎日居残りしてて・・
 遅かったんです・・・」
「元気じゃなさそうだね・・・無理しないようにね」
「はい・・・ありがとうございます・・・でもマツダ
 に受かったんで、頑張って資格取らないと・・・」
「ホントに!受かったんだ!おめでとう!」
「はい!受かりました!でも一時募集で4人しか受け
 なかったんで受かったんですよ・・・」
「受かったんだからいいでしょ!おめでとう!」
とお祝いの言葉を頂きました。
電車内で会話を楽しんでいたんですがいきなり沈黙。
肩に頭が乗った感触があり・・・
お姉さん寝ちゃったのかな?
と思いしずかにしてると。
「あぁ〜あ、もうすぐ○○君卒業しちゃうんだね・・・
 会えなくなっちゃうんだね・・・寂しくなるなぁ」
と・・・
それからは言葉を交わすことなくお姉さんの頭は私の肩の上。
荒○沖駅にてお姉さん下車。
電車を降りてお姉さんがいっぱい手を降ってくれた。
それがお姉さんと会った最後の日。
試験勉強が追いつかなくなり終電ギリギリで帰るようになった為に・・・
お姉さんは私が好きだったのだろうか・・・
告白していたら違う人生になっていてたのだろうか・・・
7

軽くタッチ

投稿者:たくと ◆Hnj5LxD7GA  ulusei-yatura
削除依頼
2017/06/12 16:20:31 (L9UceySz)
最近、セックスレスで
ストレスがガンガン溜まってます。
日常のちょっとした事にもエロが浮かび
男性の尻にまで触りたい欲求が…。
そんな状態なので近くに女性がいると
手がふらふら〜と無意識に動きだし。

土曜のバスの中では
前にjkが座っていて、どうやら寝たみたい。
すかさず左手が席の隙間からjkの胸に。
制服の上からでも軽く揉むと温かさが
手にしっかり伝わってきて数回モミモミ。

それでも起きないので
次は多少荒々しく前でカバンを持っている
のも無視して胸の登頂部へ。
そして左手の薬指と小指を胸のアンダーに
しっかり食い込ませてから
モミモミ、モミモミ。
ブラがパット付きだったので
揉む時の柔らかさに少し固さがありましたが
鷲掴みに近い状態からの揉む動作には
満足感はありました。

流石に起きてしまったので
その後は触れませんでしたが
キョロキョロしながら
頭にハテナが飛んでましたね。

日曜日はエスカレーターで
10人ばかり、お尻ナデナデ。
友達と会話してるとお尻を撫でられても
気がつかないのか?
全員が気がついてなかったです。
おかげで楽しい日曜日に。
一人だけ、触られているのが
分かって子がいましたが
母親、女の子、私の並びで
電車待ちの時に5回にわけて
お尻をナデナデさせてもらいました。
多少は指先に力をいれて食い込ませ
ながらの、ナデナデでしたが
最後の1回までは無反応でしたね。
そして最後は触られているのが
ハッキリ分かったのか動きが止まり
母親にどうしたの?と言われ
ちょっと固まっちゃったって
言っていたので、本当に驚いたんだろうなと
実感すると同時に触れて良かったと
感激しちゃいました。
8
2017/06/11 17:40:20 (z6yFSnxG)
お酒とセックスが大好きです!
安い居酒屋を探しては一人飲んでいます!
しかしトイレが近いのが欠点です!
最近はトイレでオシッコをしていると隣の男の人に誘いを受けます?
「あっ!男の人とのセックスはできないって断ります!」
「ハイ!私の彼女とのセックスならばどうでしょう?または年配の夫婦の場合には、妻とセックスしませんか?」
皆さんパートナーと僕のセックスをみたいって申し込みが多いんです?
こちらは一人だから得をしていますけれども、何故にこんな人ばかりが寄り添うんだろう?
確かに途中で勃起しましたv(´▽`*)
って言われたならば、すぐさま交代しますよ!
まあ僕って刺激剤みたいな役ですねぇ?
なかには女の人と連絡を取り合いして、浮気って事もありますけれども?
皆さんパートナーも承諾済みらしいんですよ?
浮気にならない刺激剤かなぁ?
最近はこんな経験が多いので、不思議な気持ちです!


9
2017/06/10 00:23:26 (ScJW/N1w)
私には小さい頃から人には言えない特殊な性癖があります。

それは、「男の人が野外でオシッコ(いわゆる立ちション)してる姿」を見るのが大好きなんです。

小さい頃は友達の男の子が道端とか空き地でオシッコする姿をよくドキドキしながら覗いてました(笑)

そんな私の性癖が今日の出来事を呼び寄せたのかもしれません。
ついさっき友達との飲み会から帰ってきたんですが、最寄り駅から歩いている最中に本当になんとなく背後が気になって振り返ったら、ランニングウェアを着た男の人が芝生地帯?の前でなにやらモゾモゾとしてる、

「え!?もしかして・・・」

と思った矢先でした。
すぐに「シャァー」って水音が聞こえてきました。

「あの男の人、こんなとこでオシッコしてるんだ・・・」

その後の私の行動は正直、欲望の赴くままでした。
「男の人が、し終わっちゃう前に・・・」って感じで早歩きで来た道を引き返しました。
そして、わざと男の人の近くを通って、すれ違う数秒でしたが、芝生に水やりをしてる最中のアレを覗かせてもらいました。
男の人も私に気づいて、恥ずかしかったのか、顔だけは見られないように顔をそむけてました。
アレは正直、小さくてちょっとだけ残念でしたが(笑)

あくまでも「私にとっては」ラッキーな出来事でした。








10
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕