ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

海外旅行での体験談 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 32
2018/07/17 10:51:07 (mhv5SnCR)
アメリカ出張に行ってる時に常駐者に誘われてマッサージに行って来ました槌 行く前にアソコの毛を全部剃って来る様にと言われる。アメリカでは無毛が常識だから!行くと入口で30分60分90分を選び私達は60分を選び槌30位を払い中に入りました。これは入場料金でマッサージ料金はマッサージ師本人に払います。中に入れるとロッカー室に案内されそこで全裸に成り毛布の様にデカイタオルで下半身を巻きリビングに行くとそこは10畳位でソファーが有りお菓子とコーヒーが飲み放題で何時間でも居られてその部屋に居る時間はカウントされません槌 ソコにはマッサージ師の写真一覧があり(男女)男は女をという事で私はマリーというぽっちゃり女性を選びました、プレー前にトイレにと思って廊下に出て突き当たりのトイレに行く途中、別の部屋のカーテンが少し開いており覗くと奥にマッチョなマッサージ師が水着パンツ一枚で女性をマッサージしてて頭が奥に足が入口に向きマッサージ台の上で全裸で仰向けになっていた。おっぱいの大きな60才位のぽっちゃり熟女で足裏から両足アソコおっぱいまで全部見えており、何よりアソコが完全に剃られており、まるでアソコは幼稚園児様にツルツルパイパンで、オイルに全身がテカテカ光りパイパンの丘に走るくっきり一本線の割れ目が二本の少し開いた太ももの間を通りお尻の割れ目とキレイな一本線で繋がってるのが見えた。私は生で見たアメリカ熟女のパイパン割れ目にタオルを巻いたアソコが超勃起した!その後リビングに戻りボーイを呼びマリーと告げるとマリーの部屋に案内されマリーは写真より熟女で40才位で上下ビキニでTバックでお尻は完全Tでヒモだけで前の▼布は10cm位で回りに毛はやはり一本もなくパイパンでおっぱいは90見えており隠れているのは乳首だけでそれも透けて見えておりマッサージがスタートするのにマリーが私のタオルを取ると勃起したナニを見て一言「イヤー、エキサイティング!」とそして全裸でマッサージ台にうつ伏せで寝るとマリーが即オイルを塗り始め背中に塗る時私の頭越しに塗るので私の目の前にマリーの下半身が見えるのです。こんもり丘に▼が中央にあり両サイドに周るヒモは5mm位の太さで布地以外の丘は完全にツルツルでパイパンだとわかった!マリーが動きを重ねるとTバックの▼布地の下が割れ目にどんどん食い込んで行き10分もした時は割れ目が半分位見えており、それが逆にエロくてオイルを取る時後ろ向きになった時のお尻の割れ目上からでるTのヒモだけというのも…40才の女がパイパンTバックというのも勃起物でした。1時間後マッサージ代とチップで槌100を払い全全身オイルを落とすのにシャワー室に案内されるとソコには一緒に来た同僚も居て、それでさっき見た60才位の熟女もソコに居てシャワーは男女共同みたいで全裸で隠さず堂々と私達に話しかけて来ました槌おっぱいはF位でアソコもキレイなツルツルパイパンで割れ目がくっきりハッキリ見えていて、その後やはり見てるとその熟女も後ろが完全ヒモだけのTバックパンティーを穿いてシャワー室を出て行った。アメリカのマッサージ店ではずーとアソコは勃起状態でした!!!アメリカでは少女から60才の熟女までツルツルパイパンTバックパンティーでした!!!
1
削除依頼
2018/05/05 20:45:09 (/EbLvrNF)
子供も独立して余裕が出来て、同じような友人とツアーで海外旅行に
行きました。
何日目だったか、一日自由行動の日があって、その友人と二人で出かけました。
昼食の食堂で隣のテーブルに座った二人連れの現地人の若者に声を掛けられて一緒に
食事をしました。
「あなた方は日本の女学生か」と言われました。
50才近い私たちはびっくりしましたが嬉しかった。
小柄な私たちは彼らから見たら女学生に見えるのかしら。
片言の英語でしたが話が弾んで、午後から彼らが町を案内してくれれる
ことになりました。
いろいろ案内された後、僕らのアパートが近くにあるから少し休んで
行きましょうと案内された。
そのアパートに入ったらいきなり押し倒されて着ているものをはぎ取られて
犯されました。
二人は交代で私たちを2回づつ犯しました。
油断できませんね。










2
2018/03/28 20:42:10 (S9iwA7pu)
私はレズです。男性経験は1人だけ。
4回ほどしましたが痛くて気持ちよくなれませんでした。
海外旅行に一人で行った時に、可愛いラブホテルを
発見し興味本位で入りました。写真を撮って友達に海外のラブホ
こんなんだったよと自慢したかったのです。なので1人でお部屋をとって写真を撮って眠れれば良かったのです。
ですが入ってみると日本とは大違い。まずすぐに若くて美人なスーツを着た女性が受付につく前に寄ってきました。わたしはネギをしょったカモだったのでしょう。女性だけのお泊まりはできないとのこと。帰ろうとしたら、マッサージができます。と。でもそういう目的じゃなかったのでノーと断ると、あなたなら20ユーロで出来ますよ。女性もみんな気持ちよくなって帰っていきますよ。とびっくりなことを言うのです。がラブホテルの中でマッサージ、えっちなマッサージされるとしか思えません。普通断るのでしょうがその美人受付のお姉さんのお願い。20ユーロなんだから。という期待の目にまさかのOKをしてしまいました。するとさっきより意気揚々と部屋へ案内するわと。どうやら左はカップルで利用する部屋。右端マッサージなどの娯楽。左に案内されるとまず最初に目に飛び込ん出来たのは沢山の大人の玩具。販売されています。怪しいふいんきムンムンになんて所へ来てしまったんだとドクンドクンと心臓の音が聴こえました。男性の形をしたものや入れる穴の玩具など実際に見るのは初めてでエッチな気分になってきました。いよいよ部屋に通されてここで待っててと。言われるがまま靴を脱いでベッドの上で座って待ってると、ハロ〜〜といやらしい声で先程とは違うかなり!グラマラスな女性が。怖くなった私はやばい!やっぱり普通にマッサージしてもらって帰ろうと思いました。がすぐに上を脱がされてしまい、可愛いおっぱいと手でこねこね。想像してたマッサージから徐々にではなくおっぱいを揉まれたのですぐにノー!と言ってしまいました。すると一瞬びっくりした表情になりましたが、相手の方はレズだけど恥ずかしがってると思ったようで、日本人なのね。可愛いわね。怖がらなくていいのよ。すぐにあなたの望むようにしてあげると乳首を心地よく吸われてしまいました。その一言でレズではなかったわたしは、あ、レズかもしれないと。乳首を吸われる気持ちよさにもっと気持ちよくなりたいと思ってしまったのです。そんな表情を見て女性は私を押し倒し、おっぱいを揉みながら付け根を絞るようにしだいて乳首を突起させるとチロチロと舐めました。気持ちよすぎてあんっと声を出してしまいます。こんなに乳首に気持ち良いが詰まってるとは思いませんでした。それと同時に下の、おまんこがじわ〜としたのをいまでも覚えています。乳首を触られ弄られ続けられているとおまんこの方が疼きだしました。自分でもびっくりするほどトロトロな蜜が出ているのがわかります。はやく触ってほしい舐めて吸ってほしいそう思いました。英語でそう伝えるとあら。可愛いわね。もう我慢出来ないの?本当にえっちじゃない。といいながら脚を私の下半身に絡ませながら舐めるようにキスをしてくれました。女性のふくよかなバストも私のバストに当たりキスをしてるみたいでねちょねちょと絡まり合う身体のいままでに味わったことのない気持ちよさに吐息が溢れてしまいました。わたしのまんこに彼女のおまんこが当たるのです。彼女のおまんこはつるつるでした。彼女の方が身長が大きいのでおまんこ同士を合わせるには男性が挿入するように私の上で上半身を起こして身を屈めます。オゥ…オウイェ…と気持ちよさそうな声で具合わせを。 プロの女性に体を弄られ、その手つき腰つきにそんな気もなかった私はもう既にこれ以上のこの先の快楽を知りたがっていました。えっちがこれほどまでに気持ち良いと感じたのは初めてでわたしもカノジョのオマンコを舐めたくなっていました。彼女はわたしのえっちな気分なおまんこを舐めてくれその舌さばき吸い方に失神しそうなくらいの気持ちよさ。じゅるじゅると聞いたことのないえっちな音。皆さんこれは経験した方が良いですよ。あああんっと日本にいる私からは想像出来ないAVのような声を辱めもなく出していました。一緒に気持ちよくなりたくて彼女の胸を掴み揉むとオゥ〜と気持ちよさそうにして舐めたいと伝えると69になってしました。ジュルジュルと本当に気持ちいい。今でも思い出す。いやらしい声を上げながらイきました。わたしはそれでもう満足だったのですが、彼女はやっぱり中に何かが入らないと物足りないでしょと。先程途中で見た男性の棒の形をしたおもちゃが。私はそれはいい。もう十分と伝えると。もったいないわ。気持ちよさは奥の奥まで楽しまないと人生損よ。ともうすでにぐちょぐちょのおまんこをまたいやらしく舐めると入れると思いきやグネグネと動くそれを乳首に押し当ててきました。すごくいやらしい事をしている感に嘘でしょ?と止めようとしましたがおまんこが疼くんです。すると彼女は自分のオマンコにそれをゆっくりとふくませました。オゥ...気持ちいいわ刺激が欲しいのよといいながらエロい声で体つきで自分で快楽を求めるのです。その姿にそんなに気持ちよさそうにしてる彼女をみてわたしもそうやってふくまれたくなりました。いつのまにかあグネグネからブルブルと振動に変わったそれは彼女膣内を刺激して絶頂へと誘いました。彼女が終わる頃にはわたしは自然と右手は乳首左手はおまんこを触っていました。呼んでるじゃないの。サービスよと。彼女の中からぬるんと抜き出たまだぬるぬるのそれをわたしのおまんこへ入れました。とんでもない快感です。元彼の時とは全く違う。吸い付くようにおちんぽの形をしたおもちゃを受け入れ自分がどんな声を出していたか覚えていないほどの快楽。彼女とその棒状の玩具に身を任せてびちゃびちゃとお股から汁を出してイキました。着替え終わると、最後のはサービスよと。本当はお金をとるのでしょう。お金を払っても良いと思いました。人生で初めての快楽でしたもん。シャワーで体綺麗にすることなくそのまま服を着てそのままの身体でホテルに戻りました。戻ってからもムンムンとして一人占めのベットにダイブするとそこまで堕ちたくはないのにベットに先程の秘部を、身体を擦りつけていました。
枕を使って擦り付けたり部屋に一人しかいないという開放感に下着のみといういやらしい格好になって暫くいろんな気持ちいいを探しました。彼女との快楽を思い出して快楽に辿り着くとハッとしてそのままシャワーを浴びると、わたしは何をしていたんだろうと我に帰りました。それから日本に帰ってからは仕事などもあり忙しく思い出さずに眠れていましたが、夜になると女を求めてお店に向かってるんですよ。普段は女性とのエッチやオナニーをしています。
そうなってから3年です。わたしは女性が好きでレズビアンです。でも何故か本物の男の物が欲しくなる時があるんですよ。おまんこいっぱいに窮屈感を得たいと。でも日本でするには嫌なんです。なので遂に行ってきました。女一人でえっちを求めて海外旅行一人旅。海が見たい、美味しい食べ物が食べたいではなくメイン目的はおチンポです。マッサージです。えっちです。女性にも触られたい。とにかくレイプではなく自分の身を守り危険を回避しながらも身体の気持ちよさを求めるのです。ぬめぬめとしたあの彼女にされた快楽が忘れられないのです。えっちがしたい。エロ目的で海外旅行に行ってきましたとさ。セックスじゃない。えっちをしてきました。今やチンポはわたしにとってはまんこを気持ち良くしてくれる道具なのです。
3

異端との遭遇

投稿者:ポーロ ◆qQ6wK6czCM
削除依頼
2018/01/11 11:50:18 (7UjLgfSG)
高校2年生の時、俺は学校のイベントでオーストラリアに14日間のホームステイを兼ねた研修旅行に行った事がある。

場所は詳しくは話す必要もないし、詳しく話してもどうにもならない場所なので、あえてここでは割愛するけど、東海岸のある田園風景が広がる田舎町。という事くらいは言っておこうと思う。

俺達は通っていた高校からオーストラリアに渡航した研修旅行組は現地に到着し、空港からバスに乗り継いで、その日の夕方にはホームステイ先の家に到着したのだった。これから一緒にホームステイ生活を過ごすパートナーとなる仲の良い同級生も一緒だった。

家族はテレビや映画で見る外国人ファミリーのステレオタイプ的な家庭で、祖父母、両親、兄、姉、弟、妹、幼児。という典型的な家族構成だった。

俺たち田園の中にポッツリと建つ、無駄にだだっ広い家に入り、8畳くらいの大きさの空間の部屋の中が俺たちがこれから生活をする部屋だといわれたのだった。

部屋の中は、窓がひとつ、ベッドが2つ、大きな全身鏡がひとつあるだけで、それ以外は本当に何もない部屋だった。

ただカルチャーショックを受けたのは、やはり海外というのか、靴を履いたまま家に上がるという事が最初のカルチャーショックだった。

ともかく、こんな感じで俺たちのホームステイ生活は始まり、それから子供たちが通っている学校に俺たちも昼間は通い、休日は車で渓流釣りに行ったり、ショッピングモールで買い物をしたりする、ああ、これがホームステイか。というような感じでホームステイの日数を消化していったのだった。

ただ、その中でも日本で生きる高校生の俺たちに馴染みがなかったのが、食前と食後の、およそ15分くらいかかる、お祈り。である。イメージとしてはキリスト教みたいに手を胸の前で組んで、並べられた食卓の料理の前で、とにかくブツブツと祈りの言葉をささげるのである。

これにはお祈り当番みたいなのが決まっているのだろう。ある日は兄がやり、ある日は姉がやり、その長い15分のお祈りはローテーションで朝、昼、夜と行われていたのだった。

俺たちはその宗教色というもに触れたのが初めてであり、この瞬間に(やっぱ海外なんだな・・)と思ったのが、もっとも強いカルチャーショックであると、今でも覚えている。

しかし、今思えば、なぜ俺が通っていた高校は、このオーストラリアの、この地域という場所をホームステイ先に選んだのだろう。と今でも疑問に思う。

というのも、初めて来たときは、初の海外という事もあり、興奮しまくって見えているようで、何も見えなかったのだが、慣れてくると見えてきたのが、この地域の特異性というか、あまりに宗教色が強すぎるエリアなのである。

家の中も、田園から車で30分くらい飛ばした、唯一といってもいい町中でも、流れている音楽、壁画、建造物等、その独特な宗教色が強いエリアなのだった。

ここで話を大幅に割愛するんだけど、結局、俺たちはホームステイ初日から1週間後くらいの土曜日、ある日突然、世話になっていた家族に、家の中で強引なまでの勧誘行為に遭う事となり、(翌日の日曜日の教会での集まりに新入会者の俺たちを紹介するために、家族たちが間に合わせたかったんだと思う)

俺たちは「なんだかもうめんどくせーから、入信した。っていう事にしたらいいんじゃね?」と、相手にわからないように日本語で相談しあい、(俺たちは語学専門コースだったので、日常会話の英語はマスターしていた)一時は、その入信をします。というような話をしたのだった。

すると今までの歓迎は嘘の歓迎だったのか?と言わんばかりの、本当の大歓迎となり、ハグされるわ、妙なプレゼントをされるわ、今までにない豪華な食事が待ってるわ。と、俺たちは、あまりの待遇の変化に、「入信するって言ってよかったなww」と目先の豪華な食事や贈り物に目がくらんでいっていたのだった。

だがしかし、後になってその宗派の事を調べると、当時はキリスト教だと俺は思っていたが、実際はそうではなく、そのエリアに居住する特定の民族だけが信仰する、言い換えれば土着信仰とも言っていいようなレベルの新興宗教だった。

後になってネットで調べると、カルト指定されている新興宗教であり、キリスト教っぽいのは、キリスト教の異端だから。という理由であった。

まぁどこにでもあるカルト系にありがちな、輸血禁止(信者間はok)とか、近親婚が盛ん、あと信者間でのSEXに対する考え方がOPEN過ぎる。というのがあった。(この最後の部分は、非信者との性交が厳格に禁止されているという事であり、その裏返しで逆に信者間においては、フリーセックス状態になっているとの事。なのでもちろん、デキちゃった婚が当たり前)

当時はこんなところまでは分からなかったが、(逆にわからないからこそ、こうして記事になる体験ができたのだが)後々、調べてみたらそんな小さなカルト集団だった。

何も知らない俺たちは、翌日の朝8時に起こされそれから車で1時間くらい飛ばした場所にあり、小さな教会の中で、俺たちの入信儀式が始まった。儀式はシンプルなものだったが、聖書的な雰囲気がある本の上に手を置き、なにかブツブツと神父的な人が言っている言葉にウンウン。とうなずくだけのものだった。

それが終わると教会あげてのパーティーが始まり、またそこでも豪華な食事とプレゼントを贈られたのだった。

そしてその宗派の立派な信者となった俺と、一緒に泊まりに来ていた相棒のSは、その夜から思いもしない体験をする事になっていくのだった。

前書き長くてスマン。本題に入る前にいったん投稿する。
4
2017/10/19 09:10:06 (tqEWIvhs)
毎年 仕事仲間とbbkにいって遊んでます。先日 時間とれたので 一人でいってきました。タニヤで見つけた かわいい女の子。 すぐにペイパーしました。二人でシャワーしてベッドでクンニしようとしたら ものすごい匂い!あんな匂いは 初めてだった。たまらず我慢の限界だったけど やることやろうと思い ゴムは?聞いたら ない と。おれもない! ちゃんと検査してるから 生でいいよ! でも それだけはヤバい なんせこの匂いネ すぐにコンビニいって 合体ォ 終わったあとも 布団の中に 匂いがこもり 部屋の中にも たまらず朝までのつもりが 帰らせたヌ そのあとの始末が大変ォォ 布団パタパタ 換気扇全開 部屋のドアも 開けっ放しヌ かわいい顔なのに 残念でしたォ 生でしたら 医者にいってかもォ
5
1 2 3 4 5 6 ... 32
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕