ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

初めての風俗体験 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 23
2017/03/13 13:54:33 (7XtJjo87)
卒業生を送り出し、春休みは御褒美の骨休め旅行が公認だった。
先輩に聞いていた、夢の体験が当時のトルコ体験。
高知のはりまや橋に近いその店、3人ともうぶだが、年下の男はすでに経験済みで、連れ遊びとなった。
30代2名と40代1名の姫が迎えてくれた。相方は40代に決まった。
案内された風呂には煌煌と電気が照り、毛穴まで見えそうに明るい。両手をついて挨拶した女性は50過ぎていたようだ。
羽織っていた薄絹を取ると豊満な臀部と乳房が、いやでも目に入る。
「お客さん初めてでしょう」図星だ。「知らないのでよろしく」。
着物脱いで、もちろんパンツもですよ、って言われたが、一物は手で隠していた。
「恥ずかしいですか。奥さまいらっしゃるのでしょう。今日は私がサービスしますので、何でも言って頂戴」
椅子に掛けて、俗に言うスケベエ椅子だ。座ると泡だらけの手が肛門からキンタマに掛けてすべすべと擦る。
「あら、お客さん、初めて見るような立派なずっぺですね。久し振りのご馳走で、私のマンマが喜びそう」
ずっぺ、マンマ、その女性はマラとマンコをそう呼んだ。
女性が仰向けになり、さあどうぞというが、何と肝心の魔羅が起たない。
その時、隣の相棒の使いが、お金1万円貸してく出しと言ってきた。邪魔が入ったのがよかった。
ようやく勃起し、割れ目に突っ込む。ピストン運動を始めたが何ともない。10分ほど激しく突いたが逝かない。
「お客さんお酒飲んでる?」「いや素面だ」「後から入れてみて」とワンコスタイルになる。
「お客さん、穴違いですよ。でもそっちがよかったら使ってください」
締まり方だ半端でない、熟女の肛門恐るべし。
まんぐりがえしの姿勢で、マンコに指を入れながら、肛門で果てた。
1
2017/02/17 12:34:36 (4z9Mc0dB)
永らく風俗とは無縁に生きて来ましたが、仕事と家庭で女の子と仲良くなる時間的余裕がなくなってきて、初めて人妻ヘルスにお世話になりました。
運良く当たりだったのかな? お相手は意気投合できそうな素敵な同世代の方でしたね。ビジネスと言うかスポーツと言うか「気持ちいい」だけを求める変な感じの時間を経て、ピロートーク的な時間も終わってみたらずっと楽しかった(笑)
ついつい連絡先を聞きそうになっちゃいました。

きっと素敵な人とはお仕事抜きで会いたくなるし、気が合わないともっとビジネスライクになるんでしょうね。
どっちにしても風俗体験は今回だけでいいかな。
2
2016/12/28 10:35:05 (snCUvAg8)
会社の旅行でY県の温泉街へ行った時の体験です。

男性陣のみでの旅行で、旅館についてからは温泉を楽しんだ後、ひたすら酒を飲んでいました。
21時過ぎごろだったでしょうか、同僚のFが、「せっかく温泉街へきたんだし、やっぱり風俗に行っとこう!」と、私と同僚のNに声をかけてきました。

しかし、私は風俗未経験、しかも同棲中の彼女とは結婚秒読み段階であったため、最初はFの誘いを断りました。
ただ、最近は彼女も私もお互い忙しく、2ヶ月ほどエッチがなかったことに加え、酒の勢いもあり、Fからしつこく誘われた私は、初の風俗へと向かったのでした。

旅行から歩いて15分ほどの場所に、お目当ての風俗店はありました。
価格帯は20,000円ほど、店舗も小さめの大衆ソープ店です。
私は「初めての風俗がソープか...」とかなり緊張してしまいましたが、同時に久しぶりの彼女以外の女性とのあれこれを考えると、なんとも言えない興奮を覚えてしまっていました。

店内に入ると、受付には初老の男性が。
私たちは3人で入店しましたが、運よく3人の嬢がすぐに入れる状態とのこと。
同僚たちとあれこれ言いあい、私のお相手は身長160センチ、Dカップのあやさんに。
待合室でウーロン茶に手をかけると、すぐに呼び出されました。
彼女への罪悪感と、緊張や興奮が同居した妙な気持ちのまま、カーテンをくぐりあやさんとご対面。

線は細めで髪は明るめに染め上げ少し派手めな印象、胸とお尻はほどよい曲線を描いており、年齢は30代前後かというところです。
正直な話、顔は良くて中の中という感じでしょうか。
ただ、大人しめで胸もBカップの彼女とは正反対の印象を持つあやさんに、さっきまでの罪悪感が薄れ、興奮が大きくなっている自分がいました。

部屋へ入ると、あやさんは「今日はお友達ときたのー?」と、笑顔で話しかけてきました。
私は思いのほか緊張せずに会話することができ、しばし雑談していると、いい雰囲気に。
あやさんの「じゃあ、お洋服脱いで、一緒にシャワー浴びよっか」の声で、私は全裸に。
あやさんも、露出多めのワンピースを脱ぐと、ブラ、パンツを脱ぎ同じく裸に。

あやさんに体を流してもらっていると、私のアソコはすでに元気になり始めました。
すると、あやさんは「すごぉい、もうビンビンだね」と言うと、泡まみれの胸を私の体に擦り付けながら、モノをシゴき始めました。
この時点で、もう爆発しそうです。

あやさんはそのまま跪き、泡まみれの胸で私のモノを擦りあげはじめます。
私の人生初のパイズリでした。
彼女はBカップのためそもそもパイズリはできませんでしたが、あやさんのたっぷりした胸で挟まれながら、「これがパイズリかぁ」と、快感に浸ってしまいました。
このままおっぱいに射精してしまいそうなところを、寸前のところで止められ浴槽へ。

あやさんから「腰をグーっとあげて、おちんちんだけ出してね暖」と指示を受け、潜望鏡フェラへ。
プロの女性のフェラが、こんなにも気持ちが良いものとは思いませんでした。
優しく、強く、交互に刺激を受けながら、あやさんの口の中で私のアソコがさらに責められます。
そして、その姿勢のまま再びパイズリへ。
お湯の暖かさとあやさんの胸の柔らかさが直にアソコに伝わります。
あやさんの「ガマンしたお汁で、こんなになっちゃってる暖」の声で自分のアソコを見ると、浴槽の中だと言うのに、あやさんの胸と私のアソコが、私のガマン汁で粘っこく泡だっていました。

擦られているのが分からないくらいネバネバの状態までパイズリで責められた後、あやさんに体を拭いてもらいます。
そこで、話題は彼女のことへ。
「付き合ってる人とかいないんですか??」という問いに対して、私は正直に答えました。
「実は、同棲している彼女がいて、もうすぐ結婚するんです。でも、最近かなりご無沙汰しでして...。お酒もけっこう飲んでるんで、ガマンできなくて勢いできちゃいました...笑」
するとあやさんは「風俗なら、割り切った遊びなんだから気にしなくていいと思うよ!それよりも、久しぶりのエッチなんだから楽しまないとね!」と言います。
「正直、彼女以外の人とするのかなり久しぶりなんで、すごい興奮しちゃってます、ごめんなさい笑」と伝えると、あやさんは続けます。
「彼女さんには悪いけど、今日はあやがいっぱい気持ち良くしてあげるから、○○さんも、あやでいっぱい精子出してね暖」
頭が弾けそうなくらいの興奮で、アソコもバキバキです。

ベッドに横になると、あやさんから「寒くなぁい?」と質問され、「はい、大丈夫です」と答えました。
しかし、あやさんから「もー、なんで敬語使うの?2人で気持ち良くなるんだから、敬語禁止!」と怒られてしまいました。
また、あや、と呼び捨てするように指示され、もうなんでも言う通りにします状態の自分です笑。

あやさんはベッドの上でも私のアソコを口で刺激します。
さっきの浴槽でのフェラよりも、さらに強く吸い上げられます。
すると、私のアソコにはいつのまにかゴムが装着されています。
あやさんは私の上に跨がると、「おちんちん、もう挿れちゃっていい?」と、甘い声で尋ねてきます。
ダメなわけがありません。彼女への薄っすらボヤけるような罪悪感を胸に抱きつつ、私のアソコは、あやさんの膣に飲み込まれていきました。

アソコがあやさんの1番奥に到達すると、その温かさと圧迫感に、眩暈がするほどの快感を覚えました。
あやさんはすぐに激しい上下運動をはじめます。
あやさんは私に向かって倒れこんでくると、「すごいよぉ お酒飲んでるって言ってたのに、すっごいカタイよ暖」と喘ぎながら、くねるような腰の動きでピストン運動を続けます。
「でちゃう!!」と伝えると、あやさんは1度結合を解き、「まだダメだよ暖」と言います。

あやさんは私と上下を入れ替わると、脚を大きく拡げ、再びのアソコを割れ目へと誘います。
自分が挿入する立場になると、今、彼女以外の女の人とエッチしてるんだ、という実感がさらに強くなり、背徳感からかさらに興奮が増してきました。

ズプッ、と一瞬であやさんと再結合し、本能のままに腰を打ち付けました。
あやさんは甘い声で喘ぎます。
おっぱいに吸いつきながら腰を振ると、あやさんはいっそう声をあげて喘ぎ、私に尋ねます。
「彼女とエッチするのと、どっちがきもちぃ??」
私は、心の中で彼女にゴメン!と謝りながら、目の前で揺れるあやさんの胸を掴みます。
「あやのほうが気持ちいい...!もうイキそう!!」と伝え、あやさんにしがみつきました。
「いっぱい出して!彼女の分の精子も、全部あやにちょうだい!!」
いま思い返すと、なんだかマンガみたいなセリフですが、その時はこんなこと考える余裕もありません。
無意識に、「あやっ、あやっ」と名前を呼びながら、私はあやさんの中で、溜めに溜めた精液を吐き出してしまいました。


しばらく抱き合ったまま、射精の快感を味わい、あやさんの介助を受けながらゴムを外します。そこには、自分でもビックリするくらいの量の精液が....笑
あやさんは、「やっぱり、すっごい溜めちゃってたんだね。もう一回しよっか暖笑」と優しく笑いかけてきます。
とてもじゃないけど、と照れ臭くなりながらもお礼をいい、体を流してもらうことに。

しかし、シャワーを浴びながら、どうしてもパイズリでイッてみたくなり、あやさんにお願いしてしまいました笑
あやさんは「もちろんいいよ!おっぱいにもいっぱい出して帰ってね暖笑」と受け入れてくれました。
あやさんのローションパイズリに散々甘えた挙句、恩を仇で返すような大量の精液で、これでもかというほどおっぱいを汚して時間終了...笑

風俗はいいけど、浮気はダメだよ、なんてクギを刺されて、はじめての風俗体験を終えました。
はじめての体験が、あまりにも衝撃的すぎて、その後も何度か別の風俗店に行ってしまいましたが、あやさんほど脳裏に焼きつく体験は、いまだ出来ておりません...
まぁ、風俗に行くのもよくないよ、というメッセージなのかも知れません笑
3
2016/12/21 18:00:16 (RlMZNNKZ)
今さっき、生まれてはじめて風俗店に行ってきました。
お店のコンセプトとしては、素人の、アイドルのような娘を揃えてます、的な感じでした。

一応童貞ではないですが、ずっと一人でシコっていましたので、実際に挿入するも射精までに時間がかかってしまい、嬢に心配されてしまいました。
「20代という若さで性癖がアブノーマルすぎる。ノーマルの世界に戻って来なさい。」と喝を入れられました。

風俗で射精できるように身体を鍛えなければと、反省した初体験になりました。
4
2016/12/12 20:19:18 (FW8D1OaQ)
久しぶりにホームページを見て見たら、ホームページが変わっていた、素人専門 風俗の面接に行って来ました。
前回、若い女性を頼んだ時、会話が成り立たず、楽しめなかったので、30半ば位のおとなしめの女性を希望して見ました。ちょうどそう言う感じの女性がいますと、受付の女性に言われ、その女性を2時間後で予約をしました。
予約時間の5分前にホテルに入り、お店に電話をして、ホテル名と号室を告げました。
7分位で女性が到着しました。
スレンダーでとてもスタイルの良いおしとやかで、優しい感じの女性でした。
女性と挨拶を交わし、女性がお店に電話、料金を支払い、女性から、面接用紙を渡され、面接開始、面接用紙に添って、色々と女性に聞いて行きました。
女性はとても緊張している様子でしたが、きちんと、答えていました。本当の面接をしている感じでした。
風俗の事は、殆ど、何も知らない女性でしたので、事細かに説明して行きました。
女性は、一生懸命私の説明を聞いて、私に、質問もして来ました。
初めての女性に教えてあげるのが好きな私には、とても良いシステムだと思います。
洋服の上から胸を触らせて貰ったりすると、女性の反応が、恥ずかしそうで、それがまた良かったです。
ここまでに約1時間掛かってしまいました。
部屋が明るいと恥ずかしがる女性のために電気を暗くして、洋服を脱いで貰い、シャワーへ、洗い方など教えながら、洗って貰う。
たどたどしい洗い方でしたが、丁寧に洗ってくれました。
ベットに行き、時間もなかったので、乳首舐めと玉舐め、生フェラをして貰い、口内発射でフィニッシュしました。上手とは違いますが、ソフト系が好きな私には中々良かったです。
また、初めての女性にして貰うことに特別感があり、とても楽しかったです。
ちょうどタイマーがなってしまい、シャワーから着替え、終了となりました。
女性から今日は面接と丁寧に教えて頂き、ありがとうございましたと挨拶をされ、頑張ってくださいと伝えて、さよならです。
面接結果は、もう一回位、教わった方が良いかなと思い、合格と再講習の両方に○を付けて、面接用紙を女性に渡しました。
私的には、スタイルも良く、人柄も良い女性でしたので、とても満足でした。
5
1 2 3 4 5 6 ... 23
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕