ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1

性癖覚醒

投稿者: ◆MTOlVfoRpA
削除依頼
2017/01/03 17:47:55 (b.h0wkf.)
モーニング娘。17'の工藤遥さんに似ていると友達に言われているショートカットの18歳の受験生の女子です。
現在彼氏はいませんが処女ではありません。
オナニーはキュウリを使い終わったら食べてしまうアホな女です。
遥は4人姉妹の末っ子です。
遥以外のお姉ちゃんはみんな結婚しています。
そのお姉ちゃん達が30日に家族揃って集まりました。
みんなでお正月の準備をして夜に帰ろうとしたら1番上のお姉ちゃんの子どもと2番目のお姉ちゃんの子どもの幼稚園児の男の子4人がお泊まりすると言い出してお泊まりすることになりました。
翌朝、下に下りると男の子達が遥に抱き付いてきました。
抱き付いてくる男の子達を剥がして転がしてくすぐってと騒いでいました。
そのうちにお姉ちゃん達が来たらみんなお姉ちゃん達のところに走って行きました。
みんな揃ってワイワイ騒いだ大晦日。
そして翌朝、9時頃に下で大騒ぎしていて目が覚めました。
階段を下りると廊下で裸の男の子4人が逃げ回っていて母が一生懸命捕まえようとしていました。
父はそれをみて大爆笑していました。
私を見た母は「遥、この子達に服を着せておいて私達は買い物に行くから」と言って裸の男の子達をおいて福袋目当ての買い物に行ってしまいました。
しかたないなと思ってリビングに入るとソファーの上に子ども達の服がありました。
リビングに4人ともリビングに入っていたから捕まえようとしたらスッゲー大変でした。
1人を捕まえると残った3人が蹴るし叩くし抱き付いてくるしでもう大変でした。
男の子達に倒されて上向きに寝た遥の上に男の子達が乗ってきました。
遥の口のところに男の子のオチンチンが。
遥が「コラッ」と叫んだら男の子のオチンチンが遥の口の中に入ってしまいました。
オチンチンをくわえてどいつかが遥のアソコを踏みつけておっぱいを押さえつけられ、お正月からナニこのエロい状況はでした。
遥は服を着せる使命を忘れてリビングから廊下に逃げ出しました。
廊下に出て服をと思って立ち止まると1人が遥の右足に抱き付いてきました。
寝る時は下着を着けない派でパジャマはユルくて締め付けないパジャマなのでズルッとパジャマのパンツが落ちました
さらに左足にも1人が抱き付いてきました。
左側も下がりました。
遥の下の毛が見えるくらい。
慌てて男の子を振り払おうと足を動かしたり男の子を掴んで離そうとしたりバタバタしたら更に下がりました。
上げようとしたけれど男の子が掴んでいて上げられません。
ドタバタすればするほど下がって完全に下半身露出状況になってしまいました。
そんな剥き出しの遥のお尻を叩くわ蹴るわで感じちゃうだろうバカってなっていました。
ドンと遥の背中をどいつかが押してきました。
前に手を付き足は子どもが掴まっているから曲げられずお尻を突き出し四つん這いに。
四つん這いになって良く見たら後ろに玄関のドアが。
鍵が閉まっていないのも見えます。
激ヤバと思って逃げようと動くと男の子達が強く抱き付いてきます。
さらに男の子の1人が遥の顔に抱き付いてきました。
男の子のオチンチンが遥の鼻の辺りに当たってきました。
残った1人が遥の腰の上に乗って抱き付きました。
足を大きく開いているから男の子のオチンチンが遥のお尻の穴に当たってます。
ものすごいエロいバカみたいな状況に笑ってしまいました。
でもその笑いはすぐに止まりました。
庭にブーンってバイクの音がしました。
誰か来た。
全身が凍り付く感じがしました。
男の子達に「どいてお願い」と言ったけど「ヤダー」と動いてくれません。
カツカツカツと足音が玄関の前に。
冷や汗が出ました。
ガチャガチャと音がして郵便受けに何かを入れていました。
そして足音は離れて行きました。
遥に更なる試練が。
右足に抱き付いていた男の子が離れていきなりドアを開けて郵便屋さんに「ありがとうございました」と言ったんです。
遥は必死で隠れようとしました。
郵便屋さんが遥のアソコを見たかわかりませんが行ってしまいました。
「ちょっとおしっこ」と遥が言うと離れてくれました。
トイレでアソコを見たらぐちゃぐちゃどろどろになっていました。
一生懸命ぬぐってパジャマを直して出たら2番目のお姉ちゃんが来ました。
4人を手際よく捕まえて服を着せていました。
遥は疲れたのと着替えて遥の部屋に戻りました。




レスはありません。
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
E-mail
※任意
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。