ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

泣ける話 RSS icon
※感動した話、不幸な話、嬉しすぎて泣ける!などなど

1 2 3 4 5 6 ... 100
2016/11/09 11:29:19 (fvlAkeQv)
もうずいぶん前の話。共に連れ合いを病気でなくした高校時代の彼氏と再婚した。私は夫なった彼の子を宿して臨月を迎え、病院にいると夫が私の娘と自分の息子を連れてきた。そして、夫は泣きだし、家に戻ったら息子と娘がセックスをしていたという。それだけでなく、娘のお腹には息子の子供がいるとも。その話は私にとって衝撃であったが、私は娘から4歳年下の義理の弟が好きだと聞かされていたので少し冷静だった。で、夫は自分の息子が娘に手を出した事に涙を流しているのかと思ったが、「こいつはこの娘の処女を奪った上に種付けしやがった。悲しくて悔しくてしょうがねーよ」と号泣しながら私に抱きついてきた。(泣く理由が違うだろ。それに再婚した新妻なのに何でお婆ちゃんになるの)心の中で私はそう叫び、別の意味でマジ泣きしました。
1

去年のイヴ

投稿者:17cm砲 ◆lIr7sDidc.
削除依頼
2016/12/24 23:16:31 (g.W1A1rA)
お気に入りだった熟女と過ごすことになった。
普段では考えられない硬度を取り戻した夜だった。
が…
放出する際に、キャン玉の裏がブチッ!っと音を立てた…ような気がした。
若い頃の精力が蘇り、二度目も彼女の中で放出…したが、キャン玉の裏がズキッ!と痛んだ。
二人とも深い眠りについた翌朝、キャン玉の裏が固くなり痛む。
そんなこと彼女には言えない。
2〜3日したら、腫れが大きくなった。
病院に行った。
正直に放出の際に痛みが走ったと伝えた。
「その時に勢い余って傷ついたんでしょ。勢いがあるのはいいことですが、それで傷を付けた人を今まで診たことがありませんw」
と。
恥ずかしくて、二度と泌尿器科には通いたくないと思った。
2
削除依頼
2016/08/27 06:30:20 (v2frN/bW)
ジョギングお姉さんとウォーキングおじさんとでムラムラきたのか赤の他人なのにホットパンツほか着ていた衣服を脱ぎ捨て草むらでヤり始めた・・・
ムラムラきたとはいえあんなナイスなバディなお姉さんがメタボなおじさんとノリノリで野外でよくヤれるよな…
感心しつつ少し離れた木陰で僕もシコシコ…
ヤってる草むらの裏にはランニング中断して同じようにシコシコしてるジャージの男子…
あっという間の10分くらい後おじさんの腰フリが激しくなりお姉さんの声も大きくなっていってまさに青姦バック射精30秒前くらいのタイミング…
ジャージ男子は一足早く草むらに射精を終えてから2人が脱ぎ捨ててあった衣服らしき物をパクって走り去った…
お姉さんとおじさんはイイ瞬間だったのでジャージ男子の動きに全く気づかずにそのまま成りゆきの勢いのまま生ハメ射精でフィニッシュした…
お姉さんどころかおじさんまで声をあげながら2人ビクンビクン痙攣してフィニッシュしたところを見るにランナーズハイの快感よりもナカ出しセックスの方が何倍もキモチイイんだなと納得しつつ僕も草むらに射精した…
しばらく余韻に浸ってハメバックのままだった2人もしだいに正気に戻り分離して服を着ようと辺りをキョロキョロするのだけど…
ジャージ男子がパクったのは脱ぎ捨ててあった全ての衣服だったらしくお姉さんもおじさんもソックスとシューズとティッシュ数枚しか纏う物が無い状態…
けっきょく2人とも一か八かで裸のまま別々の方向へ全力ランニングで走り去っていった…
3
2016/12/15 12:56:27 (E8jeeRfq)
46才の主婦です。レス状態が長く続き、さみしさから性感マッサージにはまってしまいました。マッサージは名ばかりでほとんど愛撫…私自らお願いしてセックスまでしてしまうのが常。気づけばサラ金に300万超の借金が…夫にばれれば間違いなく離婚ですね。
4
2016/08/25 19:22:06 (b5FNsqv3)
美人妻の綾子と幸せな毎日を過ごしていたつもりだった。
そんな美人妻の綾子がいつしか背徳の快楽に身を投じ、間男に手懐けられ
て、いいように調教されていた。
全く期待も計画もしていない妊娠に、綾子が涙を流して後悔の念を口にし
た。
見せられた素人投稿雑誌の誌面には、淫らな姿を晒し、目と局部を黒い線
で消された綾子が写っていた。

>超美形若妻の被虐投稿!

>哀れな若妻は全裸に剥かれ、美身に食い込ませた荒縄で屈辱の開脚を強
いられた

>晒された膣奥を執拗に嬲られ、恥辱の淵に追い込まれた

>背徳の他人汁の膣内淫射を繰り返され、被虐快楽地獄に淫汁を流し絶望
の潮噴きで応えヨガり乱れた

踊る文字とまったく同じ格好の綾子の痴態が誌面に溢れていた。
涙ながらに頭を下げて綾子が俺の元を去ったのは20年前、綾子は28歳、俺
は31歳だった。
別れゆく母をその雰囲気で察知した3歳の娘はさめざめと泣き、
「ごめんね・・・」
と言い残して綾子は去って行った。

間男は孕んだ子を認知することもせず、綾子は捨てられて赤子は堕胎し
た。
慰謝料は徹底的に取り上げたが、同様に綾子も間男の奥方から取り上げら
れた。
綾子は、多額の借金を抱えながらも実家からさえ疎まれて追い出され、1
人で生きていた。
俺に対する慰謝料は年2回の10回払いにしてやったから、払い終えるまで5
年を要した。
「これで、最後の慰謝料ね。本当に、ごめんなさい。」
「真面目に払ってくれたから、もう、恨んでいないよ。これで、きれい
さっぱり赤の他人だ。」
「・・・これで、もう、お会いすることもないですね・・・」
「そういう事になるな・・・じゃあ、達者でな。」
「さようなら・・・」

6月と12月、ボーナスの時期に合わせて綾子に会っていた。
振り込みにしてくれと言ったが、直接手渡したいと言われた。
離婚して2年で俺の左薬指に再び銀の指輪が光ったのを見た時、涙目に
なっていた綾子を見て、まだ復縁を期待していたのかと呆れた。

俺は、綾子ほどの美人ではないが、人懐こい可愛さがある沙希という女と
再婚した。
俺が34歳、沙希は26歳とちょっと年が離れていたが、沙希は俺の娘をとて
もよく可愛がり、その後生まれた息子と分け隔てなく育ててくれた。
沙希は処女ではなかったが、いつも恥じらいながらムチムチした体を可愛
らしく喘がせて俺を楽しませてくれた。
色白の太腿を開けば、船形にパックリ割れた局部が鮮やかな紅色に輝い
た。
吸い上げるほどに色付くクリ豆は責めれば逝き狂うほど敏感で、快楽を解
放した後は自らの淫らさに涙目になっていた。

その沙希に先立たれたのが今年の3月、独り立ちしていた娘が育ての親の
死に嗚咽し、高2の息子はただじっと母を見送った。
俺は、18年間の夫婦生活を感謝しながら、別れを告げた。

今年の新盆、菩提寺で久しぶりに顔を合わせた人物がいた。
元妻綾の母親と妹だった。
元義母と義妹とは、和やかな雰囲気での再会だった。
「色々とご迷惑をおかけした姉でしたが、今年の3月に亡くなりました。
今年、新盆なんです。」
俺は、妻と元妻を同じ時期に亡くし、新盆を共に過ごしていたことを知っ
た。
今年の夏、俺は、2人の妻を見送った・・・
5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

 投稿文は全角34文字で自動改行されます。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕